僕とうつ&統失 闘病記 2006.10 統合失調症の症状と診断

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・死にたくはならないが、昼間のほとんどを眠ってしまった。
チーズケーキ、みたらし団子、チョコレートと一気に食べてしまい、後になってから反省した。
(甘い物を食べている時は苦しみを忘れられるよね。 でも糖尿になってしまうから、頑張って我慢して。 食べても1品だけに。)

・朝、起きることが出来なくて、妻を怒らせてしまった。
夜、家に帰ってくるときに謝りのメールが届いたが、今回の件は自分に非があると思っていたので、申し訳なかった。
僕が社会復帰できないことで、周りに迷惑をかけていることが、プレッシャーになってきている。
(やられた事は強烈に印象に残るから、妻には酷い扱いしか受けてないと記憶してしまっているが、謝ってきた事もあったんだね。 やはり話し合えば理解し合えるのだと思う。)

・落ち着いているが、昼間から部屋のカーテンを閉めて過ごした。
病院で先生と話をしたときに出た、統合失調症の症状の質問を受けてから、
自分が分裂症の傾向が少しあることがわかったので、それが影響しているように思う。
僕の場合、周りが陰口を言っていたり、視線を感じたりすることがある。
なかなか病気が治らないことに焦りが出てきているし、時間が経過するほど、陰口を言われているような気になってくるので、今後の病状に影響があるか心配だ。
(病名が何だろうと、それが統合失調症と偏見のある病気だとしても、構わないじゃないか。 結局はやれる事をやるだけだし、回復しようとする気持ちがあればそれで良いんだと思う。)

・体が重くて、愛犬の朝の散歩に行くことができなかった。
夜になっても体が重かったが、散歩に行かないわけにもいけないので、無理して外に出るようにした。
(犬は朝夕散歩しないといけないから大変だよね。 でも犬は可愛いし、犬が好きなのだから、無理して外に出る事も必要だと思う。 犬に癒されている部分も大きいし、重荷になっている事ばかりではないと考えよう。)

・今日は具合が悪く、首を吊る事や、首の動脈を切るような事を考えてしまった。
一瞬本当に行動する衝動に駆られたが、なんとか考えを押さえ込むことができた。
(たまに本当に行動に出る直前までいってしまうことがあるよね。 でもよく耐えた。 抑え込む事ができたとあるので、必死に病気に抵抗したのだろう。)

・比較的落ち着いて生活することができた。
朝一番に愛犬の散歩に行ったので、その後の時間を有効に使うことができた。
今後も体が動くときは早めに散歩に行くようにしたい。

・楽しみにしていた行事があった一日だったので、病気の事を意識することは無かった。
このような毎日だったら、社会復帰できると思うのだが、最近調子が悪い日があったので、まだ油断はできないと思う。
(楽しい事を考えるのは難しいが、それでも楽しい事をしよう。 楽しい事だけをしよう。 そうする事で家事や仕事も出来るようになっていくと思うよ。)

・死にたいと考えることが無かったが、昼間ねむってしまったし、カーテンを閉めてしまった。
周囲に見られているような気持ちになるのは、まだうつ病が治っていないという事なんだろうと思う。
(視線を感じるのは居場所が無くなって苦しいよね。 辛かったら眠ってしまうといい。 睡眠薬をもらってくる事もありだと思う。)

・今日は少し体が重く、死ぬことも少し考えてしまった。
昼寝はしなかったので良かったが、愛犬の散歩に行くのが遅れてしまった。

・友人宅に行くこともあり、死にたいと思うことは無かった。
(よく外出できたね。 友人宅に行ったら、色々と気疲れするけど、楽しいのも事実。 後日反動が来るだろうけど、それでも外出は続けるべきです。)

・少し死ぬことを考えてしまったし、昼間ねむってしまった。
 自己嫌悪している。
(死ぬ事を考えてしまうのは病気のせい。 眠ってしまう事は体を休める為。 なにを自己嫌悪するのか。 自分は十分に病気と向かい合っている。 逃げてなどいない。)

・昼間ずっと寝ていた。
 包丁を振り回して父を刺す夢を2回見た。
(親父とは色々とあったけど、こういう夢を見るのはどういう事なんだろうね。 )

・病院に行ってきた。
障害者年金をもらうための資料を書いてもらったのだが、確認のために先生が病状を読み上げたときに、
幻聴、幻視がみられ、統合失調症の症状が出ていると書かれていた。
前に病院に来て話を聞いている時も、分裂症という言葉を数回使っていたので、驚きはしなかったが、やはり統合失調症だとわかり、複雑な気持ちになった。
(統合失調症でも良いじゃないか。 年金がおりるならば、金銭を生み出さないといけないプレッシャーは軽くなるし、その分治療に専念できる。 何事もプラス思考で行こう。)

・昼間「死ね」という言葉が頭の中でいっぱいになる。
考えないようにしようとしても、この言葉が頭の中いっぱいになるという事は、やはり統合失調症の症状だということだろう。
パソコンのモニターや携帯に虫がはっているようにざわつく。
(僕の幻視は決まって虫が這っているように見えるんだよね。 見えなくてもザワザワと何かがうごめいているように感じる。 気持ちのいいものではないけれど、痛みや強迫観念は無いから、気にしない事。 自分が病気だと落ち込まない事。)

・少しだが、死ぬ事を考えてしまった。
病院の先生には、死にたくなったら妻に連絡するようにしたほうが良いと言われたが、迷惑をかけたくないので、電話はできないと思う。
(仕事中の妻に死にたいなどと電話できるわけがない。 本当に危なかったら連絡するべきだろうけど、そこまでは危険では無いし、ある程度は自分だけで耐える必要はあると思う。)

・少し死ぬことを考えてしまった。
死ねという言葉が頭の中にあふれ、言葉を消すことができない。

・今日も死ぬことを考えてしまった。
最近毎日死ぬことを考えているので、病気が本当に良くなっているのか自信がなくなってきた。
先生は必ず良くなると言ってくれるが、やはり心配は消えないし、この病気と一生付き合っていく事になるのではないかと考えている。
(ある時から病気はゼロにはならないと割り切ったら気持ちが楽になったよ。 治らなくても今の薬ならば相当弱くはしてくれるから、普通の人のように見える生活を送る事が出来る。 体調には波があって、辛い日も確かにあるけど、死ぬまで毎日苦しみ続けるわけじゃ無いから、割り切ってしまう事も必要かもしれない。)

・統合失調症について調べた。
自分は軽い幻覚と幻聴、周りに悪口を言われているように感じる程度なので、症状は軽い部類に入るらしい。
今飲んでいる薬については調べていないが、おそらく統合失調症の薬も入っているのだと思う。
mixiで統合失調症のコミュニティーを検索すると結構な数がヒットした。
しかし、素人同士が話し合ったりしても限界があると思うので、様子を見るだけで終わりにした。
(病気について珍しく調べたんだね。 軽い部類ならばそれでいいじゃ無いか。 病気の人が集まる場所は、良い事悪い事両方あると思うので、前向きな人が集まっている場所ならば、参加してもいいと思う。 でも大人数が集まる場所は必ず状態の悪い人もいるから、そっちに引っ張られる事も考えられるよ。 慎重に選んで判断しよう。)

・昼間眠ってしまったが、夕方は妻と買い物に出かけることが出来た。
あれこれと商品を見て回るのは楽しいと久々に感じた。
毎日今日のように動けると良いのだが、なかなかそうはいかない。

・落ち着いて生活することができた。
(久々に決まり文句の落ち着いて生活が出てきたような気がするね。 実際久々なのだろう。 こういう日に感謝して、やりたかった事を片付けてしまおう。)

・落ち着いて生活することができた。
外に出ることもでき、調子は良かった。

・朝起きて入浴し、洗濯物を干し、愛犬の散歩に出かけることができた。
先に嫌な事をやってしまうと、気分が楽になる。
動ける日は、なるべく早起きして、やれるところまでやろうと思う。
(後手後手になるとどんどんプレッシャーは大きくなる。 体が動かないならばしょうがないけど、取り掛かりが遅いのが僕の短所なので、この性格は直しておいて損はないと思う。)

・外に出ることは出来たが、人目を避けるように愛犬と川原に向かった。
帰ってきてからも、昼寝をしてしまって、気分も落ち込みがちだった。
(また眠ってしまった事を責めているね。 眠る事は悪い事じゃない。 愛犬もいる事だし、一緒に遊んで気分転換してもらっても良いんじゃないかな。 犬は相手をしてくれるから、癒されれるよ。)

・昼間眠ってしまったし、死ねという言葉が頭の中一杯になった。

・自分が死んだらどうなるかについて考えてしまった。
相変わらず昼間はカーテン、障子をしめてしまった。
(死んだらどうなるか。 考えれば分かるよね。 誰に迷惑がかかりとりかえしのつかない事になるのも分かるよね。 考えてしまうのはしょうがないし、考える必要もあるにはあるけど、いつもそれを考えないようにしよう。)

・比較的落ち着いているが、昼間眠ってしまった。
 夕方からパソコンで作業をしたが、あまり頭が回らなかった。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。