音の話をちょっとでも DTMの足あと ピアノという不思議

DTMにいつか役立つだろうとピアノを練習しているわけですが、昔から漠然とピアノが弾けるようになりたいと思っていました。
ギターには興味が全く無かった子でしたね。
何か楽器を練習するのならピアノと決めていました。

さて、漠然とピアノを始めたわけですが、ピアノって白鍵と黒鍵があります。
白鍵だけだったらもっと簡単な楽器になるような気がしますが、なぜか黒鍵というものがあります。
白鍵が聴いていて安心できるノーマルな音だとしたら、黒鍵は暗かったり、ちょっと不安になるような音に聴こえます。

しかも黒鍵は、白鍵と白鍵の間に必ずあるわけじゃなく、2つあったら、1つなくて、次に3つあるという並び方。
どうして途中無い部分があるのか?
その辺りもだんだん分かってきました。

それと〇長調みたいな言葉を聞いた事があると思いますが、これが不思議でねぇ。
ドレミファソラシドを白鍵で弾くのが基本だとしたら、〇長調などは、ドから始まらないんですよね。
それでドから始まらないから、ドレミファソラシドの聴き慣れた音階にはならないように思えますが、黒鍵を混ぜると不思議な事に、正しいドレミファソラシドに聴こえるのです。

ピアノの歴史も併せて勉強していますが、鍵盤の数などもかなり変化してきて今落ち着いている状態になりました。
特に黒鍵の位置やら音はかなり考えられての事だという事も分かってきました。
1オクターブの7音と、その間にある5個の黒鍵。
最近は、疑問の裏付けが取れて、そういう事なのか!と驚く事ばかりの毎日です。
ピアノは面白い。
弾けるようになったというよりは、知識を得たというだけなので、全く上達はしていないのですが・・・

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと コードを覚えは遠回りが最短かもしれない

DTMにいつか役立つだろうとピアノの勉強をしているわけですが、コードを覚えようと毎日鍵盤に触る日々。
コードが全部でいくつあるのかもわかっていませんが、100は軽く超えるでしょ?
これをどうやったらズルして覚えられるかを考えてきたのだけど、結局やっているのは、「コード名を言いながら正しい鍵盤を押す」しか無いのかもしれないと言う事になりつつあります。

理論的に覚える事もやっています。
1度、3度、5度がメジャーだったら、3度だけ♭にしたのがマイナーみたいな法則も合わせて覚えるようにしています。
ぱっと言われたコードを押すのには役立ちませんが、えっとえ〜っとと考えれば正解を押せるわけですね。
いずれこれが早く対応できるように役立つかは謎ですが、僕がコードを教える時には、ただ鍵盤の位置だけを教えるのではなく、この法則からも教えてあげたいので、法則重視です。
納得しないと動かない人なので、こう言うプロセスを重んじるのだと思います。

100個覚えられるかな・・・

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと 何やってたんだ

図書館で借りてきたピアノの本3冊、名盤紹介の本1冊、全く読まないで返却日がやってきてしまいました。
返しに図書館に行って、受付で
「またこれを2週間借りたいです」
と伝える。
「予約が入っていないか確認しますね」
と一応チェックを端末を眺めてしてくれるスタッフですが、こんなマニアックな本を予約して返却を待っている人などいるわけがない。
ベストセラーの小説ならばともかくね。
ピアノの歴史が書かれた本に予約する人などいないです。

また同じ本を借りてきてしまった申し訳なさ、情けなさはありますが、それを考えてもしょうがない。
今回は読む、読破する。 これしかない。
2週間本を一切読まなかったという事は2週音楽に対して向き合っていなかったという事だ。

時間は有限だ。
1年の勉強期間の内、6分の1が終わってしまった。
早い。
どれだけ成長できたかなんて恥ずかしくて言えない。
こんななーなーな生活をする為に今の生活を選んだ訳じゃない。
もっとこう・・・・
そうだ。
書こうと思っていたが書いていない話があった。
「自己管理」の話である。
要は目標を高く立て、そこにたどり着くにはと逆算して、今月中に何々をできるようになる、それには今週で何々を学んで・・・・とどんどんスケジュールを具体化していく事。
これが出来ていない。

マジに計画を立てないといけないだろうと思う。
とりあえず、
本を読まないといけないです。
色々な曲を聴かないといけないです。
音楽史も勉強しないといけないです。
音楽理論も勉強しないといけないです。
耳コピをやらないといけないです。
ピアノの練習もしないといけないです。
そろそろ作曲もしていかないといけないです。

ヨーダの一番有名なセリフ。
「違う! 『やってみる』ではない! やるか、やらぬかだ。 試しなどいらん」
ってやつですな。
本当にそういう状況。
「やると心で思った時には行動はすでに終わっているんだぜ」
これはJOJOでした。ちと話がズレた。

とりあえず本を開こう。
結局は知識を詰め込む事になる1年なんだと思う。
技術というよりは知識ね。
音楽に関するあらゆる知識を身につけてやる。それ位の気概があったっていい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。