シネマにドラマ STAR WARS ブルーレイの憂鬱

 

一昨日、STAR WARS の最新作「エピソード8 最後のジェダイ」を
フライングゲットしたわけですが、デザインが凝っています。

表面はライトサイドのメンバー、主人公のレイちゃんを中心に、
ルーク、レイア、ポー、フィン、よく見るとポーグも描かれています。

裏面はダークサイドの面々で、カイロ・レンを中心に、
キャプテン・ファズマ、赤い奴ら(笑)、スノークは載ってないけど、
まぁ、本編を観ればわかりますね?

さてさて、今日の話題ですが、エピソード7の時もそうだったのですが、
BD、DVD、特典映像が1パックになって4,000円くらい。
お得だよね。

BD版とDVD版は画質の違いだけで違いはない。
問題は、そう問題があるのです。
2時間40分もあるという特典映像は、BDなのです。
Macはブルーレイ観れないんだよぉ〜
僕はTVを持っていません。
全てMacで完結するように写真も音楽も、仕事関連も全てMacに集約しているのです。
TVが無くても困らないけれども、この特典映像が観れないのは痛い。

観たい、見て観たい。
MacでBDを見れるフリーソフトやら、設定方法がありそうだけど、
まだ調べていないっす。
何か方法があるはず。
お金を出せば簡単に環境はできるのだろうけど、
基本無料で節約するスタンスなので、どうしたものか。

くぅ〜特典映像には、泣く泣くカットしたレッスン3が観れるとか。
きになるよレッスン3
ファズマとフィンのもっと濃い戦いも観れるとか。

もう一度言っちゃうよ。
なんでMacはBlu-ray観れないのだ!!

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。

シネマにドラマ STAR WARS その頃は真夏だろうに、一人節分で浮きまくりだろうな

今でもやってるんだなぁと思ったのですが、
CDを発売日の前日には陳列されているから買える。っというものですが、映画のブルーレイでも
それは同じ事らしい。

なんだろうね。
当日になってから販売スペースを作る時間は無いからなのか?
まぁ、1日早く手に入るのは良い事です。

買ったら、チューイのお面も貰えたし。
でもさ、これ完全に節分の鬼役の人がかぶるような感じだよね。

間も無くハン・ソロが公開されますが、ちょっと早すぎないかい?
スタ会メンバーに自慢したら、
『これをつけて映画館に登場してくださいね」と自滅。

いいさいいさ、被って現れようじゃないか。
そして証拠写真も顔が映らないからUPできるじゃんね。

っとだいぶプラスに考えているけれども、やっぱりちょっと恥ずかしいw

ハン・ソロ、楽しみである。
そうそう、今回もスタ会メンバーで見に行く事になりそう。
アメリカでの公開から、1月後に日本で公開だから、ネタバレしまくりだろうけど、
サプライズは無いだろうけど、楽しめるかなと。