僕とうつ病闘病記 2005.09 入院

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・今日も落ち着いている。
録画したビデオデータの取り込み、編集作業が楽しくて、朝から作業をしているが、気が付くと夕方になっているという日が多い。
ただこの作業は、仕事とは違うので、実際に働けるかどうかはわからない。
仕事でもこのように充実した時間を楽しめるようにならないと病気が再発する可能性が高いので、100%回復しても油断しないで、薬を飲み続けるようにしようと思う。

・今日で交通事件に巻き込まれた事から4年がたった。
フラッシュバックするような事は無くなったが、夜運転するのが怖いのは変わらない。
事故のことを思い出しても落ち着いていられるようになった。
最近は病気の症状はあまりでなく、将来の事を考えても落ち着いていられる。
(少しずつ良くなってきているね。 ゆっくりでいい。 確実に前進できなくていい。 現状維持でも上々だよ。)

・物忘れが多い。
一日何を食べたかも、ブブ彦の散歩やご飯を食べさせたかなど、ほとんど覚えていることができない。
(記憶は飛び飛びだろうけど、落ち込まないで。 思い出はこれからいくらでも作れるのだから。 消えてしまう時間が惜しいならば、日記をつけよう)

・今日も調子は良かった。
夜に父と母とメールでうつ病について意見を言い合った。
メールで相手の顔を見ることないので、自分も病気の症状や、今考えていることを素直に言った。
母もここまで本音で話し合ったことは無いと家族の絆が深まったと喜んでいた。
(話さないと伝わらない事がほとんどだと思います。 体調が良くて、少し客観的に自分を見れるようになったら、家族と話をする機会を設けるといいね。 家族はプレッシャーも与えるけれど、それは自分の人生を心配しているだけ。 敵じゃない。)

・薬を変えてか死にたいと思うことがかなり減った。
この病状で電気治療は必要かどうかは、自分にはわからないが、さらによくなればと思う。
最近は、未来に関しても楽観視できるようになってきているので、これは良い兆候だと感じている。

・今日も落ち着いている。
先生に物忘れのことを伝えると、そうなる人もたまにいるということだった。
自分と先生の考えは同じで、自殺して命を失うよりは、少しくらいボケても構わないと考えが一致した。
今が発病してから一番症状がなくなってきたところなので、今の薬を飲み続け、
じょじょに弱い薬に変えていこうと先生に言われてた。
入院するから一月分の薬が欲しいと伝えたが、うつ病の患者には危険が伴うので
2週間分しか処方できないということを聞いた。
薬がなくなってきたら病院から薬をもらえるだろうとの事。
先生が自分の表情が豊かになったと言ってもらえた事が嬉しかった。
(表情がこわばっている時は自分で分かるんだけど、表情が豊かになっている事は自分では分からない。 声を出して笑うようになったのはこの頃だったかな? 前向きでいいね!)

・落ち着いているが、薬の副作用と徹夜明けの影響からか、午後は昼寝をして熟睡した。
昼夜逆転の生活は直さないといけないとは分かっているのだが、なかなか直すことができない。
(夜は体が軽くなってついつい夜更かししちゃうよね。 やりたい事は明日に持ち越しで眠るようにしよう。 明日もやりたい事が残っているってリア充への一歩だよ。 毎日楽しめる事があるって脳にすごく良い事。)

・今日も物忘れが激しい。
薬を飲んだのかが思い出せずに、続けて2回分を飲んでしまったりした。
自殺をしてしまうよりはましだから構わないが、少し生活をする時に不便だ。

・落ち着いているが、子供を見ていると気分が悪くなってくる。
特に赤ん坊を見ると頭がおかしくなりそうになる。
自分のような人間が汚れていない赤ん坊には近づかないようにした方が良いと
無意識に考えてしまっているような気がする。
この調子だと自分が子供を持つなどということは絶対に無理だと思う。
(出来損ないの自分は父親にはなれない。 そう考えてしまうのは無理もない事。 自然体の自分を愛せるようになる日が来たら、自然と家族を持とうって気持ちになるのかもね。)

・少しだけ自殺の事を考えてしまった。
また、物忘れが激しく、今日姉から届いたメールに赤ちゃんの名前が書いてあったので、それを今日の出来事の欄に書き込んだが、昨日の日記には、既に名前が書いてあった。
自分は今日届いたメールで初めて赤ちゃんの名前を知ったつもりだったが、
昨日それを聞いて、自分でこの日記に書き込んだことを全く覚えていない。
あまりにも物忘れが激しいので、少し不安になった。
多重人格にでもなった気分だ。
(自分が物忘れをしてたって、大して世の中変わりません。 忘れるの多いに結構じゃないですか? 飲み会の後に記憶が無い。その時の話を聞くのってちょっと楽しいじゃないですか。 そんな事やった?って楽しんでしまえ。)

・死にたいと少し考えてしまった。
今飲んでいる薬はかなり効果があるが、自殺を考えてしまうという事から、まだまた楽観視はできないのだろう。
一時的に悪い状態になっているだけだろうが、入院して電気治療をすることは、やはり必要という事だと思った。
早く入院してしっかりと自殺願望が無くなることを願う。

・今日はHPを作っていたので、悪いことも考える暇が無かったのか、具合が良い。
家族も最初の頃と比べると、だいぶ理解をしてくれているようなので、精神的に非常に助かっている。
その気持ちに応えて、早く恩返しができれば良いと思う。
(早く良くなりたいと言う気持ちはモチベーションにもなるけど、落ちた日にはやはりダメなのかとカウンターを食らう事も考えよう。 少しずつ状態を平均して上げていく、近道は無い。 恩返しがしたいと言う気持ちはとても大事だよね。)

・落ち着いて生活ができた。
集中力もだいぶ戻ってきて、数時間連続でHP作りを行うことができた。
仕事や対人関係のストレスにも耐えられるように、早く戻りたいが、焦らず治療に専念するようにするつもりだ。

・昼間に睡眠を取ったが、それ以外はとても落ち着いて生活できた。
HP作成も2時間〜3時間は集中することができる。
壁を虫が歩いていることや、視線を感じるという感覚もほとんど消えている。
(とても良い状態だね。 でも必ずまた体調は悪くなる日が来る。 今日に感謝しつつ、悪くなった時に体調は上下する物と言う事を言い聞かせられるように心を決めておいて)

・病状はほどんど出てくる事はなく、HP作りに専念できる状態だ。
来週20日から入院することになった。

・今日も具合が良い。
2時間くらいなら休憩を入れずにHPの作成ができるくらいだ。
最近は洗濯物の取り込みや、洗面台の掃除、ゴミ捨てなどの仕事もこなすことができるようになったし、やってくれと言われても昔よりはストレスを感じなくなった。

・病棟の異様な雰囲気に圧倒される。
視線を感じたり、壁がざわついている症状を抑えるために飲んでいた薬が肝臓に負担をかけていることが血液検査でわかり、その薬をやめて様子を見る事になった。
この薬は食欲を出させる副作用があり、薬をやめることで食べすぎをおさせる事ができるかもしれない。
視線を感じたり、壁がざわつくようなことが再発する可能性もあるので、注意が必要だ。
(壁がざわつく、何かひそひそ話が聞こえる、何かの視線を感じる。 いい気分はしないよね。 でも霊感はゼロだし、幽霊が見えるよりはずっとマシだ。 また壁がざわついても落ち込まないように。 今は薬で抑えられるし、自分はダメかもしれないと思わない事。 頑張っている自分。胸を張ろう。)

・夜中三回ほど目が覚めてしまったが、トイレに行き、またすぐに眠ることが出来た。
来週までは病棟から出ることができず、ストレスを感じるが、ベットの上にいて薬を飲んでいれば問題は無いのでプラスに考えてみようと思う。
また、家にいる時のように間食が出来なくなり、ストレスを感じるかもしれない事が心配になったが、いまのところストレスや空腹感も無く、少し安心することが出来た。
(プラスに考えてみよう 素晴らしい。 どんなにどん底でもプラスに考える。強引でこじつけだろうともちょっとプラスくらいに考えるようにすると、追い込まれなく楽になれる。 このうつ病に対する奥義のような発想方法が出来れば、自分が救われて、良くなっていく事が実感できるよね。)

・TMS(電気治療)を行うのが、来週28日(水)、30日(金)に決まった。
20日21日と薬を1種類減らしたが、いつもと変わらず生活できている。
病棟から出られないストレスは、移動売店が来てくれたことで大分楽になった。
移動売店ではチョコレートを買ったが、ほとんど全部食べてしまい気持ちが悪くなった。
飲まなくなった薬の副作用を抑える薬も飲む必要が無くなったので、眠る前の薬がさらに1種類減った。
(この入院で体重が激増したよね。 チョコレートを食べている時って気持ちが落ち着くけど、食べ終わると自責するんだよね。 分かっていてもまたチョコレートを買ってしまう事も自責するんだよね。 でもまぁ太っても入院しているんだし大丈夫。)

・父、母が面会に来て「姉、姪っ子甥っ子」「親戚」「自分の性格」「今後の事」「TMS、MRI」など本音で色々と話しをした。
かなり気分が楽になり、先生や、同部屋の人達、父と母ともストレスを感じることなく、何でも話すことが出来る。
密度の高い時間を楽しむことができ、気分が晴れるのを感じた。
夕食後、暑くなったので病室の窓を開けた(飛び降り防止のため10センチしか開かないが)3日ぶりに外の空気を吸い土の匂いを感じ、外に自由に出られるありがたさを実感した。

・NANAの8巻を読み終わったところで気分が悪くなった。
妊娠したハチの周りで「簡単に生みすぎる」「認知」などの会話が溢れ、自分の事と重ねて見てしまう。
急に身体が重くなり、横になり2時間眠った。
起きてからも気分が悪く、命の事や、生きる意味などを考えてしまい、じょじょに死にたい気持ちになる
このままではまずいと感じ、先生と話をする。
TMSの治療を控えている時に薬を変えると、効果が現れないことがあるらしく、いつもどおりの薬を飲み安静にして様子を見ることになった。
(NANAはその後完結したのか全く知らない。 もう読む気にもなれないし、今読んでも不快だと思う。 嫌な事は早めに見切りをつけて遠ざける習慣をつけると体調の上下の幅を狭める事ができるよ。)

・夜眠ることが出来ず、何度も目が覚めた。
看護師さんの話に夜と、3時頃すごいイビキをかいていたそうだ。
気分は昨日ほどではないが、少し体が重く、気分も落ち込みがちだ。
物忘れはあいかわらずで、毎晩飲んでいる薬を量が増えていないか?と尋ねてしまったり、母から届いたメールを読んだ事を全く覚えていなかったりする。
(いつもの物忘れ、気にするな)

・午前に4回、午後に2回採血を行った。
午前の採血で肝臓の数値が約半分になり、これによって薬の副作用で肝臓が弱っていたことが裏付けられた。
薬を減らしてから壁がざわついているように感じる事は無いので、薬を減らしても問題ない事もわかった。
また、過食気味だったことから糖尿病が心配されていたが、その心配もいらないことがわかった。
動脈から採血した血液から酸素の量も問題がなく、全身麻酔を行い呼吸が弱くなっても心臓マッサージを行わなくても良い事もわかった。

・午前9時に食堂に呼ばれ、教授たちが楕円形にテーブルを囲んでいる前で、病状の説明をすることになった。
自殺しようとした時の話や、どうして死にたくなるのかなどについて話をした。
明日に電気治療を控え、前向きに考えられるようになっている。
また、今日気付いたのだが、歩くスピードが速くなっている。
好奇心も戻ってきていて、MRIやエコー検査など初めての体験を楽しむ心の余裕も出てきている。
(好奇心!僕の好きな言葉だよね。 何でも首突っ込んで楽しんでしまえばいい。 嫌だったら止めればいい。 やりたい事だけやろう。楽しい事だけやろう。)

・手術後、奥歯が痛む。
よほど強い力で歯を食いしばっていたようだ。
頭はわずかにクラクラし、気付かないほどの痛みがある。
肝心の死にたい気持ちについてだが、未来に希望はもてないのは変わらなかったが、だからといって死にたいと思わなくなったように感じる。
しかし、たまたま体調の良い日だった可能性もあるので、今日答えを出すのは無理だろう。

・起床した時点で頭痛は無くなっていた。
エコー検査とMRIの結果について説明があり、何も問題が無かった事が伝えられた。

・電気治療を行ったが、前回よりめまいや頭痛が続く。
気分は落ち着いており、なんとなくではあるが効果が出ているように感じる。
院内フリーや外泊がいつになったら出来るのかと先生に尋ねた。
近いうちにきちんとした形で話を聞き、その後OKが出るかもしれないということだった。
ただし、NANAを読んだときのように、急に病状が悪化するようなことは普通の人にはありえない事なので、そこが気がかりだとも言っていた。
(あれはNANAが悪い。 あの展開はだれだって気持ちが滅入るよ。 入院順調そうで良かった。 今後の電気治療も頑張って!)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病闘病記 2005.08 入院前、楽観視できないのか

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・手の震えが今日はひどい
今までで一番震えているだろう。
眠気は1時間多く起きていられるくらいに減った。
今日は自殺願望は出てこなかった。
(手が震えるのは気持ち悪いけど、誰にも迷惑かけてないし、自殺願望が出なかったし、上々の1日と考えるべき。)

・明け方目が覚めてしまい、なかなか眠ることができない。
昼間昼寝をしていることも影響しているかもしれないので、昼間はなるべく寝ないようにしていこうと思う。
(明け方だったらそのまま起きていても良いかもしれないよね。 静かなうちに一つくらい何かをやってみるとか。 夏の早朝は涼しいし散歩でも良いよね。 犬も居る事だし。)

・ずっとそうだったのか、新しい病院で新しい薬をのむようになってからなのかは、わからないが、最近記憶力が落ちている。
犬に餌を与えたか。
朝食に何を食べたか。
一日の行動を思い出してみても、何をしていたのかわからない空白の時間がある。
次回病院に行ったら、先生に話してみようと思う。
(これは病気なのか副作用なのかどちらもって考えているのだけど、物忘れがひどくても気にしない事だね。 外出して帰り道が思い出せないとかそういう事じゃなく、何をしていたかよく分からないだけ。 気にするな。)

・手の震えがひどく、タイプミスを連発している。
手首から先に錘が付いているように重く、握力が無くなったときのように疲労感がある。
カッターを見つめながら、手首を切りたい衝動に駆られたが、我慢することができた。
(まずカッターを見えない場所に仕舞おう。 それからだ自由時間は。)

・今日は一日中、身体がだるく、動くこともできない状態だった。
一喜一憂しないと決めているので、今日は悪い波の日だったのだろう。
なるべく心を落ち着かせるようにして過ごした。
(良い考え方になってきたね。 今日は悪い日だと思ったら、あがかない、頑張らない。 辛いだけだよ。 体を労ってあげて。)

・今日も一日中身体がだるく、何もする気力が無く、ほとんどを横になって過ごした。
自殺したくなる衝動も出てきて、苦しい一日だった。
(自殺衝動を抑えるのは辛いよね。 でも横になっていたようだし、それでやり過ごすのは良い事。 上出来の1日だね。)

・今日もいつもどおりに薬を飲んでいるが、今日は眠気が無い。
先生が眠気がなくなってくると言っていたのは、今の状態を言っていたのだろう。
手の震えもほとんど無く、副作用にかんしては落ち着いた状態になってきている。

・病院に行ってきた。
今日は小学校の時の家庭内の問題があった時から自己否定や自殺願望があることと、4年前のある交通事件に巻き込まれた事から、死に関する事や他人を傷つけたり、自分が殺されるような夢を見るようになった話を先生にした。
最初に行った病院の先生と違い、とても真剣に話しを聞いてくれて、アドバイスや発想の転換方法、記憶の風化の話などをした。
あらためてこの病院に来て良かったという実感と、うつは治るという考え、感覚を持つようになってきている。
薬に変化はなく前回と同じものをまた2週間分もらってきた。
眠気はさらにとれてくるだろうという話だった。
漫画の取り込みをストレス無くこなすことができると助かる。
薬の副作用で便秘になると聞いていたが、何日かに一度は下痢をしている。
今日も夜家に帰ってきてから、トイレに入ったり出たりを繰り返した。
原因が薬からきているかはわからないが、食生活に気をつけてみようと思う。
(小学生の頃の出来事、交通事故に関わってしまった事は話すのも辛かったよね。 頑張って良く話をしたと思う。 その頑張りはきっと良い処方と言う形で自分を楽にしてくれると思う。)

・今日は眠気が強く、少し睡眠を取った。
 手の振るえも少し強く、タイプミスも多く不便だ。

・手の震えはわずかに残ってはいるが、眠気の方は最初のころと比べると随分と弱くなってきている。
夜中何度も目が覚めてしまうことは、次回病院に行ったときに話をしてみよう思う。

・昼間気分が落ち込む時間があり、1〜2時間うつ状態が続いた。
新しい薬になってから、副作用を除けば随分と楽になったが、一日に一回は死ぬことを考える時間がある。
このまま同じ薬を飲み続けると無くなっていくのか、もっと強い薬が必要なのかを、次回先生に聞いてみようと思う。
(病気の行く先は分からないから不安。 でも分からない事で悩むのは時間の無駄であると思う。 これからどうなってしまうんだろうとは誰だって考える事。 未来に不安が無い人はほとんどいないと言っても良いはず。)

・お昼頃から動くことができずにずっと横になったり座ったりして過ごした。
死ぬ事を考えたり、逆に前向きなことも考えたり、色々と考えているうちに数時間が経っていた。
プラスのことを考えるならば、憂鬱になる時間があっても良いのかもしれない。
(同じ症状でも別の角度から自分を見れた1日だったね。 その調子!)

・集中力が続かない。
漫画の取り込み作業も1時間やったら、3時間休むといったペースでしか行うことができない。
(そこまで頑張らなくても良いと思う。 限界までやるんじゃなくて、毎日1時間を続ける方がすごい事だと思う。)

・体が重く、あまり動くことができなかった。
薬が変わってもだるい日はやっぱりあるということか。
いつものようにあまり気にせずに過ごした。

・症状は落ち着いてはいるが、集中力が続かない。
30分集中するくらいが限度で、長い休憩を取りながら取り込み作業を行った。
(こう言う日は作業しないでゆっくりしても、誰も怒らないよ。 休もう。)

・一日中体が重く、死ぬことだけをずっと考えていた。
手首を切りたい衝動に駆られ、カッターを持ち腕に押し付けたが、何も変わらないと思い、やめた。
(そこまでやって良くぞとどまった。 一度やると癖になるから極力刃物から遠い場所で生活してほしい。 自傷行為をする人の気持ちは僕も分かる。 でもやらない。 自分を愛してあげてくれ。)

・病院に行ってきた。
この2週間は死ぬことを考えることが多かったことを伝え、壁が隠れるほどの虫がざわついているように感じたり、
家の周りで誰かが会話をしているような気がすること、自傷行為をしたくなるという事について先生に伝えた。
統合失調症か妄想性うつ病の可能性があるという事で、薬を全面的に変えることになった。
副作用はさらに強くなり、吐き気を起こすものらしい。
また、頭に電流を流す治療を行ってみるか?と聞かれ、自分からすすんでやらせてくださいと伝えた。
先生の先輩にあたる人が大学病院の副教授らしく、その人に治療のスケジュールを聞いてみるという事になった。
先生同士の話がまとまったところで、自分の携帯に連絡が入ってくる段取りだ。
電気を流すことに関して不安や恐怖は無い。
(当時としては荒々しい手術である電気治療。 手術で死ぬ事はほぼ無いし、麻酔中に行われるので、痛みも無い。 治そうとチャレンジしてみる事は良い事だと思う。)

・今回の薬は手の震えが出ないようだ。
眠気も弱く、取り込み作業をするには都合がいい。
喉が渇くが、それほど気にならない。

・紹介された大学病院に行ってきた。
行ったらすぐに電気療法を行うのかと思ったが、2〜3週間入院して、週に2回ほど電気療法を行うということだった。
治療は全身麻酔と筋弛緩剤を使って行われ、死亡する確率は5万分の1になるという。
今日は入院することと、入院費用について実家に戻り、話しをしてきた。
両親は心配しつつも、自分の考えを尊重してくれて、病気の事を告白したばかりの頃よりも、随分理解をしてくれている。
入院はベットの空き具合を毎週金曜日に数え、それから予約している人に連絡をするという手順になるという。
最短でも来週の金曜に連絡が入り、土日を過ぎた月曜から入院になるかもしれない。
又、ここ数日物忘れが激しく、何故ここに寝ているのか、いつ何を食べたとか、など数分前のことも思い出せないことが目立つ。
病状は良くなってきているので、薬の副作用なのかもしれない。
入院することは弟にメールで伝え、姉は出産予定日が9月6日と近いため自分からは連絡をしないことにした。
母が姉に伝える否かを判断して、伝える伝えないかを決めてもらうことにした。
(いよいよ初めての入院、初めての閉鎖病棟、初めての手術。 不安だったけど、よく決断したね。 きっと何かしら得るものはあると思う。)

・今日も物忘れが激しく、数秒前に見たメールの内容を妻に伝える際、メール内容を思い出せず、画面を見ながら伝えた。
又、話をするときに、どもってしまったり、どう話をして良いかがわからなくなることが多くなった。
(頭が回っていないんだよね。 物忘れしてしまう事と同じ事だと思う。 そこで自己嫌悪にならずに、病気がそうさせているのだと思えるようになると良いね。)

・昨日家に置いてあるうつ病の本を読んだ。
妻がうつ病について理解しようと買ってきた本だ。
そこに書かれていた物で、今までうつ病を関係が無いと思っていた事がうつ病の症状に含まれていたので、
例えば
 ・立ちくらみがする。
 ・甘いものを大量に食べてしまう。
 ・深夜何度も目が覚める。
などがその内容なのだが、自分が思っているほど病状は良くないのかもしれない。
また、病院の先生が電気療法を進めたり、どんどん強い薬になっている事実からも楽観視できない状況なのだろうと気が付いた。
恐らく、良くなってきたときの方が自殺の危険性が高いという段階なのだと思う。

・先週の火曜から薬がまた変わったのだが、それが効いているのか死にたいと考える事がなくなっている。
社会復帰する不安はいつもどおりだが、衝動的に自殺をするようなことには無いのではないかと思う。
今日も体調も精神的にも安定していて、ゴミ捨てや洗濯物をたたむことなどを行うことができた。
大学病院で電気治療をすればもっと気分が晴れれば良いと思う。
また、もうすぐ9月になり、仕事を休むようになってから2年が経つことを考えると、少し具合が悪くなる。
今、良くなってきているのだから、過去の事や体調の良し悪しに振り回されること無く、少しずつ前進できればと思う。
(仕事の事は考えないようにしよう。考え方は良い方向だと思う。)

・気が付くと痒くも無いのに腕や足をかいている事に気付いた。
かきすぎて腕はあちこちにかさぶたができて、少し痛むのだが、なぜか身体を傷つけていると気分が落ち着く
この癖の延長上にカッターで腕を傷つける自傷行為があるように感じる。
自分では自覚していないが、先生がたからみると、自分が思っているほど楽観視してはいないのかもしれない。
どんどん強い薬になってきたり、電流治療を薦めるあたりから、それを物語っているのだと思う。
(自傷行為をする人たちの気持ち、分かるよね。 やってしまって大量の痕が残ってしまっている人を見ると、自分の事のように胸が締め付けられる。 友達じゃ無いし、声をかけるような事も出来ないけれど、同じ病気の仲間だと思って、陰ながら応援したい気持ちになる。)

・とても落ち着いている。
喉が渇く副作用は気にするほどではないし、眠気はほとんどなくなってきている。
ここ数日安定しているし、今回の薬は自分と相性が良いのかもしれない。
入院してさらに回復すれば良いなと思うが、また悪くなる時期が必ずくるので難しく考えないでいこうと思う。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。