僕とうつ病 闘病記 社会復帰への道117 一時引退へ・・・社会復帰失敗

出勤できなくなっています。
朝、ベッドから起きる事は出来て、ブブ彦の散歩も行く事が出来る。
その後に、出勤時間が近づいてくると、体が重くなってしまう。
鬱病になった頃も同じようなことがありました。
出勤時間が遅れていき、家を出ても用事もないのにコンビニに寄ったりするのです。

今は、この状態からさらに悪化し、出勤出来なくなりました。
何年もかけてここまで回復しましたが、また悪化してきています。

出勤しないといけない時間を過ぎると、
何故行けない?
自分はサボっているだけだ、怠け者なのだ。
家族をどれだけ振り回せば気が済むんだ。
と自分を責め、考えが行きつく先は、死ぬしかない。という所へ。

それだけは避けねばならない。
耐えなくてはならないと思うのですが、同時に、
何で自分がこんなに 苦しまないといけないのか?
いつまでこの苦しみが続くのか?
と考えてしまいます。

僕が出勤できないとお店を開けられないので、やはり かずのすけ(姉)にお店で働いてもらおうという話にもなっているそうです。
かずのすけも仕事を辞めるには、ひと月前には言わないといけないという事があるので、最短でもひと月後までは僕が出勤しないといけないのですが、3日続けて出勤できない。

家族会議が行われ、僕は治療に専念する事になりました。
つまり、一時引退です。
お店は、8月下旬~9月まで、休業。

それは、毎日の地獄の苦しみから解放されるかもしれませんが、また引き篭もりに戻る危険もあります。
ケロリンコペン(緑のコペンcero)が届いたら、意識して外出するようにしたいと思います。

逃げているだけのような気もしますが、妥協案のような気もしますが、環境を変える事。
ストレスの元から早急に切り離す事。
早く手を打たないと、どんどん悪化し、回復が数年遅れるので、これがベストなのかもしれません。

諦め早すぎるでしょ?
ちゃんと経緯を説明しなさいよ。
そんなに体調悪かったの?
またすぐ良くなるんじゃ?
などと思われるでしょうが、追々説明していこうかと思います。
とりあえず、今日はしんどいので、行間を脳内補完してください。

何度も社会復帰にはチャレンジしてきましたが、またも失敗です。
これがうつ病の真の恐ろしさなのか・・・

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありがとう。

僕とうつ病 闘病記 社会復帰への道116 面接に来た人は・・・

パートさんを募集し、応募があったので、面接をしたのですが、働く気は無い人でした。
失業手当が出るまでの3か月の間、形だけ就職活動をしないと。という人だったのです。

残念ですが、他の人を探さないといけません。
次の人がすぐに面接に来ると良いのですが…

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

僕とうつ病 闘病記 社会復帰への道115 早速の電話

お店で仕込みをしていたら電話が鳴った。
いつもだったら、
「オーナーさんいらっしゃいますか?」という営業電話ばかりなのだが、電話に出たT珍(母)の受け答えが丁寧だ。
「では10日の金曜、15時から・・・」と何やら日時の話をしている。
お、テイクアウトの予約かな?と思っていたら、違った。

先日、パートさんを雇おうという事で、ハローワークに登録したのですが、早速応募の電話だったようです。

いよいよ人を雇う事になりそうである。
って気が早い?
一人目から最高の人が来るとは限らない。
そもそも最高の人など、どうやって見極めると言うのか?
とにかく明るい人、これに限ります。

良い人が来てくれると良いのだが・・・・
面接緊張(笑)
僕が品定めされるわけじゃないのにね。w

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

僕とうつ病 闘病記 社会復帰への道114 第一線から半歩退く&パートさん募集

先日コメント欄に書いた事ですが、こちらにも書いておきます。
僕が働くお店で人を雇う事になりそうです。

と言うのも、僕が最近どんどん病気が悪化してきていて、出勤できない日が増えて来ているのです。
僕とT珍(母)との2人で回してるお店なので、T珍一人では回せないのです。

僕が休んでも良いように、ホール担当のパートさんを雇い、T珍が厨房兼ホール、パートさんがホールという2人体制で、お店を回す事になりそうです。
もちろん僕の体調が良い日は、僕が厨房、T珍が厨房兼ホール、パートさんがホールという3人体制でお店を運営する事に。

障害者を雇って、社会復帰の足掛かりにお店を利用してほしいという目標もありますが、今回は、僕が休んで、パートさんも出てこれない。では雇った意味が無いので、健常者さんにパートをお願いする事にします。
障害者さんと一緒に僕も頑張ろう、一緒に前に進もうという事ができたら素晴らしいと思っていましたが、僕が健康にならないと、障害者の人は雇えないという事に気付いてしまいました。
う~ん、考えが甘かったな。

人を雇うという経験が無いので、手探り状態ですがハローワークに登録しに行きました。
11時から13時までの2時間。
月曜~土曜という形で募集しました。
明るくて、接客業に慣れている人が良いのですが、果たしてどうなる事やら。
雇用主としての自覚を持たないといけないですね。
そして、お店の売り上げをもっともっと上げて行けないといけません。
売り上げが無くても、パートさんにお給料は払わないt行けないですからね。
もっと頑張らねば。

それと僕の最低限の仕事として、仕込みをやると言う事があります。
仕込みは翌朝の営業時間までに終わらせればいいので、夜中にお店に一人行って仕込みをやる なんて事もあるかもしれません。

・最低限仕込みは僕がやる。
・体調が良ければ、昼間、厨房で調理。
・15時、16時頃には帰宅し、夜の営業はT珍に任せる。

こんな感じになりそうです。
今回の話に、皆さんの意見があるかと思いますが、見守っていただけると嬉しいです。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。

僕とうつ病 闘病記 社会復帰への道113 出勤できなくなってきています

今日は体が重くて、立ち上がる事が出来ず、仕事に行けませんでした。
僕の体調はどうなろうと構わないのですが、お店に行っているT珍(母)は一人で店を回したそう。
回したと言っても、かなり無理があるので、お客さんを待たせてしまって、怒鳴られたり、帰ってしまった人とかもいたそうです。

帰宅してT珍が、何とか出勤できないだろうか?と言ってきました。
無理だよなぁ。
動けないんだから。
担がれて車に乗せられて、お店に着いたとして、働けないんだから。

仕込みの段階からして、かなり無理をしているようで、僕が来れないとなると、心臓がバクバクいって、パニックになってしまうようです。
ここ半年くらいでT珍は心臓が悪くなりまして、頻脈があらわれてしまってます。
僕が毎朝出勤できるだろうか?と考えながら仕込みをする間、やはり脈が速くなってしまってくるそうで、心臓の事を考えたら、僕は出勤しないといけないようです。

SE時代にうつ病になっていった経緯を考えると、だんだん出勤時間が遅れて行って、最後は出勤できなくなる。 っというパターンがあったなぁと思いだしました。
今の僕は、出勤時間が遅れていって、仕事に出れなくなってきている辺り。
このままでは、完全に仕事に行けなくなる日が来るのでは?と恐怖しています。

自分の身体の事を考えたら、仕事から離れて、休養した方が一番。
でもそうすると、T珍の体調が悪化。
無理して出勤するのは、かなり辛いし、病気が悪化するような気もします。
どうしたものか・・・

久々に死にたいという考えに支配されています。
消えてしまいたい。
全てから解放されたい。
今日もあぜ道通信に遊びに来てくれて、ありががとう。