僕とうつ病闘病記 2007.05 良かったり悪かったり

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・死ぬことを考えてしまったが、外に出たこともあり、合格点を与えてもいいと思う。
薬がもうすぐ切れるのだが、今回は薬を切らすことなくもらえるようにしたいと思う。

・薬が切れてしまったので、飲んでいない。
明日病院がやっているか、電話してみようと思う。
(苦手な電話をしようというのだから、結構変わってきているように感じる。 電話は今でも苦手だけど、かけてしまえば何てことなかったりするものです。 怖いけどね。)

・病院に行くことなく一日が終わってしまった。

・死ぬことをずっと考えていた。
誰もいない時間になると、今首を吊れば、発見までにどれだけ時間があり、未遂に終わったり障害が残ることがないだろうと考える。
シャワーを浴びても、首を切る事を考える。
病状が悪いからこういうことを考えるのではなく、慢性的に考えているのではないかと感じる。
また、怒りの感情と、なげやりになることが目立つ。
衝動的に死のうと思ってしまうので、危険なのかもしれない。
(一人の時間は今なら死ねると考えてしまうよね。 自殺願望は人生の一部になってしまったように感じる。 もちろん病気がそう思わせているだけなのだけど、考えない日は珍しいし、この衝動と上手に付き合っていくしかないように感じる。)

・薬を今朝から飲み始めている。
すぐに効果はでないからか、死にたい気持ちはなくならない。

・日中、死ぬことばかり考えている。
両親にもう死ぬことはない と言ったが、死なない自信などない。
(あの時は本当に死ぬことは無いと思ったし、嘘は言っていないつもり。 でもまた体調が悪化してくると死のうとしてしまう。 自分が分からなくなるよね。 体調が良くなれば全く考えないで生活できるんだけどね。)

・PCの設定を楽しんでいじっているので、死にたいと思うことがほとんどなかった。
薬もちゃんと飲んでいるので気分が悪くなることもない。

・とても落ち着いている。
今日のような日が続くなら、社会復帰できそうな気がする。

・落ち着いている。
午後になってもジムに行くことができず、いつものように今日も行けないのかと思ったが、思い切り家を出ることでジムに行くことができた。
(動けない行けそうにないという感覚を無視して体を動かすのは結構危険なんじゃないかと思う。 無理は文字通り無理をすることなので、反動が必ずくる。 その時動けても苦痛に目を向けないようにしているだけで、何も無いわけじゃ無い。 行動して良い方に行くこともあるけれど、悪い方に行くことの方が多いような感じがします。 よくよく自分の体調を客観的に見るようにして、GOを出すべきか判断するようにしてください。)

・今日はとても落ち着いて生活することができた。
薬をちゃんと飲んでいるし、死にたいと思うこともなかった。

・ジムには10時のオープンと同時に入り、短めに運動してきた。
早め早めに行動をすることで、午後は気分が楽になった。
とりかかりの遅い癖をなんとかなおして、嫌なことを先に消化するようにしたい。
(書いちゃってるけど、ジムは嫌な事なんだよね。 太ってしまった事を恥じて自分からジムに行きたいと提案したように記憶しているけど、元々体を動かすことが好きじゃ無い怠け者。 そこに病気がプラスされてるから、ジムはできる事なら行きたく無いんだよね。 あまり痩せられなかったし。)

・落ち着いて生活することができたが、死ぬことを考えてしまった。

・昼間眠ってしまったし、死ぬことも考えてしまう。
死にたいと思わない方が珍しいくらいだ。

・市役所に行き、書類を作ってから郵便局にでかけることができた。
今日のように積極的に外に出るようにしていきたい。
(大嫌いな市役所。 意味が分からない場所。 書類という言葉も嫌い。 訳が分からない。 でも頑張ったね。)

・とても落ち着いて生活することができた。
集中力も切れることなく、日中勉強をすることができた。
(向上心は少ない方だと思っているけど、学問じゃ無い勉強は好きだったりするよね。 あまり社会復帰に役立たない知識を得たりするけど、何かをやっている、やろうとする気持ちは持ち続けていたいよね。 頑張って。)

・午後から体が重くなり、ジムに行くことができなくなってしまった。
窓の外から視線を感じ、昼間からカーテンを閉めて過ごす。
幻聴のような音が聞こえたし、本当に病気がよくなっているのか疑問を持つ。
(たまに統合失調症の症状が出るけど、たまに出し、痛かったり苦しかったりはしないから、気にせず眠ったら良いと思う。 病気は少しずつだけど良くなってきているよ。 焦らない自己嫌悪しない、過度に頑張らない。 これで良いと思う。)

・とても落ち着いている。
薬が間もなく無くなるので、今度こそ早めに病院に行きたい。
(早めに病院に行くことを考えるようになっただけでも前進しているよ。 本当に早めに行けるかは別問題だけど、そう考えている事は前進だよ。)

・ストレスで作業を投げ出すことなく、対応することができた。
ストレスの発散方法を考えないといけないと思う。
(何でも背負い込んでしまう性格。 発散方法の模索は大きな課題。 それを見つけられるかで病気再発を防止する事に繋がっていくと思う。 趣味か?方法か?分からないけど、考え続ける必要はあると思う。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。