僕とうつ&統失 闘病記 2008.12 強い副作用ばかり、大丈夫か?

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・身体がだるい。
 2日前に買ったユニクロの洋服は、袋に入ったままである。
 開けてみようとしたが、身体が重くてできず。
(買いに行っただけでも凄い事。 少し放置しても服は腐らないし良いのでは無いかな。)

・最近涎が垂れるが、薬の副作用な感じがしてきた。
 口がワナワナする という物があったのを思い出したからだ。
 一日に何度も垂れそうになるということは、口の感覚が鈍っているわけです。
 あとは気がつくと口が開いていたりもする。
 決定的に副作用だと思うようになったのは先日。
 久々に喋ったら、ろれつが回らない。
 それが何度もあった。
 鈍い僕でも、さすがにこれはオカシイぞと思ったわけ。
 涎が垂れ始めたのはいつからか?
 覚えてないが、前回の病院で薬が増量したあたりからな気がする。
 次回の病院で、はっきり言うことにしました。
 なぜ死にたいと言っているのに、統合失調症の薬を処方し続けるのか?と
 統合失調症の薬はやめて、うつ病の薬にしてくれとまで言うかもしれない。
 自分は今、どういう状態だと思っているのか聞いてこようと思う。
(薬を飲んでも辛いし飲まないともっと辛い、どうしたら良いか分からなくなってしまうよね。 ひどい副作用の時は早めに病院に行くようにして、変えてもらうようにした方が自分が楽だ。 病院嫌いには行くことも辛いんだけどね。 この副作用は強そうだから、はっきりと先生に話をした方がいいね。)

・ろれつが回らない状態は続き、薬を飲むのをやめようかとも思ったのだが、もうすぐ病院なので飲むことにする。

・システムエンジニアを辞めた事を後悔している。
 どんなに辛くても、辞めるべきではなかった。と今では思うことが多い。
(あの地獄に耐えられなくて辞めたのだから、戻りたいなどと考えない方がいい。 SEやってなかったら発病しなかった可能性が高いのに、SEを恨むどころか戻りたい。 よく考えた方がいい。)

・身体は重いが、愛犬の散歩で線路まで行く。
 昨日も行ったので、2日連続だ。
 少しずつ身体を動かさないといけないと思っているが、正直楽ではないし、辛い。
(身体を無理に動かそうとする時の辛さ、今もそのまま続いているからよく分かります。 リハビリなのか?悪化させるだけなのか?その辺りが難しいところだけど、愛犬の為にと思っているならば、動いた方がいい。)

・病院に行ってきた。
 今処方されている薬は、うつ病用ではなくて、統合失調症の物だと思うが、どうか?と聞くと
 統合失調症の物だという。
 その言い方は、「うつ病で死にたいと言う自分よりも、統合失調症の治療の方が優先度が高い。」
 そういう言い方だった。
 生きる意欲を出す薬に重点を置いて薬を飲んできたが、
 うつ病でのそれらが効かないので、統合失調症での同じ効果の薬も
 試してみているのかと思っていたが、
 どうやら本気で統合失調症だと考えているらしい。
 そして、そこまで強く統合失調症だと考えているならば、
 先生に任せるしかないとも思った。
 涎が垂れ、ろれつが回らない問題は、
 薬を変えるので今後は無くなるとのこと。
 変わりに強い薬を出すが、イライラしたりするだろうと言われる。
 何にしても、ここ数か月薬の量しか変わってなかったので、新しい薬に期待をしている。
 副作用は出ても良いので、何かしら効果が出ることを願う。
(幻視、幻聴が出たのはいつ頃だろうか? はっきりと覚えていないが結構前の事だったはず。 統合失調症は当時発病原因も治療法も確立していない病気だっただけに、ショックと言えばショックだよね。 副作用が強い薬を次々処方されていることが心配。 病気で苦しむか副作用で苦しむかで、救いは無いように感じるけれど、副作用の辛さの方が若干楽かな。 薬は飲もう。)

・新しい薬になり、その日から飲んでみた。
 副作用で立ちくらみのような症状が出た。
 まっすぐ歩けないし、横になると起き上がれない。
 寝がえりをうつのがやっとだった。
 いつも適当な時間に就寝前の薬を飲んでいたが、今回からは本当に寝る前に飲まないとヤバそうである。
 悪酔いと立ちくらみが同時に来たような感覚は、自分の身体でないようで面白かった。
(酒を飲まないから酔っ払った感覚が新鮮だったのかな? 初日だから楽しめるけど、これも辛い副作用に変わりはないはず。 飲んですぐに眠ろう。)

・昨日コーヒーを2杯飲んでしまったことで眠れなくなった。
 その反動なのか、今日は眠くてしょうがない。
 一日中寝て過ごしてしまった。

・ずっと眠っていたが、夕方から目が覚め、年賀状作りを始める。
 今年買ったソフトは印刷方法が複雑で訳が分からないが、
 色々と試しながら少しずつ進める。
 例年だったら、おっくうで身体が重くなり、追い込まれたりもしたが、
 今年は楽しんで作っている。
 少しは病気が良くなったということか?
 期待はしないが、動ける喜びを感じている。

・朝の薬を飲むのを2〜3日忘れてしまっている。
 しかし、これといって調子が悪くなることもなく、
 年賀状作りなど集中力が必要な作業が長時間続けられている。
 統合失調症の薬が処方されて4か月になるが、
 友人が言うようにセカンドオピニオンをしてみようかと考え始めた。
 ネットで「セカンドオピニオン」で検索すると、
 精神科に対しての物が多く、精神科の誤診の多さの現状を訴えるサイトがあった。
 読んでいたら深夜になってしまったので、今日は読むのを止め、明日詳しく調べてみようと思う。

・ユニクロに行く。
 前回よりもゆとりをもって商品を見ることができた。
 洋服屋に行く恐怖感はじょじょに弱くなっているようだ。
 ジーンズの裾上げも緊張したが、何事も無く終了。
 自分が思っているほど、周りは自分に興味などないのだろうと分かっているつもりだが、抵抗感はまだ残っている。
 これは、いずれ治さないといけないと思っている。
(負けっぱなしでは納得がいかない性格なのか、弱い自分を何とかしようとしているのか、無理して苦手な洋服屋に行く必要は無いと思う。 ネットで買える時代だしね。 苦手だったらやらない でいいと思う。)

・薬を飲んでない。
 忘れている半分、意識して飲んでない半分だ。
 飲まないといけないとは思っているが、行動には出れない。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2008.11 死にたいひと月

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・パソコンの互換性の無さに、イライラしっぱなし。
 パソコンをぶっ壊してやろうかと、何度も思う。
 相変わらずストレスに弱いと思う。

・身体は動くが、運動不足からか、すぐに疲れてしまう。
 が、今日は寿司、デザートと食べまくってしまったので、
 運動になって良かったと思う。
 明日の体重はプラスになっているはずだ。
 また、厳しく食事制限をしようと思う。
(過食気味、運動嫌い、太るのは当たり前、本気で痩せたかったら本気の行動が取れるはず。 食事制限頑張れ)

・愛犬の散歩でやや近所の橋の下まで行く。
 首を吊るロープを縛れる場所を探すが見つからない。
 この橋では死ぬことはできなそうだ。
(おかしな事に死に場所を探して歩いていると気持ちが落ち着くんだよね。 健康な人には理解不能だろうけど。 探すくらいは良いかと思ってしまうが、これも理解されないだろう。)

・通称「いい感じのコード」このコードを使って
 首吊りの行動に出たのは1度だけですが、
 このコードが見える所にある事で、いつでも死ねるんだから、
 やれる所までやってみようと思っていた。
 だがこのコード、片付けて封印。
 やれるところまでやってみよう という考えから
 やる にシフトさせるコードをしまう行為は、結構な一歩なつもり。
 とりあえず65までは生きてみようという事にしました。
 絶対とは、とても言えませんが、小さな目標です。
 それと病院に行き、薬の量が増えた。
 増えた薬は、統合失調症の薬で妄想、幻覚、幻聴、混乱、興奮を抑える。
 死にたいと言ってもうつ病ではなく、統合失調症の薬を出されるというのは、
 何か理由があるのだろうか?
 ま、この薬でまた一月頑張ります。
(65まで生きてみようという目標、良いと思う。 色々とあるだろうけどそこまで生きたら悟りの境地に入ってるよきっと。)

・昨日書ききれなかったので、今日も昨日の話を書く。
 先生と話をして、家族以外の人とあう機会がないので、
 一人暮らしをしてはどうか?と言われる。
 一人暮らしという意味ではなかったのかもしれないが、
 介護の人を頼んでと言っていたので、おそらく一人暮らしだと思われる。
 先生の目的は、社会と関わりを持つこと。
 少しでも社会に出てほしいという考えなのだろう。
 しかし、自分には仕事に就く事の方が優先だと思うし、
 一人暮らしなどしたところで、引きこもりは変わらないと思う。
 おそらく、障害者自立支援法についても話をしてくれたと思うが
 (障害者自立支援法という言葉は後から調べてたどり着いた)、
 手続き関連の事なので、頭に全く入っていない。
 親に相談してみろと言われたが、するつもりも無いし、
 次回病院に行った時にする気がない事を断っておこうと思う。
 まったく何を言い出すか分からないあたりが怖い先生ではある。
 しかし薬だけ処方するだけだったら、僕のようにいつまでも
 治らない人も出てくるのだろう。
 少しでも早く治すために言っている事だとプラスに取るようにはするが、
 バンジージャンプの飛び降り台の後ろから早く飛べと
 蹴りを入れられているような気分だ。
 飛ぼうとしているから、そこに立っているわけで、
 タイミングくらいは自分で計らせてほしいと思う。
(周りの人達の意見は有難いが、展開が早すぎてついて行けない。 そんなに回復してないし、しんどい事だらけで疲弊しているよね。 無理な物はムリとはっきり言おう。)

・今日も死のうと考えるが、身辺整理ができていないという理由で諦める。
 死に方は相変わらず、コードを使った首吊り。
 この方法が一番だという考えがある。

・死にたい、死にたい、死にたい
(生きろ! 何があっても生きろ!!)

・死にたい、自分が死んだ後の様子を考えることが多い。
 残された人のために生きようとは思えないが、みんなが悲しむのは分かる。

・今日も死にたい。
 明日も死にたいだろうし、横になってゴロゴロしているだけだろう。
 希望も何もない、楽になりたい、無になりたい。

・気力が無いが、愛犬の夜ごはんが無くなってしまったので、
 ホームセンターへ買いに行く。
 まとめ買いはせずに、小さい物を一つ買ってきた。
 まめに外に出るようにするためである。
 また、山新に買い物に行く事を考えると、今から気分は憂鬱である。
(可愛い愛犬ですら負担になってしまっている。 こんな状態で生き物を飼っている事に罪悪感も感じるし、疲れてしまっている。 犬には申し訳ないが。)

(ずっと死にたいひと月だったね。でもよく耐えました。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2008.10 痩せられたら死のう、死ぬ時はああしよう

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・ダイエットが成功して、体重が70キロになったら、
 死のうと思っている事を先生に話そうと思う。
 また薬が強いものに変わるだろうけど本当の事だし、
 先生にはきちんと話をしておきたい。
(棺に入っている自分を皆が見た時に少しでもマシな姿になっていたいと言う考えだよね。 70kgになったら体は軽いし、モテ期再到来するかもよ?とかちょっとふざけて考えてみるのも悪くないと思う。)

・自分が死ぬとしたら、最後に食べる物は何になるだろうか?
 と良く考える。
 おそらく、お茶漬け辺りに落ち着くような気がする。
 卵かけご飯、塩おにぎりもアリです。
 こうしてみると、どうやら最後には米が食べたいらしい。
 最後に御馳走を食べると未練が残りそうだし、
 普段と同じように起きて、質素に食べて、
 特別な事は何もせずに、淡々と作業するように死のうと思います。
(最後の晩餐は今の自分も考える事です。 食べたい物もあまり変わっていません。 でも生きていたらもっと色々と食べられるとか考えてみたらどうだろう? 米料理を食べ尽くす事だってできるではないか。 考えるのは良いけれど、死んだらダメだよ。)

・何もやる気にならない。
 やりたい事を調べたいが、調べる気力が無い。
 日記を書く事も続けられない。
 今の薬が統合失調症の薬だからなのか、気力が出ない。
 次回病院に行った時は、うつ病の薬をもらおうと思う。

・日中眠ってばかりいる。
 愛犬のイラストも、録画した英語番組を見る気力も無い。
 夕方あたりから少し身体が軽くなるが、これが朝からになってほしい。
(朝から一気にスタートダッシュを決めたいだろうけど、これは今もできていない。 朝から動くってよほど体調が良くないと難しい事。 朝動けなくても夕方から動ければそれで良いじゃない? まずはどの時間帯でも良いから活動する事が最優先です。)

・死にたいとばかり考える。
 気力もなくて、何もすることができない。
 ラーメンを食べて、横になっているだけ。
 また太ることになるかもしれない。
(太ると分かっていても、食べたい衝動を抑えられないよね。 過食気味にならないように頑張れ。)

・甥っ子の相手をしてやることができずに、二階に逃げてしまった。
 一階で遊んでいる声や音がうるさく、やかましかった。
 そう考えてしまう自分が嫌になる。
 やはり子供が可愛いとは、思う事が出来ない。
(自分にゆとりが無いのだから、子供と遊んだりできるわけがない。 体調が悪い時は理由を説明して、休ませてもらおう。 今では子供達と遊ぶこともできるようになっているし、体調次第で考え方見え方も変わってくる。 子供がダメなのではないと思う。 病気で余裕が無いのだと思う。)

・今日は日中1階に両親がいたので、昼寝をすることなく過ごす。
 身体もだるく、いい感じに痩せているという実感がある。
 薬は寝る前に飲む物しか無くなってしまったので、明日病院に行きたい。
 天気が雨だし、行けるだろうか?

・病院に行ってきた。
 幻聴は聞こえなくなったが、薬が変わったことで死にたくなったと話す。
 薬は変わらなかったが、量が増えた。
 また、死にたい気持ちは両親に話した方が良いと言われるが、
 そんなことできるわけがない。
(両親に死にたいなどとは言えないよね。 表情で体調が悪い事は伝わっているだろうし、それで十分だと思う。)

・薬の量が増えた。
 強いのを処方しますと言われ、副作用がでるかもしれない。

・相変わらず死にたい。
 薬は毎日ちゃんと飲むが、薬を飲んでも死にたい気持ちは消えない。
 体重が70kgになったら、本当に死ぬのか、自分でもわからない。
(迷っているならば、解決は先送りにする。 うつ病の基本です。 マイナス思考の時に重大な決断をしたら、大変な事になります。 可能な限り先送り。)

・今日も死ぬことを考える。
 昔の事を思い出しては、あの時こうしてればと考えてばかりいる。
 考えても仕方がないし、どうにもならないとわかっているのに、
 考えてしまう。
 考えることで気分が落ち込み、また死にたくなる。
(過去に起こった事は、後々の行動や考え方でまるで別の意味になります。 こうしていればと言う事も、さらに年月が経ったらどう言うように見えているか分かりません。 過去よりもこれから、もっと言うならば、今の事だけを考えているくらいでも良いかと思う。)

・一日中横になって過ごす。
 薬が統合失調症の物だからなのか、身体のだるさが取れず、
 横になっているだけの一日
 こういう生活がずっと続いているので、さらに強い薬に変えてもらいたい。
(副作用でだるいのかもしれないから、一概に強い薬にすれば良くなるとは限らないです。 悪い先生では無いから、薬の量を増やさずに種類を変えて対応してくれるけど、それでも薬を変えると色々と大変です。 少し様子を見るゆとりが欲しい。)

・夕方から外出することができた。
 ガソリンを入れ、電気屋に行き、帰ってきてから愛犬の散歩、
 プリンターの設定など休みを挟まず行うことができた。
 やっている時は休憩を入れていないことを意識していなかったが、
 後になってから考えると、久々に調子が良かったようだ。
 こういう日が増えてくれると助かる。

(何々できたら死のう。
 死ぬ時はこうしよう。
 と考えている月だったけど、死ぬ事を考えると楽になるのは分かる。
 でもやってしまわないようにしよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2008.09 勝手に断薬実験の代償

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・死にたいと思っている。
 ダイエットが成功すれば、年末には元の容姿に戻れるはずだが、
 そうなったら死のうと考えてしまう。
 薬を2か月近く飲んでいない事が原因だと思う。
 明日体が動けば病院に行こうと思う。
(2ヶ月も薬を飲んでいないってヤバイでしょう。 悪化しているのに何故飲まない? 薬を飲むことに抵抗があっても、薬は自分を助けてくれる物。 量を守っていれば自分が楽になれる。)

・平均して落ち込んでる。
 これが日常になってしまうのではないか?という怖さを感じてる。
 こんなはずではない、どうして自分がと未だに考えてしまう。
 まだ同じ事を考えている。何年も。
 自分だけ時間が止まっている感覚。
 周りは日々変化している。
 周りに触発されて、自分も何かを、頑張ってみようとは、とても思えない。
 心も体も雁字搦めになってしまって、もう身動きがとれない。
 深海に閉じ込められているようで、冷たく、暗い。
 ここから抜け出す唯一の方法は「死」ではないのか。
 死は暖かく、安らかで、眩しく感じる。
 そこに辿り着ければ、苦しみから解放される。
 「そこに辿り着ければ・・・」そんなことばかり考えています。
(薬飲みましょう! すぐにです。 辛いのであれば家族にそれを伝えるべきです。)

・病院に行く。
 離婚して扶養が変わるので、保険証を更新している最中で、
 手元に保険証が無いため、扶養になっていることを証明する書類を
 持って行った。
 しかし、保険証の番号とID?という2つの番号が無いために
 無効となってしまった。
 10割負担して保険証ができたら7割返してもらう方法も考えたが、
 返却される期限が今月中だと言われ、
 保険証が今月中に届く保障がないので、10割負担する方法を諦める。
 また近々病院に行くので、それまでに保険証が届くと良いのだが。

・保険証がやっと届く。
 親としては、手間取った保険証を早速使ってほしいだろうし、
 薬を早く飲んでほしいということなんだろう。
 明日病院に行くよね。という無言のプレッシャーがかかる。
 しかし、今月だけで、病院には3回行っていて、明日行ったら4回、
 20日にも行くので5回になる。
 はっきりいって行きたくない。
 明日病院に行くしかないのかもしれない。
 それがストレスになって体が動かないということになりそうな予感がある。

・病院に行く。
 階段を上る足音と庭に車が入ってくる音がすると話た。
 自分は霊感ないんですけどね。と後に冗談を付け足したが、
 先生はまったく笑わず、むしろ怖い表情をしてそれは幻聴だと断言。
 薬は全面変更された。
(今も幻聴はあるけれども、気にしない事です。 自分が責められる系じゃ無い音ならば、気にする事ない。)

・今朝から新しい薬を飲んでいるが、心配された震えの副作用は出ていない。
 震えを抑える薬も一緒に飲んでいるので、
 それが効いてくれているのかもしれない。
 副作用が出なければ良いのだが。

・午前中は死にたいと考えていたが、昼から友人宅に行き、
 バカ話をして死ぬことなど忘れていた。
 積極的に外に出ることによって、気分が落ち込むのを防げる。
 なるべく外出するようにしたい。

・何もする気力が無い。
 夕方になると少し動けるようになって、パスタを作ることができた。
 毎週作ることはできなそうだが、母は次は浅利のパスタがいいと
 言っているし、それがプレッシャーになりつつある。

・原爆資料館に行ったときに、命を軽く扱われると気分が落ち込むと
 書いたのだがそれと普段死にたくなるのは、矛盾しているのではないか?と
 姉からメールが届く。
 自分の考えがまとまらないのと、命は大切にするべきと考えているが、
 死にたくなるときは命の事まで考える余裕は無いと考えると返信した。
 理解してくれただろうか?
(もっと生きたかっただろうにと思う人たちがいるのに対し、
 自分は消えて楽になる事だけを考えている。 矛盾はあるが、
 自分の中ではバランスを保って両立していてる感じがするんだよね。)

(今年最初に別居をする事になり、そのまま離婚となりました。
 離婚が成立したのは夏だったはずです。
 お互い前に進むために離婚をした形ですが、
 妻にされた事、言われた事がゼロになるわけではありません。
 応援したい気持ちと恨みがグルグルしているのが本当のところ。
 去っていった人の事で体調が悪くなるのもバカらしいので、
 早く自分の生活を作る事が優先事項かと思います。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2008.06 少しだけ活動的に

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いて生活することができ、安定している。
 日中行っているHP作りは集中力が続かず、
 10分やって30分休むようなペースだ。
 また、日中寝てしまい、深夜に起きている日が増えてしまっている。
(そこまで消耗するHP作りはやる必要があるのだろうか? 当時は一生懸命に作っていたが、自分を追い込んでいるだけのような気もする。)

・落ち着いているが薬を飲んでいない。
 ネットゲームを解約し、HPも削除して、自由な時間が増えた。
 さいきんゲームの事で悩んでいたので、もっと早めに
 解約するべきだったと思う。
(ネットゲームは結局ネットの中に人付き合いがあって、リアルでの人疲れと同じ事が起こっていたよね。 そんな物はやめてしまった方が良い。 何年やったって何も残らないし、サービスが終わったら消されてしまう事に必死になって努力する意味は無い。 ネットゲームの悪い部分を知って終わったという感じだ。)

・朝食などを用意してもらっている代わりに、食器を洗うようにした。
 やれることから少しずつ仕事を増やしていきたいと思う。
 食器を洗うようになってから数日たっているが、
 今のところ体が動かないということは無い。
 洗うのはすぐ終わるので、これくらいの仕事ならなんとかやれそうだ。
(食器洗いくらいならば続けられるのかな? やれる範囲を伝えて、体調万全でやるのか、多少の無理をして頑張ってやるのかを伝えておくと良いかもしれないね。)

・今日は薬を飲んでいる。
 薬をやめても頭がフラフラすることがないので、
 つい飲まないようになってしまう。
 今後はきちんと飲むようにしたい。
(この頃は薬は自分であまり管理できていなかったよね。 毎日なんとか死なないって感じで、大変だったね。 薬の大切さをあまり考えてなく何となく飲んでいるといった感じになっていたように感じます。)

・昼間に小包を届けに来た人を居留守を使って追い返した。
 電話をかけることが嫌いだと、親友が言っていたが、自分も同じである。
 SADのチェックをやってみたら、そうかもしれない という答えが返ってきたが、
 自分は手が震えたり、先の予定を考えると落ち込んだりはしないので、
 人見知り、人付き合いが苦手、というだけだろう。
(親友の持病も辛いのだろう。 でも調べても結局は自分が同じ病にならないと理解はできないのだろうと思う。 話してくれる事を受け止めてやって、少しでも助けになってあげられればと思う。)

・薬を飲んでいない。
 飲まなくても気持ちが悪くならない。
 このことでついつい薬を飲むことを忘れてしまう。

・薬を久し振りに飲んだら、頭痛がした。
 身体もだるい。
 飲むならばちゃんと飲み続けないとと思った。

・落ち着いている。
 映画も見れたし、好きなことをやっている時は、
 普通の人と同じように生活できて楽である。
 
 親友と病院に行く日取りを決めた。
 来週の日曜に親友の車で行く。
 親友が予約の電話ができないと言っていたので、
 明日自分の体調が良かったら電話をしようと思う。
(友のためなら電話ができるんだなぁと不思議に思っています。 自分だって電話が大の苦手なのに。 確か初診だから僕が電話をかけたというように記憶しているけど、自分頑張ったな。 人の為になるならば頑張れるのかもしれない。)

・集中力が続かない。
 パソコンを5分もやると横になってしまい、眠ってしまう。
 夕方になると元気になってくる様子は、典型的なうつ病の症状なので、
 病気が良くなっているとは言い切れないのかもしれない。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。