僕とうつ病&統失 闘病記 2012.06 一番辛い副作用

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・一日中、死ぬ事を考えていた。
 特に日中コタツで横になっている時に考えてしまい、
 なかなか頭から消える事が無かった。
 首を吊る事ばかり考え、コードを探そうかと思ったりもして、
 危険度が上がってきているように感じる。
(動けないから横になる、横になると死にたくなる、このサイクルをどうしたら良いんだろうね。 一人でいると悪い方にしか考えられないよね。 でも人と接していると消耗するし。 睡眠薬で眠るようにするとかではダメかなぁ。)

・ジムに行く日だったが、体調悪く、行かないことにした。
 一日中こたつで横になっていた。

・病院に行ってきた。
 「どうですか、調子は」と聞いてきたので、
 毎日、このまま生きていても良い事などないだろうから、
 死んでしまおうと考える。 と答えた。
 僕はもうこれ以上良くならないのではないですか? と聞いたら、
 そんな事は無い、必ず良くなるから と言われた。
 その場しのぎの慰めで言っているのかと思い、
 先生の表情を観察したけど、本気で言っているみたいだった。
 僕みたいに長い事病気が治らない人って他にもいるんですか?
 と聞いたら、沢山いるよ と言われる。
 Masaさんは、調子がいい時期も経験してるからまだ良い方なんだよ
 と言われる。
 僕のように長く病院に通っていて、病気が改善する事もなく、
 ずっと苦しんでいる人もいるのか・・・
 そりゃ、地獄の苦しみだろうな・・・
 包丁を見ると死にたくなるんです。 と言うと
 包丁をどうしたくなるの? とリストカットの危険性を知りたい先生。
 僕は、首に刺して、動脈を切って死にたくなります。 と言うと、
 先生は少し暗い表情になって、それは危ないねと言った。
 昔のカルテを見ながら薬を変えようと先生は言う。
 弟くんの一年忌の時、調子が良くなったリーマスという薬があるから、
 それにしてみようと提案される。
 インヴェガの効果には限界を感じていたし、
 インヴェガは12mg以上に増やす事はできない薬らしいので、
 これ以上増量する事ができない。
 今度、調子が悪いと言ったら、薬が変わるだろうと思っていたら、
 その通りになった。
 そして先生に入院も勧められた。
 包丁の件が先生は気がかりらしい。
 僕も衝動的に包丁を手にして刺してしまう危険があるから、
 自分からの入院を考えてましたと、正直に言う。
 でも危険だと思って入院しても、監視してくれるだけで、
 何もしてくれないんですよね? と聞くと、ううむ と唸る先生。
 電気流してもらうって方法もあるけど・・・と言ってきたが、
 入院して電気流した事はあると言うと、
 あっそうだっけと思い出した先生。
 まぁ、何百人もの患者さんを相手にしているわけだし、
 忘れてもらって構わないんだけど。
 ひと月も入院したとしても、出てきたらまた何も変わらないわけだし、
 入院はないかな。
 お金の無駄ですもん。
  薬はインヴェガが中止になって、リーマスとジプレキサに。
  朝:アキネトン1mg、セレネース3mg
  夜:アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:ジプレキサ10mg、リーマス200mg×3錠
(包丁の誘惑は今もあります。 僕の衝動の特徴なのだろう。 危険な物には近づかない。これで対処するしかないと思う。 本当に危なかったら、やってしまう前に誰かに気持ちを打ち明けよう。)

・おとといから飲んでいる、リーマスの影響なのか、
 夜、眠ろうとすると腕の中を虫が歩くようなむず痒さが出て
 眠れなくなる。
 2日とも最終的には、残っている睡眠薬を飲んで、強制的に寝ている。
 睡眠薬はあと4日分しかなく、この後どうするか悩む。
 リーマスを飲むのを勝手に止めるか、
 病院にまた行き薬を変えてもらうなり、
 睡眠薬をもらうなりするか。
 どちらも気が重い。
(腕のムズムズ感はかなり辛いよね、耐えるだけしか出来ないのでストレスだし。 薬を変えてもらう事も考えたほうが良いかも。)

・薬の副作用なのかは分からないが、日中眠くて寝てしまった。
 昼間に寝てしまうと夜眠れなくなってしまうので、
 なるべく寝ないようにしているのに、寝てしまっていいものだろうか。
 昨日も日中寝てしまったが、夜になっても問題なく眠る事ができた。
 腕のむず痒さがあって眠れなくなってしまうので、
 横になったらすぐに眠れるほどの睡魔が襲ってくれると助かる。

・リーマスの影響だと思うのだが、腕や足がむずむず痒くなり、
 眠る事ができない。
 飲んでから6〜9時間はこの状態が続くのだが、
 寝る前に飲む薬のため眠る時間とぶつかる。
 リーマスを飲むようになってから、まともに寝ていない。
 何か気が紛れる事をすると、痒みが消えるような気がするので、
 ネットを彷徨ったりして時間が経って痒みが消えるのを待つしかない。
 あと数日しても痒みが消えない場合は、
 飲むのを止める事も検討しないといけないだろう。

・薬の副作用なのかは分からないが、日中眠くて寝てしまう。
 昼間眠ると夜寝れなくなるので、なるべく昼間は寝たくないのだが、
 いつも睡魔に負けて寝てしまう。
(どうしようもないほどの睡魔だから、眠ってしまって良いのだと思う。 少しずつ回復していけばいいので、今は身体が休みたいと言ってきているのだと思う。 眠ることが悪いのではなくて、薬を飲まなかったり、病院にいかないことの方が悪いことです。)

・友人の結婚披露宴に行ってきた。
 しかし同級生に会うのが怖い。
 愛犬の散歩の時に人とすれ違うのは全然構わないが、同級生は辛い。
 皆、家庭を持ったり、家を建てたり、子供ができたりして、
 自分の人生を進んでいる。
 僕は何も進んでいないし、もう8年も無職をやって
 家に引きこもっているので、「今何しているの?」と聞かれるのが辛い。
 また、披露宴の余興で、皆が盛り上げている様子を見て、
 仲間に入らない自分が嫌になる。
 馬鹿になりきれないのだ。
 友人達一丸でワイワイやっているのを見て、
 どうしてあそこまで楽しく振舞えるのか?と考えてしまう。
 各テーブルを周って、久しぶりに会う友人と会話して周る人達を見ると
 自分の社交性の無さに情けなくなってきます。
 結局、自分から席を立って友人達に挨拶したりする事は無く、
 ずっと椅子に座ったままの披露宴だった。
 僕みたいな冷めた奴を友人達はどういう目で見ているのだろう?
 顔は引きつり、手は震えてくるし、この場所から
 逃げ出したいって気持ちで一杯になってしまった。
 2次会は更に、友人達が馬鹿騒ぎするのが目に見えるので、
 恐ろしくて帰ってきてしまった。
 何が怖いのか自分でも分からない。
 別に無職だという事を隠しているわけじゃないし、
 僕は僕なりの楽しみ方をすれば良いのだと思う。
 でも怖い、どうしても怖いのです。
 2次会に誘ってくれたりする友人もいましたが、披露宴が終わったら
 「行こうよ」と声をかけられる前に逃げてしまった。
 2次会会場に僕が現れないので、友人達は僕を
 冷たい奴だと思う事でしょう。
 そう思われてもしょうがない。
 実際冷たいのだから。
 自分が情けなくて、嫌になります。
 消えてしまいたい。
(社交性のなさは今は随分と改善したけど、病気がひどい時期に同級生と会うのは辛いよね。 地元に住む事の嫌な事の一つだと思う。 誰も自分をしらない東京で生活したいと思うようになったりするが、一人暮らしは出来ない事は証明されたので、地元で上手にやるしか無いのだと思う。 もっと図々しく、堂々と、自分は劣っていないのだと考える習慣が欲しい。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 病気への誤解偏見を無くすため。 そして同じような境遇の人たちへ元気と笑いを届けたい! 基本的に「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 その他食べ物話、音楽話が多いです。 映画とデジモノもちょっとだけ。 気楽にコメント書いてくださると嬉しいです。 お待ちしてま〜す。 ٩( 'ω' )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。