最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・一日中落ち着いて生活することができた。
パソコンの作業も楽しく行うことができ、調子の良い一日だった。

・昼間眠ってしまった。
夜は早めに寝るようにしたい。
薬があと数日で無くなってしまう。
今回は薬が切れる前に病院に行きたいと思う。

・病院に行ってきた。
少し弱い薬に変更になった。

・月曜に薬をもらってから、あまり薬を飲んでいない。
飲まない理由は無いのだが、なんとなく飲めなくなってしまっている。
間食もやめることができない。
薬を飲んでいないからか、体調も悪い。
(何となく飲まない。 できる事なら飲みたくない。 その気持ちもわかるんだけど、薬に力を借りるつもりで飲むようにした方が自分が楽だと思う。)

・体が重く、実家に行くことができなかった。
薬は飲んでいるので、たまたま体長の波が悪くなっただけのようだ。

・引っ越しで忙しかったからか、体調が悪くなることがない。
しかし、両親に気を使っているので、1階で自分の悪口を言っているのではないか?、妻に苦労をかけていることなどを考えてしまうと、体が重くなる。
新しい薬になってから、少しだけ具合が悪くなったような気がするので、今度病院に行った時に薬を前のものに戻してもらうように言ってみるよと思う。
(実家に行く事で体調が悪化しないか心配です。 経済的に楽にはなるけど、別の問題も出てくるはず。 それに耐えられるように色々と考えておいた方が良さそう。)


今月も記述はこれだけで、病状の欄は空白のものばかりでした。
実家への引っ越しがあったようなので、忙しかったか疲れてしまったのか?
そこまで体調が悪いわけでは無いようだ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。