僕とうつ&統失 闘病記 2013.10 病院行かず、昼夜逆転、いいトコ無しの生活 

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・比較的落ち着いているが、ふとした事で落ち込んだりする。
 子供の笑い声が聞こえ、怖くなった。
(幻聴なのか近所のお子様なのか、窓の外を見て確認するくらいやっても良いはず。 耳がいいから外から実際に鳴っている音を拾っている事もあるかもしれない。 もし本当に幻聴だとしても、薬を飲むようにすれば弱める事が出来るから、あまり落ち込まないように。)

・薬が昨日の段階で無くっているのだが、今日病院に行かずに
 PCの作業に没頭した。
 今日は集中力が続き頑張る事ができた。
 毎日こうならば、病院にもすんなりと行けるのだろうけど。
 薬が切れても、特に何も起こらず、普通に生活する事ができた。
 明日は午後からレシピ作りがあるので、午前中に病院に行きたいと思う。
 多分朝、起きれなくて、9時には行けないだろうけど、
 午前中の部には間に合うだろうか?
(薬が無くなっているのに、やる事は結構あるって危険だよね。 早く病院に行ってほしいが、薬を切らせてしまうのがお決まりだし、自分で薬の管理が出来ない性格なのだろうか? 病院に行くとドッと疲れるから気が重いだけなんだろうけど、何か薬を切らせない方法は無いものか?と考えると近くにある病院に変更するという方法が一番現実的かと思う。)

・薬が無くなって2日たったが、今日は体調が良く、集中力が続いた。
 病院には行けなかったが、明日、明後日とで病院が休みとなるので、
 最短でも3日後になってしまう。
 それほど影響は無いと思うが、万が一に備えておこうと思う。

・薬が切れて何日経っただろう?
 薬が切れても何も起こらず、平和な毎日を過ごしている。
 薬なんて必要ないのでは?と思ってしまうが、
 先生は一生薬が必要だと言う。
 本当にそうなのだろうか?
(薬を飲んで体調が安定してくると、薬が無くても行けるんじゃないか?と思うようになるけど、やめるとまた症状が出る。 そう簡単にうつ病は治らないし、統合失調症にいたっては治療法は確立してないく、症状を抑えるという方法しかないのだから薬は必要。)

・病院に行ってきた。
 薬が切れて1週間〜10日は経ってしまっただろうか?
 体調も良かった事もあり、今日こそはと行ってきたのだ。
 先生には、1週間くらい経ってしまいました。
 でも体調は落ち着いています と言う。
 運よく体調が悪くならなかったねと先生。
 薬無くても大丈夫なんじゃないですかね?と僕
 また死にたくなると苦しいでしょ?と先生。
 そうなってから薬を飲んでも、薬が効きだすまでに2週間かかるよ。
 そうなると苦しいでしょ?と先生
 あれは辛いです・・・と僕。
 そうそう、睡眠薬はいらないです。無くても眠れてますので。
 分かりました。
 薬を無くすと言うと話が飛躍しすぎるが、一錠でも減らせないか?
 という地道ながらも確実な方法で前進する話し合いをするべきだったね。
 一切薬を飲まない断薬実験ばかり行ってきたが、
 1錠減らす減薬という方法は試した事がないと、ここに来て気付く。
 その辺りの話を先生とした事が無いので、
 次回言ってみるのも良いのかもしれない。
 薬は睡眠薬が無くなった以外は、変わりなし。
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠
(いつも先生は薬が効き出すまでに2週間かかるという話をするけれど、本当にそんなに時間がかかるのだろうか? もっとすぐに効く薬も有るのではないだろうか? 薬の知識を持つことも必要だと思う。)

・薬の影響なのか、日中の睡魔がすごくて、昼から眠ると
 夕方の愛犬の散歩まで眠ってしまう。
 若干死にたくもなり、寝起きの悪さと相まって、気分は悪い。

・薬をまた飲み始めているが、副作用なのか眠気が強くて、
 日中寝て過ごしてしまう。

・日中眠ってしまう問題は相変わらず。
 集中力も続かず、15分も作業すると横になってしまい、
 1時間寝てしまうような事を繰り返している。
 愛犬を病院に連れて行くこともできないので、
 申し訳ないことをしている。
 その事を責めているのか、死にたくなってしまう。
 衝動的にやってしまう事はないとは思うが、冷静に考えるようにして、
 死なないようにしないといけないとは思っている。
(体調悪いんだよ。 15分しか作業できないのに繰り返して作業を続ける理由は無いはず。 こういう日は休む日と早めに割り切ってしまって、翌日げ元気になっていたら作業をほどほどにやるようにした方が、身体も作業効率もいいはず。 一日を休む日にするかの判断は目が覚めた時点で分かっているはず。 ゆっくり休む日も必要です。)

・少し死にたくなってしまったが、愛犬の病院に行く事もできたし、
 まずまずの一日だったと思う。
 明け方まで起きていて、翌日の昼間に眠るという
 昼夜逆転の生活は直ってない。
(深夜の静かな時間帯は気持ちが楽で、ついつい夜更かししてしまうけど、今は21時に眠るようにして、3時に起きてコーヒーを飲みながらニュースを詠んでのんびり1時間じっくりスタートしていく事をルーティン化しようとしています。 一日が長く使えるような気がするし、3時に体調が悪かったら朝まで追加で眠れば良いし、結構いい生活リズムかと思っている。 色々と自分にあう生活方法を模索するのも楽しいかと思う。 でも無理は禁物。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2008.09 勝手に断薬実験の代償

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・死にたいと思っている。
 ダイエットが成功すれば、年末には元の容姿に戻れるはずだが、
 そうなったら死のうと考えてしまう。
 薬を2か月近く飲んでいない事が原因だと思う。
 明日体が動けば病院に行こうと思う。
(2ヶ月も薬を飲んでいないってヤバイでしょう。 悪化しているのに何故飲まない? 薬を飲むことに抵抗があっても、薬は自分を助けてくれる物。 量を守っていれば自分が楽になれる。)

・平均して落ち込んでる。
 これが日常になってしまうのではないか?という怖さを感じてる。
 こんなはずではない、どうして自分がと未だに考えてしまう。
 まだ同じ事を考えている。何年も。
 自分だけ時間が止まっている感覚。
 周りは日々変化している。
 周りに触発されて、自分も何かを、頑張ってみようとは、とても思えない。
 心も体も雁字搦めになってしまって、もう身動きがとれない。
 深海に閉じ込められているようで、冷たく、暗い。
 ここから抜け出す唯一の方法は「死」ではないのか。
 死は暖かく、安らかで、眩しく感じる。
 そこに辿り着ければ、苦しみから解放される。
 「そこに辿り着ければ・・・」そんなことばかり考えています。
(薬飲みましょう! すぐにです。 辛いのであれば家族にそれを伝えるべきです。)

・病院に行く。
 離婚して扶養が変わるので、保険証を更新している最中で、
 手元に保険証が無いため、扶養になっていることを証明する書類を
 持って行った。
 しかし、保険証の番号とID?という2つの番号が無いために
 無効となってしまった。
 10割負担して保険証ができたら7割返してもらう方法も考えたが、
 返却される期限が今月中だと言われ、
 保険証が今月中に届く保障がないので、10割負担する方法を諦める。
 また近々病院に行くので、それまでに保険証が届くと良いのだが。

・保険証がやっと届く。
 親としては、手間取った保険証を早速使ってほしいだろうし、
 薬を早く飲んでほしいということなんだろう。
 明日病院に行くよね。という無言のプレッシャーがかかる。
 しかし、今月だけで、病院には3回行っていて、明日行ったら4回、
 20日にも行くので5回になる。
 はっきりいって行きたくない。
 明日病院に行くしかないのかもしれない。
 それがストレスになって体が動かないということになりそうな予感がある。

・病院に行く。
 階段を上る足音と庭に車が入ってくる音がすると話た。
 自分は霊感ないんですけどね。と後に冗談を付け足したが、
 先生はまったく笑わず、むしろ怖い表情をしてそれは幻聴だと断言。
 薬は全面変更された。
(今も幻聴はあるけれども、気にしない事です。 自分が責められる系じゃ無い音ならば、気にする事ない。)

・今朝から新しい薬を飲んでいるが、心配された震えの副作用は出ていない。
 震えを抑える薬も一緒に飲んでいるので、
 それが効いてくれているのかもしれない。
 副作用が出なければ良いのだが。

・午前中は死にたいと考えていたが、昼から友人宅に行き、
 バカ話をして死ぬことなど忘れていた。
 積極的に外に出ることによって、気分が落ち込むのを防げる。
 なるべく外出するようにしたい。

・何もする気力が無い。
 夕方になると少し動けるようになって、パスタを作ることができた。
 毎週作ることはできなそうだが、母は次は浅利のパスタがいいと
 言っているし、それがプレッシャーになりつつある。

・原爆資料館に行ったときに、命を軽く扱われると気分が落ち込むと
 書いたのだがそれと普段死にたくなるのは、矛盾しているのではないか?と
 姉からメールが届く。
 自分の考えがまとまらないのと、命は大切にするべきと考えているが、
 死にたくなるときは命の事まで考える余裕は無いと考えると返信した。
 理解してくれただろうか?
(もっと生きたかっただろうにと思う人たちがいるのに対し、
 自分は消えて楽になる事だけを考えている。 矛盾はあるが、
 自分の中ではバランスを保って両立していてる感じがするんだよね。)

(今年最初に別居をする事になり、そのまま離婚となりました。
 離婚が成立したのは夏だったはずです。
 お互い前に進むために離婚をした形ですが、
 妻にされた事、言われた事がゼロになるわけではありません。
 応援したい気持ちと恨みがグルグルしているのが本当のところ。
 去っていった人の事で体調が悪くなるのもバカらしいので、
 早く自分の生活を作る事が優先事項かと思います。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。