シネマにドラマ 現場のお宝 ダース・ヴェイダーのフィギュア

毎月末日は現場のお宝の日です。
スターウォーズのお宝を公開していくコーナーです。
お宝と言っても、本当に高くて誰もが認めるお宝では無く、安くてもそこそこ良くできている状態の良い物をチクチク購入しております。

今月紹介するのは
『ダース・ヴェイダーのフィギュア」であります。
ダース・ヴェイダーとはスター・ウォーズの中でも最も強烈な印象を残す悪役であり、全映画の中での悪役ランキングでも、ハンニバル・レクター博士を押しのけて堂々の1位になっている、悪役の中の悪役であります。

長身で黒づくめ。
仮面を被っているので、表情は分からず、不気味な呼吸音だけが聞こえます。
声は、ジェームス・アール・ジョーンズという方が担当していて、低くて威厳のある声なのです。
ライオン・キングのムファサ王の声もこの人が担当しています。
とにかく強烈なキャラクターで、極悪非道、冷酷にして、完全に任務を遂行する男。
主人公たちをどこまでも追い詰めていきます。

スターウォーズの公開順は、エピソード4⇨5⇨6と公開され、
その後エピソード1⇨2⇨3と公開されました。
4、5、6と見ると恐ろしいだけの存在なのですが、
1、2、3と見ると、若い頃は純粋で才能豊かな少年だったりします。
ちょっとだけ怒りの感情がある事と、才能があるだけに傲慢なのが欠点で、そこにつけ込まれて悪の道に落ちてしまうのです。
まぁ、可哀想な人なんですよ。

4、5、6と見ると悪い人
1、2、3を見てから4、5、6を見ると仮面の中の素顔が浮かんできて悲しい人に写り全く別の印象になるのが面白いところです。

あの呼吸音とフォースを使った首絞めは本当に怖いです。

フィギュアは縛り設定の2,000円以下の物で、未開封の物があったので購入。
高さは25センチくらいあります。
赤のライトセーバーを握り、相手を凝視している様子がかっこいい。
これまた値段の割に良い品だと思います。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 R2-D2のコースター

スターウォーズのお宝を勝手に公開し、勝手にほっこりするマニアックな話場、現場のお宝のお時間がやってまいりました。
毎月月末はお宝の日ですと勝手に決めました。

今回のお宝は「R2-D2のコースター」です。
頂き物なんですが、人気のドロイド、R2-D2が描かれています。
このコースターをくれた人はR2大好きでして、かなりの数のR2を所有しているのです。
小い物から1分の1スケールの物まで?有るらしく、倉庫の上の方に巨大なR2がぶんながっている写真を見せてもらった事もあります。
もはやR2が好きすぎて、R2を置く場所が無いというね。
R2が変形して中にジオラマみたいなセットが出てくる小さなオモチャも見せてもらったりしました。
レア過ぎる(笑)

最初のスターウォーズから皆勤賞のR2。
何にも出来ないのに口だけで世渡りしているC-3POとのコンビは最高。
この2ショットを見るとスターウォーズを観ているなぁとじんわり感じる次第であります。

この友人はこれだけR2が好きなのにC-3POには興味が全く無いというのも面白いところであります(笑)
スターウォーズは人によってお気に入りキャラが全くかぶらないのも面白い現象でして、悪役が好きな人、この友人のようにロボットだけを好きな人もいます。
僕は、前回のジャバ・ザ・ハットのようにブサイクキャラが好きなので、やはりかぶりません。

人それぞれの楽しみ方を受け止めるだけの濃さがあるのがスターウォーズだったりするのです。

それにしてもコースターとしては使えないですよね。
コーヒーの染みでも着いたら立ち直れないのでね。
飾って楽しんでおります。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 絵本、ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

月末恒例の、否、恒例にしていきたい、現場のお宝のコーナーです。
このカテゴリーはスターウォーズ関連のお宝を低予算ながら収集し、それを発表していく話です。
お宝のマニアックな解説も書きますので、B型Masaのお一人様ワールドをお楽しみください。

今月のお宝は絵本です。
タイトルは「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」
スターウォーズを製作しているルーカス・フィルム公認の絵本でして、シリーズの怖ーい悪役、ダース・ヴェイダーが息子のルークをもし子育てしたのなら・・・という話です。

もう表紙からして微笑ましいですね。
ヴェイダーとルークがアイスクリームを持っています。
楽しそうなルークに対し、ヴェイダーは下を向いて、ルークを見守っているようでもあり、ちょっと困っているようにも見えます。

無邪気なルークはヴェイダーを振り回し、なにかと父は困ってしまうわけですね。
映画では圧倒的威圧感で迫ってくるヴェイダーですが、この絵本では子育てに苦労する何処にでも居るただの父親なんですよね。
あの怖さは何処へ行ってしまったんだ?という笑いと共に、温かい気持ちになる事間違いなし。
映画を知っているとニヤリとするセリフばかり、背景までにニヤリとする箇所多数。

この絵本は僕の誕生日に姉がプレゼントしてくれた物なんです。
姉はスターウォーズを全く知らないのだけど、頑張って調べて用意してくれたわけですから、本当に感謝です。
スターウォーズ愛溢れる1冊ですなぁ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

シネマにドラマ 現場のお宝 ジャバ・ザ・ハットのぬいぐるみ

今回から始まる新カテゴリーです。
毎月1回、コレクションのフィギュア等のお宝を発表していきます。
シネマにドラマの子カテゴリである事から分かるように、映画関連がほとんどになると思います。
っというよりはスターウォーズ関連、、、のみになると思います。
やばいよね、マニアだよね(笑)

更新が毎月1回なのは、購入するのが毎月1回限定だから。
オークション等でお宝を購入します。
中古になるわけですが、未開封物、あるいは状態の良い物狙いです。
そして予算は2,000円未満。
本当に欲しかったら3,000円までは出そうと思っていますが、欲しいものは何でも購入するとなると歯止めが効かなくなってヤヴァイからですね。
誰が見てもお宝である何万円もする物は買えないよね。
毎月2,000円で買える物を探してポチるわけですね。
それが届いたら発表していくわけですね。

では記念すべき第1回のお宝・・・
スターウォーズではおなじみの悪い奴。
ストーリー上のラスボス的な悪さじゃなく、地方にいる悪い奴です。
ギャングのジャバ・ザ・ハット。そのぬいぐるみです。
確かに悪い人なのですが、どこかユーモラス。
カエルの頭にナメクジの下半身、舌なめずりしたり、牛蛙サイズの生きたカエルを丸呑みしたり、ちょっとキモい。
でもどこかやっぱりユーモラスなんですよね。
ベイダーや、ハン・ソロや、ヨーダなどの大人気キャラではないですが、隠れファンが多いのもジャバならでは。

このぬいぐるみは映画館で一目惚れして買うてしまいました。
お腹を押すと映画と同じ声で喋るのですが、ハット語なので、何を仰っているのかは分かりません。
お声には数パターンあって、ガッハッハと気持ち悪く笑ったりもされます。

購入に踏み切った最大の理由は鼻が曲がっているから。
「ハ」の字の鼻なのですが、左右非対称で、これはご本人と同じく曲がっております。
ぬいぐるみなのに、ちゃんとそこを再現している事に感動して購入です。
映画を一緒に観に行った連れたちが4人も居たのに、誰もジャバ様を購入しなかったのは何故だろう?(笑)
第1回目の更新からジャバ様。
今後の展開はどうなる!?

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

ジャバ・ザ・ハットの動画↓