音の話をちょっとでも 今何聴いてんの? YUKI

今週はYUKIを聴いています。
YUKIを初めて知ったのは、高校時代に女友達がジュディマリを推していた事が始まり。
何々?外人さん?
洋楽?
ジュディーさんとマリーさん?

聴かせてもらったらキュートな声の女性ボーカルバンドだった。
ただし!
ボーカルのYUKIの声が個性的で可愛いのに対し、ギターがギャンギャンなってるバンドというイメージで(たまたま聴いた曲がそうだったのかもしれないが)、YUKIの声を殺してしまっている感があって、勿体ないというか、何を表現したいのか分からないバンドという印象。
ちょっと好きじゃなかったから、代表曲以外は知らない状態が続いた。

ジュディ&マリーが解散して、YUKIのソロ活動が始まった頃、タイアップなのか、楽曲発売のCMなのかは覚えていないが、結構いい感じに落ち着いてきたなと感じるようになった。
それでも聴かなかったのだが、職場の後輩がYUKIが可愛い可愛いって感じで、写真集を見せられた記憶があります。
確かに可愛いよね。
美人よりも可愛い人が僕は好きなので、YUKIは素敵だと思います。
ちょっとロリータフェイスだけどね。
後輩が夢中だったので、この時もちょっとドン引きで、あまりYUKIには近づかず静観しました。

あれから20年以上の年月が経って、今やっとYUKIを聴いています。
ソロ活動になってから感じていた、いい感じの脱力感、浮遊感は健在でした。
やっぱり声が良いよね。
今や結構なお歳でしょうけど、そこは調べない事にした。
聴いてみたら、知っている曲が多いんだよね。
TVなどでタイアップが多かったのかな?
半分くらいは知っているんだよね。
後輩の刷り込みか?

中々良いんですよね。
改めてジャケットを見ると、やはり可愛い。
年齢不詳。
調べない。
最新アルバムのデジタル配信がチャート1位になったとニュースになっていたけど、良い感じだよ。
アイドルのように可愛いから聴いているわけじゃなく、音楽性も高い。
この最新アルバムは色々な人の編曲で構成されていて、新たな魅力が良く出ていると思う。

今こそ言おう!
あの後輩の目は音楽性というよりルックスで聴いていたと思うけど、YUKIは良いのである。
ロリ顔で年齢不詳だけどね。
良い音は良いと認めないとね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと 買えない次の物

DTMを勉強するにあたり、欲しい物が色々とあります。
とても買えないけれども、いつかは買わないといけないだろうし、何とか買いたい物。
どうやったら買えるのか?
いつなら買えるのか?
その辺りは無視して、欲しい物だけ書いてみます。

その1、音源。
最初から入っている音源だけで作業をしているけれども、欲しい音はこれじゃ無いんだよなと思いながら作業している。
オーケストラの音源が欲しいのだけど、オケの音源はとても高い。
値段と音数、クオリティーが比例するのだけど、良いものは冗談でしょう?と笑ってしまう程高い。
結婚していたら嫁に刺されるという冗談が紹介サイトに書かれていた。
マジに高いです。
車買えちゃうよ・・・


その2、88鍵のキーボード
今は61鍵を使っているのだけれども、ピアノと同じ88鍵が欲しい。
打ち込みにはタイミングが重要なので軽ーい重さの鍵盤が良しとされ、部分部分を付け足しながら作る人が多いので、フル88鍵は必用ないのに対し、88鍵はピアノ経験者が本物志向で購入する事が多い。
タッチもグランドピアノの鍵盤を押したことがある人は分かると思うのですが、重さがあるんですよね。
これは演奏時の強弱を付けたいから。
ペコペコ鍵盤だと強弱の加減がつけづらいのです。
僕はピアノの勉強もしているので、是非88鍵が欲しいのだけど、鍵盤数が増える事もそうだし、重さがある鍵盤は重さをだす仕組みが組み込まれているので高い。
こたつに入りながら、ピアノの練習ができたら最高なんだけどね。


その3、オーディオインターフェース
これは聞き慣れない単語だと思いますが、PCと楽器との間に接続して、入出力を切り替えたり、音量音質を調整したりする機材です。
例えば、昼間はスピーカーから音を出して、夜は迷惑を考えてヘッドフォンにしたい時。
毎回PCの裏にあるイヤフォンジャックを抜き差し取り替えるのは効率が悪い。
スピーカーもヘッドフォンもインターフェースに繋いだままにしておき、ボタン一つで切り替えられれば楽です。
また、88鍵キーボードを購入したならば、それをPCに繋ぐ際にも間にこの機材があった方が良いのです。
マイクやギターの音を取り込む際にもこれが必用なので、ゆくゆくは買わないといけない代物。
これは数万円出せば上物が買える価格帯なのですが、僕は個人で使ってレコーディングなどはしないので、1万円くらいの物で問題ない。
でもそれが買えない。


いついつに、いくらずつ貯金ができているのか、シミュレーション表をエクセルで作ってみたけど、やりくりは厳しい。
欲しい物のためですから、節約生活は苦痛じゃないですが、いつになったら買えるのだろう?と思ってしまう物ばかりですね。
特に音源ね。
オケだけど安い物を買えば、絶対後悔するんだよね。
もっと音が欲しいとか、良い音が良いとか、買うなら半端な物は買えないけど、限度もあるので、どのランクで折れるかも重要。

こうやって悩むのも楽しい時間だったりするのだけどね。
買えないのに悩むって意味わかんないよね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと 座学も並行して

図書館に行ってきました。
いいですね。図書館。
あのシーンとした空気は子供の頃から好き。
テーブルでは受験勉強している学生さんがたくさんいます。
こういう向上心のある人が僕は大好き。
そして自分まで賢くなった?インテリになった?と勘違いして気持ちよくなってしまいます。
全然違うのにw

さて図書館に久々に行った理由はもちろん本を借りる為。
音楽コーナーに直行です。
音楽史の本をペラペラ。
難解です。
ヨーロッパのキリスト教音楽。教会曲をたくさんつくったバッハを聴いている事もあり、曲と照らし合わせて読んだら面白いのだろうけど、それは今やっている場合じゃ無い。

ピアノの面白い本があったので、それをまずチョイス。
残りは日本人の音楽関連の10人が選ぶアルバム100枚。
つまり1000枚のアルバム紹介と言う事になります。
3冊目はブラックミュージックの200枚という本です。

3冊のうちピアノの本は4コマ漫画が描かれた基本すぎて誰も言ってくれない話をコミカルに手短かに書いた本なので、あっという間に読んでしまうでしょうが、1000枚のCDとか読んでられないよね。
ちょっとだけ目を通して返却して、同じ本をまた借りてくる感じになりそうです。

音楽の本を読むなんてねぇ。
自分の人生がこういう方向に行くとは思いもしてなかった。
それが楽しい。
ピアノの本には楽譜の読み方も分かりやすく解説してくれるので、楽しく勉強出来ています。

とにかく毎日が楽しい。
さぁ、返却期日にちゃんと図書館に行くようにしよう。
いつも電話がかかってきてから慌てて行く、グータラ市民ですからね。
ただで本が読める事を最大限利用したい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと 002 初レッスンでの曲

DTMで作った曲を紹介していくコーナー「DTMの足あと」でございます。
今回は2番目に作った曲の紹介。
タイトルは「初レッスンでの曲」です。
2016年の作品ですね。
まだ入門したての状態の曲です。
前回、初めて作った曲001「あり合わせ」を持って音楽スクールに飛び込んだと書いたけど、その音楽スクールでのレッスンで作った曲ですね。

非常にシンプルなんですが、音がどうとか、曲がどうという事じゃないレッスンでした。
曲の構成ですね。
ホワイトボードに手書きであれこれ書いてもらって教わりました。
少ない音から始まって、徐々に音が増えていって、少なくなって終わる。
増えたり減ったりするタイミングが一番重要で4小節か8小節(16小節)刻みの時。
一応一番音数が多いところをサビとするならば、一回目のサビが終わるとAメロに戻ってまたサビにいってと、本当に基本中の基本の構成を学びました。

またもやサンプルを使っての作曲でしたが、無意識に次の展開が欲しくなるソロソロかなという感覚は、誰もが持っているんだよね。
そのタイミングが4小節の倍数というわけ。
普通8小節か16小節で曲は展開していくのです。
不思議なもので、この4の倍数以外で展開が切り替わると、人は違和感を感じたり、気持ち悪くなったり、ノレなかったりするんですよね。
敢えて違う小節で展開している曲ももちろん有りますが、たまにだけ許される変化球です。

好みの曲など人の数だけ違うけど、その誰もが気持ちのいい展開のタイミングを無意識に知っていて、それが皆同じって面白いと思う。

オーソドックスな「型」の曲ですが、一応UPしておきます。
懐かしい!

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと DTMレッスン開始

DTMで作った曲をUPしていくコーナーですが、近況報告もするようにしようと思います。
え〜、DTMのレッスンを受ける事にしました。
実に2年ぶり?くらいレッスンを受ける事は中断していたのですが、再開する形です。
作曲をするにあたり、曲の構成や使われている音(コードなど)も理解しておいた方が後々、作業が早かったり、なによりクオリティが高い物が作れる事でしょう。

遠回りのようですが、作曲の練習はほぼしていません。
今は耳コピばかりやっているのですが、その耳コピをするにあたっても課題があります。
耳コピとは、既存の曲を自分がDTMで再現する事。
耳で聴いて音を判断して、コピーを作っていく事の略ですね。
絵画などの芸術、料理、職人さんの技術なのでもそうですが、模倣から始まると思います。
真似をする事でどうやったらそれが作れるのか理解でき技術を身につける事ができるわけですね。
自分の作風を追求できるのはその技術を身につけて基礎が出来てからの事。

その耳コピですが、単音は拾えます。
鳴っている音に近い楽器を選ぶ事は誰にでもできると思います。
そして単音の音と同じ高さとタイミングを合わせていく、これだけです。
でも特にピアノなのですが、コードや複雑なポロロロロンなんて鳴ったら拾うのに一苦労。
特にコードは一番聞こえる音ともうひと音くらいしか拾えません。

作曲にはまず耳コピから
耳コピにはまずピアノの勉強から
という事になりますね。

やっと本題に入れます(長っ)
DTMとはパソコンを使った作曲の事ですが、レッスンではピアノを習ってきました。
楽譜の読み方から、右手だけの曲、それに左手でコードを合わせる、最後に弾いている音程を歌詞ではなくドレミで言う。
右手、左手、声と3つ同時に演奏する練習。
課題の曲は、ちょうちょう(蝶々) 
メロディーが右手5本の指をドレミファソの上に置いたら動かさなくても一曲弾けると言う曲です。
左手のコードはCとGという物の2種類だけを合わせます。
2種類じゃぁちょっとさみしいのですが、今はこれが精一杯。
ゆっくりの曲調だと言う事、右手は指定された指を真下に押すだけで良いので、慌てなければこなせます。

とりあえず初めてにしては上手くいったかなと自負しております。
1発目からそこそこ弾けたからね。
だんだん難しくなっていくし、大変ではあるのですが、この日は練習練習。
最後にコードが鳴り、次に単音が鳴り、今の音がコードの中の音に含まれるか?というテストを5問くらいやりました。
1個間違ったようですが、残りは正解だったようです。
一番の目的である耳を鍛えるという事も少しできたかな。

その日の夜の自習での耳コピ作業はスピードアップしているのが分かりました。
音を拾えるし、MIDIキーボードの今聴いたのはこの辺りの音かな?と61鍵のキーボードの何処か大体近い場所を1発目で探せるようになりました。

レッスンの最後にお楽しみと言う事で、Xの紅を弾いてみてと言われ、人生初の紅演奏。
右手だけですが、結構弾けるんですよね。
そりゃ間違ったところも押してしまうのですが、正解は上だな下だな。
どれくらい隣かなというのが何となく分かる。
自分でびっくりした。
弾いた事が無い曲をゆっくりなら弾けるのですから。

ピアノを弾ける人と音楽の話をしていると、その曲を弾いてくれたりします。
そんな曲まで練習していたのか!と思い込んでいましたが、きっと曲を知っていたら簡単な物なら弾けてしまうんですよね。
それを理解しました。

さて、今後ですが、レッスンをひと月に2時間。それを2回受ける事にしました。
ピアノが面白くてね。
楽譜を読みかたを教わっている事もあり、それが大きいかと。
どこまで出来るか分かるし、ここまで頑張って弾いてみようと明確な目的も分かるので、成長がはっきりする。
何より難解だった楽譜が読めるのですから、これは一人で自分に惚れてるわけですね。
俺ってすごくね?と勘違いするわけですね。

あっという間の2時間レッスン。
次回は1週間後。
2月のレッスン1回目です。

お月謝を持ってレッスンを受けるなんて3年ぶりくらい?
イチ生徒として音楽を勉強できる事が何より楽しい。
帰宅しても音楽漬けの日々。
これがやりたかったのだから、こんなにも贅沢な過ごし方はありません。
1日24時間では足りない感があります。
名残惜しいけど今日はここまでと、作業を中断し、明日は何をやろうと考えながら眠る。
お金も無いし、彼女もいないけど、毎日楽しいんだからリア充じゃね?
っとまた勘違いするんですね。
実際かなり充実していると思う。
僕の価値観だとそういう事です。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。