あぁ、食い道楽 悪魔のパン

ローソンで悪魔のおにぎりが発売されてヒットを飛ばしました。
味をしめたローソンは悪魔の焼うどんを出しましたが、天かすとうどんを同時に口に入れるのが難しく、ちょっとイマイチだったと書きました。
その後、タイミングをずらして悪魔のパンと悪魔のトーストが発売開始になったので、買ってみました。

悪魔のパンは、悪魔シリーズのお決まりである、あおさと天かすを使ったパンになっています。
厚さ5mmくらいの大きな長方形のパンの上に天かすが乗っています。
食感はナンのようです。
味はピザトーストとお好み焼きの中間のような味。
美味しいと言えばおいしい。
もうひと頑張り欲しいと言えば欲しい。

満足感も結構あったけど、何かが足りないような気がするんだよね。
ボリュームなのか味なのか、それは分からないのだけどね。

肝心のまた買いたいか?ですが、もう買わないと思います。
悪魔のシリーズ、おにぎり、焼うどん、パンと食べてきましたが、2度購入した物は無いんだよなぁ。
新しい味だし、頑張ってるんだけど、な〜にかが足りない気がする。
それが何かは、やっぱり分からないのです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。