僕とうつ病&統失 闘病記 2013.10 病院行かず、昼夜逆転、いいトコ無しの生活 

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・比較的落ち着いているが、ふとした事で落ち込んだりする。
 子供の笑い声が聞こえ、怖くなった。
(幻聴なのか近所のお子様なのか、窓の外を見て確認するくらいやっても良いはず。 耳がいいから外から実際に鳴っている音を拾っている事もあるかもしれない。 もし本当に幻聴だとしても、薬を飲むようにすれば弱める事が出来るから、あまり落ち込まないように。)

・薬が昨日の段階で無くっているのだが、今日病院に行かずに
 PCの作業に没頭した。
 今日は集中力が続き頑張る事ができた。
 毎日こうならば、病院にもすんなりと行けるのだろうけど。
 薬が切れても、特に何も起こらず、普通に生活する事ができた。
 明日は午後からレシピ作りがあるので、午前中に病院に行きたいと思う。
 多分朝、起きれなくて、9時には行けないだろうけど、
 午前中の部には間に合うだろうか?
(薬が無くなっているのに、やる事は結構あるって危険だよね。 早く病院に行ってほしいが、薬を切らせてしまうのがお決まりだし、自分で薬の管理が出来ない性格なのだろうか? 病院に行くとドッと疲れるから気が重いだけなんだろうけど、何か薬を切らせない方法は無いものか?と考えると近くにある病院に変更するという方法が一番現実的かと思う。)

・薬が無くなって2日たったが、今日は体調が良く、集中力が続いた。
 病院には行けなかったが、明日、明後日とで病院が休みとなるので、
 最短でも3日後になってしまう。
 それほど影響は無いと思うが、万が一に備えておこうと思う。

・薬が切れて何日経っただろう?
 薬が切れても何も起こらず、平和な毎日を過ごしている。
 薬なんて必要ないのでは?と思ってしまうが、
 先生は一生薬が必要だと言う。
 本当にそうなのだろうか?
(薬を飲んで体調が安定してくると、薬が無くても行けるんじゃないか?と思うようになるけど、やめるとまた症状が出る。 そう簡単にうつ病は治らないし、統合失調症にいたっては治療法は確立してないく、症状を抑えるという方法しかないのだから薬は必要。)

・病院に行ってきた。
 薬が切れて1週間〜10日は経ってしまっただろうか?
 体調も良かった事もあり、今日こそはと行ってきたのだ。
 先生には、1週間くらい経ってしまいました。
 でも体調は落ち着いています と言う。
 運よく体調が悪くならなかったねと先生。
 薬無くても大丈夫なんじゃないですかね?と僕
 また死にたくなると苦しいでしょ?と先生。
 そうなってから薬を飲んでも、薬が効きだすまでに2週間かかるよ。
 そうなると苦しいでしょ?と先生
 あれは辛いです・・・と僕。
 そうそう、睡眠薬はいらないです。無くても眠れてますので。
 分かりました。
 薬を無くすと言うと話が飛躍しすぎるが、一錠でも減らせないか?
 という地道ながらも確実な方法で前進する話し合いをするべきだったね。
 一切薬を飲まない断薬実験ばかり行ってきたが、
 1錠減らす減薬という方法は試した事がないと、ここに来て気付く。
 その辺りの話を先生とした事が無いので、
 次回言ってみるのも良いのかもしれない。
 薬は睡眠薬が無くなった以外は、変わりなし。
  朝:エビリファイ6mg2錠、アーテン2mg1錠
  夕:ジプレキサ10mg2錠
  就寝前:リーマス200mg3錠
(いつも先生は薬が効き出すまでに2週間かかるという話をするけれど、本当にそんなに時間がかかるのだろうか? もっとすぐに効く薬も有るのではないだろうか? 薬の知識を持つことも必要だと思う。)

・薬の影響なのか、日中の睡魔がすごくて、昼から眠ると
 夕方の愛犬の散歩まで眠ってしまう。
 若干死にたくもなり、寝起きの悪さと相まって、気分は悪い。

・薬をまた飲み始めているが、副作用なのか眠気が強くて、
 日中寝て過ごしてしまう。

・日中眠ってしまう問題は相変わらず。
 集中力も続かず、15分も作業すると横になってしまい、
 1時間寝てしまうような事を繰り返している。
 愛犬を病院に連れて行くこともできないので、
 申し訳ないことをしている。
 その事を責めているのか、死にたくなってしまう。
 衝動的にやってしまう事はないとは思うが、冷静に考えるようにして、
 死なないようにしないといけないとは思っている。
(体調悪いんだよ。 15分しか作業できないのに繰り返して作業を続ける理由は無いはず。 こういう日は休む日と早めに割り切ってしまって、翌日げ元気になっていたら作業をほどほどにやるようにした方が、身体も作業効率もいいはず。 一日を休む日にするかの判断は目が覚めた時点で分かっているはず。 ゆっくり休む日も必要です。)

・少し死にたくなってしまったが、愛犬の病院に行く事もできたし、
 まずまずの一日だったと思う。
 明け方まで起きていて、翌日の昼間に眠るという
 昼夜逆転の生活は直ってない。
(深夜の静かな時間帯は気持ちが楽で、ついつい夜更かししてしまうけど、今は21時に眠るようにして、3時に起きてコーヒーを飲みながらニュースを詠んでのんびり1時間じっくりスタートしていく事をルーティン化しようとしています。 一日が長く使えるような気がするし、3時に体調が悪かったら朝まで追加で眠れば良いし、結構いい生活リズムかと思っている。 色々と自分にあう生活方法を模索するのも楽しいかと思う。 でも無理は禁物。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.07 壁を虫がはっている

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・9時から15時まで、眠ってしまった。
 1日中寝てしまっている。
 食事も不規則で、深夜に台所に行って食べ物をあさるのが
 当たり前になってしまっている。
 体重も落とさないといけないのに、夜食や過食を繰り返し、
 自己嫌悪になってしまう。
(夜食も過食も止めらられないのに、やってしまった後は自己嫌悪になるんだよね。 だったら最初からって思うけど、それが我慢できるならば苦労はない。 夜食に関しては、寝てしまうこと。これに限る。)

・早起きは出来たのだが、その後二度寝してしまった。
 午後からのレシピ作り以降は、伯父が来てくれた事もあり、
 昼寝をする暇が無くそのまま深夜まで一睡もせずに過ごす。
 夕方にはPCでの作業もこなす事ができ、集中力が続いた1日だった。
 二度寝をしないようにできれば、完璧な過ごし方になるのだが・・・
 頑張るしかない。
(深夜まで作業をせずに早寝早起きを心がけよう。 規則正しく生活するだけで体調が良くなるものかと思っていたけれども、今になってみるとそうすると身体が軽くなる事を実感している。 早く眠ること。)

・体が重くて、読書などを続ける事ができない。
 14時からのレシピ作りも気が重かったが、
 作業を進めるうちに体は軽くなり、夕方には感じていた重さも消えた。
 夕方になると体が軽くなるというのは、うつ病の典型的な症状なので、
 病気はまだまだ僕の中にあるのだろう。
 夜は睡眠薬が無くても眠る事ができるので、助かっている。
 睡眠薬は所持していた方が良いかを、次回病院で聞いてみようと思う。

・最近の睡眠時間は3時間と短く、その短さを補う形で、
 日中寝オチしてしまう。
 夜の寝る時間を増やせば解決してしまいそうだが、
 どうしても3時間ほどで目が覚めてしまい、その後眠れなくなる。
 やはり睡眠薬が必要なのだろうか?
(深く眠れない事にも睡眠薬は有効だから、最初から飲んで眠るようにした方がいいかと思う。)

・病院に行ってきた。
 死にたくなる事は無くなったが、
 部屋の壁を虫がはっているように見えると伝える。
 それと、睡眠薬を飲まなくても眠れるのだが、
 2時間くらいで目が覚めてしまって、その後眠れないと伝える。
 この場合睡眠薬を飲んで寝たほうが良いのか?と質問すると、
 飲んで目が覚めないようになった方が良いだろうと解答をもらった。
 薬は少し変更され
  朝夕:エビリファイ5mg2錠、アキネトン1mg、セレネース3mg
  就寝前:リーマス200mg3錠、ベゲタミンB、ハルシオン0.25mg
(壁が見えないほどの大量の虫がはっているように見えるが、幻視だよね。 こんな部屋にいたら心が休まるわけもないが、どこに行っても見えるんだろうから逃げ場は無い。 薬があまり変わっていないけど先生は何を考えているのだろう? この処方で幻視が消えてくれるといいのだが。)

・体が重くて、日中座っている事もできない。
 15分も座っていると体が重くなってしまい、
 横にならないといられなくなってしまう。
 横になると眠ってしまうので、日中何もする事ができない。
 薬が変わる前からこのようになっていたので、
 薬の副作用だとは考えにくい。
 原因は何なのか?
(身体が重いのは今も変わらず残っています。 鬱なのか統合失調症なのか分からないけど、起きていられないよね。 無理して起きていると辛いだけなので、その時は横になって休もう。 サボっているわけでも怠けているわけでもなく、自分から休んでいるのだと割り切って自分を責めないようにしよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.02 通院が苦痛、統失闘病へと

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・今日は気持ちが落ち着いている。
 薬があまり無い事を考えると気分が落ち込むが、
 そろそろ行かないといけないだろう。
 死ぬ事を考える事も無く、薬の事以外が安定している。
 明日は姪甥が午前中から遊びに来るらしい。
 気合を入れて起きないといけないだろう。
(姪甥が来ると気持ちが乱されるので、相手をする事ができず部屋に籠もる事になりがちだけど、叔父としては相手をしてやりたいとは思っている。 子供の相手も大変だが、姉の子育ての話を延々されるのもまいってしまう。 子供というのはそれほど大きな存在なのだろうか? 何時間でもその話題だけを話さないといけないことなのだろうか? 自分にゆとりが無いから正直しんどいよね。 自分はそうなれないわけだし。 辛かったら部屋から出なくてもいいと思う。 自分の体調最優先でいい。)

・薬が無くなってきて、焦りが出てきた。
 あと4日分薬が残っているので、無くなる前に病院に行きたいと思う。
 厳しいかな。
(毎月お約束の病院行かないといけない葛藤。 もう病院近くのところに変更でいいんじゃないかな? 多少腕は落ちるだろうけど、病院に行く日はかなりの負担になっているから。 もっと臨機応変に対応していったら楽になれるのに。)

・薬が明日1日で切れてしまう。
 今日は雪が降ったので、外出は控えていた。
 愛犬が本調子でない為、あまり外出はしたくない。
 また薬を切らせると手が震えたり、死にたくなったりするので、
 なるべく早くに行くようにしたい。

・薬が切れてしまい、昨晩から睡眠薬が無い。
 横になっても1時間ほど眠れず、眠れても、すぐに目が覚めてしまう。
 今日も日中寝てしまったので、今夜も眠れないだろう。
(ずっと天井を見ているのは辛いから、いっそ電気をつけてストレッチでもしたらどうだろう? 身体が少し疲れて温まったら眠れるかもしれない。 何かをしなければと考える癖があるから、もっと柔軟に。もっと楽に。)

・薬が切れているが、体調は安定している。
 夜になって左手が震えるが、それ以外は問題無い。
(左手の不調は今も続いています。 原因は分からない。 気にすること無いよ。)

・身体が重くて愛犬の病院に行けないと思っていたのだが、
 午後になってなんとかなりそうだと思い、風呂に入る。
 病院に連れて行くと、日曜なので午前中で終わりですと言われる。
 明日は病院休みだと言う。
 明日は自分の病院に行けたら良いのだが、明日目が覚めてみないと、
 行けるかどうかは分からない。
(やっと動いたらコレだからね。下調べをして省エネで行きましょう。 浮いた時間は身体を休ませてあげよう。)

・体が重くて愛犬の散歩の行ったのは午後に入ってから。
 薬が切れて何日も経ってしまっているので、今日こそはと車を走らせる。
 病院に着いて愕然。
 今日は休診日だったのだ。
 どっと疲れてしまった。
 明日は愛犬の病院に行かないといけないし、
 自分の病院に行くのは厳しいかもしれない。
(病院まで時間がかかる場所なのに閉まっている時のショックはすごいよね(笑) 貴重な動ける日、何か美味しい物でも買って帰ってきたらいいよ。)

・愛犬の病院に行ってきた。
 夜に雪なるらしいので、念のため今日は僕の病院に行くのはやめにした。
 母が帰ってきてその事を言うと早くに行くんだよ とキツイ言い方。
 同じ事をまた言ってきたので、行けたら行ってるんだよと
 コチラもキツイ言い方をすると、あっそ と母。
 その軽い発言と態度に頭にきた。
 もっと配慮が欲しい。
(母なりにアドバイスをしているつもりなんだろうけど、ちょっとした言い方、ニュアンスに過敏になっているので、親とは話をしたくない。 でもそれじゃぁ本当に引きこもりになってしまう。 言いたい事は何でもどなってでも伝えたほうがいい。)

・病院に行ってきた。
 先生に僕の病名は
 統合失調感情障害なのですか?
 統合失調気分障害なのですか?と聞くと、どちらとも言うと先生。
 統合失調症と躁うつ病が合わさったような物だよと言われる。
 躁状態にはならないが、気分の浮き沈みが激しく、妄想癖もある、
 幻覚幻聴もあるしと先生。
 薬はいつもの物と変わりなし。
  朝:セレネース3mg、アキネトン1mg
  夕:セレネース3mg、アキネトン1mg
  就寝前:リーマス200mg、ジプレキサ10mg、ハルシオン0.25mg
(いよいよ統合失調症と向き合って闘病していかないといけないようになってきたね。 今ではいい薬が出てきていて、幻視幻聴はだいぶ落ち着いているよ。 そちらの今は辛いだけかもしれないけど、未来では穏やかに生活出来ているから、何も不安に思うことも無いよ。 医学の進歩に期待してみよう。)

・薬を1週間切らせてしまい、体調が悪くなってしまった。
 薬を飲むようになったは良いが、効きだすまでに
 2週間はかかるだろうから、まだ先は長い。

・今日も日中コタツで横になって過ごしてしまった。
 体が重く、起きていられない。
 横になりながら、死にたいと久々に考えてしまう。
 薬を切らせてしまったので、このまま薬を飲み続けても、
 あと1週間は薬の効果が出てこない。
 それまで死なないように頑張らないと。
(副作用は飲んだ途端に出るのに、薬の効果が出るまでに2週間かかるって本当なのだろうか? そんなのんびりした薬よりも頓服みたいな速攻で楽にしてくれる薬もあるはず。 ODだってした事ないんだし、強い薬を処方してくれてもいいと思うよね。 今の病気はうつ病なのか統合失調症なのか?両方なんだろうけど、色々と症状が出て辛いよね。 難しく考えないで身体と頭を休ませてあげよう。)

・今日も体が重く、愛犬のドッグフード、オムツ、ウェットティッシュを
 買いに行く事ができなかった。
 フードもティッシュも残りわずかなので、
 明日こそは買いに行きたいと思う。

・今日は体調が良く、愛犬関連の物を買いに行く事ができた。
 セブンイレブンにも立ち寄り、おやつも買う事ができた。
 やらないといけないリストはとりあえずスッキリ。
 自分の薬があと2週間ちょっとなので、今度は薬を切らせないように
 病院に行こうと思っている。
 日中眠ってしまう問題は解決せず。
 愛犬を深夜のトイレに連れて行くために、深夜2時3時頃まで
 起きているので、朝起きる時間がずれ込んでしまう。
 朝9時に携帯のアラームが鳴るが、それで起きられないから困ったものだ。
(餌で釣る作戦は食いしん坊の僕には都合がいい方法。 でも一気に過食してしまうから、コンビニとは上手に付き合っていったらいいよ。)

・TSUTAYAにDVDを借りに行こうと思ったが、体が重くて動けない。
 14時になり、15時になり、時間ばかりが過ぎてしまうが、
 外出を諦めて、コタツで眠る事にした。
 外出できたら御褒美にコンビニのスイーツを食べても良いという事にしているが、餌で釣っても動けない。
 ほんと、ダメ人間だと思う。

・TSUTAYAにDVDを借りに行く事ができた。
 帰宅してからはDVDを見て、昼寝する事も無かった。
 セブンイレブンで買った、菓子パンを全部食べてしまった。
 しかし、時間の使い方で考えれば、上出来な1日だったと思う。
(コンビニに寄るのはいいのだけど、大量に買ってしまうことはやめよう。 ちょっとだけ買って、また食べたくなったら、翌日また外出する理由にすればいいんだし。 菓子パンやチョコの過食は糖尿になっちゃうよ。 闘病も考える必要があるけど、それとは違う病気の予防も考えるようにしないといけないよ。)

・今日もTAUTAYAに行く事ができ、昼間眠る事もほぼ無かった。
 しかし、今日もセブンイレブンに寄って、菓子パンを大量に買い込み、
 それを1日で食べてしまう。
 食べる事で死にたい気持ちや落ち込む事を誤魔化す事ができるのだろう。
 体重が増えてしまっているので、
 コンビニには寄らないようにしなければならない。
(コンビニに行くことを理由に外出するのはいいことだと思う。 大量に買い込まない。 少量を買って、後日また外出する動機にしたほうが健康的。 自分をコントロールするのは難しいことだけど、上手く操縦しよう。 自分の体、きっと出来るはず。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2013.01 統合失調症について調べはじめる

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・就寝前に飲む薬が無くなってしまった。
 朝夕飲む薬と、睡眠薬が3日分残った。
 同じ量を飲んできたつもりが、どうして薬の減り方に違いが出たのか?
 明日の日曜、明後日の月曜のどちらかに病院に行くようにしたい。
(記憶がオカシイ事は良くある事です。 できるだけきちんと薬を管理するように気をつけよう。 薬を決まった時間、量を守る事が安定した生活をする基本になるので、キチンと管理しよう。)

・薬を切らしてしまい、きちんと飲んでいない事も影響しているのか、
 今日は体調が悪く、死ぬことを考えてすごした。
 死んではいけないと考える事ができたので重症ではないのだが、
 死にたくなるというのは、やはり辛い。
 苦しくて、それが何時間も続くような感じがして、
 横になってただただ苦しんでいた。
 明日こそは病院に行くようにしたい。
(死にたくて苦しい事と、病院に行く事の億劫さを比べたら病院に行く事を選ぶよね? 頑張って病院には行こう。 近くの病院に変える事も必要かもしれない。)

・病院に行ってきた。
 薬が切れて数日。
 左手の震えが止まらず気持ち悪かったので、
 早めに病院には行きたかった。
 しかし身体が重くて動けず、ズルズルと何日も経ってしまった。
 11月に書いてくれた診断書の病名の欄に
 「統合失調気分障害」と書かれていた事について一番に聞いた。
 この病名で間違いないのか?と聞くと、間違いないと先生。
 妄想性うつ病とも言うらしい。
 幻覚、幻聴が現れているし、この病名で間違いないらしい。
 この病気は治りますか?と聞くと、治らないとキッパリ。
 薬を飲んでさえいれば普通の人と同じように生活できるからと
 慰めてくれたが、ショックは大きい。
 一生薬が必要で、一生通院が必要で、一生理解されない。
 これはショックだった。
 身体に必要なビタミンが作れなくて、
 薬で補うと考えるようにしなさいと言われる。
 薬を飲んでいれば問題が無いので、プラスに考えろという事なのだろう。
 帰宅しても、両親にこの話をする事ができなかった。
 遠慮などせずに言えれば良いのだろうが、なかなかそうはいかない。
 自室に戻って、ネットで統合失調気分障害について調べたが、
 いまいち理解できない。
 妄想、幻覚、幻聴などから自分と症状が重なるが、
 躁状態になるなど違いも見られる。
 もう少し時間をかけて調べるようにしようと思う。
 とりあえず、落ち込まない。
 これを頭に浮かべつつ寝ようと思う。
 薬に変更は無し。
  朝食後:セレネース3mg、アキネトン1mg
  夕食後:セレネース3mg、アキネトン1mg
  就寝前:リーマス200mg、ジプレキサ10mg、ハルシオン0.25mg
(統合失調症だと言うことは両親には話せないよね。 うつ病は心の風邪だとか言われる事があるけれども、統合失調症は今の所不治の病だから。 精神分裂病と呼ばれていた事もあり、イメージも良くない。 統合失調症だという事は伏せて生活していかないといけないかもしれない。 でもとりあえずは幻視、幻聴をおとなしくさせる為に薬をそれように処方してもらい、きちんと飲むことが大切なんだろう。 結局、きちんと薬を飲むことが自分が救われる方法なのだと言うこと。)

・昨日病院に行き、薬をもらってきたので、
 今晩からまた薬を飲む事にした。
 左手の震えはまだ治まっていないのだが、
 薬を飲む事で治ってくれる事を願う。
 先生が言うには、手の震えは薬を飲んでいないからだと。
 薬を飲んですぐに震えが治まるとは思わない方が良いだろう。
 期待するとカウンターを食らうから。

・手の震えが治まった。
 朝食&夕食後に飲む薬を飲んでいても、震えは止まらなかったが、
 就寝前に飲む薬を飲んだら、震えが止まった。
 やはり薬が無いと、僕は上手く生活できないようだ。
 先生の言う通りである。
 病院で病気が治らないと言われショックだったが、
 今日はそんな事を思い出すことも無く、安定していた。
 これも薬をちゃんと飲んでいるからなのだろうか?
 この好調が1日でも長く続くように願う。

・薬もきちんと飲めているし、副作用も無い。
 薬の力を改めて実感している。
 なるべく薬は切らさないようにしようと思う。
 車検の時期になっているが電話する事ができない。
 残り2週間で車検を終了しなければならず、
 明日にでも電話しないといけないが、電話できるだろうか?
 時間は残されていないので、電話しないといけないだろう。

・統合失調感情障害について調べるが、意味が分からない。
 どういう時にこの病名がつくのかも分からないし、
 この病気の説明も良く分からない。
 ○○型と○○型が一定期間症状として出た時にこの病名がつく
 と言った書き方ばかり。
 自分には理解できそうもないので、次回病院に行った時に
 先生に聞いてみようと思う。
(統合失調症はまだ全てが解明されていない病。 説明も場所によって一致してなかったりとまだまだこれからの病なんだろう。 軽く調べたらそれ以上は調べないほうがいいかもしれない。落ち込むだけだから。)

・15時、16時ごろまで寝てしまい、
 愛犬の散歩に行くという生活になってしまっている。
 愛犬の散歩はこの1回だけになっていて、可哀想だとは思うのだが、
 身体が動かない。
 今日は1時間早い15時に起きることができ、シャワーを浴びる事もできた。
 しかし、朝8時〜9時には起きて、朝の散歩に連れて行かないといけない。
 どうしてこういう生活リズムになってしまったのかは
 自分でも分からないが、飲んでいる睡眠薬が
 効きすぎているような気がする。
 睡眠薬は飲まないと明け方まで眠れなくて苦しいので、
 飲まないわけにはいかない。
 今飲んでいる睡眠薬よりも弱い薬にしてもらった方が
 良いのかもしれないが、効かない物を飲む事になりそうな気もする。
 そもそも、睡眠薬が12時間後にも効いていて、
 翌日の昼間も寝続けてしまうという話は聞いた事が無い。
 睡眠薬が原因と考えるのは間違っているのかもしれない。
(日中眠ってしまうのは睡眠薬のせいではなく、脳が疲れてしまっているか、他の薬の副作用?だと思う。 どう頑張っても起きていられないほどの怠さ眠気なので、起きていられない事で責めないで、頭を休ませてあげることを考えよう。 眠かったら寝たらいいねん。真剣に休む。これも大切。)

・若干気持ちが落ち込み、身体が重くてコタツで横になると、
 天井を見ながら自殺する事が頭に浮かんできてしまう。

・今日は死にたくならなかった。
 車検が終わり車を取りに行くと、引退している親父さんが、
 僕の仕事を聞いてきた。
 今無職だと伝えても空気が読めないのか、仕事の話をやめる事なく
 ひたすら仕事の話を続けられた。
 向こうは、世間話のつもりなのだろうが、僕には辛い内容。
 3年後、また同じ事を聞かれるだろうが、その時は仕事をしていたい。
 無職だという負い目を感じる事もこれが最後になると願いたい。
(田舎の人あるあるで、仕事何やってる?だの、どこに住んでいる?だの
 結婚はしたのか?だの、聞くことが会話だと思っている人が多すぎる。
 営業トークとしては赤点だが、こういう人が多いのは田舎に済む限り耐えないといけないのかもしれない。 3年に1度の事だと思って割り切ろう。)

・あぜ道通信のコメントの返信を、意識して遅らせようと思う。
 コメントが書き込まれると、メールが届いて教えてくれるが、
 今までは、それがあるとすぐに返信を書いていた。
 でもそれをやっていると、コメントが気になって何も手に付かない。
 1日中パソコンの前にいるようになり、コメントは来てないか、
 スパムコメントになってしまってないか、
 チェックし続けている自分がいる。
 SNS依存などが叫ばれる中、
 自分も半分ブログに依存していたなと気付いたのだ。
 自分の居場所は、パソコンの前ではないはず。
 もっと外に出ないといけないと思うし、
 家の中に居ても他の事に時間を使いたい。
 コメントに返信を書くのは、1日の終わり頃にしようと思う。
 スパムコメントにされた書き込みを正しく表示させる作業も
 この時間に行う。
 必ず返信を書くというやり方に変更は無い。
 時間の使い方を考え直す際、色々と面白い出来事が起こると良いのだが。
 外出が増えて、面白いネタに出くわす確率も増えるだろうし。
(今はそんなにSNS依存はしていないと思う。 ただ良い物を届けようとおいう気持ちは強くなっているけど、一日中畦道に関わっているわけじゃない。 外出はしていないけど、インドアなりに色々な事をやっているつもり。 いいバランス感だと思う。)

・何となく気分が落ち込む1日で、少しだけ死ぬことを考えてしまった。
 考えてしまうのは止められないので、
 実行に移さなければ良いのだと言い聞かせる。
 恐らく一生こんな感じで、死が身近にあるような生き方を
 するのだと思う。
 薬を飲んでいても、こうして症状が出てしまうのは
 仕方が無い事なのだろう。
 有る程度は諦め、有る程度は開き直り、生きていくしかないのだろう。
(酷な事だけど、諦めてしまったら色々と楽になれる。 人と比べる、一般常識と比べる、出来ていたことを望む、それらを諦める。 自分だけの価値観で生きていく事で、幸せを感じることすらできるようになる。 力を抜くこと、穏やかに生きられる方法を探すこと、自分を持つこと。)

・今日も身体が重く、14時に携帯のタイマーが鳴るまでコタツで寝ていた。
 愛犬の散歩も15時近くまで行ってやれず、悪い飼い主だと反省する。
 しかし思い切って起き上がり、入浴する事にした。
 前倒し前倒しで行動したので、時間に余裕ができた。
 前倒しの行動はとても良いことだと思う。
 こういう先例があると、
 今後も早く行動に出るようにできるような気がする。
 薬があと9日分しかない。
 ODしたのか?と思ってしまうほど薬の減りが早いような気がする。
 愛犬の病院にも行かないといけないし、自分の病院もあるし、忙しい。
 病院も早め早めに行けるようにしたい。
(朝イチにコーヒーを飲んでストレッチをすると、朝から動けるような気がする。 色々と自分の身体を実験してみて、試してみるのも面白いかもしれない。 あまり原因や復帰方法を模索してしまうけれども、程々にしてリラックスして生活しよう。)

・薬があと8日分しかない。
 今度は薬が切れる前に病院に行く事ができるだろうか?
 土日月のどれかに行かないといけないだろうが、身体は動くだろうか?
 愛犬も病院に行かないといけないし、やる事が増えてきてしまっている。
 何とか外出できるように頑張ろうと思う。

・落ち着いて生活する事ができた。
 しかし夕方まで寝ていて、何もしないというのは、自己嫌悪にになる。
 朝8時に目覚ましが鳴るようにしても、
 アラームを止めて二度寝してしまうので、意味が無い。
 もっと強い精神で病気に向き合わないといけないのだろう。
(アラームは無意識に止めてはいない。 動けなそうだから続きの眠りに入る。 起きられなかったと自分を責めるのだから、はじめから目覚ましをかけないようにした方がいいかもしれないよ。 自分を追い込むことは排除していったほうが心が休まる。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2012.12 魔の炬燵、飼い主失格、停滞(低態)

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・今日はおやつを食べてしまった。
 過食というわけではないけれど、食べる事で
 ストレスや不安を発散するような感覚はある。
 ダイエットで好きな物を食べずに我慢している事が
 病気にどう影響するのだろうか?
 あと5kg痩せたいけど、本当に大丈夫だろうか?
(この当時体重は何kgだったのだろう? 何kgを目指していたのだろう?
容姿がひどく衰えているように感じることがある病気だけど、あまり体重に固執することもないように思う。 健康的な体型になることで前向きに生活できたり外出できたりするならば、痩せることも良いのだけど、自分は太ってしまっているから、とマイナスになることもないと思う。 おやつもゼロのするのではなく、少しだけ食べる事も息抜きになるよ。)

・コタツで長時間寝てしまった。
 愛犬の散歩に行く時間も遅れがちで可哀想になってくるが、
 そう思ってもコタツから出る事ができない。
 身体が重い所に、コタツの暖かさが加わり、
 いよいよコタツから出る事が困難になってきている。
(愛犬はトイレを我慢していて、早く散歩に行きたいと思うが、分かっていても散歩に連れ出すことができないよね。 両親に散歩を頼むことは考えなかったのだろうか? 体が辛いときは助けてもらうことも考えるようにしよう。)

・1日中横になって過ごしてしまう。
 起きていても寒いし、すぐにコタツに潜ってしまう。
 エアコンが壊れているのか?あまり暖かくならないし、
 勝手に止まってしまうので、とても寒い。
 家の中でコートを着ないといけないような感じである。
(このエアコン暖かくならないんだよね。 コタツは本当に自分を駄目にしているというのはこの頃から変わっていない考えだけど、横になってしまうことの原因は病気だと思うし、怠けているわけではないはず。怠けていたら自分を責めたりはしない。)

・死にたくなる事は、ほとんど無い。
 今の薬との相性が良いのだろう。
 弟の事を一人考えるが、後を追いたいとは思わない。
 弟は自分の選択をして、僕は僕のやり方で生きる。
 そのような考え方になっている。
(自分は自分であり、好きなように生きる。 一見ワガママなようだが、突き詰めるとそういう事になるのだと思う。)

・愛犬の散歩も億劫になることなく行く事ができた。
 今日はトシ・ヨロイヅカに電話をかけないといけないし、
 降り込みをしに外出しないといけないと、前日から身構えた事が大きい。
 ガソリンスタンドに行く事はできなかったが、
 次回病院に行った時ガソリンは入れようと思う。
(正月にトシ・ヨロイヅカで行われるデザートライブに参加するのがお決まりになっていた時期だよね。 また行きたいけど、厳しいのかな。 電話が怖いのは相変わらずで、これはもう直らないかもしれない。)

・1日中コタツで寝てしまって、罪悪感を感じる。
 朝食を2回食べてしまう事も、同様に罪悪感を感じる。
 どうしたら寝ないで済むのか? 食べないで済むのか 分からない。
(食事は過食にならない程度、糖尿にならない内容が基本だと思うけど、眠ってしまうことは悪いことじゃないと思う。 脳が眠るように指示を出しているわけで、疲れていたり薬で休むようにしているのだと思う。 治療が今の大前提であって、バリバリ動くことが目的ではないはず。 まずは病気を軽くする事。 動いて何かをしようとするのはもっともっと先のこと。 焦ることはない。 一歩ずつ回復していけば良いのだと思うよ。)

・9時から16時半まで、コタツで寝てしまった。
 夕方の愛犬の散歩も、身体が重くて外出する事ができない。
 トイレに行きたいだろうけど、僕がゴロゴロしているので可哀想。
 飼い主失格だと思う。
(愛犬は目の中に入れても痛くない程というが、それくらい可愛いよね。 でも散歩に行ってトイレを済まさせてやったり、楽しみにしている散歩に連れて行ってれない事で自分を責めてしまう。それは分かるんだけど、病気なんだから普通の人と同じように動こうとしないこと。 室内にトイレを置いてやってトイレに行けるようにする事もありだし、方法は色々あるはず。 自分を責めてしまうのならば、何か別の方法を考える。 駄目だったらまた他の事を考える。 何かしら行動しよう。 愛犬のためならば少しくらい考えたり動いたり出来るはず。)

・薬が効いていて、死にたくなる事は無いのだが、
 日中コタツで横になり天井を見たり壁を見たりしながら、
 自分が何もしていない事を考えて落ち込む。
 特に父と母が60歳を過ぎて働いているのに対し、
 自分は9年間も何もしていないという事実が重くのしかかる。
 自分が今できる事を精一杯やるだけ という答えは出ているのだが、
 それでもやはり両親の事を考えてしまう。
 死にたい事辛いのだが、それ以外の事で自分を責めるのもまた辛い。
(現在は死にたくて苦しいという事よりも、家族に迷惑をかけている事の方が辛いです。 じゃぁ恩返しをすればいいじゃないかと思っても、身体はおもったように動いてくれないし、身体を休める事しかできていません。 あまり動こう動こうと頑張ると悪化するし、反動も来るので、程々に家事を手伝ったりできると良いね。 「今日は体調が良いから少し手伝うよ」などと言葉にすると家族も状態を分かってくれると思う。)

・日中ずっと寝てしまって、パソコン間でデータをやり取りする方法を
 試す事ができなかった。
 やる事があると身体が重くなってしまい、コタツで横になってしまう。
 風呂に入らないといけないのだがそれもできず、
 洗面所で髪を洗うだけに終わってしまった。
(汚いかもしれないけど、風呂問題はあるよね。 起き上がって軽々と動けるならば風呂だって入っている。という事だよね。 誰に会うわけじゃないし、外出もしないから、風呂に入らない事になりがちだよね。 でも自分を汚いとかダメ人間だと思ってはいけない。病気なのだから。 髪を洗っただけでも頑張ったじゃん。 変な考え方かもしれないけど、体調の良い日や人と会う時に風呂に入ればそれで良いのだと思うよ。 元気になってきたら毎日入ればいいじゃないか。)

・集中力が続かずパソコンの設定が出来ない。
 午後にやろう、夕食後にやろう、深夜やろう、明日にしよう
 という繰り返しで、4〜5日経過してしまった。
 すぐに横になってしまい、横になると1時間は起きない。
 そのまま眠ってしまう事もあったりと、グウタラしてばかりである。
 寝る前になると明日こそはやろうと思うのだが、
 翌日になってみるとまた横になったまま1日が終わってしまう。
(何かやらないといけない日は、1時間おきとかにまだできない、次の1時間でやろうなどとは考えないで、夕方に駄目だったら明日できたらいいなくらいの軽い考えに切り替えたほうが負担にならないよ。 まだできないと考え続ける事は脳に良くないと思う。 今日は無理そうだから休むことにしようと早めに決めてしまえば、その日は穏やかに過ごすことができる。 期日が決まっているならば、1週間前くらいから体調を見ながら作業をしていき、もう間に合わないならば家族に相談する。 楽できる方向へ方向へと考えるように頑張ってみよう。 頑張って楽する。 それは逃げてないし、ずるくもない。)

・日中横になって、死ぬことを考える。
 どう死ぬか、いつ死ぬか、何処で死ぬか。よりも、
 第一発見者になってしまう父と母の心配の方が頭を占める。
 僕の遺体はまた警察の検死室に運ばれるのだろうから、
 またあの場所に両親を行かせるのは、あまりにも可哀想。
 弟が死ぬまでは自分の事ばかり考えていたが、
 今は遺族の事を考えるようになった。
 自殺=苦しみから解放される という考えだった時期は、
 死が希望のように思えた。
 今は死にたいと思っても死ねないので、苦しい。
(あの検死室に両親を2度と行かせてはならない。 僕が死んだら家族は終わる。 それは間違いない。 今でも色々と考えが迷走しているけれども、なんとか生きているし、何も考えないで生きている人よりよっぽど真面目に生きることを考えていると思う。 苦しいけど、逃げたくもなるけど、結果逃げてはいないと思う。 誰かに認めてもらおうなどと考えず、自分の中で納得が出来ていれば、胸を張って生きていけるはず。 今はそう考えています。)

・今日も横になって過ごしてしまった。
 夕方に伯父が来たので1階に降りたが、伯父が来ていなかったら
 さらにコタツで横になっていただろう。
 愛犬の散歩も遅れに遅れ、真っ暗になってから出かける始末。
 愛犬には申し訳ない。
 薬をきちんと飲んでいるのに動けないというのは、
 一体どういう事なのだろう?
 死にたくはなってないから、そっちの方に効いている薬なのか。
(死にたくならない薬を処方されているからです。 横になる事はしょうがないと割り切って処方されていると思う。 だから横になっても問題ないし、死なないことが一番大切な事であって、生きてさえいれば後はどうだって良いじゃないかとさえ思う。 一気に頑張ろうとしすぎだと思う。 もっと目の前の事を考えよう。 例えば決まった時間に寝起きする。とか愛犬との時間をもっと作るとか、小さいことかもしれないけど、出来ない一気に動くことが出来ない出来ないと責めているよりも、小さな達成感、生活リズムを作ることの方が正しいような気がする。 焦らない!)

・薬があと5日分しか無い。
 12月の病院がやっている日をチェックし忘れたので、
 行ってみて病院が休みだったというケースを恐れて、病院に行けない。
 電話1本かければ確認できる事なのだが、電話が怖くてかけられない。
 薬が切れるのはしょうがないと思って、年が明けたら行くようにしたい。
(家族に病院のやっている日を電話してもらう事でも良かったかもね。 薬を切らしてしまうよりははるかに良いし、電話一本書けるくらい家族だって負担にならないでしょう。 電話1本で薬を切らせないならばお安い御用だと思ってくれるはず。 恐ろしい電話に怯えて何時間も過ごすならば、家族をに助けてもらおう。)

・栗金団作りを手伝ったは良いが、手の震えが止まらなかった。
 薩摩芋をマッシャーで潰す事で手が疲れただけかもしれないが、
 何か注意されないか緊張しながら手伝っていたので、
 その恐怖心から震えていたようにも思える。
 栗金団作りが終わって、しばらくしたら震えは治まった。
(家族でワイワイお節を作っているはずなのに、緊張しながら手伝っているのが普通じゃないよね。 今年はちょっと休ませてもらうと言っても良かったかもしれないね。 手が震えてしまうってよっぽどの事だよ。 もっと楽できるように色々と考えを巡らせてみる習慣をつけられると良いね。 考えられないならば、家族に現状を話すだけでも良い。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。