僕とうつ&統失 闘病記 2011.07 どうしても眠ってしまう事の良し悪し

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・姉が来て母と自殺をした人の話をしていた。
 事故や殺人で亡くなった人よりも、弟は自分の意思で死んだのだから、
 まだ遺族は気持ちが救われると話していた。
 僕が死んだとしても同じ事を言ってくれるだろうか?
 死ねるならすぐにでも死にたい気持ちは、今も変わっていない。
 パク・ヨンハの自殺の話も出たが、遺書が残ってなかったと話していた。
 遺書を残さず自殺してもいいのかもなと考えてしまった。
(自殺した人の話をするのは、お互いの傷を労っているから。 死んで良いというわけではないよ。 遺書は書いたほうが良いけど、だからと言って死んでしまってよいという意味ではない。)

・昨晩は横になったらすぐに寝付け、楽だった。
 しかし、今日の日中も眠くてほとんど寝ていたので、
 今晩すぐに眠れるかは微妙。
 昼夜逆転の生活を何とかして直したいが、どうしても昼間眠くて寝てしまう。
 なんとかしなければ。
 愛犬の散歩が夏になったので6時頃に行かないといけない。
 早起きするようになってきているが、1日が物凄く長くなり
 起きていられない。
 そうなると日中寝てしまう。
 どうしたものか。

・今日も身体が重い。
 電機屋に行く用事は何とかこなせたが、その後また横になってしまって
 寝てしまった。
(どうしても日中眠ってしまうようだね。 薬の影響なんだろうけど、もうねてしまっても良いのかもしれない。 夜眠れなくなるのは問題だけれども、睡眠薬を処方してもらうようにして、頑張らない生活をするようにしてもいいかと思う。)

・日中にまた沢山寝てしまい、今夜も眠れないような気がする。
 昨晩はいい加減に寝ないと朝になってしまうので、
 酒を飲んで強引に眠った。
 腕がザワザワする症状は消えないので、
 原因になっていると思われる薬だけ飲まないようにしようかと思っている。
 死ぬ事も少し考えてしまって、あまり良い一日とは言えなかった。
(酒は薬に影響するから飲まないようにしたほうが良い。 薬に逃げているようでそれも問題。)

・自分が死んだら、残された人たちはどうなるのか?を横になりながら考える。
 答えは出ないのだが、今日の結論では死なないで頑張ろうという事になる。

・今日は比較的調子が良いが、食事を大量に食べてしまう。
 ラーメンを食べるのは止めたほうがいいのだが、まだ大量に残っているし、
 我慢できずに食べてしまう。

・姉が一人でやって来て、弟に線香をあげていた。
 身体が重いから下に行くつもりは無かったのだけど、
 ちょうど母が帰ってきたので1階に降りる。
 姉は少し泣いていたようだ。
 父は今日が弟の月命日だからと、スイーツを買ってきていた。
 母も涙声になって泣き出すし、父も一人の時泣いていると言っている。
 なのに僕は全く涙が出なくなってしまった。
 まだ弟が自ら命を絶つなんて信じられないからだろうか?
 何度も弟は夢に出てくるがいつも笑っていて、
 もう会えないとは思えないのだ。
(自分が薄情なのかと考えてしまったよね。 感情の起伏に乏しくて、考える力が弱っているから、家族よりも悲しむ反応が遅れているのだと思う。 冷たい人間というわけではないから大丈夫です。)

・日中眠っているのか、起きているのか、分からない微妙な時間がある。
 全部起きている時間にしたいとは思うのだが、すぐに横になってしまう。
 なんとかそれを止めたいが、どうしても身体が重く横になってしまう。

・昨晩寝たのも遅いし、朝早起きしたし、寝ないからか、
 眠くて少しボーとしていたら婆ちゃんに
 「Masaは具合悪いのか?」と言われてしまった。
 良く観察しているとドキっとした。
 皆で集まっている時に疲れたような様子を見せてしまった事に反省した。
 伯父がやって来て社会復帰の話になった。
 「Masaはやれる範囲で少しずつステップアップしていけばいいから」
 と言ってくれて嬉しかった。
 母が後で「プレッシャーになってないか心配だ」と言ってきたが
 「8年間も闘病していて無職を続けている男を
  気遣ってくれているのだからありがたい話だと思っている」
 と答えた。
(婆ちゃんに僕の病気の話はしてあるのか?それはは分からないけど、何となく感じ取っているとは思う。 高齢のばあちゃんに心配をかけてしまって、申し訳ないと思う。 本当ならば婆ちゃん孝行をしたいのだけどね。)

・電機屋に行き、TSUTAYAでカードを更新し、郵便局に行き
 友人の披露宴招待状の返信ハガキを出してきた。
 今日頑張ってしまったので、明日は体調が悪くなる可能性が高い。
 明日は愛犬のドッグフードを買ってこなければならない。
 お決まりで新しい無線LANが繋がらないのでイライラしている。
(無線LAN接続のような複雑な事はやらないようにして、脳を休ませてあげたほうが良いのだけど、家族の中で自分以外に出来る人がいないからしょうがない。 今はだいぶ簡単になったようなので、次回は大丈夫だろう。)

・筋トレをやるようになってから、
 腕がムズムズして眠れないという事が無くなる。
 身体が疲れているのですぐに眠ってしまうからかもしれない。
 その代わり日中も疲れが残っていて昼寝をしてしまう。
 良いんだか悪いんだか・・・・

・最近は死にたいと思わない生活が続いている。
 伯父から有難い言葉をもらったからのような気がする。

・日中ずっと冷房の効いた部屋で横になって寝ていた。
 昨日で薬を全部飲んでしまうので、今日病院に行くつもりだったのだが、
 愛犬の散歩以外に出ていない。

・病院に行ってきた。
 先生に良いときと悪い時の波がけっこうあるよねと言われる。
 躁うつ病の薬を出しますと言われ、押し切られてしまった。
 躁うつ病ではないと思うが、大丈夫だろうか?
 朝食後:セレネース3mg、アキネトン1mg、セルシン2mg
 夕食後:セレネース3mg、アキネトン1mg、セルシン2mg
 就寝前:りーマス200mg
 今回新しく処方されたのがりーマスです。
 ネットで調べたら、
 一般的な抗うつ薬が効かない「うつ病」などに応用されることがあります。
 とか
 体の水分が減ると中毒を起こしやすくなります。
 ふだんから十分に水分をとるようにしてください。
 激しい嘔吐や下痢、発汗は、脱水を起こし中毒症状の引き金になります。
 夏の高温、激しい運動、高温所での作業、入浴、発熱時なども要注意です。
 さらに、減塩や減量(ダイエット)も中毒の要因となります。
 規則正しい食生活を守ることが大切です。
 とか書かれてます。
 副作用は
 リチウム中毒、手のふるえ、吐き気、めまい、言葉のもつれ、
 下痢、発熱、発汗、うとうと状態、取り乱す、異常な動作
 徐脈..脈が異常に少なくなる(50/分以下)
 腎性尿崩症..のどが異常に渇く、水をガブ飲み、尿が異常に多い
 痴呆様症状(可逆性)、意識障害..ボーッとする、反応が乏しい、
 意識がうすれる 
 などとあります。
 大丈夫かなぁ・・・・
(必要以上に薬のことを調べてしまったようだね。 不安になるだけです。 効能を調べたら、それ以上は読まないことが大切かと思う。)

・昨晩は良く眠れた、新しい薬のせいだろうか?
 効果がでるまで2週間かかると言っていたから、ちがうと思うが。

・調子良く生活できた。
 昼夜はPCでの細かい作業を行う事ができた。
 普段だったら、日中ずっと寝ているのに、今日は一睡もしなかった。
 何か興味がある事で毎日続けられるような事が出来るといいのだが・・・・

・一日中横になって過ごす。
 それでも夕食だけはしっかり食べてしまって、また太るなぁと思った。

・ダイエットのために朝食を抜いた。
 なので今日はフラフラしている。
 身体は動き、愛犬の散歩で遠回りコースを歩く事ができた。

・愛犬の体調を考え、病院に連れて行かないといけないのだが、
 もう数日行く事が出来ていない。
 愛犬には申し訳ない。
 飼い主失格である。
(犬をまた飼いたいと思うこともあるけれど、こういう事を思い出すと無理だなと結論付けるしか無いよね。 生き物は何も言えないのだから、可哀想過ぎる。 虐待に近いと思う。)

・暑くて何もする気になれない。
 エアコンは節電の為になるべくつけないようにしたいのだ。
 身体は汗でベタツキ、不快である。
 最近は気温が低く30℃以上にいかないが、それでも十分に暑い。

・朝食を食べていないので、フラフラである。
 痩せるには食べないのが一番だと思っているから、これもしょうがない。
 愛犬の散歩と、友人の披露宴で着ていくスーツ、この2つの事を考えると
 気分が重くなる。
 冷静に考えれば何てことない物なのに、どうしてこう身体が重くなるのか。

・愛犬を病院に連れて行く事ができた。
 疲れたが、充実感もある。

・一日中寝て過ごす。
 前よりは少し起きいている時間が増えたが、依然日中6時間は寝ている。
 新しい薬が効いているのか、昼寝をしても腕がワナワナすることはなく、
 すぐに眠れるので助かる。
 しかしだからといって寝てばかりで良いわけが無い。
 PCでの作業は疲れるので、やらない日がほとんどだ。
(眠い、体が重いならば、眠ってしまって苦痛と戦わない事でもいいんじゃないかと思う。 消耗することは何も生まない。 病状が悪化するだけです。 自分を労ってあげよう。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2010.07 眠る眠るひと月

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・集中力が続かない。
 PCの作業は簡単なのに1時間もやると、それ以上できなくなってしまい、
 横になってしまう。
 こんな作業ができないのかと嫌になるが、考えたところで
 出来るようになるわけでもないので、あまり悩まないようにする。
(集中力を維持するのは今の自分でも難しい事。 脳が本当に元気にならないと無理な事なのかもしれない。 とりあえず何もしなくてもいいから、朝きちんと起きる。 朝食を食べる。 それから今日は何をしようか考える。 疲れていたら休む。 そういう感じで良いかと思う。)

・今日は死にたくなる事もほとんど無く、PC作業も集中力が切れることなく
 ずっと続けていられる。
 自分は気持ちや体調にムラは無いタイプだと思っていたが、
 前日と全く違うコンディションになるのを感じ、驚いている。
 毎日調子が良い日ならば良いのだが、そうはいかないだろう。
 何があると調子が悪くなるのか、自分でも分からないので、困ったものだ。
(気持ちにムラが無い人だったけど、病気になってからは何の理由も無しに今日はダメとあさイチで分かるようになってしまったよね。 でもダメならダメでその日は無理しない。 ダメな日も考えて早めにやることを進めておくなどで対処できると思う。)

・病院に親友と行ってくる。
 最近調子が悪く、薬を重いものに変えてもらうべきか?を
 話し合いたかったので、親友にも一緒に診察室に入ってもらう。
 症状が悪くなったわけではないが、悪い状態が毎日続き、
 また午後になっても改善せず、一日中死にたい気分が続くと話す。
 衝動的に自殺するような危険は無いが苦痛が続くと話すと、
 薬を変えたほうが良いだろうという話になった。
 薬は変えずに、頓服のようにすぐに死にたい気持ちを抑えてくれる
 薬があったら、それを処方してくれないか?と話すと、
 死にたくなる人に、そういう薬を処方はできないと言われる。
 衝動的に自殺しようとしても薬では死のうとはしないので、
 大丈夫だと思ったし、処方するのが3錠くらいなら安全なのでは?とも思う。
 親友が、その薬は何ていう名前なのか?と聞くと、
 色々あるからと上手にごまかされた。
 その薬を知ってしまうと、自殺に使う恐れがあるからだろう。
 さすがに先生は頭がきれる。
 薬が増えるのは拒絶するのは覚えてくれているらしく、数は増やさずに
 種類だけを変えるようにしてくれた。
 ドグマチール50mgからジプレキサ10mgに変更。
 後に親友と話をしていて気付いたのだが、ドグマチールは以前に
 処方されていて、何らかの理由で変更している。
 変更する理由があったはずなのに、またそれを飲むようにするのは
 まずいのでは?というのだ。
 言われてみればその通りである。
 しかし、ドグマチールがおまじないのような弱い薬なので、
 それよりは何かしら効果があるはずなので、とりあえず飲んでみる事にする。
 薬が効き始めるまでに2ヶ月〜3ヶ月かかるので、
 それまで死なないように頑張る事。
 虫が這っているような感覚がする話は親友と相談した結果、
 今回は言わない事にした。
(虫の話はした方が良かったかもね。 薬は強くなるだろけど、症状は軽減するから。 副作用でぐったりしてしまうことも考えられるけど、幻覚を見るよりはいい。)

・一日中横になって過ごす。
 死にたい気持ちも少し出てきた。
 身体が重く起きていられないし頭も回らないので、
 親友に頼まれているメールを書くことができない。
 愛犬を下ろしに父が部屋に来たので慌てて起き上がり、
 PCをいじっているようなふりをする。
 横になって動けない様子を見せてはいけないような気がする。
(家族の前では元気なふりをしてしまうよね。 今だにそれは直っていない。 心配をかけたく無いのも分かる。 でも状態を把握してもらった方が楽な場合もある。 難しい所だと思う。)

・今日も少し体調が悪く、一日中2階に閉じこもっていた。
 日中はほとんど横になって寝ていて、何もすることができない。

・薬がジプレキサに変わったのだが、今日から飲み始めた。
 飲んだら眠くなり、腕が震えるような感じになる。
 震えるような感じがあると、眠いのに寝ることができない。
 眠いまま友人達が集まるココスに行ったが眠気は無くならず、
 話はほとんどすることができず、最後は眠ってしまった。
 どれくらい寝ていたかは分からないが、起きたら少し楽になり
 その後は少し会話する事ができた。
 完全に眠気はなくならず、その後別の場所に行くという話しも断り
 家に帰ってまた眠った。
 この副作用も心配だが、また薬をやめると禁断症状がでるような気がして
 それも怖い。

・薬の副作用で、一日中眠い。
 寝てしまうと3時間くらいは起きる事ができないので、
 なるべく寝ないようにはしたいのだが、猛烈に眠くて横になってしまう。
 このまま飲み続けるべきなのか、勝手にやめてしまうべきか、悩んでいる。
(猛烈に眠くなるこの薬だけどやめてしまうのは良く無い。 やめたいならばすぐに病院に行って、違う薬を処方してもらうべきです。)

・今日も寝て過ごしてしまったが、夕方起きてからは頭が少しスッキリし、
 友人に送るメールを作ることができた。
 夕方になると元気になるあたりが、うつ病である。

・少し死にたい気持ちがあった。
 親友に「死んで楽になりたい」とメールしたら、心配かけてしまった。
 当然である。
 軽率だったと反省する。
 本当にヤバイ時だけ、メールするようにしないと、振り回してしまう。
 もっとも本当に危ない時は、メールするような余裕はないので、
 衝動的に死ぬと思う。
(周りの人を巻き込んでしまうのは、良いことなのか、悪いことなのか、いまだにわからない。 家族には知らせる。 友人にはある程度伏せる。 それくらいの線引きをしておいた方が良いかと思う。)

・一日中眠く、寝て過ごす。
 寝る前に薬を飲むようにして、一番眠い時間帯を寝て過ごすので、
 多少は眠気が良くなったように感じるが、それでも起きている事ができない。
 次回は他の薬に変えてもらうように言ってみようと思う。

・薬の副作用で一日中眠いのだが、
 コーヒーを飲んだら眠気は無くなるのだろうか?と思い、
 コーヒーを飲んでみた。
 するとまったく眠くならない。
 昨夜寝る直前に薬を飲み、それから12時間以上たってから飲んだので、
 薬の効果が弱まっていただけかもしれないが、眠くないの助かる。
 明日は薬を朝飲んでみて、すぐにコーヒーを飲み、
 どこまで眠気を抑えてくれるかを実験してみようと思う。

・死にたくはならなかったが、猛烈に眠く、ほとんど寝て過ごしてしまった。
 やはり薬は寝る前に飲むべきなのかもしれない。

・夕方まで横になって過ごす。
 その時間になると、身体が軽くなるような感じになるが、
 編集などの作業は1時間くらいしか行うことができない。
 気分転換に他の事をやったとしても、30分くらいしかできない。
 気持ちの持ちようで、できるようになるような気もするが、なかなか難しい。
(30分だけでも良いんじゃ無いかな? 発病前のように一日中でもやっていられるという状態には戻る事はないと割り切ってしまったら気持ちも楽になる。)

・とにかく眠い一日で、夕方まで寝て過ごす。
 寝る前に薬を飲んでいるが、朝起きても眠いし、日中も眠い。
 何もする事が出来ないので、困ってしまう。

・朝薬を飲み、婆ちゃんの家に行ったのだが、行きと墓参りが終わってから
 婆ちゃんの家にいる時が眠かった。
 行きの車の中では、珈琲を飲んで我慢し、
 30分くらい眠ったら、その後は眠くならなかった。
 珈琲を飲んだから寝ないで済んだのか?
 気合いで何とかなったのか?は自分でも分からない。
 ただ、一日中寝る事なく生活できるかもしれない可能性は見えた。
(目覚ましをかけて短い時間、仮眠を取るのは良い考えかもしれないね。 自分にも目覚ましが鳴ったら必ず起きるという強い意志が必要だけど。)

・今日も昼寝でかなりの時間を無駄にしてしまった。
 若干眠気が弱くなってきたようにも感じるが、
 それでも寝てしまう事に変わりはないので、あまり喜べない。
 また、少しではあるが、死にたくなってしまう。

・色々と調べたり、まとめたりしないといけないのだが、集中力が続かず、
 30分と作業を続ける事ができない。
 また、一つの事をずっと調べる事ができない。
 病気でなかったら、1日もあれば調べられる事を、3日以上かけて調べている。
 脳が萎縮してしまっているので、病気が治ったとしても、
 こんな感じなのかもしれない。

・親友が病院に行き、僕の体調が絶不調だと言ってきたらしい。
 なんでそんなふうに思われたか分からないが、心配してくれているのだろう。
 先生も僕についての質問をしてきたらしく、同じく心配かけているらしい。
 8月になったら、すぐに病院に行き、元気だと言ってこようと思う。
 薬が強くならなければ、それでいい。
(親友は僕の本当の状態を知っているので、ついつい先生に本当の状態を話たくなるのだろう。 症状に合った薬を飲んでいないと思っているのだろう。 こういう心配してくれて実行に移してくれる人物が周りにいる事を有り難く思う。)

・今日は特に眠気が強く、寝てばかりだった。

・一日中寝ていたのはいつもと同じだが、今日はそれ以外に
 死にたくなってしまった。
 このまま生きていても、ロクな人生にはならないだろうから、
 今の歳で死ぬのが一番良い方法に思えてしまう。
 今社会復帰したとしても良い仕事にはつけないし、
 その考えも間違ってはいないように思う。
(良い仕事に就くとはどういう事だろう? 良い仕事とは昔のように難しい仕事をこなして、高給取りになることを言っていないかい? 続けられる仕事が良い仕事で合って、人のためになる事も良い仕事になると思う。 給料やプライドではないと思う。)

・今日は午前中にTSUTAYAに行き、その足でホームセンターに行き、
 午前中のうちから、1階に降りてPCで調べ物をした。
 夕方から映画を見に行き、帰ってきてからもPCをいじるなどして、
 精力的に動いた。
 億劫になったり、身体が重くなったりする事は無く、
 まだまだ動けるような感覚があり、身体が軽い。
 先生が言うように規則正しい生活をすると良いというのは、
 こういう事なのかもしれない。
(規則正しく生活するのは基本。 朝日を浴びた方がうつ病には良いというのは、嘘ではない。 朝から起きると使える時間も2〜3倍になる。 起きるのは辛いし、習慣になるまでが大変だけど、頑張って布団から出ることから始めよう。)

(とにかく副作用で眠いひと月だったね。 何を抑える為に出された薬かわからないけど、眠いのも困るけど、症状で苦しむよりは良いはず。 薬を飲むことに抵抗せずに、飲んで副作用を受け入れよう。 あまりに見当違いな薬だったら変えてもらえばいいだけの事。 薬はどんどん変えて、自分にあった処方を探し出そう。 量は増やさないでもらうようにすることも大切。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2006.10 統合失調症の症状と診断

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・死にたくはならないが、昼間のほとんどを眠ってしまった。
チーズケーキ、みたらし団子、チョコレートと一気に食べてしまい、後になってから反省した。
(甘い物を食べている時は苦しみを忘れられるよね。 でも糖尿になってしまうから、頑張って我慢して。 食べても1品だけに。)

・朝、起きることが出来なくて、妻を怒らせてしまった。
夜、家に帰ってくるときに謝りのメールが届いたが、今回の件は自分に非があると思っていたので、申し訳なかった。
僕が社会復帰できないことで、周りに迷惑をかけていることが、プレッシャーになってきている。
(やられた事は強烈に印象に残るから、妻には酷い扱いしか受けてないと記憶してしまっているが、謝ってきた事もあったんだね。 やはり話し合えば理解し合えるのだと思う。)

・落ち着いているが、昼間から部屋のカーテンを閉めて過ごした。
病院で先生と話をしたときに出た、統合失調症の症状の質問を受けてから、
自分が分裂症の傾向が少しあることがわかったので、それが影響しているように思う。
僕の場合、周りが陰口を言っていたり、視線を感じたりすることがある。
なかなか病気が治らないことに焦りが出てきているし、時間が経過するほど、陰口を言われているような気になってくるので、今後の病状に影響があるか心配だ。
(病名が何だろうと、それが統合失調症と偏見のある病気だとしても、構わないじゃないか。 結局はやれる事をやるだけだし、回復しようとする気持ちがあればそれで良いんだと思う。)

・体が重くて、愛犬の朝の散歩に行くことができなかった。
夜になっても体が重かったが、散歩に行かないわけにもいけないので、無理して外に出るようにした。
(犬は朝夕散歩しないといけないから大変だよね。 でも犬は可愛いし、犬が好きなのだから、無理して外に出る事も必要だと思う。 犬に癒されている部分も大きいし、重荷になっている事ばかりではないと考えよう。)

・今日は具合が悪く、首を吊る事や、首の動脈を切るような事を考えてしまった。
一瞬本当に行動する衝動に駆られたが、なんとか考えを押さえ込むことができた。
(たまに本当に行動に出る直前までいってしまうことがあるよね。 でもよく耐えた。 抑え込む事ができたとあるので、必死に病気に抵抗したのだろう。)

・比較的落ち着いて生活することができた。
朝一番に愛犬の散歩に行ったので、その後の時間を有効に使うことができた。
今後も体が動くときは早めに散歩に行くようにしたい。

・楽しみにしていた行事があった一日だったので、病気の事を意識することは無かった。
このような毎日だったら、社会復帰できると思うのだが、最近調子が悪い日があったので、まだ油断はできないと思う。
(楽しい事を考えるのは難しいが、それでも楽しい事をしよう。 楽しい事だけをしよう。 そうする事で家事や仕事も出来るようになっていくと思うよ。)

・死にたいと考えることが無かったが、昼間ねむってしまったし、カーテンを閉めてしまった。
周囲に見られているような気持ちになるのは、まだうつ病が治っていないという事なんだろうと思う。
(視線を感じるのは居場所が無くなって苦しいよね。 辛かったら眠ってしまうといい。 睡眠薬をもらってくる事もありだと思う。)

・今日は少し体が重く、死ぬことも少し考えてしまった。
昼寝はしなかったので良かったが、愛犬の散歩に行くのが遅れてしまった。

・友人宅に行くこともあり、死にたいと思うことは無かった。
(よく外出できたね。 友人宅に行ったら、色々と気疲れするけど、楽しいのも事実。 後日反動が来るだろうけど、それでも外出は続けるべきです。)

・少し死ぬことを考えてしまったし、昼間ねむってしまった。
 自己嫌悪している。
(死ぬ事を考えてしまうのは病気のせい。 眠ってしまう事は体を休める為。 なにを自己嫌悪するのか。 自分は十分に病気と向かい合っている。 逃げてなどいない。)

・昼間ずっと寝ていた。
 包丁を振り回して父を刺す夢を2回見た。
(親父とは色々とあったけど、こういう夢を見るのはどういう事なんだろうね。 )

・病院に行ってきた。
障害者年金をもらうための資料を書いてもらったのだが、確認のために先生が病状を読み上げたときに、
幻聴、幻視がみられ、統合失調症の症状が出ていると書かれていた。
前に病院に来て話を聞いている時も、分裂症という言葉を数回使っていたので、驚きはしなかったが、やはり統合失調症だとわかり、複雑な気持ちになった。
(統合失調症でも良いじゃないか。 年金がおりるならば、金銭を生み出さないといけないプレッシャーは軽くなるし、その分治療に専念できる。 何事もプラス思考で行こう。)

・昼間「死ね」という言葉が頭の中でいっぱいになる。
考えないようにしようとしても、この言葉が頭の中いっぱいになるという事は、やはり統合失調症の症状だということだろう。
パソコンのモニターや携帯に虫がはっているようにざわつく。
(僕の幻視は決まって虫が這っているように見えるんだよね。 見えなくてもザワザワと何かがうごめいているように感じる。 気持ちのいいものではないけれど、痛みや強迫観念は無いから、気にしない事。 自分が病気だと落ち込まない事。)

・少しだが、死ぬ事を考えてしまった。
病院の先生には、死にたくなったら妻に連絡するようにしたほうが良いと言われたが、迷惑をかけたくないので、電話はできないと思う。
(仕事中の妻に死にたいなどと電話できるわけがない。 本当に危なかったら連絡するべきだろうけど、そこまでは危険では無いし、ある程度は自分だけで耐える必要はあると思う。)

・少し死ぬことを考えてしまった。
死ねという言葉が頭の中にあふれ、言葉を消すことができない。

・今日も死ぬことを考えてしまった。
最近毎日死ぬことを考えているので、病気が本当に良くなっているのか自信がなくなってきた。
先生は必ず良くなると言ってくれるが、やはり心配は消えないし、この病気と一生付き合っていく事になるのではないかと考えている。
(ある時から病気はゼロにはならないと割り切ったら気持ちが楽になったよ。 治らなくても今の薬ならば相当弱くはしてくれるから、普通の人のように見える生活を送る事が出来る。 体調には波があって、辛い日も確かにあるけど、死ぬまで毎日苦しみ続けるわけじゃ無いから、割り切ってしまう事も必要かもしれない。)

・統合失調症について調べた。
自分は軽い幻覚と幻聴、周りに悪口を言われているように感じる程度なので、症状は軽い部類に入るらしい。
今飲んでいる薬については調べていないが、おそらく統合失調症の薬も入っているのだと思う。
mixiで統合失調症のコミュニティーを検索すると結構な数がヒットした。
しかし、素人同士が話し合ったりしても限界があると思うので、様子を見るだけで終わりにした。
(病気について珍しく調べたんだね。 軽い部類ならばそれでいいじゃ無いか。 病気の人が集まる場所は、良い事悪い事両方あると思うので、前向きな人が集まっている場所ならば、参加してもいいと思う。 でも大人数が集まる場所は必ず状態の悪い人もいるから、そっちに引っ張られる事も考えられるよ。 慎重に選んで判断しよう。)

・昼間眠ってしまったが、夕方は妻と買い物に出かけることが出来た。
あれこれと商品を見て回るのは楽しいと久々に感じた。
毎日今日のように動けると良いのだが、なかなかそうはいかない。

・落ち着いて生活することができた。
(久々に決まり文句の落ち着いて生活が出てきたような気がするね。 実際久々なのだろう。 こういう日に感謝して、やりたかった事を片付けてしまおう。)

・落ち着いて生活することができた。
外に出ることもでき、調子は良かった。

・朝起きて入浴し、洗濯物を干し、愛犬の散歩に出かけることができた。
先に嫌な事をやってしまうと、気分が楽になる。
動ける日は、なるべく早起きして、やれるところまでやろうと思う。
(後手後手になるとどんどんプレッシャーは大きくなる。 体が動かないならばしょうがないけど、取り掛かりが遅いのが僕の短所なので、この性格は直しておいて損はないと思う。)

・外に出ることは出来たが、人目を避けるように愛犬と川原に向かった。
帰ってきてからも、昼寝をしてしまって、気分も落ち込みがちだった。
(また眠ってしまった事を責めているね。 眠る事は悪い事じゃない。 愛犬もいる事だし、一緒に遊んで気分転換してもらっても良いんじゃないかな。 犬は相手をしてくれるから、癒されれるよ。)

・昼間眠ってしまったし、死ねという言葉が頭の中一杯になった。

・自分が死んだらどうなるかについて考えてしまった。
相変わらず昼間はカーテン、障子をしめてしまった。
(死んだらどうなるか。 考えれば分かるよね。 誰に迷惑がかかりとりかえしのつかない事になるのも分かるよね。 考えてしまうのはしょうがないし、考える必要もあるにはあるけど、いつもそれを考えないようにしよう。)

・比較的落ち着いているが、昼間眠ってしまった。
 夕方からパソコンで作業をしたが、あまり頭が回らなかった。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2018.12.02 入院42日目 仕事をどうするか?

入院42日目。
身体が重く、睡魔がすごい。
とても起きていられず、食事の時以外は眠って過ごす。
一度眠ると3時間以上は目が覚めないので、やる事が無いから横になっているというわけじゃない。
眠るべくして眠る。
外も暗くなってきていて、何もしないで1日が終わってしまう事を反省する。
反省は違うか。 どうする事も出来ないのだし。
あの眠気は車を運転してはいけないレベルの睡魔。
こういう副作用も困ってしまう。
 
そろそろ退院の話が出てきても良い頃かと思うが、どうなっているのだろう?
退院の日にちが決まったら、上司に連絡して、会って話しをする日を決めないといけない。

色々と考えてしまう。
また人を切り捨てる時が近いからだろう。
これまで僕から去っていく人もいたし、僕から距離をとった人もいる。
今回は僕からってパターン。
人付き合いが苦手なのだから、これからどうやって生きていったら良いのか分からない。
考え過ぎてしまって、疲れ果ててしまっている。

でも、何とか前進する事を考えてはいます。
無意識に人と自分を比べて落ち込んでいたのか。
他人がどうしようと、何を言おうと関係ないって強く思って生きていかないと、これからはやっていけない。
周りの言う事など気にしない。 自分だけの人生を全うする。
強い気持ちが欲しい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。