音の話をちょっとでも 今何聴いてんの? YUKI

今週はYUKIを聴いています。
YUKIを初めて知ったのは、高校時代に女友達がジュディマリを推していた事が始まり。
何々?外人さん?
洋楽?
ジュディーさんとマリーさん?

聴かせてもらったらキュートな声の女性ボーカルバンドだった。
ただし!
ボーカルのYUKIの声が個性的で可愛いのに対し、ギターがギャンギャンなってるバンドというイメージで(たまたま聴いた曲がそうだったのかもしれないが)、YUKIの声を殺してしまっている感があって、勿体ないというか、何を表現したいのか分からないバンドという印象。
ちょっと好きじゃなかったから、代表曲以外は知らない状態が続いた。

ジュディ&マリーが解散して、YUKIのソロ活動が始まった頃、タイアップなのか、楽曲発売のCMなのかは覚えていないが、結構いい感じに落ち着いてきたなと感じるようになった。
それでも聴かなかったのだが、職場の後輩がYUKIが可愛い可愛いって感じで、写真集を見せられた記憶があります。
確かに可愛いよね。
美人よりも可愛い人が僕は好きなので、YUKIは素敵だと思います。
ちょっとロリータフェイスだけどね。
後輩が夢中だったので、この時もちょっとドン引きで、あまりYUKIには近づかず静観しました。

あれから20年以上の年月が経って、今やっとYUKIを聴いています。
ソロ活動になってから感じていた、いい感じの脱力感、浮遊感は健在でした。
やっぱり声が良いよね。
今や結構なお歳でしょうけど、そこは調べない事にした。
聴いてみたら、知っている曲が多いんだよね。
TVなどでタイアップが多かったのかな?
半分くらいは知っているんだよね。
後輩の刷り込みか?

中々良いんですよね。
改めてジャケットを見ると、やはり可愛い。
年齢不詳。
調べない。
最新アルバムのデジタル配信がチャート1位になったとニュースになっていたけど、良い感じだよ。
アイドルのように可愛いから聴いているわけじゃなく、音楽性も高い。
この最新アルバムは色々な人の編曲で構成されていて、新たな魅力が良く出ていると思う。

今こそ言おう!
あの後輩の目は音楽性というよりルックスで聴いていたと思うけど、YUKIは良いのである。
ロリ顔で年齢不詳だけどね。
良い音は良いと認めないとね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病闘病記 2019.02.14 結構動いてる

1年間の休職をするわけですが、結構動いています。
バイトの話じゃなく、本業ね。
仕事は回さないから休養に専念してという事だったが、僕しか出来ないことがあるし、僕がやった方が絶対上手くいく事があるのです。
早いしね。

まず、お得意さんの公式HPを修正しました。
今時の知識が無くて思い通りにデザインができるタイプじゃ無くて(モリコウイチロウのCM嫌いw)、HTMLを手作業で書き込んでいくやつね。
こんなの他の人に頼めないよね。

次に会社で使う封筒をデザインしました。
2018年版のデザインが好評で、2019年版はどう来るのか楽しみにしている人が多いと上司から言われたので、年も明けちゃって2月だけどやります!と買って出ました。
結果とてもお洒落な物が出来まして、会社に遊びに行って、お客さんに手渡ししてきました。

さらに、レコーディングもやってきました。
すでに2回レコーディングしていて、あと数回やります。
さらにCDの盤面のデザインも買って出ました。

すべて無報酬です。
休職中に適度に刺激をもらっているし、本業の音の仕事では無くサブスキルのデザインの事ですからね。
お金じゃないし、楽しんでやらせてもらってます。
何より職場に顔を出す口実ができ、心配してくれているお客さんと再会して笑いあったり出来る事がありがたいです。

いきなり仕事に来なくなった事で、色々と憶測が飛び交っているようですが、Masaは健在だし、辞めてないって事を発信できる事でもあるので、助かってもいます。

おかしな物で、趣味で音楽をやるか、絵をやるか悩み、とりあえず音楽を習ってみるか?と思ったら、それが仕事になって、今、音楽もデザインもやっているというね。
どちらも正解の無いアートの世界だから、つまらないわけがないよね。

まぁ、色々と忙しく動いています。
動いているから、少し痩せたしね。
痩せたのが一番嬉しかったりするんだけどさ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと 002 初レッスンでの曲

DTMで作った曲を紹介していくコーナー「DTMの足あと」でございます。
今回は2番目に作った曲の紹介。
タイトルは「初レッスンでの曲」です。
2016年の作品ですね。
まだ入門したての状態の曲です。
前回、初めて作った曲001「あり合わせ」を持って音楽スクールに飛び込んだと書いたけど、その音楽スクールでのレッスンで作った曲ですね。

非常にシンプルなんですが、音がどうとか、曲がどうという事じゃないレッスンでした。
曲の構成ですね。
ホワイトボードに手書きであれこれ書いてもらって教わりました。
少ない音から始まって、徐々に音が増えていって、少なくなって終わる。
増えたり減ったりするタイミングが一番重要で4小節か8小節(16小節)刻みの時。
一応一番音数が多いところをサビとするならば、一回目のサビが終わるとAメロに戻ってまたサビにいってと、本当に基本中の基本の構成を学びました。

またもやサンプルを使っての作曲でしたが、無意識に次の展開が欲しくなるソロソロかなという感覚は、誰もが持っているんだよね。
そのタイミングが4小節の倍数というわけ。
普通8小節か16小節で曲は展開していくのです。
不思議なもので、この4の倍数以外で展開が切り替わると、人は違和感を感じたり、気持ち悪くなったり、ノレなかったりするんですよね。
敢えて違う小節で展開している曲ももちろん有りますが、たまにだけ許される変化球です。

好みの曲など人の数だけ違うけど、その誰もが気持ちのいい展開のタイミングを無意識に知っていて、それが皆同じって面白いと思う。

オーソドックスな「型」の曲ですが、一応UPしておきます。
懐かしい!

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも 今何聴いてんの? OCTOPATH TRAVELER OST

今聴いているアーティストを紹介するこのコーナーですが、今日は変化球。
任天堂Switchで発売されたRPG「Octopath Traveler」のサントラです。
ゲーム音楽と侮るなかれ、とてもいい感じの曲が多いです。
ユーチューブにサントラのサイトがあるので、聴いてみて。
(この話の一番下にリンク張ってあります!)
バイオリンやハーモニカを使った牧歌的な曲が多く、1曲目からグイグイ引き込まれるから。

ゲーム自体がヒットした事もありますし、音楽には定評のあるスクウェア・エニックスのゲームだった事もあり、Switchを持っていない僕もちょっと曲をチェックしたのが始まり。
こ、これは!となったのを覚えています。

作曲者の名前を調べていないのですが、かなりの才能の持ち主かと思います。
こういう曲を作りたいと思う一つのジャンルではあります。
ゲーム音楽ってあらゆるジャンルを取り込み、上手に使いこなしていると思う。

とりあえず、1曲目だけでも聴いてください。
今時の子供はこんな贅沢な音でゲームしているのかと羨ましくなりますよ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

OCTOPATH TRAVELER COMPLETE SOUNDTRACK ↓


音の話をちょっとでも DTMの足あと 001 あり合わせ

今日から始まる「音の話をちょっとでも」の子カテゴリ「DTMの足あと」です。
DTMとはデスクトップミュージックの略で、PCで作曲をする事全盤を言います。
趣味として作曲をやりたくて思い切ってソフトを購入し、独学で遊んでみようと言うわけです。
ソフトを買ったのが2016年なんですけどね(笑)
毎回何らかの作品をUPしていきますが、作曲スキルが上がっているなと分かるように頑張りたいと思います。
成長の記録となれば良いのですが・・・果たして。

記念すべき第1回の作品は、初めてDTMソフトを購入し、適当に作ってみた一曲。
初めて作った曲ですね。
タイトルも「あり合わせ」
懐かしい。
基本サンプルを継ぎ足しただけで、冒頭のドレミファソラシド以外は全部出来合いの音です。
初めてだからサンプルもアリなんでしょうけど、作曲というよりは「あり合わせ」ですよね(笑)
パパっと作った記憶がうっすらあります。

この曲を持って、音楽スクールに飛び込むんですよね。
何か作った曲はありますか? と言われ聴かせました。
CMとかに使えそうですね。 とお世辞を言ってくれました(笑)
今思えば、とんでもない生徒がやって来たなと思われたんだろうな。
パンパンに太っていたし(笑)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。