音の話をちょっとでも DTMの足あと 001 あり合わせ

今日から始まる「音の話をちょっとでも」の子カテゴリ「DTMの足あと」です。
DTMとはデスクトップミュージックの略で、PCで作曲をする事全盤を言います。
趣味として作曲をやりたくて思い切ってソフトを購入し、独学で遊んでみようと言うわけです。
ソフトを買ったのが2016年なんですけどね(笑)
毎回何らかの作品をUPしていきますが、作曲スキルが上がっているなと分かるように頑張りたいと思います。
成長の記録となれば良いのですが・・・果たして。

記念すべき第1回の作品は、初めてDTMソフトを購入し、適当に作ってみた一曲。
初めて作った曲ですね。
タイトルも「あり合わせ」
懐かしい。
基本サンプルを継ぎ足しただけで、冒頭のドレミファソラシド以外は全部出来合いの音です。
初めてだからサンプルもアリなんでしょうけど、作曲というよりは「あり合わせ」ですよね(笑)
パパっと作った記憶がうっすらあります。

この曲を持って、音楽スクールに飛び込むんですよね。
何か作った曲はありますか? と言われ聴かせました。
CMとかに使えそうですね。 とお世辞を言ってくれました(笑)
今思えば、とんでもない生徒がやって来たなと思われたんだろうな。
パンパンに太っていたし(笑)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

LINEで送る
Pocket