音の話をちょっとでも DTMの足あと 何やってたんだ

図書館で借りてきたピアノの本3冊、名盤紹介の本1冊、全く読まないで返却日がやってきてしまいました。
返しに図書館に行って、受付で
「またこれを2週間借りたいです」
と伝える。
「予約が入っていないか確認しますね」
と一応チェックを端末を眺めてしてくれるスタッフですが、こんなマニアックな本を予約して返却を待っている人などいるわけがない。
ベストセラーの小説ならばともかくね。
ピアノの歴史が書かれた本に予約する人などいないです。

また同じ本を借りてきてしまった申し訳なさ、情けなさはありますが、それを考えてもしょうがない。
今回は読む、読破する。 これしかない。
2週間本を一切読まなかったという事は2週音楽に対して向き合っていなかったという事だ。

時間は有限だ。
1年の勉強期間の内、6分の1が終わってしまった。
早い。
どれだけ成長できたかなんて恥ずかしくて言えない。
こんななーなーな生活をする為に今の生活を選んだ訳じゃない。
もっとこう・・・・
そうだ。
書こうと思っていたが書いていない話があった。
「自己管理」の話である。
要は目標を高く立て、そこにたどり着くにはと逆算して、今月中に何々をできるようになる、それには今週で何々を学んで・・・・とどんどんスケジュールを具体化していく事。
これが出来ていない。

マジに計画を立てないといけないだろうと思う。
とりあえず、
本を読まないといけないです。
色々な曲を聴かないといけないです。
音楽史も勉強しないといけないです。
音楽理論も勉強しないといけないです。
耳コピをやらないといけないです。
ピアノの練習もしないといけないです。
そろそろ作曲もしていかないといけないです。

ヨーダの一番有名なセリフ。
「違う! 『やってみる』ではない! やるか、やらぬかだ。 試しなどいらん」
ってやつですな。
本当にそういう状況。
「やると心で思った時には行動はすでに終わっているんだぜ」
これはJOJOでした。ちと話がズレた。

とりあえず本を開こう。
結局は知識を詰め込む事になる1年なんだと思う。
技術というよりは知識ね。
音楽に関するあらゆる知識を身につけてやる。それ位の気概があったっていい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

音の話をちょっとでも DTMの足あと 座学も並行して

図書館に行ってきました。
いいですね。図書館。
あのシーンとした空気は子供の頃から好き。
テーブルでは受験勉強している学生さんがたくさんいます。
こういう向上心のある人が僕は大好き。
そして自分まで賢くなった?インテリになった?と勘違いして気持ちよくなってしまいます。
全然違うのにw

さて図書館に久々に行った理由はもちろん本を借りる為。
音楽コーナーに直行です。
音楽史の本をペラペラ。
難解です。
ヨーロッパのキリスト教音楽。教会曲をたくさんつくったバッハを聴いている事もあり、曲と照らし合わせて読んだら面白いのだろうけど、それは今やっている場合じゃ無い。

ピアノの面白い本があったので、それをまずチョイス。
残りは日本人の音楽関連の10人が選ぶアルバム100枚。
つまり1000枚のアルバム紹介と言う事になります。
3冊目はブラックミュージックの200枚という本です。

3冊のうちピアノの本は4コマ漫画が描かれた基本すぎて誰も言ってくれない話をコミカルに手短かに書いた本なので、あっという間に読んでしまうでしょうが、1000枚のCDとか読んでられないよね。
ちょっとだけ目を通して返却して、同じ本をまた借りてくる感じになりそうです。

音楽の本を読むなんてねぇ。
自分の人生がこういう方向に行くとは思いもしてなかった。
それが楽しい。
ピアノの本には楽譜の読み方も分かりやすく解説してくれるので、楽しく勉強出来ています。

とにかく毎日が楽しい。
さぁ、返却期日にちゃんと図書館に行くようにしよう。
いつも電話がかかってきてから慌てて行く、グータラ市民ですからね。
ただで本が読める事を最大限利用したい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。