僕とうつ病&統失 闘病記 2012.06 一番辛い副作用

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・一日中、死ぬ事を考えていた。
 特に日中コタツで横になっている時に考えてしまい、
 なかなか頭から消える事が無かった。
 首を吊る事ばかり考え、コードを探そうかと思ったりもして、
 危険度が上がってきているように感じる。
(動けないから横になる、横になると死にたくなる、このサイクルをどうしたら良いんだろうね。 一人でいると悪い方にしか考えられないよね。 でも人と接していると消耗するし。 睡眠薬で眠るようにするとかではダメかなぁ。)

・ジムに行く日だったが、体調悪く、行かないことにした。
 一日中こたつで横になっていた。

・病院に行ってきた。
 「どうですか、調子は」と聞いてきたので、
 毎日、このまま生きていても良い事などないだろうから、
 死んでしまおうと考える。 と答えた。
 僕はもうこれ以上良くならないのではないですか? と聞いたら、
 そんな事は無い、必ず良くなるから と言われた。
 その場しのぎの慰めで言っているのかと思い、
 先生の表情を観察したけど、本気で言っているみたいだった。
 僕みたいに長い事病気が治らない人って他にもいるんですか?
 と聞いたら、沢山いるよ と言われる。
 Masaさんは、調子がいい時期も経験してるからまだ良い方なんだよ
 と言われる。
 僕のように長く病院に通っていて、病気が改善する事もなく、
 ずっと苦しんでいる人もいるのか・・・
 そりゃ、地獄の苦しみだろうな・・・
 包丁を見ると死にたくなるんです。 と言うと
 包丁をどうしたくなるの? とリストカットの危険性を知りたい先生。
 僕は、首に刺して、動脈を切って死にたくなります。 と言うと、
 先生は少し暗い表情になって、それは危ないねと言った。
 昔のカルテを見ながら薬を変えようと先生は言う。
 弟くんの一年忌の時、調子が良くなったリーマスという薬があるから、
 それにしてみようと提案される。
 インヴェガの効果には限界を感じていたし、
 インヴェガは12mg以上に増やす事はできない薬らしいので、
 これ以上増量する事ができない。
 今度、調子が悪いと言ったら、薬が変わるだろうと思っていたら、
 その通りになった。
 そして先生に入院も勧められた。
 包丁の件が先生は気がかりらしい。
 僕も衝動的に包丁を手にして刺してしまう危険があるから、
 自分からの入院を考えてましたと、正直に言う。
 でも危険だと思って入院しても、監視してくれるだけで、
 何もしてくれないんですよね? と聞くと、ううむ と唸る先生。
 電気流してもらうって方法もあるけど・・・と言ってきたが、
 入院して電気流した事はあると言うと、
 あっそうだっけと思い出した先生。
 まぁ、何百人もの患者さんを相手にしているわけだし、
 忘れてもらって構わないんだけど。
 ひと月も入院したとしても、出てきたらまた何も変わらないわけだし、
 入院はないかな。
 お金の無駄ですもん。
  薬はインヴェガが中止になって、リーマスとジプレキサに。
  朝:アキネトン1mg、セレネース3mg
  夜:アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:ジプレキサ10mg、リーマス200mg×3錠
(包丁の誘惑は今もあります。 僕の衝動の特徴なのだろう。 危険な物には近づかない。これで対処するしかないと思う。 本当に危なかったら、やってしまう前に誰かに気持ちを打ち明けよう。)

・おとといから飲んでいる、リーマスの影響なのか、
 夜、眠ろうとすると腕の中を虫が歩くようなむず痒さが出て
 眠れなくなる。
 2日とも最終的には、残っている睡眠薬を飲んで、強制的に寝ている。
 睡眠薬はあと4日分しかなく、この後どうするか悩む。
 リーマスを飲むのを勝手に止めるか、
 病院にまた行き薬を変えてもらうなり、
 睡眠薬をもらうなりするか。
 どちらも気が重い。
(腕のムズムズ感はかなり辛いよね、耐えるだけしか出来ないのでストレスだし。 薬を変えてもらう事も考えたほうが良いかも。)

・薬の副作用なのかは分からないが、日中眠くて寝てしまった。
 昼間に寝てしまうと夜眠れなくなってしまうので、
 なるべく寝ないようにしているのに、寝てしまっていいものだろうか。
 昨日も日中寝てしまったが、夜になっても問題なく眠る事ができた。
 腕のむず痒さがあって眠れなくなってしまうので、
 横になったらすぐに眠れるほどの睡魔が襲ってくれると助かる。

・リーマスの影響だと思うのだが、腕や足がむずむず痒くなり、
 眠る事ができない。
 飲んでから6〜9時間はこの状態が続くのだが、
 寝る前に飲む薬のため眠る時間とぶつかる。
 リーマスを飲むようになってから、まともに寝ていない。
 何か気が紛れる事をすると、痒みが消えるような気がするので、
 ネットを彷徨ったりして時間が経って痒みが消えるのを待つしかない。
 あと数日しても痒みが消えない場合は、
 飲むのを止める事も検討しないといけないだろう。

・薬の副作用なのかは分からないが、日中眠くて寝てしまう。
 昼間眠ると夜寝れなくなるので、なるべく昼間は寝たくないのだが、
 いつも睡魔に負けて寝てしまう。
(どうしようもないほどの睡魔だから、眠ってしまって良いのだと思う。 少しずつ回復していけばいいので、今は身体が休みたいと言ってきているのだと思う。 眠ることが悪いのではなくて、薬を飲まなかったり、病院にいかないことの方が悪いことです。)

・友人の結婚披露宴に行ってきた。
 しかし同級生に会うのが怖い。
 愛犬の散歩の時に人とすれ違うのは全然構わないが、同級生は辛い。
 皆、家庭を持ったり、家を建てたり、子供ができたりして、
 自分の人生を進んでいる。
 僕は何も進んでいないし、もう8年も無職をやって
 家に引きこもっているので、「今何しているの?」と聞かれるのが辛い。
 また、披露宴の余興で、皆が盛り上げている様子を見て、
 仲間に入らない自分が嫌になる。
 馬鹿になりきれないのだ。
 友人達一丸でワイワイやっているのを見て、
 どうしてあそこまで楽しく振舞えるのか?と考えてしまう。
 各テーブルを周って、久しぶりに会う友人と会話して周る人達を見ると
 自分の社交性の無さに情けなくなってきます。
 結局、自分から席を立って友人達に挨拶したりする事は無く、
 ずっと椅子に座ったままの披露宴だった。
 僕みたいな冷めた奴を友人達はどういう目で見ているのだろう?
 顔は引きつり、手は震えてくるし、この場所から
 逃げ出したいって気持ちで一杯になってしまった。
 2次会は更に、友人達が馬鹿騒ぎするのが目に見えるので、
 恐ろしくて帰ってきてしまった。
 何が怖いのか自分でも分からない。
 別に無職だという事を隠しているわけじゃないし、
 僕は僕なりの楽しみ方をすれば良いのだと思う。
 でも怖い、どうしても怖いのです。
 2次会に誘ってくれたりする友人もいましたが、披露宴が終わったら
 「行こうよ」と声をかけられる前に逃げてしまった。
 2次会会場に僕が現れないので、友人達は僕を
 冷たい奴だと思う事でしょう。
 そう思われてもしょうがない。
 実際冷たいのだから。
 自分が情けなくて、嫌になります。
 消えてしまいたい。
(社交性のなさは今は随分と改善したけど、病気がひどい時期に同級生と会うのは辛いよね。 地元に住む事の嫌な事の一つだと思う。 誰も自分をしらない東京で生活したいと思うようになったりするが、一人暮らしは出来ない事は証明されたので、地元で上手にやるしか無いのだと思う。 もっと図々しく、堂々と、自分は劣っていないのだと考える習慣が欲しい。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2012.05 運動してか、症状なのか、動けない

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・比較的体が軽かったが、母から頼まれた写真編集のソフトを買う事が出来なかった。
 買っておいてとメールがあった後もコタツで横になって動けなかった。
 急ぎの仕事ではないが、自己嫌悪に陥る。
(お使いは頼まれない方が良いと思う。 行けても行けなくても無理をする事になるから。 PC関連だから頼まれたのだろうけど、なるべく自分のペースで生活するようにしてほしい)

・友人に長男が生まれ、お祝いを持って行ってやりたいが、
 祝儀袋を買いに行く事ができない。
 写真編集のソフトの購入もできていない。
 ジムに通うために問い合わせの電話を入れることもできていない。
 何もする事ができない。
 情けない。 久々に死にたくなった。
(やらないといけない事が溜まってきてしまったね。 お祝いは早いほうが良いし、やらないわけにもいかないから、早く済ませてしまって気持ちが開放されるようになろう。)

・今日こそ友人宅へお祝いを持っていこうかと思っていたが、
 まったく体が動かなくて行けなかった。
 雨だったからだろうか?
(天気は多分関係ない。)

・今日は体が重く、一日中横になって過ごしてしまった。
 こんな生活をしているなら死んでいなくなった方が、
 家族も清々するだろうと考えてしまう。
 死のうとする衝動は弱い物で考えないようにしたら、
 すぐに消えてくれたので助かった。

・PC同士の同期設定が上手くできない。
 1時間ほど作業をして、疲れきってしまった。
 集中力が続かない・・・・
 体が重い・・・・・
 こんなんではダメだ・・・・・
(ダメではないです。 1時間も難しい誰にも出来ないことをやっているのだから褒めてあげてもいいくらいです。 今日できなかったら明日また気を取り直して作業しようと考えるようにして、気長に取り組めば良いんじゃないかな。)

・左手の震えが止まらない。
 痛みがある訳でも無いし、日常生活に支障が出る事も無いが、
 気がつくとカタカタと震えていて、気持ちが悪い。
 全身で左手だけが痙攣しているので、右脳に何か薬が効いているようだ。
 震えの事は正直に母に話した。
(左手の震えは今も続いて言える症状で、何故左手だけなのかは分からない。 先生に話をしても大したことだとは思わないようなので、僕も木にする必要はないのかもしれない。 震えるのは気持ちがいいものじゃないけどね。)

・今日は死ぬ事も考えたし、体が重くてずっと横になっていたが、
 夕方愛犬の餌を取りに行かないといけないので、無理して外出した。
 コンビニに寄り、おやつを食べて、本屋に寄った。
 その後は体が軽くなり、と言っても夕方になったからそうなっただけで、
 外出したから軽くなったというわけではないかもしれないが、
 とにかく体は軽くなり、伯父伯母ちゃんの話を楽しく聞く事が出来た。
 午後3時くらいから活動を開始すると、いいペースができるのかもしれない。
(久しぶりに充実した1日を過ごせたようで良かったね。 あまり一気に活動しすぎないようにして、休む時間も作ってください。)

・今日は日中死にたくなった。
 台所に行った時、包丁が目に入り、この包丁で首を刺そうかと考えてしまった。
 危ないので、なるべく包丁から離れ、視界に入れないようにして、
 すぐに台所を去った。
 2階に戻ってからも、死にたい気持ちは消えなくて、
 死ぬ方法を考え続けた。
 一生こんな感じで苦しんで生きていくしか道は無いのだろうか?
 だとしたら、相当苦しい。
 病気がゼロになる事なんて、有り得ないのだろうか?
(包丁を見るといろいろと悪いことを考えてしまうのは今も変わらなない。 台所には近づかないようにしよう。)

・今日は眠くて、日中ずっと横になって過ごす。
 天井を見ながら、こんな生活をしているなら、
 死ぬべきなんじゃないか?と自問する。
 答えは出なかったが、愛犬ともう少し一緒にいたいと思えたので、
 苦しみから少し救われた。

・市の総合体育館に行き、運動をしてきた。
 1時間ちょっとしか運動してないが、腕と足がプルプルと震えている。
 こんなに運動したのは、何年ぶりだろうか?
 体を動かして、気分が高揚しているのが分かる。
 運動は病気に良いと先生が言っていたが、その通りなのかもしれない。
 週1回は通おうと思う。

・母に睡眠薬を飲んでいる事は話した。
 明け方まで天井を見つめながら死にたいと思っている事が辛い
 という話をする。
 母は少し驚いた様子だったが、納得してくれたと思う。

・今日も一日寝て過ごす。
 ジムに行った疲れがまだ残っているような感じで体が重い。
 週に1回はジムに通いたいと思っていたが、結構厳しいのかもしれない。

・なんとなく体がだるい。
 ジムに行った事の結果のような気がする。
 体力が付くまでは、だるくても無理してジムに行くべきなのだろう。
 1時間の運動を週3回でと先生が言っていたが、
 それは相当厳しいものだと分かった。
(運動はきついし、ウォーキング的な軽いものを長く続けることを考えたほうが良いのかもしれないね。)

・病院に行ってきた。
 4月までは体調が良かったが、5月に入ってから
 また死にたくなってしまっていると話す。
 先生はインヴェガが効いているから増やそうという話になる。
 6mgを2錠飲むようにするというではないか。
 これと言って副作用が無いので構わないが、
 2錠飲むとどうなってしまうのか、少し怖いものがある。
 睡眠薬は慣れてきてしまって効かなくなり、
 どんどん重い薬にならないのか?と聞いたら、
 そんな事は無いと一蹴された。
 よく薬がドンドンエスカレートして強い物になっていってしまうという
 話は、完全に作り話だと言われた。
 それならいいのだけど・・・・・
  朝:インヴェガ6mg×2錠、アキネトン1mg
  夕:セレネース3mg、アキネトン1mg
  寝る前:レンドルミン0.25mg

・日中眠ってしまった。
 写真編集の解説本も読んでいない。
 パソコンでの作業もやっていない。
 何もしない日だったが、ジムには無理することで行く事ができた。
 そこだけは良かった。

・3日前にジムに行ったのだが、それから体が重くて運動していない。
 基本的に疲れることはしたくない怠け者なので、
 ちょっとした運動もやりたくなくなってしまっている。
 ジムも週1〜2回は通いたいが、どうも行く気にならない。
 朝起きて愛犬の散歩に行き、朝食を食べてからまたベットに入り
 3〜4時間眠るという生活になってしまっている。
 日中寝ているから夜眠れなくなる事は明白で、
 なんとか日中横にならないようにしたいが、体がついてこない。
 体力をつけて起きていられるようになりたいが、
 その運動ができないので、困ってしまった。
(体力がつくまでは運動は辛いよね。 体型が変わってくるような達成感や目に見える変化はないし、運動は本当に大変。)

・友人達との食事会に行ってきた。
 正しい姿勢で座っている事ができず、終始モジモジ。
 足も背筋も疲れてしまって、途中で帰りたくなる。
 失礼とは思いながらも、途中で帰ってきてしまった。
 体力が無いのか?脳が弱っているのか?
 自分でも分からないけれど、こういう事は無いように
 頑張らないといけないだろう。
(体調が悪そうだから、そもそも最初から参加しないことを考えても良かったのではないかな? 無理をしないことも大切です。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2012.04 気持ちは少し前向きに

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・数日前から体調が良い。
 あまり死にたいと考えないのだ。
 体の重さは少し残っていて、愛犬の病院に行けないでいるが、
 朝8時には起きられるし、散歩も早くに行けている。
 日中も集中力がいる作業を数時間こなす事ができ安定している。
 インヴェガが6mgから9mgになった事が関係しているのだろうか?
 初めてインヴェガを処方された時も体調が良くなるのを実感したが、
 今回も同じような感覚を持っている。
 薬が自分に合っているのかもしれない。
(副作用が書かれていないけど、たまたま体調が良いだけなんじゃないかな? ぬか喜びで悪い波が来た時にカウンターを食らう事を何度も繰り返しているだけに心配です。)

・朝起きるのが辛いが、起きれているし、愛犬の散歩にも行けている。
 この子がいなかったら、起きる事は無いと思う。
(愛犬がいるから外に出るし、愛犬がいるから動かないといけない苦痛がある。 でもこの子が居なかったら僕は死んでいたと思う。 また犬が飼えると良いね。 是非またブサイク犬。)

・朝の薬を飲むのを忘れてしまった。
 15時に気付いて飲んだけど、大丈夫だろうか?
 薬を飲む事は、仕事をしない自分の最低限のやる事なので、
 薬を飲まないと自己嫌悪に陥る。
(薬を飲み忘れたことをまずいと思っているだけでも合格なんじゃないかな。 忘れたら続きを飲み始めれば良いだけ、ODにならないように慌てず決まった量を守ろう。)

・旅行のしおり作りを昼間から休み休みだが夜まで行う事ができた。
 旅行先のペットホテルにも予約の電話がかけられ、
 今日のノルマは達成できただろう。
 明日こそは愛犬を病院に連れて行き、狂犬病予防注射と
 混合ワクチンの証明書をもらってこなければならないだろう。
 旅行のしおり作りも中盤になり、調べるところが山のように出てくる。
 とっととしおりを完成して一息つかないと、
 プレッシャーでまいってしまうだろう。
(恒例の旅行のしおり作り、かなりの物量で作るのは僕以外無理だし、この計画書w次第で旅の良し悪しが決まるので、本当にプレッシャー。 集中力が続かないし身体はしんどいしで、あまりやりたくない作業だけど、喜んでもらえるとまた作ってしまったりするんだよなぁ。 当時よりは体調は良いから今ならば多少楽に作れるのかもしれない。 でも作りたくないよなw)

・明日は、美容室に行かないといけないし、できれば僕の病院にも行きたい。
 頑張らなければ。
(明日の行動を頭に描き、体調を整えようとしているのが好感を持てます。 前日から覚悟していると、けっこう当日も動けたりするような気がします。 イベントのある日に向けて少しずつ体調を整えていくことが出来るといいですね。)

・病院に行ってきた。
 幻聴らしきものが聞こえる話や、視線を感じる話はできなかった。
 死にたい気持ちはおさまって、落ち着いていると言うと、
 先生も少し安心した様子。
 このまま同じ薬を飲み続けると、もう少し良くなるだろうという考えから、
 薬はそのままになった。
 日中動けるようになるために生活のリズムができると良いという話になり、
 運動をすすめられた。
 週3回、各1時間、ジョギングやら、サイクリングが良いそうだ。
 外にはなかなか出られないし、体が重いので、なかなか厳しいですと伝えた。
(1時間の運動ってかなり大変だと思う。 動けば体調が良くなるのか、体調が良ければ動けるのか、考えてしまうよね。)

・若干、体が重い。
 明後日からの旅行、大丈夫だろうか?

・一日中体が重くて、横になってすごした。
 朝夕の愛犬の散歩も行きたくなくて、やめようかと考えたが、
 やめられるわけもなく、しょうがなく行く事にする。
 家の外に出てしまうと歩くしかないので、遠くまで行けた。
 愛犬には申し訳ないと思う。
(飼い主失格だと思うけど、この子に救われている部分が多々ある。 自分が頑張らないといけない存在があると強くなれるのだろうか? 子供とか彼女とか。 自分が親になることは想像ができないな。 なったらなったで頑張るんだろうけどね。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2012.03 症状?副作用?薬は増量

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・少し吐き気がする。
 おやつに甘い物を食べてから、さらに気持ち悪くなってしまった。
 原因は不明。
 薬は切らしてないし、一日の過ごし方も普段と変わりは無い。

・朝から吐き気がする。
 昨日のおやつで食べたコーヒーゼリーがまずかったかな?
 それ以前から少し気持ち悪かったけど・・・・原因が分からない。
 食事を取ると気持ち悪くなってくるので、なるべく食べたくない。
 もう少しして吐き気が治まるようだったら、
 ゼリーが原因だという事にしよう。

・まだ吐き気が残っている。
 辛かった数日前のピークほどではないが、
 半分くらいの気持ち悪さが残っている。
 食べ物が原因なのだろうか?

・体が重くて外出する事ができない。
 愛犬を病院に連れて行かないといけないし、
 自分の病院にもいかないといけない。
 ドックフードも買わないといけないし、スニーカーも買わないといけない。
 しかし、やる事はたったこれだけ。
 やろうと思えば一日で終わらせる事ができるが、これができない。
 一日中横になって過ごしてしまい、日にちだけが過ぎていってしまう。
 追い込まれてどんどん体は重くなるし、どうしたらいいのか分からない。

・謎の吐き気は治まったが、体が重くて、一日中横になっている。
 少しは動けるのだが、愛犬の散歩でエネルギーを使い果たしてしまって、
 他は何もできない。
 横になりながら考えるのは、やはり死ぬ事。
 自分も弟のように楽になりたいと思ってしまう。
 インヴェガもあまり効かないのかもしれない。
 薬があと4日分しかないので、近いうちに病院に行きたいと思う。
 ただ行けるかどうかは微妙だ。

・薬が無くなってきて、明日の分で終わってしまう。
 明日病院に行ければ、薬が切れる時間は無しになるが、明日行けるかどうか。
 毎月やってくる、この憂鬱な気分は、何とかならないものか。
 とにかく明日は病院に行けるように気合を入れて寝ないといけないだろう。

・病院に行かないといけないと思うと、動く事ができない。
 13時に起きて、出発しないといけない16時までの間、
 横になりながら、ずっと病院に行かなくてはと思っていたが、
 体はドンドン重くなり、結局行く事はできなかった。
 薬もあと1日分残っているが、それも飲むのを忘れてしまった。
 薬を飲んでいないからか、頭が少しフラフラする感じがする。

・病院に行く事が出来た。
 インヴェガの吐き気は先生にもわからないようだ。
 死ね系の言葉が頭の中でいっぱいになると話したら、
 インヴェガを増量された。
 弟の死で家族がボロボロになったのを見ただろうから、
 それを繰り返してはいけないと言われる。
 その通りだとは思うが、死にたい気持ちに変わりは無い。
 精神論だけで病気が治っているならば、
 こんなに長いこと社会復帰できないわけがない。
 気温が温かくなってきたので、外に出るといい気分転換になると言われるが、
 愛犬の散歩以外で外に出るのは無理だろう。
 インヴェガが6mgから9mgになり、さらに強い吐き気に教われないか心配だ。
 朝:インヴェガ9mg、アキネトン1mg
 夜:セレネース3mg、アキネトン1mg
 就寝前:レンドルミン0.25mg

・今日は死にたいと思う事が無かった。
 この前まで死にたいと思い続けていたのに、
 こうも日によって違いが出るのかと思う。
 インヴェガが6mgから9mgになったのを、今朝から飲むようになったが、
 吐き気はまったく無く、快調である。
 コーヒーやお茶は、薬の作用副作用を強めたり弱めたりするので、
 飲まないように気をつけようと思う。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2012.02 眠れば自己嫌悪、起きれば副作用

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・眠いのか?体がだるいのか?は分からないのだが、
 一日中コタツで横になって過ごしてしまった。
 夕方になると起きだして活動するあたりが、なんともうつ病らしくて
 嫌になる。
 睡眠薬が強すぎるのだろうか?
 朝から活動できなければ、インヴェガを処方された意味が
 無くなるような気がする。
(朝起きられない事が問題になっているね。 睡眠薬のせいでもあるだろうけど、眠る時間を早くしてみるのも効果があると思う。)

・薬の副作用が出ている。
 新しく処方されたのはインヴェガなので、これが原因なのは間違いない。
 頭痛や吐き気がして、フラフラしている。
 薬をやめるべきかは、ちょっと判断できない。
(副作用のほうが先に出るから、作用が出るまで様子見をしたほうが良いと思う。 辛いだろうけど、変化を求めて薬を変えたはず。 様子を見よう。)

・吐き気が治まらない。
 インヴェガの副作用とみて間違いないが、
 薬をやめるべきかどうか迷っている。
 薬と一緒に付いてきた冊子には、めまいが出たら、飲むのをやめてと
 書いてあるが、めまいという程、強烈な物ではない。
 ただ、頭がフラフラしているだけなので、めまいではないからだ。
 病院に行くのも大変だし、勝手にやめるのもどうかと思うし・・・

・薬があと7日分になり、またも気が重くなってきた。
 できる事なら外出したくない。
 来週の月曜に病院に行けたら行こうと思う。

・落ち着いて生活できているが、朝早くに起きられなく、昼過ぎに起きだし、
 愛犬の散歩。
 帰ってきたらコタツで横になってしまうという生活が
 出来上がってしまっている。
 本来ならば、朝7時に餌を与えるだけじゃなく、
 そのまま散歩に行ければいいのだが、それができない。
 睡眠薬が効きすぎるのか、00時頃薬を飲み、寝ると12時間ほど寝てしまう。
 朝軽く目が覚めるのだが、どうしても2度寝してしまう。
 そして目が覚めると12時を過ぎいているというパターンだ。

・今月の分の薬を飲みきってしまい、
 薬を切らせてしまうことに今月もなってしまった。
 薬が残り1週間くらいになったら、
 病院に行くように習慣づけないといけないのだろうが、それができない。
 明日、病院に行けたら行こうと思うが、体調がどうだか分からないので、
 何とも言えない。

・病院に行ってきた。
 薬を飲みきった翌日に行ったので、薬が無い生活は少しで済んだ。
 今回は、カウンセリングを受けてみたいって話をしたのだが、
 意外な答えが返ってきた。
 ずばり「受けないほうが良い」。
 カウンセリングを受ける事で病気が早く治ったり、
 再発のリスクも減る事はありませんか?と言うと。
 「ありえない」とキッパリの先生。
 原因と結果と考え方を植えつけられ、理屈っぽくなるだけだそうだ。
 これは先生の独断ではなく、筑波大学病院の症例からの統計であって、
 TVでやっているような劇的にカウンセリングで
 回復するって事はほとんど無いそう。
 話がこじれて、ややこしくなるだけだと言っていた。
 カウンセラーとの話は最初は盛り上がるが、
 全てを話し終えたら、後は何も進展しなくなるとも先生言っていた。
 後は、先生のような、精神科医は、患者の話が何処まで本当か?を
 考えながら治療していくけど、カウンセラーは
 一旦話は全部受け止めてから、
 あ〜でもないこ〜でもないという展開になる為、
 患者の被害妄想に振り回されて、大変な事になるとも言ってた。
 実際、最近また幻聴っぽいのが聞こえるんだけど、
 真に受けて「あなたはトウシツです」なんて命名されたら、大変な事になる。
 本当に話がこじれると思い、ここでスッパリとカウンセリングを諦めた。
 まぁ、カウンセリングは是非おススメするよと言われ、
 いい病院を知っているから紹介すると言われても、
 体が言う事をきかず、どうせ通ったりはできないけれど。
 何か変化が起きれば良いなと思いましてと言ったら、
 その姿勢は評価する的な事は言われた。
 カウンセリングの事を、
 先生「エンターテイメントとしては面白いけどね」とチクリと言ってた(笑)
 あのチクチク感が、あの先生の醍醐味かも って思った。
 薬は睡眠薬以外はそのまま。
 睡眠薬は、効きすぎて、寝たら12時間起きられないと言ったら、
 すぐに弱めなのに変えてくれました。
  朝:アキネトン1mg、インヴェガ6mg
  夕:アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:レンドルミン0.25mg
(結局カウンセリングには行くことになるのだが、この時は先生の過激な意見に押されてしまった形だね。 決めるのは自分、何も先生の言うことが全てではない。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。