僕とうつ&統失 闘病記 2012.05 運動してか、症状なのか、動けない

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・比較的体が軽かったが、母から頼まれた写真編集のソフトを買う事が出来なかった。
 買っておいてとメールがあった後もコタツで横になって動けなかった。
 急ぎの仕事ではないが、自己嫌悪に陥る。
(お使いは頼まれない方が良いと思う。 行けても行けなくても無理をする事になるから。 PC関連だから頼まれたのだろうけど、なるべく自分のペースで生活するようにしてほしい)

・友人に長男が生まれ、お祝いを持って行ってやりたいが、
 祝儀袋を買いに行く事ができない。
 写真編集のソフトの購入もできていない。
 ジムに通うために問い合わせの電話を入れることもできていない。
 何もする事ができない。
 情けない。 久々に死にたくなった。
(やらないといけない事が溜まってきてしまったね。 お祝いは早いほうが良いし、やらないわけにもいかないから、早く済ませてしまって気持ちが開放されるようになろう。)

・今日こそ友人宅へお祝いを持っていこうかと思っていたが、
 まったく体が動かなくて行けなかった。
 雨だったからだろうか?
(天気は多分関係ない。)

・今日は体が重く、一日中横になって過ごしてしまった。
 こんな生活をしているなら死んでいなくなった方が、
 家族も清々するだろうと考えてしまう。
 死のうとする衝動は弱い物で考えないようにしたら、
 すぐに消えてくれたので助かった。

・PC同士の同期設定が上手くできない。
 1時間ほど作業をして、疲れきってしまった。
 集中力が続かない・・・・
 体が重い・・・・・
 こんなんではダメだ・・・・・
(ダメではないです。 1時間も難しい誰にも出来ないことをやっているのだから褒めてあげてもいいくらいです。 今日できなかったら明日また気を取り直して作業しようと考えるようにして、気長に取り組めば良いんじゃないかな。)

・左手の震えが止まらない。
 痛みがある訳でも無いし、日常生活に支障が出る事も無いが、
 気がつくとカタカタと震えていて、気持ちが悪い。
 全身で左手だけが痙攣しているので、右脳に何か薬が効いているようだ。
 震えの事は正直に母に話した。
(左手の震えは今も続いて言える症状で、何故左手だけなのかは分からない。 先生に話をしても大したことだとは思わないようなので、僕も木にする必要はないのかもしれない。 震えるのは気持ちがいいものじゃないけどね。)

・今日は死ぬ事も考えたし、体が重くてずっと横になっていたが、
 夕方愛犬の餌を取りに行かないといけないので、無理して外出した。
 コンビニに寄り、おやつを食べて、本屋に寄った。
 その後は体が軽くなり、と言っても夕方になったからそうなっただけで、
 外出したから軽くなったというわけではないかもしれないが、
 とにかく体は軽くなり、伯父伯母ちゃんの話を楽しく聞く事が出来た。
 午後3時くらいから活動を開始すると、いいペースができるのかもしれない。
(久しぶりに充実した1日を過ごせたようで良かったね。 あまり一気に活動しすぎないようにして、休む時間も作ってください。)

・今日は日中死にたくなった。
 台所に行った時、包丁が目に入り、この包丁で首を刺そうかと考えてしまった。
 危ないので、なるべく包丁から離れ、視界に入れないようにして、
 すぐに台所を去った。
 2階に戻ってからも、死にたい気持ちは消えなくて、
 死ぬ方法を考え続けた。
 一生こんな感じで苦しんで生きていくしか道は無いのだろうか?
 だとしたら、相当苦しい。
 病気がゼロになる事なんて、有り得ないのだろうか?
(包丁を見るといろいろと悪いことを考えてしまうのは今も変わらなない。 台所には近づかないようにしよう。)

・今日は眠くて、日中ずっと横になって過ごす。
 天井を見ながら、こんな生活をしているなら、
 死ぬべきなんじゃないか?と自問する。
 答えは出なかったが、愛犬ともう少し一緒にいたいと思えたので、
 苦しみから少し救われた。

・市の総合体育館に行き、運動をしてきた。
 1時間ちょっとしか運動してないが、腕と足がプルプルと震えている。
 こんなに運動したのは、何年ぶりだろうか?
 体を動かして、気分が高揚しているのが分かる。
 運動は病気に良いと先生が言っていたが、その通りなのかもしれない。
 週1回は通おうと思う。

・母に睡眠薬を飲んでいる事は話した。
 明け方まで天井を見つめながら死にたいと思っている事が辛い
 という話をする。
 母は少し驚いた様子だったが、納得してくれたと思う。

・今日も一日寝て過ごす。
 ジムに行った疲れがまだ残っているような感じで体が重い。
 週に1回はジムに通いたいと思っていたが、結構厳しいのかもしれない。

・なんとなく体がだるい。
 ジムに行った事の結果のような気がする。
 体力が付くまでは、だるくても無理してジムに行くべきなのだろう。
 1時間の運動を週3回でと先生が言っていたが、
 それは相当厳しいものだと分かった。
(運動はきついし、ウォーキング的な軽いものを長く続けることを考えたほうが良いのかもしれないね。)

・病院に行ってきた。
 4月までは体調が良かったが、5月に入ってから
 また死にたくなってしまっていると話す。
 先生はインヴェガが効いているから増やそうという話になる。
 6mgを2錠飲むようにするというではないか。
 これと言って副作用が無いので構わないが、
 2錠飲むとどうなってしまうのか、少し怖いものがある。
 睡眠薬は慣れてきてしまって効かなくなり、
 どんどん重い薬にならないのか?と聞いたら、
 そんな事は無いと一蹴された。
 よく薬がドンドンエスカレートして強い物になっていってしまうという
 話は、完全に作り話だと言われた。
 それならいいのだけど・・・・・
  朝:インヴェガ6mg×2錠、アキネトン1mg
  夕:セレネース3mg、アキネトン1mg
  寝る前:レンドルミン0.25mg

・日中眠ってしまった。
 写真編集の解説本も読んでいない。
 パソコンでの作業もやっていない。
 何もしない日だったが、ジムには無理することで行く事ができた。
 そこだけは良かった。

・3日前にジムに行ったのだが、それから体が重くて運動していない。
 基本的に疲れることはしたくない怠け者なので、
 ちょっとした運動もやりたくなくなってしまっている。
 ジムも週1〜2回は通いたいが、どうも行く気にならない。
 朝起きて愛犬の散歩に行き、朝食を食べてからまたベットに入り
 3〜4時間眠るという生活になってしまっている。
 日中寝ているから夜眠れなくなる事は明白で、
 なんとか日中横にならないようにしたいが、体がついてこない。
 体力をつけて起きていられるようになりたいが、
 その運動ができないので、困ってしまった。
(体力がつくまでは運動は辛いよね。 体型が変わってくるような達成感や目に見える変化はないし、運動は本当に大変。)

・友人達との食事会に行ってきた。
 正しい姿勢で座っている事ができず、終始モジモジ。
 足も背筋も疲れてしまって、途中で帰りたくなる。
 失礼とは思いながらも、途中で帰ってきてしまった。
 体力が無いのか?脳が弱っているのか?
 自分でも分からないけれど、こういう事は無いように
 頑張らないといけないだろう。
(体調が悪そうだから、そもそも最初から参加しないことを考えても良かったのではないかな? 無理をしないことも大切です。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2005.08 入院前、楽観視できないのか

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・手の震えが今日はひどい
今までで一番震えているだろう。
眠気は1時間多く起きていられるくらいに減った。
今日は自殺願望は出てこなかった。
(手が震えるのは気持ち悪いけど、誰にも迷惑かけてないし、自殺願望が出なかったし、上々の1日と考えるべき。)

・明け方目が覚めてしまい、なかなか眠ることができない。
昼間昼寝をしていることも影響しているかもしれないので、昼間はなるべく寝ないようにしていこうと思う。
(明け方だったらそのまま起きていても良いかもしれないよね。 静かなうちに一つくらい何かをやってみるとか。 夏の早朝は涼しいし散歩でも良いよね。 犬も居る事だし。)

・ずっとそうだったのか、新しい病院で新しい薬をのむようになってからなのかは、わからないが、最近記憶力が落ちている。
犬に餌を与えたか。
朝食に何を食べたか。
一日の行動を思い出してみても、何をしていたのかわからない空白の時間がある。
次回病院に行ったら、先生に話してみようと思う。
(これは病気なのか副作用なのかどちらもって考えているのだけど、物忘れがひどくても気にしない事だね。 外出して帰り道が思い出せないとかそういう事じゃなく、何をしていたかよく分からないだけ。 気にするな。)

・手の震えがひどく、タイプミスを連発している。
手首から先に錘が付いているように重く、握力が無くなったときのように疲労感がある。
カッターを見つめながら、手首を切りたい衝動に駆られたが、我慢することができた。
(まずカッターを見えない場所に仕舞おう。 それからだ自由時間は。)

・今日は一日中、身体がだるく、動くこともできない状態だった。
一喜一憂しないと決めているので、今日は悪い波の日だったのだろう。
なるべく心を落ち着かせるようにして過ごした。
(良い考え方になってきたね。 今日は悪い日だと思ったら、あがかない、頑張らない。 辛いだけだよ。 体を労ってあげて。)

・今日も一日中身体がだるく、何もする気力が無く、ほとんどを横になって過ごした。
自殺したくなる衝動も出てきて、苦しい一日だった。
(自殺衝動を抑えるのは辛いよね。 でも横になっていたようだし、それでやり過ごすのは良い事。 上出来の1日だね。)

・今日もいつもどおりに薬を飲んでいるが、今日は眠気が無い。
先生が眠気がなくなってくると言っていたのは、今の状態を言っていたのだろう。
手の震えもほとんど無く、副作用にかんしては落ち着いた状態になってきている。

・病院に行ってきた。
今日は小学校の時の家庭内の問題があった時から自己否定や自殺願望があることと、4年前のある交通事件に巻き込まれた事から、死に関する事や他人を傷つけたり、自分が殺されるような夢を見るようになった話を先生にした。
最初に行った病院の先生と違い、とても真剣に話しを聞いてくれて、アドバイスや発想の転換方法、記憶の風化の話などをした。
あらためてこの病院に来て良かったという実感と、うつは治るという考え、感覚を持つようになってきている。
薬に変化はなく前回と同じものをまた2週間分もらってきた。
眠気はさらにとれてくるだろうという話だった。
漫画の取り込みをストレス無くこなすことができると助かる。
薬の副作用で便秘になると聞いていたが、何日かに一度は下痢をしている。
今日も夜家に帰ってきてから、トイレに入ったり出たりを繰り返した。
原因が薬からきているかはわからないが、食生活に気をつけてみようと思う。
(小学生の頃の出来事、交通事故に関わってしまった事は話すのも辛かったよね。 頑張って良く話をしたと思う。 その頑張りはきっと良い処方と言う形で自分を楽にしてくれると思う。)

・今日は眠気が強く、少し睡眠を取った。
 手の振るえも少し強く、タイプミスも多く不便だ。

・手の震えはわずかに残ってはいるが、眠気の方は最初のころと比べると随分と弱くなってきている。
夜中何度も目が覚めてしまうことは、次回病院に行ったときに話をしてみよう思う。

・昼間気分が落ち込む時間があり、1〜2時間うつ状態が続いた。
新しい薬になってから、副作用を除けば随分と楽になったが、一日に一回は死ぬことを考える時間がある。
このまま同じ薬を飲み続けると無くなっていくのか、もっと強い薬が必要なのかを、次回先生に聞いてみようと思う。
(病気の行く先は分からないから不安。 でも分からない事で悩むのは時間の無駄であると思う。 これからどうなってしまうんだろうとは誰だって考える事。 未来に不安が無い人はほとんどいないと言っても良いはず。)

・お昼頃から動くことができずにずっと横になったり座ったりして過ごした。
死ぬ事を考えたり、逆に前向きなことも考えたり、色々と考えているうちに数時間が経っていた。
プラスのことを考えるならば、憂鬱になる時間があっても良いのかもしれない。
(同じ症状でも別の角度から自分を見れた1日だったね。 その調子!)

・集中力が続かない。
漫画の取り込み作業も1時間やったら、3時間休むといったペースでしか行うことができない。
(そこまで頑張らなくても良いと思う。 限界までやるんじゃなくて、毎日1時間を続ける方がすごい事だと思う。)

・体が重く、あまり動くことができなかった。
薬が変わってもだるい日はやっぱりあるということか。
いつものようにあまり気にせずに過ごした。

・症状は落ち着いてはいるが、集中力が続かない。
30分集中するくらいが限度で、長い休憩を取りながら取り込み作業を行った。
(こう言う日は作業しないでゆっくりしても、誰も怒らないよ。 休もう。)

・一日中体が重く、死ぬことだけをずっと考えていた。
手首を切りたい衝動に駆られ、カッターを持ち腕に押し付けたが、何も変わらないと思い、やめた。
(そこまでやって良くぞとどまった。 一度やると癖になるから極力刃物から遠い場所で生活してほしい。 自傷行為をする人の気持ちは僕も分かる。 でもやらない。 自分を愛してあげてくれ。)

・病院に行ってきた。
この2週間は死ぬことを考えることが多かったことを伝え、壁が隠れるほどの虫がざわついているように感じたり、
家の周りで誰かが会話をしているような気がすること、自傷行為をしたくなるという事について先生に伝えた。
統合失調症か妄想性うつ病の可能性があるという事で、薬を全面的に変えることになった。
副作用はさらに強くなり、吐き気を起こすものらしい。
また、頭に電流を流す治療を行ってみるか?と聞かれ、自分からすすんでやらせてくださいと伝えた。
先生の先輩にあたる人が大学病院の副教授らしく、その人に治療のスケジュールを聞いてみるという事になった。
先生同士の話がまとまったところで、自分の携帯に連絡が入ってくる段取りだ。
電気を流すことに関して不安や恐怖は無い。
(当時としては荒々しい手術である電気治療。 手術で死ぬ事はほぼ無いし、麻酔中に行われるので、痛みも無い。 治そうとチャレンジしてみる事は良い事だと思う。)

・今回の薬は手の震えが出ないようだ。
眠気も弱く、取り込み作業をするには都合がいい。
喉が渇くが、それほど気にならない。

・紹介された大学病院に行ってきた。
行ったらすぐに電気療法を行うのかと思ったが、2〜3週間入院して、週に2回ほど電気療法を行うということだった。
治療は全身麻酔と筋弛緩剤を使って行われ、死亡する確率は5万分の1になるという。
今日は入院することと、入院費用について実家に戻り、話しをしてきた。
両親は心配しつつも、自分の考えを尊重してくれて、病気の事を告白したばかりの頃よりも、随分理解をしてくれている。
入院はベットの空き具合を毎週金曜日に数え、それから予約している人に連絡をするという手順になるという。
最短でも来週の金曜に連絡が入り、土日を過ぎた月曜から入院になるかもしれない。
又、ここ数日物忘れが激しく、何故ここに寝ているのか、いつ何を食べたとか、など数分前のことも思い出せないことが目立つ。
病状は良くなってきているので、薬の副作用なのかもしれない。
入院することは弟にメールで伝え、姉は出産予定日が9月6日と近いため自分からは連絡をしないことにした。
母が姉に伝える否かを判断して、伝える伝えないかを決めてもらうことにした。
(いよいよ初めての入院、初めての閉鎖病棟、初めての手術。 不安だったけど、よく決断したね。 きっと何かしら得るものはあると思う。)

・今日も物忘れが激しく、数秒前に見たメールの内容を妻に伝える際、メール内容を思い出せず、画面を見ながら伝えた。
又、話をするときに、どもってしまったり、どう話をして良いかがわからなくなることが多くなった。
(頭が回っていないんだよね。 物忘れしてしまう事と同じ事だと思う。 そこで自己嫌悪にならずに、病気がそうさせているのだと思えるようになると良いね。)

・昨日家に置いてあるうつ病の本を読んだ。
妻がうつ病について理解しようと買ってきた本だ。
そこに書かれていた物で、今までうつ病を関係が無いと思っていた事がうつ病の症状に含まれていたので、
例えば
 ・立ちくらみがする。
 ・甘いものを大量に食べてしまう。
 ・深夜何度も目が覚める。
などがその内容なのだが、自分が思っているほど病状は良くないのかもしれない。
また、病院の先生が電気療法を進めたり、どんどん強い薬になっている事実からも楽観視できない状況なのだろうと気が付いた。
恐らく、良くなってきたときの方が自殺の危険性が高いという段階なのだと思う。

・先週の火曜から薬がまた変わったのだが、それが効いているのか死にたいと考える事がなくなっている。
社会復帰する不安はいつもどおりだが、衝動的に自殺をするようなことには無いのではないかと思う。
今日も体調も精神的にも安定していて、ゴミ捨てや洗濯物をたたむことなどを行うことができた。
大学病院で電気治療をすればもっと気分が晴れれば良いと思う。
また、もうすぐ9月になり、仕事を休むようになってから2年が経つことを考えると、少し具合が悪くなる。
今、良くなってきているのだから、過去の事や体調の良し悪しに振り回されること無く、少しずつ前進できればと思う。
(仕事の事は考えないようにしよう。考え方は良い方向だと思う。)

・気が付くと痒くも無いのに腕や足をかいている事に気付いた。
かきすぎて腕はあちこちにかさぶたができて、少し痛むのだが、なぜか身体を傷つけていると気分が落ち着く
この癖の延長上にカッターで腕を傷つける自傷行為があるように感じる。
自分では自覚していないが、先生がたからみると、自分が思っているほど楽観視してはいないのかもしれない。
どんどん強い薬になってきたり、電流治療を薦めるあたりから、それを物語っているのだと思う。
(自傷行為をする人たちの気持ち、分かるよね。 やってしまって大量の痕が残ってしまっている人を見ると、自分の事のように胸が締め付けられる。 友達じゃ無いし、声をかけるような事も出来ないけれど、同じ病気の仲間だと思って、陰ながら応援したい気持ちになる。)

・とても落ち着いている。
喉が渇く副作用は気にするほどではないし、眠気はほとんどなくなってきている。
ここ数日安定しているし、今回の薬は自分と相性が良いのかもしれない。
入院してさらに回復すれば良いなと思うが、また悪くなる時期が必ずくるので難しく考えないでいこうと思う。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。