僕とうつ病&統失 闘病記 2019.06.16 さり気なく寄り添う形

病名までは分からないが、同じメンタル系の病気を持っている人に会うことがある。
この人1人というわけじゃなく、数人の人とそれぞれ別の機会に会うことが数年の間に何回も有った。
こういうご時世ですから、メンタル系の人に会うこと自体珍しくないのですが、会ったからと言って何を話すわけではありません。
病気の事は絶対に触れない。
笑顔で少しだけ会話をするだけにとどまるけど、頑張ってほしいと心から応援しながらの会話である。
僕だって完治してないから、お互い大変だけど頑張っていきたいですね。って感じかな。

外で偶然に出会うわけですから、その人は外に出られるまでになっているという事。
まだまだ家から出られずに苦しんでいる人の方が遥かに多いはず。
こういう方達と話をしていると気付くことがあります。
皆さん、理解者が居るという事です。

僕のように1人でフラフラと出かける人は少ないのかもしれません。
パートナーだったり、家族だったり、誰かしらと一緒なことが多いように感じます。
その感じが、
心配だから付いて来ているというわけでもなく、
サポートしなくてはというわけでもなく、
せいぜい運転役を買って出てくれて、目的地に到着したら、後は本人の自由にさせているという感じなんですよね。
これ共通している。

すごくリラックスしている感があって、見守っている距離感が完全放置でもなく、うるさく口出しするわけでもなく、1人の人間として尊重されているなという雰囲気ね、雰囲気。それが伝わってくるのです。

この付かず離れずの絶妙な距離感と信頼感があるから、当人は外に出られるのかもしれないし、楽しみを見つけることが出来たのかもしれない。
僕だって家族の理解なしでは生活していく事ができない。
どれだけ救われている事か。

やはり僕も病人だけど病人としては向き合わず、いち個人として尊重してくれている部分が多々ある。
理解者がいてくれる。という事がメンタルに与える好影響は計り知れないと思う。
生きてみようか と思えるし、生きなければとも思う。

当人と家族、その絶妙な距離感が必要なのだと思う。
僕の病気は今の医学では治らないとされています。
薬でかなり抑えることが出来、一見すると普通の人のように見せることも短時間ならば出来るくらいでは有るけれど、薬無しで生活は出来ないし、一生あの時は病気だったねと振り返る事にはならない進行形。
一生家族に心配をかける存在になりそうだけど、それでも前に進もうとしている姿勢は見せていきたいと思う。
それについて、自分も頑張っているとは言わないし、家族もその様子について触れることは無いでしょう。

だから家族には感謝しないとね。
なかなか口に出して感謝を述べたりは出来ないのだけど、いつかちゃんと伝えたいなと思っています。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2019.06.15 昼夜逆転改善は頑張りすぎか?

道草小噺の方にも書きましたが、生活リズムを変えています。
21時には寝ちゃいます。
そして3時半には起きます。
これを実践しているのですが、睡眠不足なのか眠い。
日中すごく眠い。

睡眠時間6時間半では足りないのか?ではないのです。
熟睡できなくて0時台に目が覚めてしまうから3時間チョットしか寝てないのです。
そこからまた眠れば良いのですが、寝付けずに活動してしまうのです。
こうなると睡眠というより、昼夜逆転の前に夜仮眠を取っているというだけになってしまう。

さすがに3時間では眠くて、日中寝てしまっているから昼夜逆転は変わっていないという事でしょう。
生活リズムが出来るまでは、かなり眠いと思うけど、そこで寝てしまっていたらいつまで経っても何も変わらないのかもしれない。

一日中眠くて、眠いならば無理をする事なく休むべきという言葉と、もっと時間管理を厳しくしていかないと駄目だという言葉が頭の中をグルグルしています。
そして結論は出ずに、ひたすらグルグルしています。
どうしてこうも決断力や思考力が落ちてしまったかなぁ。
そういう病気なんだろうけど、1つの事を続けること、考え続けることが出来ない。

体調ですが、壁がザワツクほどではないですが、虫が這っているような感じがする事と、幻聴ではないはずですが、外の音が気になってしまって静かにしてほしい感じです。
静かさを求めるとまた深夜の活動になってしまいがちですよね。
3時半に活動を開始しても深夜ですが、早寝早起きは定着させたいので、このまま寝る時間は変えないで続けてみようと思います。
熟睡できず0時に目が覚めてしまってもそのまま布団から出ないでまた眠るように心がけたいと思います。
それでどうなるかだなぁ。

9時間以上眠ると認知症リスクが2倍になるので、朝までは眠ってはいられないのです。
これまでゴロゴロして生活してきたから、起きている体力がない事と、6時間睡眠の短さについていけてないって事なんだろうな。

ガンガン頑張る必要はないけど、規則正しい生活を目指す事は頑張る寄りの行動なのかな?
動ける日もめいいっぱい活動して挽回しようとせず、そういう日もホドホドで止めておく事で反動が来るのを抑えるという先生のアドバイスはとても有効で、体調の波がかなり無くなり、気持ちを穏やかに生活する事を意識しています。
やはり早寝早起きは頑張っちゃってるのかなぁ?

とりあえず21時に眠るのは良いと思う。
3時半に起きてみて、今日は体調が悪そうだと思ったら、また眠れば良いのかな。0時に目が覚めてしまっても寝続ける事は当然として。

しっかり休むからしっかり活動出来るんだろうし、その活動すらホドホドでやめる事にするから、身体の負担は少なくなるはずなんだけど、今は眠いばかりできついです。

頑張ろうとすることも駄目なのかなぁ。
なるようになるで、自分に甘く判断をするように生活するしか無いのかな?
自分に甘いという基準を下げろと先生は言っているんだろうけど。
性格の問題、考え方の癖の問題でもあるはずです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2019.06.07 6月の病院にて

関東地方が梅雨入りした今日、雨の中病院に行ってきました。
身体が重くて病院に行けない事はないにしても、けっこう辛い状態でしたが、行かないともっと辛いことになるので、無理して行動。

先生には先月のほどほどに頑張るで止めておくというアドバイスを実行してから体調の波が小さくなったと報告。
動けない日は座っていられない程起きている事が辛い日もあるが、基本的に安定しています。
ただ頭の中は思考が切り替わってしまって、一日かけても何をした日だったのか?と思い出せないような日もあるとも伝えました。

先生によると、今はかなり薬を減らした状態で、ギリギリだそうです。
仕事をするようになったら、増やすことになりそうだけど、今はこのままが良いとの事。
寝る前に飲んでいる錠剤は何を狙っての処方ですか?と聞いたら、心を安定させるための物でコレをやめると今も少し幻聴があるだろうけど、それがもっと全面に出てくる可能性があるから、やめられないとの事。
薬はこのままで行きましょうという事で話がついた。

デザインの仕事が入ってきて、大変そうな事は断ったのだが、小さな仕事は断りきれなくて引き受け、その小さな小さな仕事ですら何日もかかってしまって苦しんだと言ったら、その小さな仕事ですら断る事がホドホドの仕事量だと思ってくださいと言われてしまった。
まだまだ安静にしないといけないということか・・・

とはいえ、母からショップカード作りの依頼が入ってきているし、小さな仕事第2弾が間もなく始まるので、6月は休んでいられないと思う。
先生の言いつけを守らない悪い患者ですが、断れない性格ではなくて、断れない事も付き合い上有るという話です。

薬に変更は無しです。
 ゼプリオン水懸筋注75mmシリンジ(注射)
 夕食後:ランドセン0.5mg 2錠、オランザピン2.5mg 1錠

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2019.05.21 意欲無く眠るだけの数日

ここ数日更新が減っている事から、皆さん察してくれていると思いますが、体調が悪いです。
昨日、今日と全く何も出来ません。
背もたれがある椅子に座っていることも出来ず、倒れるように横になって、1日が終わってしまいます。
食事制限をしているから身体が怠いというわけでもなさそうです。
米はかなり減らしていますが、おかずはきっちりと食べていますし、フラフラになるほどのダイエットはしていません。
そうなるとやはり病気の影響なのでしょう。
横になってウトウトすると数時間が経過していて、起き上がって動けるか試すのですが、トイレに行くだけで終わってしまい、また横なって眠る。
何時間でも眠ってしまう。

起きていられない事もそうですが、意欲も無いのでしょう。
何も出来ません。
畦道を書くことも出来ませんし、ニュースなども見れません。
一つの事を考え続ける事が出来ず、思考がすり替えられてしまいます。
どうしたものか。

先生のアドバイスを聞くならば、
どうしてこうなっているのか?
どうしたら抜け出せるのか?
は考えないほうが良くて、心も脳も穏やかに過ごしてください。
という事なので、あまり難しく考えないようにしています。
起きていられなかったら眠る。
考える事は明日は動けるといいなぁくらいで止めておく。
薬はちゃんと飲む。
これくらいの事であります。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2019.05.10 5月の通院にて

今日は5月の通院の日。
身体が重くて動けない事、意欲が無くなってしまった事で音楽の勉強をほとんどやれない日々が2ヶ月続き、そりゃまずかろうという気持ちです。
平均するとここ2週間くらいの体調は上向きになってきていると思います。
バイトには行けていませんが、近いうちに行けるかもしれません。

さて診察では、もう少し意欲が出ないと時間だけが過ぎていってしまう問題を話しました。
それと先月は死にたい気持ちがあると話しましたが、今月はほぼ無し。
その代り、頭が回らない事、具体的には1日のうち記憶が無い時間帯があり、数時間経過していたという事が毎日ある事を話しました。

全体的にはどうなんだろう?
3月から2ヶ月ずっと何もできない日々がありましたが、5月に入ってからはまぁ良しとしないといけないかな?くらいの体調です。
うつ病だと週単位くらいで上下していて、体調が悪くなっても3日もすれば楽になれることがほとんどだったのに、2ヶ月も意欲が全く無いというのはどういう事なのか?
統合失調症とはそういう波なのか?
12月の退院したときは元気だったのに、3月くらいから悪くなったという事は月単位で上下するという事なのか?
などと聞いたのですが、面白い指摘をされました。
人それぞれなので何とも言えないと言われました。

僕は完璧にやるか全くやらないかの両極になりがちだと言われました。
確かにそうです。
何でも興味があったらやってみるところは長所だと思っています。
ダメだったらやめればいいし、何もしないよりはずっとマシだと。
ただ頑張りすぎてしまう。
もっと継続できるようにペース配分をするべきだ。 と言うのです。

度々闘病記などにも書いていますが、動ける日や時間が限られていて、人よりも使える時間が少ない。
だから動ける日は挽回するためにめいいっぱいアクセルを吹かす。
その気持も分かるけど、「動ける時に程々にする」事が良いと思う。と。

更に言われたのも興味深かった。
数ヶ月も落ちているのは辛いから、よくなる方法を考え続けている。
今少し体調が持ち直しているが、自分でも何故回復したか分からない。
分かるならば、それを実践して、好調を維持したい。と話したのです。
先生は「理由を考えるのは疲れちゃうからやめましょう。 明日も調子が良かったらいいなぁ・・・」と少し空を見て目を細める仕草をしました。
頭を使わずに、リラックスして生活しろという意味なのでしょう。
これには驚いた。
良くなろうと考えたり努力したりする事なく、細く長く持続できるペースと合わせて、心穏やかに生活しなさいと言うことを言われたわけです。

あぁ、頑張らないで静養に専念すればいいだな。と思ったけど、すぐに怖くなった。
統合失調症は治らない病気だし、頑張れば苦痛が伴うし、楽にしていればいいんだよ。それが悪化しない方法だよ。とも取れたから。

心穏やかに生活すること。
程々の活動をすること。
性格的な物もあるのだろうけど、しっかりしなければ、頑張らねば、早く元気にならねば。と思うことが回復を遅くしたり、体調の波を大きくしてしまっているのかもしれません。

今月もお尻に注射(ゼプリオン水懸筋注NNmgシリンジ)してきました。
血管という空洞から液体を吸い出すわけじゃなく、肉にドロッとした薬を入れられるのは針を抜き差しする時以上に痛いです。
何回打っても痛いから、看護師さんの腕がどうこうという話ではないのでしょうね。

余談になりますが、注射とは別に夜飲む精神安定剤をもらいに隣接する薬局に行った時、待ち時間にテレビでアンパンマンが放送されていたのです。
やることもないので見ていたら、チーズが屋根の上で寝ているのです。
ジャムおじさんとバタコさんはパンの配達に行こうと働いている。
そこに寝ぼけながらチーズがやってくるのですが、チーズはパジャマを着替えて眠りの続きをしたいと言うのです。
ジャムおじさんとバタコさんは、ぐーたらチーズを叱ることもなく、作業の手を止めること無く、いい夢が見られるパジャマだと良いねと笑顔。

先生の話と合わせて、あぁ同じような事を言われているなぁと感じました。
 ・動けても程々にする。
 ・難しいことは考えずに頭を休ませる。
 ・寝過ごしたら、もっと寝ていい。(リラックス、心穏やかに)

カウンセラーさんと話をした後のような、気持ちが軽くなった通院でした。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。