僕とうつ病&統失 闘病記 2007.12 無理解に追い込まれてゆく

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・徹夜した翌日だったが眠る事もなく、病院に行けた。
 前回から薬が変わったが、調子が良いと受付に言うと、
 先生と会わなくても良い事になった。
 薬が無くなるのと病院の正月休みが重なるので、
 今度こそきちんと病院に行くようにしたい。

・体が重く、食器洗いや洗濯物の取り込みができない。
 薬を飲んでいるがあまり効果がないように感じる。

・昼間眠って過ごしてしまった。
 どうしても夜中に活動するようになってしまうので、これを何とかしたい。

・薬を3回飲む事ができなかった。
 目に入って、すぐに手に取ることが出来る場所に置いているが、
 それでも飲み忘れしてしまう。
 薬を飲む事が今の自分の仕事なので、もっと真剣に考えるようにしたい。
(頭が回っていない事も考えられるよ。 物事が頭に入って来ない、考えられない事はある事。 目に入る場所にその日飲む薬を置いておくことは良い事だ。)

・今日も薬を飲むのを忘れる。
 食後に飲むはずの薬を1回しか飲むことができない。

・午後ずっと眠ってしまったが、体調は良く、安定した一日だった。

・薬をまったく飲むのを忘れる。
 東京に行く2日分の薬はきちんと持ってきたはずなのに、
 自覚の無さを実感した。
(ここ数日薬を飲むのを忘れてしまっているが、誰かに薬を管理してもらうという手もある。 自分で薬を飲む事も出来ないのかと落ち込むし恥ずかしい事だが、飲まないよりはずっといい。)

・昨日の朝から薬をまったく飲んでいなかったので、
 午後からいつもの吐き気が出てきた。
 薬を飲み、2時間寝たら元気になった。
 明日からはまたきちんと薬を飲むようにしたい。

・午前中体がだるかったが、午後から体調が良くなり、
 PCの複雑な設定などをこなすことができた。
 夜寝る事なく、PCの作業をやってしまい、
 昼夜逆転の生活になってしまっている。
 ついついやってしまうが、なるべく規則正しい生活をするようにしたい。

・午後から出かける予定だったが、妻に風呂に入れとしつこく言われ、
 どこにも行かないことにした。
 体が動かないから入らない事を理解していないようだ。
 死にたくなった。
(不潔でいいとか、面倒だとか、風呂嫌いだとか、そういう事じゃないんだけどね。 妻はうつ病の事を勉強しているようには思えない。 感情に任せて怒鳴る事しかして来ないので、悪影響しか与えられてないように感じてしまう。)

・薬をしっかり飲んでいるので、安定している。
 東京まで往復6時間の運転も、こなすことができたので、少し自信が付く。

・今日は死にたくなることも無く、安定した一日だった。

・落ち着いている。
 朝に父を職場に送り外出したが、問題なく帰ってこれた。
 昼寝もほとんどすることなく過ごせたので、合格点だと思う。

・妻がいびきがうるさいから隣の部屋に行けと言ってきた。
 自分には死ねと言われているようにしか聞こえない。
 明日、自殺することに決めたのに、明日も妻が休みだというので、
 明日は無理。
 明後日になるころには、死にたくなくなっているような気がする。
 結局損な役回りなのは自分なのだと思う。
(薬の副作用で太ってしまって、それでイビキが出ているのに邪魔者扱いするような感じで憤りを感じる。 治って欲しいのか、邪魔なだけなのか、わからなくなってくるよね。 妻にはじっくり話をしてもすぐ感情で怒鳴り散らして終わりだしね。 どうしたものか。)

・伯父達が家に来ていたが、会うことが怖く、ずっと2階にいた。
 伯父達が帰ってから犬の散歩に出かける。

・薬が変わった。
 日中3回飲むトリプタノールは今までと同じだが、就寝前の薬が変わった。
 ジプレキサ1錠、アーテン1錠、パキシル2錠の他にリボトリールが加わった。
 リボトリールについて調べてみたところ、
 本来は癲癇(てんかん)の薬だが、筋弛緩作用があるため
 緊張系の不安にも効果があり、気分安定剤として
 躁うつ病などにも応用的に使われるクスリだそうな。
 躁うつ病に処方されるという事が気にかかる。
 すぐに死にたくなると先生に伝えて事を重く受け止めたのだと思う。
 衝動的に自殺する危険があると判断したのだろう。

・安定している。
 今飲んでいる薬が無くならないと新しい薬にはならないが、
 新しく飲むことになった薬で体調が更に良くなるか気になる。

・体が重く、一日のほとんどを横になって過ごす。
 午後に愛犬の散歩に行っただけで、朝の散歩に出かけることができなかった。
 夜に妻が帰ってきた時に、父が妻に犬の散歩に行ってないと伝えていた。
 僕の体調が悪そうだから、代わりに行ってやれという意味で
 言ったのだと思うが、自分が責められているようで、落ち込む。
(犬は癒されるが、散歩に行ってやれないのはかわいそう。 そこは頑張って外出するべきだと思う。 相当体が重いんだろうけど、生き物なんだし、かわいそうだ。)

・東京に行き一日楽しんできたので、落ち込む暇がなかった。
 薬も飲んでいるし、外に出て気分転換をしてきた。
 今後もなるべく外に出るように心がけていきたい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2007.11 穏やかな日々

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・お昼から夕方にかけて眠ってしまった。
 しかし、早朝から起きるようにしているから眠くなるのであって、
 体のリズムがなれてきたら、昼寝は無くなるかもしれない。
 焦らずやっていこうと思う。
(自分だけの回復の道があるはず、焦らずやっていこう)

・とても安定している。
 次の日が楽しみになってきている。
 何か楽しみを見つけることは良いことだと実感した。

・落ち込むこともなく、安定した一日だった。
 こういう日が続いてほしいと願う。

・姉たちと散歩にすすんで行くことができたし、死にたくなることも無かった。
 PCの編集も集中力が切れることなく行えた。

・パキシルを処方されてから10日くらい経ったかな?
 副作用の便秘がひどくなってきている。
(便秘はひどかったね。 辛かったらすぐに薬を変えてもらおう。 病院に行く事自体が後手後手になっているんだけども。)

・父の腰の手術のため東京の病院に行き、
 忙しくすごしたので落ち込んでる暇がなかった。
 やはり何か集中しているときは落ち込まないような気がする。

・日中眠ってしまったが、問題なく生活することができた。
 薬の副作用で便秘気味だが、特に問題は無い。

・薬を飲み忘れているが、症状は落ち着いている。
 きちんと薬を飲むようにしたい。

・集中力が持続し、PCの作業がはかどる。
 死にたくなることも無く、安定した一日だった。

・今日も集中力が続き、パソコンでの作業がはかどった。
 こういう日が続いてほしい。

・今日も落ち着いている。
 病気が良くなったと思うと、いつものパターンで、悪化するので、
 期待はしない。
 薬の飲み続け、規則正しい生活をするように心がけたい。

・薬をきちんと飲む事ができた。
 が、日中死にたくなり、体が重くなったりして、
 午後はずっと横になって寝ていた。
 今日は落ち込む日だったと考えるようにして、
 プラス思考でとらえるように意識する。

・自分の中では病状が落ち着いているのだが、
 姉に具合が悪そうだったとメールが届き、
 妻からも新しい薬になってから調子が悪いのでは?と言われた。
 周りに微妙な変化を感じ取られてしまうのは、申し訳ない。
(家族は見ていないようでよく見ている、観察されている。 でも迷惑をかけるから元気なふりをするようでは本当の静養にはならない。 今日ちょっと体調悪くてとか言える関係が出来ているといいね。)

・東京に行くことができたし、楽しんで過ごすことができた。
 弟が、東京に出てこれるようになっただけでも、
 病気が良くなったということだ と言っていたが、
 確かにそのとおりなのかもしれない。
(今思えば、弟に会いにもっと東京に行っておくべきだった。)

・日中眠ってしまった。
 睡眠はなるべくとらないようにして、夜早めに寝るようにしたい。

・今日も安定している。
 薬が後少しでなくなってしまうので、早めに病院に行くようにしたい。

・落ち着いて生活することが出来た。
 愛犬の散歩で数キロ先まで歩き、良い気分転換になった。
 これからはなるべく遠くまで散歩に出かけるようにしたい。
(犬に引っ張られて数キロ歩く、いい事です。散歩されているのは自分の方だけど、犬効果は素晴らしい。)

・とても落ち着いて生活することができた。
 パソコンを何時間も使っていたが、あまり疲れる事も無く、集中力が続いた。
 明日の薬が無いので、明日確実に病院に行けるようになりたい。

・HDDの設置など、楽しく一日を過ごす
 1階でお茶をしているとき、大声で笑っている自分に気付いた。
 妻からも今日は表情が違うと言われ、本来の自分を
 じょじょに取り戻していると実感する。
 明日こそ病院に行き、薬をもらってきたい。
(顔がこわばっている日、自然と笑顔になれる日とすぐに分かるよね。 家族もそれを感じ取っているので、頑張らないといけない。 無理して明るく振舞う必要はないのだけどね。)

・今日も病院に行く事ができなかった。
 毎回薬が切れてから病院に行く事になり、
 薬を飲めない日が数日できてしまう。
 体調も悪くなり、死ぬ事を考えてしまうので、薬が無いと危険だと思う。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2007.10 安定したひと月

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いて生活することができた。

・薬を決まった時間に飲むことができ、満足している
死にたくなる事も無く、安定した一日だった。

・落ち着いて生活することができた。
日中寝てしまったが、その時間は比較的短くてすんだので、少しずつ昼寝の時間を短くしていきたい。

・ドッグランに行き、気分転換をしてきた。
ドッグランに行こうと妻に誘われたときは、乗り気ではなかったが、結果行って良かったと思う。
なんでもそうなのだが、やってみると思ったよりも簡単だったり面白かったり感じるので、思い切って行動に出るようになれれば良いと思う。
(その思い切ってが出来なかったりするんだよね。 行ける時はいって。)

・PCでの作業を続けることができた。
集中力が戻ってきたのかもしれない。
さらに続けて作業ができるように、少しずつ時間を延ばしていくようにしたい。
(この日は体調が良かっただけです。 戻ってきたと思うと裏切られるから期待しないこと。)

・死にたくなることも無く、穏やかな一日だった。
薬も決まった時間に飲めたことも影響しているのかもしれない。
この調子を維持したい。

・薬を飲むのが遅れてしまったので、しっかりと飲むようにしたい。

・首の動脈を切りたくなる衝動にかられた。
包丁を持ってしまったら、やってしまいそうだったので、立ち上がらないようにして抵抗する。
薬をきちんと飲んでいるのに、死にたくなる。
頭では症状の波があり、今日は悪い日だったと理解していても、なかなか病気が治らない状況にイラつくし、落ち込む。
(よく病気と向き合ったね。 そして良く耐えた、辛かったでしょう。 落ち込む必要はない、褒めてあげて。)

・少し死ぬことを考えてしまう。
一人になると死ぬことを考えてしまうのかもしれない。

・日中家に誰もいないので、この時間に自殺をしたら、夜まで見つからないので、確実に死ねるのでは?と考えてしまう。
薬を飲んでいるのに、死にたくなることにショックを受けている。

・薬が無くなって数日が経つが病院に行くことができず、吐き気に襲われている。
姉たちが来るが、体が重く、子供達と遊んでやることができない。
夕方からずっと横になっていて、妻が帰ってきても話を聴いてやることができなかった。

・今日は昨日よりもフラフラしないので、病院に行ける体調だったが、病院が休みの日なので、薬をもらうことができない。
フラフラしないといっても、動くのはかなり大変で、愛犬の散歩をやっとのことで済ます。
散歩から帰ってきたら、すぐに横になり、眠った。
寝る前に飲む薬が残っていたので、昼間だが飲んだ。
すぐに眠くなり、寝てしまったが、起きてからふらつきが少なくなり助かる。

・薬が効いているので、吐き気などが無くなり、生活しやすい。
就寝前に飲むパキシルの副作用が心配だが、思っているよりも副作用は無いのかもしれない。

・薬を飲んでいるので、生活が楽。
吐き気などはほぼ無くなった。

・薬が効いていて落ち着いて生活することができた。
午後からマクドナルドに行き、ブブ彦の散歩も遠くまで行くようした。
これからはなるべく外に出るようにしたい。

・死ぬ方法を少し考えてしまったが、平均して安定していた。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2007.09 社会復帰はいつの日か

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・プログラム関連会社の面接に行ってきた。
緊張したが、怖がることもなく、冷静に話しをすることができた。
3日後までに電話がなければ不採用という事になった。
コンピューターが置かれた室内を見て、SE時代の事を思い出し、この会社で仕事をしてみたいという気持ちが強くなった。
結果はどうなるか分からないが、就職活動ができただけでも前進だと考えるようにして、不採用になっても落ち込まないようにしたい。
(就職活動で実際に面接までしてきたのだから、大きな前進になったと思う。
結果はどうあれ、自分を褒めてあげよう。 まずはお疲れ様。)

・落ち着いて生活することができた。
薬も飲んでいるし、この状態をキープしたい。

・プログラム会社からの電話は無く、不採用となった。
就職活動ができるようになっただけでも前進したと考えるようにした。
(やりたい仕事だったプログラムの仕事がダメになっても落ち込んでいないところが成長したように感じます。 次、次、次、と切り替えて生活していこう。)

・なぜ自分が生まれてきたのか、どうして生きないといけないのかについて考え続けた一日だった。
答えは出せず、死にたいとだけ思っていた。
(どうして生きないといけないのか? 今ならば答えられるけど、それを言っても伝わらないかもしれない。 分かる時が来るし、人に言われて気づく事ではないのだと思う。 とりあえずは死なない事。を考えるだけでも良いかと思う。)

・死にたくなることは無かったが、昼食のときに、正面に座っている人との会話で、仕事は何をしているか?と聞かれないかとビクビクする。
僕が無職だということを、相手が知っているかは分からないが、できるだけ仕事の話にはならないように、人と距離をとっている。
(田舎の人に限ってどこに住んでいるのだとか、仕事は何をしているのかとか、結婚はしているのかとか、どうでも情報を聞き出そうとする。 相手にせず、落ち込みもせず、上手にかわせるようになると良いね。)

・今日は死にたくなることも無く、落ち着いて生活することができた。
この調子が維持できるように心がけたい。

・マクドナルドに出かけ外に出ることができた。
漫画を読むなどを楽しんでできた。
楽しめるという感情は、うつ病になって大切さを知る事になったように感じる。
(マックなんて学生が多くて騒がしい場所、漫画も集中力が要る事なのに、楽しめるとは恐れ入った。 楽しいと感じれる事を感謝したいね。)

・姉と母の子育てについての話に参加することができない。
やはり子供に対しての拒絶が残っているのだと思う。
自分以外の人に、自分から歩み寄り、会話ができるようになりたい。
(この頃の姉は子供の話100%で何時間でも子供の話をしていたように思う。 それに合わせる必要はないし、自分の時間、自分の人生を歩むようにすれば良いんだと思う。)

・最近食器を洗えなかったのだが、今日は洗うことができた。
薬があと少しで無くなってしまうので、早めに病院に行くことにしたい。

・落ち着いて生活できている。

・昼間ずっと眠ってしまった。
身体が重くて横になったのではなく、昨日夜更かしをしたから眠かったというだけだ。
規則正しい生活をするようにしたい。
(規則正しい生活は今も課題になっている事。 じっくり取り組む事と、本当に必要な事だと理解しないと直らない習慣だと思う。)

・安定して過ごせたが、午前中に死ぬことを考えてしまった。
午後は勉強などをして忙しく過ごし、死にたくなる事も無かった。

・薬をまた切らせてしまった。
あと1日分あるので、それを少しずつ飲むようにしている。
病院に行くタイミングを見ている。

・病院に行きたくなくなった。
しかし、薬が切れて数日が経っているので、病院に行かないわけにもいかず、渋々向かう。
(結局やらないといけない事だったら早めにやっつけてしまって、出来た時間に美味しい物でも食べた方がいいかと思う。)

・少し死ぬことを考えてしまったが、全体的に落ち着いて生活することができた。

・HDDが到着し、設置、設定、動作テストなどを忙しく過ごす。
好きな事をやっているときは、死にたくならない。
何か趣味でも見つけられれば、病状も軽くなると思う。

・夜更かしをしてHDDのバックアップを行ったために、日中ずっと寝ていた。
規則正しい生活をするように心がけたい。

・落ち着いて生活することができた。
夕方に伯父さんが来たが、怖がらずに挨拶と会話をすることができ、病気が治ってきていると感じた。
(苦手な伯父さんとも会話する事はちょっと無理をしていると思うんだけど、短時間ならば対応できるようになったってことかな。 ほどほどに付き合いましょう)


今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2007.08 プログラマーになるべく動く

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いて生活することができた。
友達の旦那さんの告別式から一日が経ち、有難うというメールが届いた。
これからは力になるという内容の他に、自殺しないように頑張るという内容のメールを返信した。
(人の告別式に出ると、不思議と生きないければという方向に考えるようになる。 死ぬまで頑張ってみるかと思えるからだろうか? 不謹慎なのだが。)

・落ち着いている。
友達からメールの返事が来なく、不謹慎な事を書いてしまったかと反省し、このまま返事が無く、関係が悪くなったら自殺しようと考えてしまった。
夕方に友達からメールがあり、その心配は無かったとわかり、ほっとする。
それ以外の時間はとても落ち着いていて、良かったと思う。

・ブログにうつ病の事を書く必要があるので、日記を読み返している。
読んでいると気分が悪くなってくるが、一方で今と比べて病状が良くなっていることに気付く。
うつ病は治る病気だと信じて頑張ろうと思った。
(こうして見返すために記録を取っているわけで、回復を実感できたのなら書いてきた意味があったという事だろう。)

・ちょっとした事で死のうを考えてしまう。
食器を洗えなかったから、愛犬の散歩に行けなかったから という些細な事でだ。
この気持ちは一生消えないのではないかと考えてしまう。
リタリンという薬とオーバードーズについての番組を見た。
リタリンは間違った使い方をすると、覚せい剤のような症状が現れ、やめられなくなるという。
番組では薬物依存の症状がある女性が、リタリンを絶つまでの様子が放送されていた。
精神科が投薬による治療に頼りすぎているという現状にできた闇の部分については初めて知ることばかりだった。
(薬に助けてもらうべきという考えだが、問題もあるのは確かな事。 自分で薬の知識を持って、先生に意見を言えるようになると良いですね。)

・ネットで見ることができるハローワークの求人広告を見ることができた。
自分が住む町にあるプログラム関連の仕事があり、学歴は高卒以上、経験不問、年齢が34歳まで、となっていてかなり良い感じ。
バイトなどをせずにいきなりフルタイムの仕事ができるか不安はあるが、検討する価値がある会社だと思う。
募集は8月31日までとあるので病院に行き、仕事ができるか先生に聞いてみようと思う。
(病気になった職業と同じ物をまたやろうとしているのはどうなのか?いまだに分からない。 こういう仕事が好きなんだろうと言うのもあるし、限界まで頑張っていないのに退職してしまったと言う事の後悔もあるから、チャレンジする事は評価していている。)

・食器棚にゴキブリが入っていくところを見たが、それが本物だったか自信が無くなってきた。
幻覚ではないかと考えてしまう。
日中に家の外から聞こえてくる話し声も、幻聴ではないか?と考えてしまう。
幻聴ではなくとも、自分の事を話しているのではないかと考えてしまう。
今度病院に行ったときに先生に幻視、幻聴について聞いてみようと思う。

・ハローワークのネット版で検索をしていると、同じ町にあって、プログラマーの仕事が見つかった。
プログラマーやSEの仕事は無理だと思っていたが、実務経験、経験などが不問なので、かなり敷居が低い。
プログラムはビジュアルベーシックで行うようだが、経験が不問なので、面接を受けてみようかと思っている。
今日、ハローワークに行き、この会社の情報をプリントアウトしてきた。
募集の期日は8月31日までとなっているので、検討してみようと思う。
(社会復帰を急いでいる感があるのだけど、大丈夫だろうか? ダメでも落ち込まないでいられるならば、面接を受けてみる価値はあるかと思う。)

・婆ちゃんの住んでいる街に行くのを少しためらったが、行ってみて良かった。
墓で眠っている爺ちゃんに僕の社会復帰がうまく行くようにお願いしてきた。
婆ちゃんと別れるときに、「身体に気をつけて」と言われた。
僕の病気の事は知っているのだろうと思ったが、気遣ってくれて嬉しかったし、頑張ろうという気持ちになった。
(自分のルーツである場所に行くとエネルギーをもらえるよね。 頑張らないといけないと思えるし。)

・病院がお盆休みなので、薬をもらいにいけない。
病院が開くのが金曜なので、それまで薬をもたせるために、今日は薬を飲まなかった。
明日は薬を飲むようにするが、調子が悪くならないか心配だ。
毎回薬が切れてから病院に行くようになっているので、早め早めに病院に行くようにしたい。

・薬を飲んでいないからか、身体が重く、午後は眠って過ごしてしまった。
薬を切らさないように、もっとしっかり管理をしたいが、いつも切らせてしまう。

・面接の時に着ていくスーツを買ってきた。
社会復帰する過程にあっても、気分が悪くなるようなことはなく、安定している。
この調子なら、履歴書を書いたり、写真を撮ったりする時も、問題なくおこなえそうだ。
(不思議と社会復帰する恐怖心や不安が無かったよね。 平常心を保てたのはすごい事かと思う。)

・一日中安定して過ごすことができた。
お盆が終わったら、就職活動を再開することに決めているが、恐怖心は無い。
職に就けるかは、微妙かもしれないが、やれることはやっておこうと思う。
近いうちに履歴書に使う写真を撮ってきて、履歴書も買ってこようと思っている。
夜、両親と夕食を一緒にとったときに、お盆が終わったら就職活動を始めるということを教えた。
この話を聞いていないかのように、何も態度を変えずに僕と接してくれるとプレッシャーがかからず助かると伝える。
コンピューターの仕事を狙っていると言ったが、同業種を選んだことについては反論は無く、賛成してくれた。

・明日の義理の父親の告別式の後に組内の人達に食事を用意した時に、親族代表の挨拶をしてほしいと、帰宅後妻から電話があった。
強いプレッシャーを感じ、辞退したいと妻に言う。
断った後に、無理してでも応えた方が良かったのでは?と考え、自分を責める。
(否、プレッシャーになる事は全て排除しよう。 身内の頼みでも無理だと思ったら遠慮なく断るべき。 正しい判断だったと思うよ。)

・午後から病院に行き、薬をもらってくる予定だったが、出発の時間になると身体が重くなってしまい行くことができなかった。
明日こそ病院に行きたいが、行けるかは自分でも分からない。

・夕方から病院に行くつもりだったが、身体が重くなり行くことができなかった。
明日こそ行きたいが、気負うとまた行けなくなるので、あまり考えないようにしたい。

・病院に薬をもらいに行ってきた。
一番聞きたかった”面接の時に、仕事をしていない期間をどう説明するか?”について聞いてみると、病気の事は話さない方が良いだろうという意見だった。
また、友達の旦那さんと義理の父親が続けて亡くなり、死ぬとはどういうことか?残された遺族はどう感じるか?について聞いた。
やはり残された人達は傷が残るという考えで、妻の事を心配してくれた。
仕事は、バイトから始めた方が良いという意見だったが、プログラムの会社に面接に行く気持ちは変わっていない。
日にちがもう少しあるので、少し考えてみるつもりだ。

・一日中眠って過ごす。
薬を飲まないと死にたくなる事から、薬がないと生きていけないような人間なんだなと感じ落ち込む
自殺方法などについて回らない頭ながらも考え続ける。

・本屋に行くことができたが、服装には無頓着だったかもしれない。
外見に興味を示さないのはうつ病の症状の一つなので、少し心配だ。

・愛犬がTVに出演することになり、ソワソワしながら一日を過ごした。
夜から24を見て、時間が過ぎるのが早く感じる。
薬もきちんと飲んでいるので、死にたくなる衝動に駆られることも無かった。

・履歴書に貼る証明写真を撮りに行く予定だったが、身体が重くなってしまい行くことができなかった。
面接を受けようとしている会社の求人の期限が月末31日までなので、急がないといけない。
明日こそ、写真を撮りに行き、余裕があるのなら、ハローワークに行きたいと思っている。

・証明写真を撮りに行き、一旦帰ってきて着替え、ハローワークに行くことができた。
社会復帰できるかはわからないが、恐怖を感じることも無く、手続きをこなすことができた。

・一日を通して落ち着いて生活することができた。

・明日の面接の前日なので、緊張気味に過ごす。
履歴書を書かないといけないが、気が重く書くことができない。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。