あぁ、食い道楽 隠れ菓子 たまごぷりんラテ

ブンブンこと、セブンイレブンでジャケ買いです。
黄色い容器にひよこ(黄色いから)が描かれているけれど、トサカは赤いというツッコミどころ満載の飲み物を見つけました。

飲むプリンらしいのですが、よく振ってから飲んでくれとあります。
容器がうっすら透けていて、まだプリンっぽい塊が層になっています。

帰宅して、写真を撮ったらすぐにフリフリして、飲みました。
うん、思った通りの、プリンをかき混ぜてすすっている味だね(笑)
お子ちゃまに戻った感覚。

味自体は、まぁ、安っぽいプリンの味。
すーっと飲むと言うよりは、ジュルジュルすするって感じ。
ま、まぁかな。
プリンを飲みたいと言う人には良いけれど、僕はもう買わない。
わざわざプリンの味がする飲み物を飲む必要もないかな・・・

トサカの赤いヒヨコと相まって、もやもやした一品であった。
ジャケ買いは失敗する事が多いのは、音楽も食べ物も同じっぽい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 隠れ菓子 栗金団

正月には美味しいものを食べますが、中でも栗金団(くりきんとん)は大好き。
毎年手作りで作るのですが(薩摩芋の部分は)茹でて火が通ったら、裏ごし!
これが大変。
芋は冷めると粘りが出てくるし、後半になるほど裏ごし器に芋の繊維が付いてくる。
どんどん疲労するしね。

それで、数年前から栗金団の芋部分はマッシャーで潰すだけにしてみた。
味も食感もあまり変わらないんですよこれが。
今までの裏ごし地獄は何だったのか?

栗は甘露煮になっている物を何瓶も買ってきて、シロップで甘さと柔らかさを足した芋が出来たら、栗を投入。
冷めると固くなるので、結構トロトロの状態にして完成。
甘さ控えめで、柚子の皮を擦って微かに香るようにすると最高。

こうして大鍋イッパイに栗金団を作り、正月のうちに完食してしまうのだから、いかに我が家にとって栗金団作りが重要かお分かりだろうか。
普段力仕事なんてしないから、マッシャーで芋を潰すだけで翌日、握力が無くなってしまいました。
でも金団を食べる箸は持てるんだよね(笑)

段々と食べたい物だけを買ってくるお正月になってきていますが、栗金団だけは切らす事は今後も無いであろう。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 隠れ菓子 郵便受けにカラメルなシュワシュワ

郵便受けを開けたら、コーラが入っていた。
体調を気遣って、家まで来てくれて、何も言わずに去っていった友。
もう犯人は分かっているのだけど、ありがたいス。
感謝感激雨カラメル

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 隠れ菓子 団子は悩む

お団子という物がありますが、地方によって色々あるかと思います。
関東では、あんこ、みたらし、胡麻、くらいでしょうか?
お土産でズンダ餅をいただく事もたまにありますが、コンビニに売っているのは、あんこか、みたらしです。
僕はいつもみたらしを買います。

理由は・・・
あんこよりは美味しいから。
あんこはちょっと甘すぎるよね。
みたらしはしょっぱすぎるんだけど・・・w

大抵買ってくると一人で3本食べてしまいます。
団子はうまいです。
歳を重ねて、洋菓子から和菓子に好みがシフトしてきているような・・・
とか言いつつ、チーズケーキとか大好きなんですけどね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 隠れ菓子 クレープさんの魅惑

お祭りなどの出店スイーツで一番気になりチェックしてしまう物。
クレープです。

りんご飴、チョコバナナ、綿あめ等々、どれもあんまり惹かれないのです。
でもクレープ屋はつい覗き込んでしまうねん。
トッピングが色々あるから面白いんですが、あの生地を焼く甘ったるい香りにどうにも惹かれる。
鰻屋の匂いにも弱いけど、クレープの香りにも弱い僕。
香りでまず食わすのはズルイよね(^ ^)

味も大好きなんですが、トッピングのフルーツ類?生クリーム?チョコやカスタードのソース?
違います。
あの生地が好きなんですよ僕は。

ホットケーキの様にフワフワの厚みはなく。
シュークリームのように極薄で乾いている感じでもない。
あの中途半端な、ちょっと生じゃない?感あるギリギリの火の通し方。
もちろん生焼けじゃないけれど、あの柔らかい生地が好き。
だって、トッピングを上手に畳んで包んでしまえる柔らかさ。
あれがいい。

あと僕は調理工程を見るのが大好きな人なので、丸い銅板の上で、
Tの時の何ですかあれ? 熊手のような、竹とんぼのような物を回して丸く広く伸ばしていく様子を見るのが大好き。
もちろん畳んでいく様子も好きだし、最後の包装紙の一番下をソースが漏れないように折ってくれる様子も好き。
ワクワク感があります。
見てよし、食べてよし。
飽きないんだよね。

食べるのはいつもシンプル&ベタなバナナクリームだったりします。
カスタードソースだったり、バナナの他にキウイやイチゴが追加出来ても、それは頼まない。
シンプルに生地の味を楽しみたいのです。
それには酸味のあるフルーツは基本的に生地に合わないと思っているのでダメ。
もはやクリームも要らない、バナナすら要らないのかもしれない。

僕はあの生地だけお腹いっぱい食べたいのである。
ミルクレープのクリーム無し。
ほんと生地だけをお腹いっぱい食べてみたいもんだねぇ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。