音の話をちょっとでも 今なに聴いてんの? Erykah Badu

モータウン・レコードのアーティストを集中して聴いてみようとしているわけですが、最初のアーティストErykah badu(エリカ・バドゥ)です。

Wikiってみると
1971年2月26日生まれ
アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身。
ヒップホップやR&Bにジャズを融合させたスタイル(ネオ・ソウル)で知られている。

映画を学ぶ為にルイジアナ州のグランブリング州立大学の黒人史カレッジに通った。
その後音楽へ集中する為に大学を辞め、サウス・ダラス文化センターで子どもに演劇・ダンスを教えたりと、いくつか仕事を掛け持ちした。
1997年デビュー・アルバム『バドゥイズム』発表。
全米2位のヒットとなり、第40回グラミー賞(最優秀R&Bアルバム賞および最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞)や、ソウル・トレイン・ミュージック・アワードのR&B/ソウル・アルバム(女性)部門等を受賞。

音楽的にネオ・ソウル(ニュー・ソウル(Nu soul))と呼ばれることもあり、詩の面ではビリー・ホリデイに例えられることがある。
またルーツ・ロック(レゲエ)のバーニング・スピアと共演するなど、音楽的バックグラウンドは非常に豊富である。
都会的感性できわめて深い自己内面を歌ったエリカ・バドゥの詩は、聴く者に感情的な葛藤をもたらすことが多いとされる。

2004年から2005年にかけて日本の歌手のMISIAとコラボレートし、「Everything」をカバーしたり、MISIAのアルバム『MARS&ROSES』に参加。また愛知万博でジョイントライブを行った。

っという人です。
聴いてみるとソウルをベースにしたR&Bって感じで非常にお洒落。
どのジャンルのアーティストだと断言できない位置にいると思う。
激しくない、うるさくない、で作業中に聴いているとはかどる。
ネオ・ソウルなんてジャンルがあるとはねw
音楽はどんどん新しいジャンルが出来るから複雑で大変です・・・

歌詞の意味がわかれば良いのだけどね。


音の話をちょっとでも 今なに聴いてんの? モータウン・レコード・コーポレーション

椎名林檎ちゃんのNewアルバムがかなり攻撃的でインパクト大な物だったからか、いくつものメディアでも特集が組まれていたりしました。
その中の一つ、林檎ちゃんとクリス・ペプラーの対談を見たのですが、
「椎名さんと&トータス松本さんがモータウンに造詣が深いのは聴いていてわかる」
という言葉が出てきました。
聞き慣れないモータウンという言葉。
妙に気になって調べてみました。

レーベル名でした。
去年入院するまで働いていた副業でMのマークのレコードを大量に見ました。
これがモータウンレーベルのマークだったのです。
知識が繋がってきたぞ。

ウィキペディアによると、
アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト発祥のレコードレーベル。
1959年、ベリー・ゴーディ・ジュニアがタムラ・レコードとして設立し、1960年、モータウン・レコード・コーポレーションとなった。
レーベル名は自動車産業で知られるデトロイトの通称「Motor town」の略。
アフリカ系アメリカ人が所有するレコードレーベルとして、ソウルミュージックやブラックミュージックを中心に据えて大成功をおさめ、ポピュラー音楽の人種統合において重要な役割を担った。
1960年代モータウンは、ポップの影響を受けたソウルミュージックのスタイルとして「モータウン・サウンド」の提唱者となった。
1960年から1969年の間、Billboard Hot 100のトップ・テンに79曲もランクインし、インディーズ・レーベルとしては異例の大成功となった。

モータウン・サウンドの特徴としてポップにアピールするため、
バックビートにタンバリンのアクセント、
時に派手で時に流れるようなエレクトリック・ギターの旋律、
独特のメロディとコード構成、
ゴスペルを起源とするコールアンドレスポンスが使用されている。
オーケストラ弦楽器、管楽器、念入りにアレンジされたバックグラウンド・ヴォーカルを使用するなどポップの技術が取り入れられている。
複雑なアレンジやメリスマ的ヴォーカルは避けられる。
モータウンのプロデューサーたちは「KISSの原則」(keep it simple, stupid、簡潔に、の意)を確信している。
ポピュラー音楽において黒人アーティストの作曲や演奏がよく行われるようになったにも関わらず、白人演奏者に演奏されない限り人気が出たり認知されたりすることはなかった。
しかしモータウン・サウンドは明らかに独特で、白人演奏者がそのサウンドを再現することは不可能である。
実際のモータウン・サウンドはそれをアレンジされたものより好まれるようになった。

モータウン・レコードの成功は、作曲およびプロデュースの能力に加え、モータウンの音楽の広がりの重要な役割はゴーディの審美眼によるところが大きい。
ベリー・ゴーディは毎週金曜朝に品質管理会議を行ない、最高品質のもの以外はリリースを拒否した。
週間ポップ・チャート第5位以内を目指して、新曲リリースのたびに毎回この審査が行われた。

っという事らしいので、これまでアーティスト単位で好みに合う物を探していましたが、しばらくモータウン・レコードのアーティストを中心に探してみようかと思います。
Soul、Funkばかり聴くことになりそうですが、好きなジャンルなので楽しめるかと。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。


音の話をちょっとでも 今何聴いてんの? Sly & the Family Stone

まず何だその名前は!と思われるかと。
以前、図書館から音楽オタク(失礼)、音楽に精通する人達10人がそれぞれ100枚の個人的名盤を紹介する本を借りたのですが、そこに書かれていた解説を読んで、僕が共感だったり、興味を持ったりしたアーティスト名とアルバム名を、メモしておいたのです。
本を返却したら、覚えてられないもんね。
英語だし、聞き慣れないアーティスト名が膨大にあるわけですから。

その中から適当に1枚借りてきて聴いております。
それがSly & the Family Stoneというアーティスト。
ジャンルはFunkでした。
いずれこのジャンルには行き着くと思っていました。
Funkとは何だ?と聞かれたら答えられないですが、
ディスコっぽい曲?
サタデー・ナイト・フィーバーっぽい曲がFunkだと勝手に思っています。
アース・ウィンド・アンド・ファイアーのような感じがFunkだと勝手に思っています。
パルプ・フィクションでかかっていそうな曲は皆Funkだと勝手に思っています(笑)

Sly & the Family Stoneですが、さらりと聞けるFunkですね。
こってりしたメチャFunkじゃなく、BGMで流していても気持ちよく乗ることができる軽めのFunk。
聴いていて楽しいです。

これはFunkを漁ってみるかと思わせる出来です!
音楽をジャンルで分ける事は好きじゃないのですが、便宜上無いと困るのも分かります。
Funk、分かっていたけれども、予感もあったけど、面白いです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも 今何聴いてんの? 椎名林檎

今聴いているというわけじゃないのですが、林檎ちゃんはデビュー当時からちょくちょく聴いていて、一目置く存在です。
当時は泥臭い感じも少ししたのですが、僕は見抜いてましたよ。
昭和歌謡とジャズを併せたような、曲を聞いただけですぐに椎名林檎の曲だと分かるオリジナリティーがある事。
深い知識と高い音楽性。
そして自分をどう見せたら良いのかよく分かっているなという事です。
デビュー当時から色々と別のアーティストが登場してきましたが、この人は消えるなと分かってしまう。
でも林檎ちゃんはずっと消えないだろうなと。
結局そのようになりました。

外見も美人と可愛いとセクシーが同居する不思議な人です。
若作りするわけでもないのに、歳を重ねるごとにどんどん魅力が増すような歳のとり方をしていると思います。
不思議な人ですね。
その才能は東京オリンピックの総合プランニングチームに選出された事からも分かります。
楽曲だけでなく、演出にも加わるそうで、ここでやはり見せ方の上手さが生きてくるかと思います。
ま、小難しい話は抜きにして、独創的な音、歌詞、容姿、演出が大好きだという事ですね。

5月27日発売のニューアルバムの「三毒士」の中から、先行公開されている1曲目「鶏と蛇と豚」から度肝を抜かれます。
こんなプロローグって、、、前代未聞だよ。
どういうアルバムになる?どれだけ引き出しあるの?って思っちゃう。
唯一無二の存在になってきていると思う。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

この後どういう曲が続くのか全く予想できないスケールの曲「鶏と蛇と豚」
トータス松本さんとの楽しい雰囲気が伝わる「目抜き通り」
愛国心爆発の応援歌「NIPPON」
メリハリが好きだったりする「人生は夢だらけ」

音の話をちょっとでも 今何聴いてんの? ライブハウス、パンクで候

友人達のバンドがLiveをやると言うので、車で1時間の場所にあるライブハウスに行ってきました。
始めての場所だったのですが、結構綺麗で音もなかなか良かったです。
スピーカー前を陣取ってしまったので、耳がまだグワグワいってますが、まぁ大丈夫でしょう。
それよりも僕はエレキギターの高音や、指笛などを聴くと、立ちくらみがして倒れそうになるのですが、これは誰もなる事なのでしょうかね。
大音量の音もちょっと怪しい感じです。
でもまぁライブは大成功で楽しいひとときを過ごしました。
こういう音楽の楽しみ方もいいですね。
音好きが集まる場は心地いいです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。