先日ハヤシライスと言う物の存在意義はあるのか?と書きました。
美味しいハヤシに当たった事が一度もないからである。

しかし、だがしかし、こんなにもすぐにそれを撤回する事になろうとは思いもしなかった。
なんと、超絶旨いハヤシに出会ったのである。
しかも職場から近所の、これまでも何度も行っている店で。

これはぁ旨いよぉ〜
カレーよりも旨いよぉ〜
どうやったらこの味になるのか、見当もつかない。
うなぎのタレのように継ぎ足し継ぎ足しで作っているのかもしれない。

とにかく真似できる味じゃないし、赤ワインを使っている事くらいしか分からないのです。
いんやぁ〜 美味かった。
この店は何を食べてもかなり旨いのですが、僕はまたオムハヤシを頼むような気がしています。

やはり嫌いなものだったり、ハズレしか知らない物でも、本物を食べてから結論を出すべきなんでしょうね。
ホント、旨かった。
ビックリ。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。