デジモノ快談 16テラのHDD来た

畦道通信が通信障害で表示することが出来ないという大ピンチに陥っている時と同じ頃、地味なピンチも有りました。
外付けHDDの容量が一杯になってしまったのです。
そんな事ピンチじゃないだろうと思うああた!
違いますぞ!
バックアップを取ってくれない事は僕にとっては死活問題なのですよ。

先日iMacがカーネルパニックという症状になり、再インストールをするという事になりましたが、何一つデータを失うこと無く素早く復旧出来たのは、完璧なバックアップがあったからです。

特に日記と写真を無くすことはあってはならないのです。
紙の写真は全てスキャナーで取り込んでいて、その後処分して、もう残っていないので、データが無くなってしまったら、家族の歴史が消えることになります。
日記も2005年から毎日書いている事ですし、僕の人生そのものなのです。

他にもバックアップに含まれる物に仕事関係とかありますが、それも無くなったら洒落にならない。信用問題ですからね。

近い内にバックアップが取れなくなるだろうとは思っていたのですが、こんなに早く来るとは思って無かった。
タイヤを交換しないといけない為に貯金を少しずつしていたのですが、このお金が全て飛びました。
また貯金し直しだね。
それまでは雨の日の運転は無理だね、溝が無くなってしまってるから。

さて、購入したHDDは外付けタイプの物です。
8テラバイトのHDD2台が1台として認識され16テラとして使える状態で売られているのですが、僕は1台8テラを2台として認識させ、全く同じデータを2つのHDDに自動で書き込むRAID1(レイドいち)という方法に設定しました。
この場合どちらかのHDDが壊れてももう片方に同じデータが入っているので運用に問題はなく、新しくHDDだけを購入して壊れたHDDと交換すると、自動でまた同じデータを持つ2台にしてくれるという物です。
外付けHDDにバックアップをとるという事ですが、バックアップのHDDが壊れても大丈夫なように、バックアップのバックアップを取っている感覚ですね。

HDDというのは3〜4年で壊れると思っていたほうが良い商品で、10年もつなどと信用してはいけない部品なのです。
だから3年で使い切る容量を買うのが一番無駄がない事になります。
3年経たずにまた一杯になってしまっても、出費がかさむし、
3年以上ずっと使えば信頼性が無くなりデータを失う危険が高まる。
それに使うことが無いだろうという容量を買ってもお金の無駄です。
3年後にはさらにHDDの価格は下がっているだろうし、さらに大容量になっているでしょうから、身の丈にあった容量の物を買うことが大切です。

僕は8テラが3年でいっぱいになるという考えですね。
今まで使っていたバックアップのHDDは3テラです。
これが一杯になってしまって購入をしたわけですが、この3テラは新HDDに移動させるので3テラは最初から埋まってしまうことになります。
そうなると残りの空き容量は5テラという事になります。
まぁ、普通につかっていたら一杯にはならないですよ。

今回の8テラHDDは3代目で、初代は1テラ2台のHDDでした。
2代目が先程言った3テラ2台のHDD。
これを買った時も3テラなど一杯にはならないだろうと思っていましたが、あっという間に一杯になってしまいました。
という事で毎回2倍くらいの容量を買うので、今回は3テラから8テラになりました。

買ったHDDは、初めて買う会社でWD(ウェスタン・デジタル)という所。
HDDの安定性ではトップクラスの会社みたいです。
そして使われているHDDもWD レッドという赤い色をしたHDDが中に入っているようです。
このシリーズはさらに信頼性が高いそうですので、そうそう壊れないと思います。

外見は下半分が斜めに彫刻刀で彫ったような模様が入っていて、
上半分はグランドピアノのような光沢ある物。
その境目には白いLEDがうっすらと光る高級感演出。
でも気に入っているのは静音性です。
かなり静かに動いていてくれるし、熱くもなりません。

かなりお高い商品でしたが、バッファローやI−Oデータで8テラ2台のHDDを購入するとなると、数万円高くなりますので、いい買い物をしたと思っています。

急な出費で大変ですが、PC周りはさらに安定して作業出来る環境がまた揃ったという感じです。

バックアップは毎日20時から1日1回行われるように設定してHDDへの負担を減らしています。
MacのバックアップアプリのTime Machineは1時間に1回バックアップを取るので、その負担を無くしたいという事です。
1時間前にもどれたら、、、なんて思うような雑なファイル管理はしてないですからね。
1日1回のバックアップでその日の作業を全部記録する。
これで十分です。

いい買い物をしました。
今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

デジモノ快談 どんだけ

愛機のMacちゃんのバックアップを自動で行なっているのですが、外付けHDDの空きがゼロに。
自動で月ごとのバックアップ
毎日のバックアップ
が取られるようになっていて、HDDの空きが無くなれば、古いデータから消していくという仕様なのです。
でも裏を返せば空きがある限りHDDを食い尽くすという事。

Macちゃんに入っているデータのバックアップとは別に、容量が大きくてMacに常に入れておかないけれども、貴重なデータなどは別途残しておきたい。
だから自動でバックアップをどんどんやられても困ってしまう面もあります。

で、一旦自動で取ってくれたバックアップを全て削除したら・・・
1.3テラも空き容量が出来た。
1300ギガですよ!
どれだけ自動でとり溜めしてんねん!
3テラのHDDの半分近くを占めていたとはビックリ。

すぐに新しい1発目のバックアップを取りましたが、またHDDがいっぱいになるまでバックアップを取り続け始めるわけです。
500ギガくらいでやりくりして、いっぱいになったら古いものを消してくれると助かるんだけどなぁ。

HDDの容量が無くなってきていて、さらに大容量のHDDの購入を検討していただけに、しばらくは大きな出費は必要ないかな。
助かるっすよ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。