僕とうつ病&統失 闘病記 2011.11 人生を歩む友人達、止まっている自分と比べて落ち込む

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・体が重くて夕方まで横になっている。
 夜更かしして4時5時まで起きているから、起きるのも遅くなるわけだが、
 昼に起きて愛犬の散歩に行った後も眠くて寝てしまう。
 薬の副作用なのかどうかまでは調べていないが、
 遅くても25時くらいには寝るようにしないといけないだろう。
(夜更かしが楽しいのは分かるのだが、早寝早起きは基本だと思う。 楽しいからどこまでもやってしまうのではなく、ここまでにして楽しみは明日に取っておこうという考えにすると、翌日の楽しい一日になる。)

・なんとなくだけど体調が悪い
 死にたくなったりマイナス思考にとらわれたりはしないが、
 体は重く、姪甥の相手をするのも億劫。
 薬があと10日分くらいしかないので、また病院に行かないといけない。
 そう考えると気が重くなる。

・弟の命日だが、これといって落ち込む事なく過ごす事ができた。
 母が一日中泣いているので、自分が落ち込んでいるわけにはいかないからだ。
(自分の状態が良くないのに、励ます役をやっている事に無理を感じる。 苦痛が凄い。 無理していい子を演じる必要はない。 辛かったら何よりも優先して自分を休ませる事を選んだほうが良い。)

・病院に行ってきた。
 先生に、「昨日命日で、何とか乗り越える事ができました」とだけ話す。
 眠れてるかい?食べてるかい?と質問があったが、
 こちらからは特に何も言わなかった。
 弟の後を追って死にたいとは言えなかった。
 言わなかったからクスリも変わる事なく、
 弟の命日を過ぎるまで処方すると言っていたジプレキサも
 処方されなくなった。
 朝、セレネース1mg、セルシン2mg、アキネトン1mg
 夜、セレネース1mg、セルシン2mg、アキネトン1mg
 就寝前、リーマス200mg
(先生には何でも話をして最適な薬を処方してもらわないと、状態と薬が一致しなくて薬を飲む意味が無くなってしまう。 起こっている事をすべて話すようにした方が良いと思う。)

・友人の披露宴に参加する。
 僕の病気の事は一部の人にはやはり知られていたのだが、
 それを含めて励ましてくれる友が数人いた。
 ありがたいし、こういう人を本当の友だと言うのだと感じる。
 ゴルフをやろうとしつこく誘われたが、お金がかかる趣味なので
 やんわりと断った。
(こういう友人とだけ付き合っていけばいいだけの話で、全ての人に対していい人でいる必要は無い。 気の合う人、一緒にいて楽な人と付き合おう。)

・友人の披露宴での、非常識な言動の男にイライラしたり、
 2次会会場で色々と近況を聞かれるのではないか?という
 緊張感を思い出して、複雑な心境になる。
 皆家庭を持って仕事をバリバリこなしているのだろう。
 もう会う事も無いだろうし、もう終わった事に
 何を自分と比べてクヨクヨしているのだと思うが、気がつくと考えている。
 もっと図々しい性格になりたい。

・性格を変えて、もっと社交的になりたいとブログに書いたら、
 今のままで良い。合わない人とは無理に付き合う必要は無いと
 コメントを書いてくれる人がいた。
 確かにそうなのかもしれない。
 ずっと自分が変わらなければと思って生活してきたけど、
 そういう割り切った考え方もあるのかと、ちょっと驚いた。
 薬の副作用なのかは分からないが、眠くてしょうがない。
 昨晩23時に寝て、起きたのが11時半、12時間寝ていたことになる。
 愛犬の散歩にでかけ、友人に渡すお祝いの品を
 買いに行かないといけないが眠くて寝てしまう。
 明日こそ行かないといけないが、また眠気に負けてしまいそうだ。

・友人の披露宴前後から忙しくて、すぐに横になってしまう。
 別の友人の新築祝い、免許証の書き換え、誕生日のケーキ買い、
 婆ちゃんの月命日の墓参り、愛犬の病院などだ。
 元気な人だったら一日で全部こなしてしまうのだろうが、
 僕は1日1個が限界だ。頑張っても2個。
 そして、帰ってくると疲れきってしまって、
 コタツに入って横になってしまう。
 こんな事で疲れてしまうのだが体力とは違う所で
 体が重く感じているような気もする。
(やれる事には限界があるから計画を立てて頑張って1つずつ消化していこう。 慌てることはない、1つずつ1つずつである。)

・今日の友人宅に新築祝いを持って行く話と、明日の別の友人宅に行く事が
 頭にあり、比較的シャキっとした生活をしている。
 何かイベントがある日はいつもこうなるが、反動が後の日に来るのは、
 何とかならないものか?
 自分の体なのに、自分でコントロールできないのが歯がゆい。
(反動は今の自分ですらあって、何もこれは変わっていない。 無理をして元気そうにしてしまう事は、脳にとって大変な事なのかもしれない。 翌日からゆっくり休むようにして労ってあげてください。)

・免許証の更新で弟の遺体を引き取りに行った時以来に警察に行った。
 敷地に入るとき嫌な感じがした。
 しかし警察署から出るときになったら、前向きな気持ちになった。
 弟は死んでしまったけど、自分は時間が進んでいて、
 こうして免許を更新している。
 自分の人生を生きないとと、青空を見て思った。

・友人たちと月に1度の食事会に参加した。
 友人2人の職場でのストレスの話を考えると、
 自分がSE時に味わったストレスなど、取るに足らない物だったのでは?
 と感じた。
 自分の場合は、人間関係も最高、僕の事を応援してくれていたし、
 理解もあった。
 なのに自分で自分を追い込み、勝手に病気になったのだ。
 なんて打たれよ弱いのだろうと自分を責めた。
(人は人、自分は自分。 何も比べる必要はない。 打たれ弱い傾向にはあるけれど、ダメな人間というわけじゃない。 真面目に働いた結果こうなっただけであって、怠けていて病気になったわけじゃない。 自分を責める必要はない。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 病気への誤解偏見を無くすため。 そして同じような境遇の人たちへ元気と笑いを届けたい! 基本的に「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 その他食べ物話、音楽話が多いです。 映画とデジモノもちょっとだけ。 気楽にコメント書いてくださると嬉しいです。 お待ちしてま〜す。 ٩( 'ω' )و