僕とうつ病&統失 闘病記 2010.05 1年の空白

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・薬を1月から飲まなくなり、3月からドグマチール50mgを
 一日一錠飲むようになったが、効果が出ている感覚は無い。
 副作用も無いし、先生もとても弱い薬でおまじないのような物だと
 言っていたので、あまり効果は期待できない。
 ただ、強い薬をまた飲みだすのは抵抗があるし、
 この弱い薬でなんとかやっていこうと思う。
(だいぶ日記に病状記述がなくなっていたが、薬をほぼ飲まなくなっているね。 大丈夫だろうか?)

・6月上旬に親友と病院に行くのだが、薬は3日前に切れてしまう。
 一緒に行きたいがために薬が切れてしまうけど大丈夫だから
 一緒に行こうと言ったのだ。
 薬が切れても禁断症状は出ないし、薬は飲まなくても平気だと
 思っているので、問題は無いだろう。
 ただ、念のために、薬を1日半に1錠にすることにして、
 長持ちさせるようにするつもりだ。
(相変わらず薬が切らしてしまう悪い癖は直っていないね。 本当に大丈夫なのだろうか? 薬が切れて病気が表に出てくるようになって薬をもらいに行くというパターンを繰り返しているだけのような気がします。 薬を飲むことに抵抗があるのは分かるけど、薬を飲まないと自分はやっていく事が出来ないという結論に今はなっています。 早く薬の対する認識を変えてくれるといいのだが。)

(1年近く闘病の記録が無く、気づけば2010年の半ば。
 その間何があったのかは分からないが、薬を飲まない方法を
 模索していたようである。
 それは悪い方に転がる事になるはずであるが、
 今後の記述を見守りたいと思う。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2019.03.15 3月の病院にて 不調と減薬の関係が明らかに

昨日は3月の病院の日でした。
が朝目が覚めても体が重いし、眠い。
眠くて重いんだから、横になりたくなってしまいます。
誘惑に負けて7時に起きたのに、目覚ましをかけ直して9時まで寝ました。
コタツで・・・
ダメですね。
2度寝もコタツ寝も。

それで9時に起きてもやっぱり体が重いわけですね。
2時間寝ただけで元気になるわけがないのです。
病院行くのやめようか? 悪の誘惑があります。
自分の心の弱さでもあります。
暗黒面に落ちそうになりますが、ええいと起き上がって病院に行った。

今回から自立支援医療に申し込んだので、病院代が3分の1になります。
でも提示する書類とかちょっとあって、やっぱり苦手意識が出てしまいます。
事務員さんの説明も分かりづらく、説明不足で言っている意味が分からない。
聞き返されるんだから、最初から丁寧に説明してくれれば良いのに。

ここ1月、1月半くらいでしょうか。
図書館から借りた本を読めずにそのまま返し、そのまままた同じ本を借りてくるという事を2回繰り返しているので、それだけ何もしなかった期間があるという事でしょう。
実際ピアノの練習は全く出来ていないし、ほんと何もやっていない。
意欲が無いのです。
身体が重い、謎の眠気、意欲低下。
この辺りを何とかしてもらいたく、今日はそこを中心に先生と話をする事にした。

自分の診察になって、それを説明したら、理由を教えてくれました。
前の病院の時の薬の量と比べると4分の1になっているとの事。
そりゃぁ、毎日しんどいわけだわ。
逆に昨年10月の入院から急激に薬を減らしてよく数ヶ月頑張ったなぁとも言える。
入院中はやる事もないし眠っていれば良かったからあまりしんどくはなかったのだけど、退院して自宅で色々と作業をしていると、身体の不調が目立ってきます。

なぜ薬を減らすのかという理由も教えてくれました。
これまでの薬は意欲も出るが、食欲等も出てしまい太ってしまう事。
その他身体に対する負担が大きいという事。
だそうです。
採血などしましたが、どこか黄色信号の値などあったのかもしれません。
先生の口調には薬は増やしません、戻しませんという強い意志を感じました。

もちろん休職中だからこの処方なのですとも言われた。
仕事をする事になったら、薬は増やすかもしれませんが、とにかく今は休む時なので薬は減らしておきたいという事らしい。

勉強、バイト、仕事もポツポツとやっているし、結構活動する必要があるのだけど、今の薬で頑張らないといけないようです。
起きている事、考える事、責任のある事を任されるなど、そういう時はかなりしんどいです。
身体が(脳が)オーバーヒートしているのが分かるんだよね。
何という処理能力の低下。
このポンコツスペックで色々とやれるんだろうか?

まぁ、休み休み、体調の良い日を利用して上手に付き合っていきましょうねと言ったところかな。

病院代は5000円ほどで収まり本当に3分の1になりました。
すげー
説明は病院も薬局も意味不明で聞き返す2度手間をどちらでもやらされたけど、次回からは上手に立ち回ろうと思います。

統合失調症の薬をお尻に打つのは、今月はそれほど痛くなかった。
打つ場所とか看護師さんによって全然違うし、今日のアルコール消毒を塗る場所が痛い場所だよそこって思っていたのに、意外に痛くなかった。
こっちが力んでいると痛いのかな?
結構痛いからね注射。
なるべく痛くしたくないのだけど、採血くらいの痛さにはどうやってもならない事が分かってきちゃいました。
脂肪しかないように思えるお尻なのに、注射は痛いんだなぁ。

注射の他に処方された錠剤も記しておきます。
ランドセン錠0.5mg 2錠
オランザピン錠2.5mg「トーワ」1錠
これを夕食後に飲むだけ。
どちらも不安を和らげる薬です。

病院は好きになれないよ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2018.12.04 入院44日目 本人も、家族も、友達にも自分の人生を楽しんでほしい

身体は重くはないが、気持ちが滅入ってしまっている。
同級生で看護師の〇〇ちゃんが部屋に来てくれて話をする。
最近部屋にこもりっぱなしだが、体調が悪いのか?という事だったが、その通りだと伝える。
色々とあるだろうが、そのほとんどが病気が原因。 だから自分を責めないようにと言ってくれた。
有難い。
健常者には理解できない事なんだろうけど、気持ちの問題、誰だって頑張っているのだ、死ぬ気になれば何だったできるはず、って言う古い根性論を持っている人が未だに多い。
肺だの肝臓だの、そういう臓器の異常は自分がなった事がなくとも、大変ですねぇ〜って理解したような事を言っているのに対し、頭の中の病気は全く理解されていない。
同じ脳という臓器が異常をきたしていると言うのに。

きっと、根性論を言う人は、22世紀になってもいなくなることはないのだろうけれども、
仕事でもプライベートでも人付き合いをいい加減で良いと思っているようなズボラな人は、精神病になんてならない。
生真面目で頑張ってしまう人、気遣いをする人が病気になる。
育てられた環境の影響はゼロではないだろう。
それで苦悩するご両親もたくさんいる。
でも本人の性格や価値観によるものが大きいと思う。
性格だってある程度遺伝するという事はあるけれど、もしお子さんが病気で苦しんでいても、ご両親は自分を責める必要はないと思います。
ご両親にも、本人にも、自分の人生があり、理解、協力は素晴らしいですが、お互いが重荷になってしまってはいけません。
理解ある人だけで周りを固める事は無理でしょうけど、少しでもそういう考えが広まってくれる事を願います。
 
退院が12月8日(土)に決定した。
先生も部屋にやってきて話をした事なので確実である。
減薬をして調子をみてから退院としたかったようだが、入院費もバカにならないので、通院しながら減薬をしていく事になった。
薬を止めるタイミングは、何かにトライしてみて、それが軌道に乗ったらという事なので、重い。
重いだろそれ(笑)
小さな事でも良いので、何かを始めて様子を見てと言う事だが、小さな事がとてつもなく大きく感じる。
まぁ、何か考えます。
 
母が面会に来てくれたので、8日の10時退院だと決める。
本当に退院なんだなと実感があるような無いような。
紅葉はもう終わってしまっているようである。
それでもやはり外は良い!
元気になれば、もっと人生を楽しめるはず。

ごちゃごちゃ考えて、がんじがらめになって参ってしまうのが僕の性格。
理屈など後から付いてきやがれって事なのかもしれない。
色々と悪い事も考えてしまうけれども、そこを何とかプラスに持っていけるように強くなりたい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。