道草小噺 今日は洗車会

本日、洗車会が行われます。
天気も洗車には最高の曇り。

皆で自分の車を洗う。
黙々と洗うのです。
あまり無駄話はしません。
じゃぁ一人で洗車しても変わらないじゃんと思われるかもしれないけど、皆でやるのが楽しいのです。
不思議な集まりです。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

道草小噺 洗車セットが捨てられた

去年2018年10月〜12月にかけて僕は入院をしました。
一人暮らしを継続するのも無理だろうということで実家に戻ることになり、その引越は全て家族が行ってくれました。
僕はというと閉鎖病棟に入っていて外泊も許されなかったので、全て家族にお任せするしかありませんでした。
そこで今回の洗車セットの話になるのですが、アパート内に置かれていた物全てを捨てられていた事が判明。

なんで実家に戻ってから7ヶ月も経って気づくのかと言うと、7ヶ月洗車しなかったからですね。
実際には洗車してましたが、ホースを引っ張ってきての水洗いのみでした。
近々友人と洗車会が行われるのですが、そこで洗車に使う洗剤と、ワックス、バケツなどが必要になるわけですね。

それが見当たらないのは水洗いの時点で気づいていましたが、聞くのが怖かったのです。
まさか捨ててはいないだろう。
きっと倉庫に移動されて保管されているだろう。
そんな僅かな希望を持っていたのですが、洗車会が近づいてきたので、父に洗車セットはどうなった?と聞いたのです。
答えはあっさりと捨てたとのこと。

そりゃないよなぁ。
アパートはかなりきれいに使っていたし、そこに洗車セットのバケツの中に洗剤やワックスが入っていて、ゴミには見えないはずです。
捨てる捨てないの判断は現場の家族に任せましたが、洗剤もワックスもまだまだ残っているし、きれいな状態。あれをゴミと判断するとは。

しょうが無いので、今日購入してきます。
洗剤もワックスも結構高いよね。
バケツは100均で良いとして、タオル類も必要だし、痛い出費です。
何であれを捨てたかなぁという気持ちばかりであります。

引っ越しをしてくれたのは感謝しています。
かなり大変な作業だったと聞いていますから、洗車セットの事を強く言えないのですが、何であれを捨てたかなぁ〜

しゃーない、買いますか。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

道草小噺 愛車洗車軽運動

僕は変わった車に乗っているのですが、小さい車なので、洗車はあっという間に終わる。
友人達と洗車会を開いても、僕だけ先に作業が終わってしまう。

縦横も小さいが、高さも無い車なので、脚立を使って天井を洗ったりする必要もない。
その気になればあっという間に綺麗になってしまうのだが、僕は洗車は苦手であまりやらない。
花粉で黄色くなったときはさすがに洗ったりするし、人を乗せることになるときも洗車はするけどね。

お金を出して洗車機にいれると車は傷つくし、手洗いをスタッフにやってもらうと数千円飛ぶ。
そんな事はやっていられない。
自分の車、自分で洗うのが当然だよね。

30分もやったらピカピカになるくらいの作業量のサイズなのだから、マメに洗車すればいいのにやらないんだよね〜
白じゃないから汚れも目立つんだけど、もっと見られている事を意識しないとダメだろうか?

っというわけで洗車してきます。
この季節は気候的にも気持ちがいいから、気分転換&カロリー消費も加わって一石三鳥。
洗車をやらされているんじゃない、気持ちいい環境つくりの一環。
楽しんできます。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

道草小噺 繰り返し嫌、記録の蓄積好き、シンプルがいい

実家に引っ越す際に洗車道具セットも持って帰ってきたけれど、それが見当たらないんだよね。
雪が降ったせいで車🚗がかなり汚くなってしまい洗いたい。
この車放置男が洗いたいというのだから相当なものである。

洗車道具といっても、高価な物は無いのだが、どうやら捨てられてしまったらしい。
捨てて良いか一言聞いてくれても良かっただろうに。

身だしなみや、車の手入れなどに気が回るようになってきたのは嬉しいことだけど、洗車ってやってもやっても終わりがないし、すぐに汚れる。
1年もつコーティングは高いし、常に綺麗にしておくには週イチくらいで洗車しないといけない。
結構大変だよね。
時間も取られるし、洗車している時間も惜しい。
家の庭で洗車すれば良いのだけど、ホースも見当たらないような気が、、、

やってもやっても終わりが無くて、繰り返し続ける事が僕はどうやら嫌いみたいです。
無駄というか、それやらないで良いでしょうという考えになるのです。
花や料理も似たような感覚。
いくら綺麗な花も数日で枯れるし、料理はいくら作っても食べたらなくなるし、常に腹は減るからまた作らないといけないしで、何かが違うような感じがするんだよね。
何かしら行動したら、それが結果としてずっと残る事が好きなのでしょう。

写真や日記などにこだわり、整然と管理しているのは、記録の積み重ねを好むからでしょう。
そう考えると洗車は無駄な事という感覚に近いんだけど、もうコーティングしてもらうしかないよね。
高いからちょっと今は出来ないのだけれどもね。

記録の積み重ねに執着している部分はあるけれど、現物としての物にはあまり執着はない。
身の回りは非常にシンプルだ。
無駄な物はガンガン捨てるし、部屋には最低限の物しか置いていない。
捨てられない人ではない。

無駄な事だと思う事柄が人とちょっとズレてしまっているのは感じているけれど、シンプルでありたいと思って生活しています。
面倒くさがりだと言われれば、そうなのでしょう。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。