コンビニに行って、何か甘い物が食べたい時。
僕はプリンかシュークリームを買う事にしている。

消去法で行くとそうなる。
まず高値の花である、モンブランやロールケーキや、丸ごとバナナや、チーズケーキ。
どれも旨いんだが、高い。
ヨーグルト関連は満足度が低い、甘い物で満たされた感が薄い。
ゼリー関連も同じ。
ドーナツや菓子パンは甘さの面で物足りないかもしれないし、スイーツを食べたいという趣旨からやや外れる。
焼き菓子系は何でこのサイズでこの価格って程高い。食べても喉が乾くから大変。

そうなると、シュークリームとプリンである。
百数十円で買えて、量も結構ある。
新作でも大外れが少ないような気がする。

プリンで気をつけなければいけないのは、小さい高級プリンである。
あれは感動するほど数ランク上の味ではない。
確かに上品な味だけど、僕が求めるのは、甘い物をたらふく食べたと錯覚するスイーツなので、
この高級プリンは買わないようにしている。
Big プッチンとか、男のプリンとか、そういう物で、サジで掘っても掘ってもカラメルが出てこないくらいのサイズ感が欲しいところ。

安いプリンでもマズイって物に出会った事が無いし、安定したジャンルだと思う。
シュークリームもそう。
安い割りに、量があって、外れがなく、満足度が高いです。

ここにアイスが入ってくると、また違ったパワーバランスになるのだが、これは別の機会にしやしょう。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。