デジモノ快談 キタiMac

1月下旬に注文していたiMacが届きました。
高い買い物でしたが、物は大切に使うタイプです。
10年は使おうと思っています。

画面がデカイので、とても作業がしやすいです。
スピードもかなり早いですが、まだまだセットアップ中なので真価は分からずじまいです。

iMacを買った最大の理由はDTMの作業効率を上げるため。
効率よく勉強を進めたくての購入です。

この勉強は仕事に還元される事なので、iMacは先行投資でもありますし、
自分へのご褒美でもあります。
休職中ではありますが、ポツポツ入ってくる仕事にも使いますし、
社会復帰の為の物ですね。

もう数年TVが無い生活ですが、勉強が楽しく、不便は感じません。
最近の芸能人とか全然知らないのですが、ワクワクしております。
やりたい事に必要な物はほぼ揃いました。
あとは楽しみながらやっていきたいと言う事ですね。

後はまた節約の日々の始まりです。

デジモノ快談 iMacポチり

iMacを購入しました。
ネットで購入ボタンをポチったという事で、まだ手元にはありません。

度々言ってきましたが、僕はMac Book Proの古い型を使っています。
ネットを見たり、ブログを更新するくらいならば問題ないのですが、色々と重い事をやらせているので、時間がかかり勿体無いのです。

パワー不足は否めないです。
それにいつ壊れるかという心配もあります。

1017年に発売されたMac book Proのカスタマイズ版で性能を上げたものを購入しようかと思ったのですが、ふと思ったのです。
ノートPCを仕事に持っていく事もとりあえず無くなったんだよな。と

全ての時間を音楽につぎ込みたい。時間が惜しい。
もっさりしたPCは時間の無駄。
大画面の方が作業効率が良くて時間が得。
高い金を出してノートPCを買う必要があるのだろうかと。
(同じ性能だとしてもデスクトップよりもノートの方がはるかに高いのです)

大画面で性能の良いデスクトップのiMacの出番だろうというわけです。
3台続けてSONYのバイオノート。
その後、appleのMac book pro。と僕のPC歴はノートのみでした。

iMacはデスクトップなので、初めての買い物。
同じ値段のMac book ProよりもiMacは数倍性能が良いのです。
画面もMac bookちゃんが13インチなのに対し、iMacは27インチ。
倍のサイズで画質も上がっています。

完全なる贅沢品ですが、PCに求めるのはパワーとデザインの美しさなのです。
遅いだの、このデザインがちょっとなぁ、と思いながら次のPCを購入するまでの数年間毎日作業をする事が何より嫌。
使っていて気持ちがいい道具に、僕はこだわるのです。
到着は2週間後になりそうです。

因みにiMac Proは最低スペックでも50万以上で異常なので、見向きもしなかったです。
買う人はプロのクリエーターかYouTuberくらいじゃないの?

iMac到着が楽しみ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

デジモノ快談 半フリーズのWin

母のPCはWindowsを使っているのですが、あまり詳しくありません。
検索したり、ユーチューブを見たり、ちょっとした資料を作ったりするくらいです。
セキュリティーなどは分かっていないので、僕がアップデートしてやったりする事もあるのですが、先日それをやってやり、再起動させて母にPCを渡しました。

するとPCが重いというのです。
あぁ、今セキュリティーを更新したから、ちょっと最初は時間かかるかもしれない。 と僕。
しばらくしても母が重いままだと言うのです。

怪しみだした僕は、マウスポインター(画面の矢印ね)は動くか?と聞いたら、普通に動くと。
でも重いって意味が分からないので、じゃぁ何をしようとして重いと言っているのか?と聞きました。

するとフォルダが開けないと母。
ダブルクリックしても開かない、反応が無いと言います。
じゃぁ、フォルダの上で右クリックして開くを選択したら?と僕。
あ、開いた、右クリックだと何度やっても毎回開くと言う母。

ピンと来ました。
ダブルクリックが遅いんじゃね? と僕。
1回目のクリックと2回目のクリックまでの間隔が離れてしまっているという遅いですね。
意識してカチカチっと早くダブルクリックしたら、フォルダはちゃんと開きました。

自分のクリックが遅いのに、僕のアップデートのせいでフリーズしていると濡れ衣を着させられ、たまったものじゃない。
母は恥ずかしいと言っていたので、笑い話となりました。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

デジモノ快談 どんだけ

愛機のMacちゃんのバックアップを自動で行なっているのですが、外付けHDDの空きがゼロに。
自動で月ごとのバックアップ
毎日のバックアップ
が取られるようになっていて、HDDの空きが無くなれば、古いデータから消していくという仕様なのです。
でも裏を返せば空きがある限りHDDを食い尽くすという事。

Macちゃんに入っているデータのバックアップとは別に、容量が大きくてMacに常に入れておかないけれども、貴重なデータなどは別途残しておきたい。
だから自動でバックアップをどんどんやられても困ってしまう面もあります。

で、一旦自動で取ってくれたバックアップを全て削除したら・・・
1.3テラも空き容量が出来た。
1300ギガですよ!
どれだけ自動でとり溜めしてんねん!
3テラのHDDの半分近くを占めていたとはビックリ。

すぐに新しい1発目のバックアップを取りましたが、またHDDがいっぱいになるまでバックアップを取り続け始めるわけです。
500ギガくらいでやりくりして、いっぱいになったら古いものを消してくれると助かるんだけどなぁ。

HDDの容量が無くなってきていて、さらに大容量のHDDの購入を検討していただけに、しばらくは大きな出費は必要ないかな。
助かるっすよ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

デジモノ快談 マウス否定派の路線変更

僕はノートパソコンではマウスを使わない人だったのです。
Mac bookを使っている僕ですが、Macってトラックパッドで色々とショートカットができるので、トラックパッドのみで使用していたのです。

が、最近しばらく使っていなかったワイヤレスのマウスを引っ張り出してきて使用してみたら、快適なんだよね。
トラックパッドのショートカットはマウスでは(純正じゃないし)何もできないのだけど、色々と楽ですね。

肩が楽だね、肩が(笑)
画面正面にある小さな(Macはかなり大きい方だけど)トラックパッドに指を置くと無意識に肩を狭めて小さく小さく使用していたようで、これがマウスを使うと肩から真っ直ぐ正面に手を伸ばした所で操作をするので、肩が楽なんですよ。

でもこだわりが有って、有線マウスはダメなんです。
無線で、小さいマウスが良い。
クリック音が抑えめなマウスが主流になってきていますが、その流れ分かるわぁ〜。
僕も無音に近いマウスを使用しています。

有線じゃないと言う事は、充電しないといけないのですが、僕のは2本の単4充電電池を使うタイプを使用しています。
フル充電で10時間以上使えるはずです。
節電で5分くらい使用しないと電源をOFFにして、動かすと一瞬で復帰するので、良くできています。

あと、小さいマウスが良いと書きましたが、手にジャストフィットするタイプよりも、やや小ぶりが理想です。
パソコン周りはスッキリさせておきたい人なので、配線とか、スペースとかホントこだわりがあるのです。

ちょっと話がずれるけれども、マウスポインター(画面の矢印ね)の動きは最速にするのがお約束です。
マウスを数センチ動かすだけで、ズババンと目的の場所に届いてくれるので、省スペースで使えるし、手も楽なんですよね。
他の人が使うと、「何じゃこの異常スピードは!?」と笑われるのですが、慣れたら最速が一番楽ですよ。

あとはマウスの色とか、コロコロの感じとか色々とあるのだけれども、話が終わらないので、これくらいにしておきます。
何の話だっけ?(笑)
一通りポインタ周りの事をやってみて、一周してみたら、無線マウスが便利だった! という話でした。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。