デジモノ快談 理想のタイマー生活

時間の管理が苦手で、やりたい事を燃え尽きるまでやってしまう事が短所だと書きました。
スマホに時間管理アプリを入れて、テーブルに置いて作業をする事で集中と休憩のメリハリを付けて、作業することが出来、効率が上がりました。
が、スマホでタイマーをやっていると、ほんとうにストップウォッチをテーブルに置いているのと何も変わらず、また画面スリープモードになってしまうので、残り何分かも分からない。
何より嫌なのが、音がなってスマホに手をのばすこと。
iMacで作業しているのに、それ以外の物を使って作業をする事の少しの不自然さ。

なので、スマホで時間管理をするのはやめました。
外出先でタスクを繰り返すことは無いですし、外出時にスマホでやる意味はありません。
そこでMac用のデスクトップで使うタイマーアプリを入れました。

デザインはスマホのアプリと近いです。
キッチンタイマーそっくりなデザインのダサい(言い過ぎw)モノから、味気ないデジタル数字の物などありましたが、僕はデザインが見ていて気持ちの良いものじゃないとダメなんですね。
最近自覚したのですが。

仕組みはスマホのアプリと同じです。
作業時間何分、休憩時間何分、何回に一回長めの休憩を入れるか。
お知らせ音はどうするか?その音量は?という事くらいしか設定する事がありません。
下に広告が出てしまうのが唯一のダメポイントですが、作業中はこのウィンドウは閉じられて、小さい時計がカウントダウンしているだけなので、スマホ版よりも使い勝手は良くなりました。

お知らせ音はちょっとジャングルで聞こえてきそうな太鼓っぽい音にしました。
目覚まし時計のジリリという音や、電子音は無機質で休憩に入るときのリラックスとは方向が違う感じだったので、ややコミカルで温かい音にしました。

もう一つ、先に1日の作業でやりたい項目を登録しておき、その項目脇に表示されている時計マークをクリックすると、タイマーの上に何をする時間かが出るのも嬉しい。
ただのカウントダウンじゃなく、次の50分は別のやらないといけない事に使うなどと、やる事を意識して切り替えて進めていくことが出来ます。
情けないけどコレくらいやってくれないと、僕は時間の管理ができない。

また一つ快適な環境になりました。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 病気への誤解偏見を無くすため。 そして同じような境遇の人たちへ元気と笑いを届けたい! 基本的に「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 その他食べ物話、音楽話が多いです。 映画とデジモノもちょっとだけ。 気楽にコメント書いてくださると嬉しいです。 お待ちしてま〜す。 ٩( 'ω' )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。