僕とうつ病&統失 闘病記 2008.03 離婚へ向けて

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・薬を飲んでいることもあり、安定した一日だった。
 他の作業をしながら同時にHP作りをやるなどして、忙しかったが、
 集中力が切れることもなく、作業を続けることができた。
(平凡なりに充実している生活をしているということかな。 別居して気持ちは落ち着いてきているよね。 何がベストの選択なのかよく考えるようにして、間違いはもう犯さないように色々と思いを巡らそう。)

・落ち着いているが、集中力が続かない。

・落ち着いて生活することができた。
 HPがある程度完成し、新しく登録するひとが出てきて、忙しくなった。
 設定などを連続でこなし、SE時代を思い出した。
 複雑な作業だったが落ち着いて作業できたし、
 忙しいのを楽しんむことができた。
(何でこの時期にずっとHP作りに時間を費やしてきたかを考えているのだけど、人との繋がりが欲しかったのかな? ネット上での会話で顔が見えない事で気楽に色々と話ができる事にハマっていたのかもしれない。 ゲーム関連のHP立ち上げだったので、待ってくれている人も沢山いたけど、そこまで自分の時間を使って作る物でもなかったように思う。 でも当時はそれが楽しかったんだよね。 繋がりができて、居場所があったんだよね。)

・妻が家に来て、離婚したいという話を聞く。
 こうなるだろうと思っていたので、驚きはしなかったが、
 理解者がまた自分から去っていくといういつものパターンだ。
 見捨てられたという気持ちも少しあるが、
 妻の幸せを一番に考えるならば、最良の選択だと思う。
 定年前の両親に頼っていくことになることに抵抗感があるが、
 すぐに仕事に就けるわけもなく仕方ないことだと割りきる。
(出て行くの売り言葉に、買い言葉で妻と別居する事になったけれども、その時点で離婚は時間の問題だと分かっていたよね。子供がいる訳でも無いし、思ったよりも早かったと思うくらい。 妻とは長い付き合いだったが、最後は呆気ないものだった。 人の気持ちなど当てにならないと思ったりもしたよね。 まぁ、離婚するならば少しでも早くしてあげた方が、女性にとっては良いだろうから、これで良いんだと思う。 後悔は今も無い。)

・首をつって死のうと考えてしまった。
 いつもの死んでみようか という感覚よりも強い衝動で、
 死のう と思ってしまった。
 薬をちゃんと飲んでいないことが原因だと思う。
(前の書き込み内容からしょんぼりしてしまって自殺を考えている訳じゃありません。 これは半月くらい経っての書き込み。 その間、病状についての書き込みは一切無し。 この間どうしていたかは今となってはわかりようも無いが、落ち込んでなどはいなかった事は確かである。 やっと重荷が一つ下ろせたという安堵の気持ちの方が大きかったように思う。 妻も新天地で新生活を始めたようだし、これで良かったのだと思う。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2008.01 決定的亀裂

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いて生活することが出来た。
 愛犬の散歩に行き、軽く走ってきた。
 もっと体を動かすようにしたい。

・日中寝てばかりだったが、夜になって集中力が戻る。
 社会復帰をしたいならば、朝から全力で動けるようにしておきたい。

・安定している。
 夜にどんど焼きが行われるので、その時間に合わせて
 愛犬の散歩に行くことができた。
 前もって予定を立て、その予定どおりに行動することが
 なかなか難しいので、今日の散歩には満足している

・母が久しぶりに畦道通信を見たらしく、
 最近体調が悪かったんだねと言ってきた。
 体調が悪い時は遠慮なく申し出るようにと言ってくれた。
 気遣ってくれてありがたい。

・落ち着いて生活することができたが、薬を飲まなかった。
 午後から姉達が遊びに来たが、身体が重く、散歩に行くのが少し辛かった。
 夕方以降は調子が良くなり、HP作りに集中することができた。

・過食気味だ。
 お腹が減っていない状態でも何かしらを食べたがってしまう。
 そうなると我慢ができず、冷蔵庫の中で食べられるものを探し
 色々と食べてしまう。

・朝調子が悪かったが、日中はPCをいじり、問題なく生活することができた。
 間食もほぼ無く、合格点の一日だったと思う。

・日中ずっと眠って過ごす。
 過食気味だったし、最低な一日だった。
 普段自分が辛くて横になっている事に文句を言ってくる妻が
 同じように横になっていたので、布団で寝ろと言ったら妻が切れた。
 大喧嘩になり両親が部屋に入ってきてやっと喧嘩は終わる。
 だがお互い謝る事は無かったし、今後も謝らないだろう。
 妻との関係が決定的になったと感じる夜だった。
 離婚するべきだと覚悟を決めた。
(お互い修復はもう無理だと思いながら生活していた節があるよね。 やられたからやり返すの応酬。 子供かよと思う自分もあるけど、虐げられてきた生活に僕も限界が来ていたのだろう。 体調の事を考えれば、思った事を言うべきだし、喧嘩になるのも仕方がない事だと思う。 別の道を歩むのもいい事だと思う。 ならば決断は早い方が相手にとっては良いだろうし、最大限妻には協力してあげたら良いと思う。)

・今日も過食気味だった。
 冷蔵庫やお茶菓子の中から食べられそうな物を探す。
 また体重が増えるような気がする。
 僕のイビキがうるさくて妻が切れる件だが、妻が別の部屋に行くことで
 ひとまず落ち着いている。
 妻が今週中に出て行くと勢いで言ったので、出て行ってくれと伝える。
 (この辺りはあまり詳しく書きたくないが、
  離婚の際に起こりそうな事は一通りあった事を記しておきます。)
 妻がいなくなることで、自分が仕事に就かないといけなくなるが
 病状も良くなってきているし、何かきっかけや働く理由があった方が
 良いと思うので、これを機会に仕事を探してみようと思う。
 妻も苦しかったのだろうが、最後まで病気には無理解で
 感情的に何でも言ってしまう所は直らなかった。
 同情する気はまったく無い。
 ここはお互い別の道を歩んだ方がお互いのためになると判断。
 離婚したら、しがらみが無くなって、気持ちが晴れるかもしれない。
(感情的にな書き方になっているから、相手への憎しみしかない状態だったのだろう。 妻には助けてもらった部分もある事は忘れてはならない。 問題もある人だったけど、別居する事になったわけだし、とりあえず僕が怒鳴られたり蹴られたりすることは無くなる。 良い方向になるように考えを巡らせてあげてください。)

・1日中HPを作っていた。
 これだけ集中力が続くのならば、社会復帰しても
 大丈夫かもしれないという考えが頭に浮かぶ。
 問題は、与えられた事ができるかではなく、
 トラブルや人間関係が問題になったときの自分の打たれ弱さだと思っている。
 ストレスを受け流す方法は、仕事を辞めた時から変化して
 成長改善できてはいないと思う。
 ここをどうするかで、復帰後の生活が変わってくるのだと思う。
(人間関係が結局のところ一番の問題であり、再発するかのポイントになるだろう。 成長改善できてはいないと自分でわかっているのなら、何とか直す方法を考えるようにしたら良い。 復帰に向けて進もうとする気持ちだけは忘れないようにしていれば、きっと上手く行くはず。)

・安定している。
 薬は飲んでいないので、キチンと飲みたい。
 あと1週間で薬が切れるのだが、最近あまり体調が良くないので、
 昔の薬に戻してもらおうかと考えている。
 新聞にうつ病の再発しない方法が書かれていて興味深かった。
 一日の出来事とそれによって変化した心境を書く。
 ここまでならば、この日記と同じだが、その記事には続きがあった。
 変化した心境に対して、客観的合理的に考えるとどうなるかを
 自分で書くのだ。
 相手は大してなんとも思っていない。
 これは避けようがなかった問題だから落ち込まない。
 今回の事を教訓にして次回の対応に役立てよう。
 といった自分なりのストレスから逃れる方法を書くのだ。
 これにはナルホドと感心した。
 自分もこの考え方を取り入れてみようと思う。
(今更になって畦道通信でこれをやっているわけだから随分と時間がかかってしまった事になる。 この方法は効果的で、自分を客観的に見る習慣をつけられるので、もっと早くに実践してほしかった。 まぁ始める事に遅すぎると言うことは無いと思うので、継続する事を考えた方が良いね。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2007.10 安定したひと月

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いて生活することができた。

・薬を決まった時間に飲むことができ、満足している
死にたくなる事も無く、安定した一日だった。

・落ち着いて生活することができた。
日中寝てしまったが、その時間は比較的短くてすんだので、少しずつ昼寝の時間を短くしていきたい。

・ドッグランに行き、気分転換をしてきた。
ドッグランに行こうと妻に誘われたときは、乗り気ではなかったが、結果行って良かったと思う。
なんでもそうなのだが、やってみると思ったよりも簡単だったり面白かったり感じるので、思い切って行動に出るようになれれば良いと思う。
(その思い切ってが出来なかったりするんだよね。 行ける時はいって。)

・PCでの作業を続けることができた。
集中力が戻ってきたのかもしれない。
さらに続けて作業ができるように、少しずつ時間を延ばしていくようにしたい。
(この日は体調が良かっただけです。 戻ってきたと思うと裏切られるから期待しないこと。)

・死にたくなることも無く、穏やかな一日だった。
薬も決まった時間に飲めたことも影響しているのかもしれない。
この調子を維持したい。

・薬を飲むのが遅れてしまったので、しっかりと飲むようにしたい。

・首の動脈を切りたくなる衝動にかられた。
包丁を持ってしまったら、やってしまいそうだったので、立ち上がらないようにして抵抗する。
薬をきちんと飲んでいるのに、死にたくなる。
頭では症状の波があり、今日は悪い日だったと理解していても、なかなか病気が治らない状況にイラつくし、落ち込む。
(よく病気と向き合ったね。 そして良く耐えた、辛かったでしょう。 落ち込む必要はない、褒めてあげて。)

・少し死ぬことを考えてしまう。
一人になると死ぬことを考えてしまうのかもしれない。

・日中家に誰もいないので、この時間に自殺をしたら、夜まで見つからないので、確実に死ねるのでは?と考えてしまう。
薬を飲んでいるのに、死にたくなることにショックを受けている。

・薬が無くなって数日が経つが病院に行くことができず、吐き気に襲われている。
姉たちが来るが、体が重く、子供達と遊んでやることができない。
夕方からずっと横になっていて、妻が帰ってきても話を聴いてやることができなかった。

・今日は昨日よりもフラフラしないので、病院に行ける体調だったが、病院が休みの日なので、薬をもらうことができない。
フラフラしないといっても、動くのはかなり大変で、愛犬の散歩をやっとのことで済ます。
散歩から帰ってきたら、すぐに横になり、眠った。
寝る前に飲む薬が残っていたので、昼間だが飲んだ。
すぐに眠くなり、寝てしまったが、起きてからふらつきが少なくなり助かる。

・薬が効いているので、吐き気などが無くなり、生活しやすい。
就寝前に飲むパキシルの副作用が心配だが、思っているよりも副作用は無いのかもしれない。

・薬を飲んでいるので、生活が楽。
吐き気などはほぼ無くなった。

・薬が効いていて落ち着いて生活することができた。
午後からマクドナルドに行き、ブブ彦の散歩も遠くまで行くようした。
これからはなるべく外に出るようにしたい。

・死ぬ方法を少し考えてしまったが、平均して安定していた。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2007.09 社会復帰はいつの日か

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・プログラム関連会社の面接に行ってきた。
緊張したが、怖がることもなく、冷静に話しをすることができた。
3日後までに電話がなければ不採用という事になった。
コンピューターが置かれた室内を見て、SE時代の事を思い出し、この会社で仕事をしてみたいという気持ちが強くなった。
結果はどうなるか分からないが、就職活動ができただけでも前進だと考えるようにして、不採用になっても落ち込まないようにしたい。
(就職活動で実際に面接までしてきたのだから、大きな前進になったと思う。
結果はどうあれ、自分を褒めてあげよう。 まずはお疲れ様。)

・落ち着いて生活することができた。
薬も飲んでいるし、この状態をキープしたい。

・プログラム会社からの電話は無く、不採用となった。
就職活動ができるようになっただけでも前進したと考えるようにした。
(やりたい仕事だったプログラムの仕事がダメになっても落ち込んでいないところが成長したように感じます。 次、次、次、と切り替えて生活していこう。)

・なぜ自分が生まれてきたのか、どうして生きないといけないのかについて考え続けた一日だった。
答えは出せず、死にたいとだけ思っていた。
(どうして生きないといけないのか? 今ならば答えられるけど、それを言っても伝わらないかもしれない。 分かる時が来るし、人に言われて気づく事ではないのだと思う。 とりあえずは死なない事。を考えるだけでも良いかと思う。)

・死にたくなることは無かったが、昼食のときに、正面に座っている人との会話で、仕事は何をしているか?と聞かれないかとビクビクする。
僕が無職だということを、相手が知っているかは分からないが、できるだけ仕事の話にはならないように、人と距離をとっている。
(田舎の人に限ってどこに住んでいるのだとか、仕事は何をしているのかとか、結婚はしているのかとか、どうでも情報を聞き出そうとする。 相手にせず、落ち込みもせず、上手にかわせるようになると良いね。)

・今日は死にたくなることも無く、落ち着いて生活することができた。
この調子が維持できるように心がけたい。

・マクドナルドに出かけ外に出ることができた。
漫画を読むなどを楽しんでできた。
楽しめるという感情は、うつ病になって大切さを知る事になったように感じる。
(マックなんて学生が多くて騒がしい場所、漫画も集中力が要る事なのに、楽しめるとは恐れ入った。 楽しいと感じれる事を感謝したいね。)

・姉と母の子育てについての話に参加することができない。
やはり子供に対しての拒絶が残っているのだと思う。
自分以外の人に、自分から歩み寄り、会話ができるようになりたい。
(この頃の姉は子供の話100%で何時間でも子供の話をしていたように思う。 それに合わせる必要はないし、自分の時間、自分の人生を歩むようにすれば良いんだと思う。)

・最近食器を洗えなかったのだが、今日は洗うことができた。
薬があと少しで無くなってしまうので、早めに病院に行くことにしたい。

・落ち着いて生活できている。

・昼間ずっと眠ってしまった。
身体が重くて横になったのではなく、昨日夜更かしをしたから眠かったというだけだ。
規則正しい生活をするようにしたい。
(規則正しい生活は今も課題になっている事。 じっくり取り組む事と、本当に必要な事だと理解しないと直らない習慣だと思う。)

・安定して過ごせたが、午前中に死ぬことを考えてしまった。
午後は勉強などをして忙しく過ごし、死にたくなる事も無かった。

・薬をまた切らせてしまった。
あと1日分あるので、それを少しずつ飲むようにしている。
病院に行くタイミングを見ている。

・病院に行きたくなくなった。
しかし、薬が切れて数日が経っているので、病院に行かないわけにもいかず、渋々向かう。
(結局やらないといけない事だったら早めにやっつけてしまって、出来た時間に美味しい物でも食べた方がいいかと思う。)

・少し死ぬことを考えてしまったが、全体的に落ち着いて生活することができた。

・HDDが到着し、設置、設定、動作テストなどを忙しく過ごす。
好きな事をやっているときは、死にたくならない。
何か趣味でも見つけられれば、病状も軽くなると思う。

・夜更かしをしてHDDのバックアップを行ったために、日中ずっと寝ていた。
規則正しい生活をするように心がけたい。

・落ち着いて生活することができた。
夕方に伯父さんが来たが、怖がらずに挨拶と会話をすることができ、病気が治ってきていると感じた。
(苦手な伯父さんとも会話する事はちょっと無理をしていると思うんだけど、短時間ならば対応できるようになったってことかな。 ほどほどに付き合いましょう)


今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ病&統失 闘病記 2019.02.21 体調悪化で休み

風邪をひいいていたわけですが、それは良くなりました。
ただ身体が重い。
食事を取っていないから重いというわけではない感じ。
病気特有の言う事を聞いてくれないあの感じ。
あぁ、やっぱりこうなるのかと言う落ち込みね。

昨日のバイトは行けませんでした。
無理すれば行けたのかもしれません。
1日だけだったら仕事にしろ、イベントにしろ、無理はできるのですが、バイトは毎日ですからね。
大事を取って休ませてもらいました。

仕事を休むと連絡を入れて、そのまま眠りました。
最近やたらと眠い。
薬は変わっていないのに何でこんなに眠いのか。

気づくと何時間も経ってしまっていたと言うことが多くなりました。
物事に優先順位を付けられません。
付けてもそれを終わらせる前に別の思考が入ってきてしまい作業を終わらせる事が出来ません。

困ったね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。