シネマにドラマ 現場のお宝 ジャバ・ザ・ハットのぬいぐるみ

今回から始まる新カテゴリーです。
毎月1回、コレクションのフィギュア等のお宝を発表していきます。
シネマにドラマの子カテゴリである事から分かるように、映画関連がほとんどになると思います。
っというよりはスターウォーズ関連、、、のみになると思います。
やばいよね、マニアだよね(笑)

更新が毎月1回なのは、購入するのが毎月1回限定だから。
オークション等でお宝を購入します。
中古になるわけですが、未開封物、あるいは状態の良い物狙いです。
そして予算は2,000円未満。
本当に欲しかったら3,000円までは出そうと思っていますが、欲しいものは何でも購入するとなると歯止めが効かなくなってヤヴァイからですね。
誰が見てもお宝である何万円もする物は買えないよね。
毎月2,000円で買える物を探してポチるわけですね。
それが届いたら発表していくわけですね。

では記念すべき第1回のお宝・・・
スターウォーズではおなじみの悪い奴。
ストーリー上のラスボス的な悪さじゃなく、地方にいる悪い奴です。
ギャングのジャバ・ザ・ハット。そのぬいぐるみです。
確かに悪い人なのですが、どこかユーモラス。
カエルの頭にナメクジの下半身、舌なめずりしたり、牛蛙サイズの生きたカエルを丸呑みしたり、ちょっとキモい。
でもどこかやっぱりユーモラスなんですよね。
ベイダーや、ハン・ソロや、ヨーダなどの大人気キャラではないですが、隠れファンが多いのもジャバならでは。

このぬいぐるみは映画館で一目惚れして買うてしまいました。
お腹を押すと映画と同じ声で喋るのですが、ハット語なので、何を仰っているのかは分かりません。
お声には数パターンあって、ガッハッハと気持ち悪く笑ったりもされます。

購入に踏み切った最大の理由は鼻が曲がっているから。
「ハ」の字の鼻なのですが、左右非対称で、これはご本人と同じく曲がっております。
ぬいぐるみなのに、ちゃんとそこを再現している事に感動して購入です。
映画を一緒に観に行った連れたちが4人も居たのに、誰もジャバ様を購入しなかったのは何故だろう?(笑)
第1回目の更新からジャバ様。
今後の展開はどうなる!?

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

ジャバ・ザ・ハットの動画↓

シネマにドラマ 映画 スターウォーズ1日で一気見

たまたま両親も自分も時間が空いた日曜日、僕のスピーカーを持って実家に帰った。
目的はスターウォーズを見せるため。

本当は姪っ子甥っ子に見せたかったんだけど、部活でヘトヘトらしく、不参加。
でも母がそれに食いつき、観ようではないかと。
基本的な時間の流れが分かっていないので、基本となるエピソード4から見せます。
初めて公開されたのがエピソード4なんですよ。
4、5、6と公開されてから、
1、2、3と公開され、
その後、7、8と公開されていて、来年9が公開される予定です。

1から観るよりも、4から見た方が分かりやすいんですよね。
4はやはり面白いです。
観終わって、やや疲れていると、母がまだ14時だから5を観るぞと言い出した。
はいはい、こういう貴重な時に観せちゃいましょう。
エピソード5開始です。
全てのエピソードの中で最高傑作との呼び声高い5ですから、面白いのなんの。
これまた疲れて観終わったら、母が6観ようと言い出した。
もうどうにでもなれって感じでエピソード6開始です。

3作一気見ですから、6時間以上観ていた事になります。
音はスピーカー持参しただけあって、超いい音。
でもテレビは小さい。
そこだけが残念だけど、母は一気に見た事でやっとストーリーが把握できたそうな。
親孝行しましたな。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 映画 ハン・ソロ

スターウォーズのスピンオフ第2弾「ハン・ソロ」が発売された。
興行的には失敗に終わったハン・ソロですが、僕は面白かった。

色々とそう繋がるのね っていうのがローグ・ワンよりもはるかに多かった。

伝説のケッセル・ランを通ってくれる辺りは、有り難くすらあったね。
セリフの中だけでの出来事で、子供の頃から想像しか出来なかった事をやっと見る事ができる。

その他、エピソード5で初登場のランド・カルリジアン。
その出会いも興味深い。

チューイももちろん出て来るし、まだピカピカのファルコン号も初めて見る姿。
これは楽しいに決まっている。

ヒロインのエミリア・クラークさんも小柄で可愛らしく、女性的。
ナンバリング本編のレイちゃん、ローグ・ワンのジンちゃん、どちらも美人だけど、エミリアさんが一番美しいかな。

ドロイドも今回変わったタイプが出てきまして、ドロイドの人権を訴えるドロイドという面白いキャラ。

ディズニーウォーズになってから、毎年スターウォーズが観れるのは嬉しいけれども、女性キャラ推しすぎかとちょっと思う。
プロデューサーが女性だからなんだろうけど、ちょっと明らかに口出してるよね、偏ってるよね、って分かっちゃう。
男ばかりのスターウォーズじゃなくて全然構わないのだけれども、ちょっと露骨かな。

ファンの為のスターウォーズでした。
星5つ満点で
★★★
誰でも楽しめる良作。
ハリソン・フォードの影を追わなければ、後は楽しめるかと。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。

ハン・ソロ の予告編 ↓