風来旅団 どこへゆく 1981 茨城県 筑波山

山に薄着で来てしまったからか?
山の天気が急に変わったのか?
ゴミ袋を逆さにして頭から被っている写真である。
場所はケーブルカー乗り場。

なぜかこういう格好をいつもさせられていたような気がする。
確かに被ると暖かいんだけどね。
弟はこういうの全くやってなかったように記憶している。
なんでもされるがままでこだわりとか無い自分。
まぁ、大人になってゴミ袋被って観光地にいたらやばいけどね(笑)

因みに、この頃の写真を見ると僕は阪神タイガースの帽子を被っている。
なぜ関東に住みながら阪神の帽子を被っているのか?
阪神が優勝したのは何年の事だっけ?
その辺り関係あるのかもしれない。
スポーツには興味が無かった子だったけど、やはり親が用意した物を何のこだわりも無しに全て受け入れていたのでしょう。

今と違い自分を出さない変な子供だったな。

道草小噺 ケーキ箱に力士絵

有名シェフがヨーロッパからやってくるとかで、簡単なメッセージと共に登録すると、シェフが来日する際に今の様子など教えてくれたり返信してくれたりするらしい。 っと先生が言ったんです。
ツイッターみたいな物ですね。

僕はイタリアンのシェフにメッセージを書こうとするのだけど、なぜかケーキを入れる箱の様な物にイラストを書き出した。
その絵もお腹がいっぱいだよって意味なんだろうけどパンパンに太った力士の絵(笑)
最後にメッセージを書こうとして、イタリア語を翻訳しようとPCを立ち上げたら、東京の繁華街の看板からメッセージに使えそうな物をさがしてくれというソフトで全然使えない。

だいたい、リアルタイムでやり取りが出来るという話なのに、ケーキの箱に手書きでイラストを書いて、これでどうやってやり取りをする気だったのだろう?w

美味しくないカニカママヨのおにぎりを食べながら、どうやってもイタリア語の翻訳が出来なくて時間だけが過ぎる。

結局イラストメッセージは完成せずに、目が覚めてしまった。
なんちゅー夢なんだか。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。