僕とうつ病 闘病記 新病院に行ってみた 025 寝呆けか統失か

先日深夜1時半に夢から目が覚めました。
覚えているのは30秒くらい。
周りは真っ暗で、僕が背の低い男と向かい合って立っている。
男は手にジャックナイフを持っていて、僕の喉元に突きつけている。
何かを言われ、その後うなじまで突き抜けるくらいに刺された所で目が覚めました。

刺された瞬間死にたくないと思った事を覚えています。
昔は死は苦しみから解放される唯一の拠り所のような考えでしたが、死にたくないと思ったのは回復して来ているという事なのか?

目が覚めたら蒸し暑く、夢だったと気づいたのですが、部屋の様子がおかしい。
USBの赤いランプが3つ三角を作るように光っている。
本当は1つの光です。
乱視持ちですが、三角になるのはおかしい。
しかも乱視のズレサイズじゃなく、三角定規くらい光が離れている。
そして白いテーブルが真っ黒な羽?大きな黒いトゲ?の様な物で覆われていてハリネズミのようになっている。
USBと異様なテーブル以外は見えない。
起き上がろうとしても起き上がれない。

確認したけど金縛りじゃないし、寝呆けているわけでも、まだ夢を見ているわけでもない。
目を閉じ深呼吸して、また開いて確認しても、見えるものは同じ。
昔見た壁に大きな虫が何百匹もいる時と同じ様に感じた。
感覚ですけどね。
本物に見える。 存在するように見える。
いい気はしない。

薬をしばらく飲んでいないが、ちょっと怖くなりました。
朝起きたら、USBの光は一つになっていたし、テーブルも白くなっていた。
あぁ見えちゃってるよという、頭がヘンになる感覚、久しぶりでした。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。

僕とうつ病 闘病記 新病院に行ってみた 024 寛解か!?そんな甘くないか!?

薬がほぼ切れました。
が、相変わらず新病院に電話はできていない。
体調は、薬を飲まなくなってからもあまり変化はなく、ほぼ好調。

もう薬は要らないのかもしれない。
否、飲んでおくべきだ。

とぐるぐる考えます。
ぐるぐるしちゃうのだから、まだ必要なのか?
頭が回るようになってきて、色々と考えられるようになったのか?

朝も結構起きられるようになってきてます。
日中は元気。
ダブルワークで体力的にしんどいけれども、体重はどんどん減って来ていて、
いい感じなのである。

このまま寛解なのだろうか?
そんな甘くはないし、期待はしないようにします。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。

僕とうつ病 闘病記 新病院に行ってみた 023 新病院に行ってない

うつ病 闘病記の 新シリーズ「新病院に行ってみた」が始まってもう結構経ちますが、先日病院に行けませんでした。

当然薬はどんどん無くなっていくのですが、病院の予約電話ができません。
仕事の電話は割とすぐにかけられるようになったのですが、自分のプライベートの事になると、やはり電話は苦手。
薬は残りあとわずか。

予約制の病院だから待ち時間が少ないのは助かると書きましたが、こういう時に予約制は大変ですね。
予約が取れるのが何週間も先という事になるのですから、毎回毎回必ず行かないと薬が無くなる事にようやく気付く。

っと分かってからも電話ができず、困ってきているのです。
やはりまだまだ薬は必要なんだと思います。
朝、動けないで天井を見ていると、つくづくそう思います。

電話一本かけるだけなんですけれどもね。
とりあえず、土日は病院やっていないので、かける努力をしないといけない、という気持ちに追い込まれる事は無くてホッとしています。

今日も畦道通信に遊びに来てくれてありがとう。

僕とうつ病 闘病記 新病院に行ってみた 022 最速

最近、体調がすこぶる良いです。
15年?くらい前の発病以前よりも、頭の回転は上回っていると思います。
この早さは僕の人生で最速かと思う。

皆さんは、僕が一気にエンジンを吹かし、仕事する様子を知っていると思いますが、
オーバーワークじゃないか?
もう少し労わりつつ、ペースを上げた方がいいのではないか?
そもそも、別のやり方をやった方がいい。
と心配されていたと思います。

僕の感覚では、病気持ちとしてはオーバーワーク気味だったのは分かっているのですが、再発のリスクよりも、成功する予感の方がすごく高いと感じていたのです。
期間が短くてまだ成功とは言えないですが、良い方に転がったと思います。

頭の回転の話に戻りますが、発病してから初感覚がここ数週間あるのです。
僕の持病のうつ病と統合失調症は、脳内の信号伝達が上手く行われなくなるのですが、
これが、脳内の毛細血管の先端まで血がギュンギュン届いている感覚がある。
心臓付近の血管は勢いよく血が巡っているはずですが、その勢いがそのまま脳内で行われてるようなイメージ。
ドロドロだった血液が、サラサラになって脳を巡っている。
そんなイメージです。

記憶力も少し良くなった。
仕事を同時進行で並行処理できる数が倍くらいになった。
何より、早口になり気の利いたジョークがポンポン返せるようになっています。

でも、朝は起き上がるまでに苦労したり、起き上がっても30分くらいは動けません。
これはあまり改善してないです。

これまで好調があると、必ず裏切られて悪化しているわけですから、今の状態を少しでも長く、また悪化してもなる早で復帰できるようにする事も仕事のうちだと思います。

体調管理。
24時には眠って、6時には起きるようにしたい。
起き上がるのに時間がかかるから早起きしないと遅刻ですからね。

薬はまだ必要なのでしょう。
勝手な判断で減薬実験するのはリスクが高いです。
いつまで薬が必要なのかな?
一生必要なのかな?
おっと、マイナス思考気味ですね。
同じ事を体験するならば、プラスに考えるようにしないと。
一生だろうと、薬で症状が軽くなるなら、最大限利用しちゃおう。
それで良いじゃ無いですか。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。

僕とうつ病 闘病記 新病院に行ってみた 021 もう一つの仕事、初日

副職の初日を終えました。
とても働きやすい環境で、上司、先輩方、皆いい人。
1日30分立っていないであろう生活から、8時間くらい立ちっぱなし。
体力的には厳しいけれども、2週間で体重が3.5kg落ちた。

お腹ぽっこり体系から、明らかにスッキリしてきています。
しんどいけれども、今脂肪を燃やしているなと分かる感じです。

いきなり結構な責任の事を任されたり、教わったりしていますが、
この年齢からして、馬鹿な事件は起こさないと思ってくれたようです。

物の流れ、お金の動き、人の反応全てがダイレクトに伝わって来る環境で、
本業とは真逆の職種です。
だからでしょうか、働いていても、タイプの違う仕事で気分転換、発想転換になりそうです。

どちらもいい刺激になってくれそうです。

ただ、朝が早いので、起きるのがしんどい。
その辺りはまだ病気の症状が残っているかなと感じます。
踏ん張りどころですな。
病気が再発しない事を願いますし、努力します。

今日もあぜ道通信に遊びに来てくれてありがとう。