あぁ、食い道楽 詰め合わせ シャウエッセンがレンジ解禁

シャウエッセンがレンジ加熱を解禁した。
解禁も何も推奨してこなかったことも初めて知ったのだけど、皮が破れるからという事が理由だったようです。
知らずにチンしていた人もいるだろうけど、今回公式にお許しが出た形。

発表では
「シャウエッセンは手のひらを返します」
と大きく書かれ、時短の時代に添うべく、レンジの加熱時間を表記する事でOKとする事にしたようです。
これまでの熱湯で加熱する調理に対し、レンジは脂が外に出にくいので良い面もある。

美味しい物が手軽に食べられるようになるのは、ありがたいこってす。

手のひらを返します っていう潔いのか、自虐なのか、というような発表の仕方。
僕は好きですよ。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 恒例の鮎釜飯

昨日は連休という事もあり、家族で隣の県まで出かけました。
お目当ては食事。
鮎が美味しい店があって、夏場はかなり混む。

今は真冬ですから鮎のシーズンではないので、空いているだろうという勝手な予想で出発です。
昨日雪が降った事もあり、お店がやっているかどうかも疑問でした。
そもそも鮎が食べられるかも疑問。
電話をかけたら営業はしているようで、お気をつけていらっしゃってくださいとまで言ってくれた。

11時に家を出たのだが、どんどん山奥に向うにしたがって、雪が降り出し、路面は凍結しているわで、怖い道中。
店に到着したのはお昼時から結構過ぎてしまっていたが、早く家を出ていたら雪が溶けていなくて、危険だったかもしれない。

駐車場も雪が積もっていたが、すでに車が沢山停まっている。
かやぶき屋根の建物。
大きな暖簾。
いろりから出る煙の匂い。
この店に来るとなんだかとても気持ちが落ち着く。
薪ストーブで暖をとっていて、店内はそれほど寒くなかった。
窓の外にはすぐ川が流れていて、冬場は「やな」か解体されているのだけど、夏場は鮎を手づかみで捕まえられて、子供達は大喜びする。
河原にある大きな石には雪が残っていて、ここが上流だと気付かせてくれる。

今回は鮎の塩焼きは注文しなかった。
代わりに舞茸の天ぷらうどんを注文。
鮎関係ないメニューですね(笑)
お腹が空いていたんだよ。

そしてメインに鮎釜飯。
夏場は2時間待ちになる人気メニューだけど、この日は30分で出てきた。
うどんをすすっている時には運ばれてきたので、30分もかかっていないのかもしれない。(食事時は時計を見ない主義)

釜飯なので、大きな釜で出てきます。
木の蓋を開けると鮎の身をほぐした物がゴロゴロ入っています。
いい香り。
しゃもじでそれぞれ茶碗に取り分けて、すぐにかっ込みます。
鮎の香りとホロホロの身、お焦げの香ばしさが絶妙。
白菜の漬物もサービス?で付いてきて、最高の贅沢。
あっという間に釜飯を完食しまして店を後にしました。

年に1回行くかどうかくらいの店なのですが、行けば絶対満足して帰ってくることができます。
料理はどれも素朴だけど美味しくて、店の雰囲気も素晴らしい。
やなが設置される夏場は涼も取れて古き良き日本にタイムスリップしたような感じになります。
人に教えたくない店ですが、教えようとしても非常に場所がわかりづらく、目印の無い山道を何度も曲がって到着する場所なので、説明しようがない、地図を書くのも難しい店なのです。

ナビがないと到着は無理でしょう。
来年も行けるといいな。
鮎釜飯最高!!

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 克服ミルクティー

僕は香りが強い物はあまり食べられない傾向がありまして、シソがまずダメです。
ミョウガもダメです。
春菊もちょっと苦手です。
芹とかミツバは大丈夫ですが、パクチーはダメです。
大体どれくらいの強さの香りまでダメかお分かりでしょうか。

紅茶もどちらかと言うと苦手で、何とか飲む事は出来るのですが、ミルクティーだけは昔からダメ。
牛乳から芳香剤のような香りがしてくる???
そりゃちょっと言い過ぎですかね。
でも牛乳と香りの強い物、花のような香りは合わないと思っています。

しかし先日、ミルクティーを一箱頂いたのですが、飲んでみたら結構美味いと感じてしまった。
自分でもびっくり。
物心ついた頃からずっと飲めなかったミルクティーですが、あっさりと克服してしまった。
香りに耐性が出来たのかもしれない。
昔のミルクティーはもっと香りがきつかったような記憶があるけど、それは昔の記憶なので、香り自体は変わってないのかもしれません。

いずれにしても、ミルクティーが美味しい今日この頃。
やっと味に目覚めた。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 悪魔のトースト

ローソンで発売されている「悪魔の」シリーズ。
最後は悪魔のトーストです。

悪魔のシリーズはあおさと天かすがお決まりですが、このトーストだけは例外。
チーズとシュガーを使った菓子パンです。

チーズがクリームチーズっぽい感じで、砂糖の味もするので、チーズケーキをたべているような感じ。
でも残念な事にパンが固い。
固すぎるよ耳の部分。

やっぱりあと一歩という感じなんだよねぇ。悪魔のシリーズは。
また買うか?と言われると、、、買いません。
悪魔シリーズで一番残念な商品だったかも。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 悪魔のパン

ローソンで悪魔のおにぎりが発売されてヒットを飛ばしました。
味をしめたローソンは悪魔の焼うどんを出しましたが、天かすとうどんを同時に口に入れるのが難しく、ちょっとイマイチだったと書きました。
その後、タイミングをずらして悪魔のパンと悪魔のトーストが発売開始になったので、買ってみました。

悪魔のパンは、悪魔シリーズのお決まりである、あおさと天かすを使ったパンになっています。
厚さ5mmくらいの大きな長方形のパンの上に天かすが乗っています。
食感はナンのようです。
味はピザトーストとお好み焼きの中間のような味。
美味しいと言えばおいしい。
もうひと頑張り欲しいと言えば欲しい。

満足感も結構あったけど、何かが足りないような気がするんだよね。
ボリュームなのか味なのか、それは分からないのだけどね。

肝心のまた買いたいか?ですが、もう買わないと思います。
悪魔のシリーズ、おにぎり、焼うどん、パンと食べてきましたが、2度購入した物は無いんだよなぁ。
新しい味だし、頑張ってるんだけど、な〜にかが足りない気がする。
それが何かは、やっぱり分からないのです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。