あぁ、食い道楽 隠れ菓子 クレープさんの魅惑

お祭りなどの出店スイーツで一番気になりチェックしてしまう物。
クレープです。

りんご飴、チョコバナナ、綿あめ等々、どれもあんまり惹かれないのです。
でもクレープ屋はつい覗き込んでしまうねん。
トッピングが色々あるから面白いんですが、あの生地を焼く甘ったるい香りにどうにも惹かれる。
鰻屋の匂いにも弱いけど、クレープの香りにも弱い僕。
香りでまず食わすのはズルイよね(^ ^)

味も大好きなんですが、トッピングのフルーツ類?生クリーム?チョコやカスタードのソース?
違います。
あの生地が好きなんですよ僕は。

ホットケーキの様にフワフワの厚みはなく。
シュークリームのように極薄で乾いている感じでもない。
あの中途半端な、ちょっと生じゃない?感あるギリギリの火の通し方。
もちろん生焼けじゃないけれど、あの柔らかい生地が好き。
だって、トッピングを上手に畳んで包んでしまえる柔らかさ。
あれがいい。

あと僕は調理工程を見るのが大好きな人なので、丸い銅板の上で、
Tの時の何ですかあれ? 熊手のような、竹とんぼのような物を回して丸く広く伸ばしていく様子を見るのが大好き。
もちろん畳んでいく様子も好きだし、最後の包装紙の一番下をソースが漏れないように折ってくれる様子も好き。
ワクワク感があります。
見てよし、食べてよし。
飽きないんだよね。

食べるのはいつもシンプル&ベタなバナナクリームだったりします。
カスタードソースだったり、バナナの他にキウイやイチゴが追加出来ても、それは頼まない。
シンプルに生地の味を楽しみたいのです。
それには酸味のあるフルーツは基本的に生地に合わないと思っているのでダメ。
もはやクリームも要らない、バナナすら要らないのかもしれない。

僕はあの生地だけお腹いっぱい食べたいのである。
ミルクレープのクリーム無し。
ほんと生地だけをお腹いっぱい食べてみたいもんだねぇ。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

あぁ、食い道楽 隠れ菓子 プリンのコスパが高いんだ

コンビニに行って、何か甘い物が食べたい時。
僕はプリンかシュークリームを買う事にしている。

消去法で行くとそうなる。
まず高値の花である、モンブランやロールケーキや、丸ごとバナナや、チーズケーキ。
どれも旨いんだが、高い。
ヨーグルト関連は満足度が低い、甘い物で満たされた感が薄い。
ゼリー関連も同じ。
ドーナツや菓子パンは甘さの面で物足りないかもしれないし、スイーツを食べたいという趣旨からやや外れる。
焼き菓子系は何でこのサイズでこの価格って程高い。食べても喉が乾くから大変。

そうなると、シュークリームとプリンである。
百数十円で買えて、量も結構ある。
新作でも大外れが少ないような気がする。

プリンで気をつけなければいけないのは、小さい高級プリンである。
あれは感動するほど数ランク上の味ではない。
確かに上品な味だけど、僕が求めるのは、甘い物をたらふく食べたと錯覚するスイーツなので、
この高級プリンは買わないようにしている。
Big プッチンとか、男のプリンとか、そういう物で、サジで掘っても掘ってもカラメルが出てこないくらいのサイズ感が欲しいところ。

安いプリンでもマズイって物に出会った事が無いし、安定したジャンルだと思う。
シュークリームもそう。
安い割りに、量があって、外れがなく、満足度が高いです。

ここにアイスが入ってくると、また違ったパワーバランスになるのだが、これは別の機会にしやしょう。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。