道草小噺 トイレ受難はポルナレフの役

うちの2階にあるトイレの調子がおかしい。
大、小、と流す水の量を変えられるわけですが、小の水量が少量。
全然流れないよ。
水追加したくらいだもん。
物理的にレバーを小の方向に回しても流れる水が一瞬で止まっちゃうんだよね。
だから常に大の水量で流すしかない。
小のレバーを回した状態で固定すればいけるかもしれないけど、それは今度試してみよう。

自分で毎回大の方で流せば良いように思うけど、自動洗浄になっているのです。
座っている時間で判断しているのかな?
小で入って立とうとすると、失敗する水量を勝手に流すんだよね。
で、流れないからすぐに大のボタンを押しても、小を流したばかりだから反応しないでやんの。
これ不便。
自動洗浄を切って、手動で大方向に回す必要がありそうです。
節水とは真逆に行っているよなぁ。

それと2階のトイレは鍵がかからなくなってしまっていると言うのも結構問題。
鍵をかけようとすると、何かに引っかかっているのか回らないんだよね。
何で?家が崩壊してきてる?w
僕しか使わないし良いやと思っていたけど、先日の食事会の時は、メンバーが初めてうちの2階トイレを利用するわけで、この流れない小の水量と、鍵がかからないとで、かなり戸惑ったと思う。
SW会の女性メンバーはその日欠席だったので、そんな大事にはならなかったのですが・・・

どちらも修理代を払ってまで直そうとは思わないけど、結構困っちゃうよね。
水量は多分タンクを開けてみたら直す方法が分かると思うんだけど・・・やんないというね(笑)
僕の人生、トイレで結構色々起こるんだよなぁ。
ポルナレフみたいだ。
トイレで気を失ったりしたもんな・・・w

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。