僕とうつ&統失 闘病記 2018.12.04 入院44日目 本人も、家族も、友達にも自分の人生を楽しんでほしい

身体は重くはないが、気持ちが滅入ってしまっている。
同級生で看護師の〇〇ちゃんが部屋に来てくれて話をする。
最近部屋にこもりっぱなしだが、体調が悪いのか?という事だったが、その通りだと伝える。
色々とあるだろうが、そのほとんどが病気が原因。 だから自分を責めないようにと言ってくれた。
有難い。
健常者には理解できない事なんだろうけど、気持ちの問題、誰だって頑張っているのだ、死ぬ気になれば何だったできるはず、って言う古い根性論を持っている人が未だに多い。
肺だの肝臓だの、そういう臓器の異常は自分がなった事がなくとも、大変ですねぇ〜って理解したような事を言っているのに対し、頭の中の病気は全く理解されていない。
同じ脳という臓器が異常をきたしていると言うのに。

きっと、根性論を言う人は、22世紀になってもいなくなることはないのだろうけれども、
仕事でもプライベートでも人付き合いをいい加減で良いと思っているようなズボラな人は、精神病になんてならない。
生真面目で頑張ってしまう人、気遣いをする人が病気になる。
育てられた環境の影響はゼロではないだろう。
それで苦悩するご両親もたくさんいる。
でも本人の性格や価値観によるものが大きいと思う。
性格だってある程度遺伝するという事はあるけれど、もしお子さんが病気で苦しんでいても、ご両親は自分を責める必要はないと思います。
ご両親にも、本人にも、自分の人生があり、理解、協力は素晴らしいですが、お互いが重荷になってしまってはいけません。
理解ある人だけで周りを固める事は無理でしょうけど、少しでもそういう考えが広まってくれる事を願います。
 
退院が12月8日(土)に決定した。
先生も部屋にやってきて話をした事なので確実である。
減薬をして調子をみてから退院としたかったようだが、入院費もバカにならないので、通院しながら減薬をしていく事になった。
薬を止めるタイミングは、何かにトライしてみて、それが軌道に乗ったらという事なので、重い。
重いだろそれ(笑)
小さな事でも良いので、何かを始めて様子を見てと言う事だが、小さな事がとてつもなく大きく感じる。
まぁ、何か考えます。
 
母が面会に来てくれたので、8日の10時退院だと決める。
本当に退院なんだなと実感があるような無いような。
紅葉はもう終わってしまっているようである。
それでもやはり外は良い!
元気になれば、もっと人生を楽しめるはず。

ごちゃごちゃ考えて、がんじがらめになって参ってしまうのが僕の性格。
理屈など後から付いてきやがれって事なのかもしれない。
色々と悪い事も考えてしまうけれども、そこを何とかプラスに持っていけるように強くなりたい。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و