僕とうつ&統失 闘病記 2006.01 鬱&統失 結構ひどい

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・元旦の朝食の時にいつものように父から一言があったが、ずっと無職の自分は少し具合が悪くなった。
少ししたら元に戻ったが、初詣に行っている時、夜TVを見ている時などで、何回も死ねという声が聞こえた。
(病気に元日関係なしで参っちゃうよね。 でも悪い波の時に元日がぶつかっただけの事。 1年間悪くなるように考えがちだけど、シンプルに考えて。)

・11時に自宅に到着してから、コタツに入るなどして休憩を取ることなく、夜まで頑張れた。
PC関連の作業をやっていると時間がたつのを忘れて作業することができる。
(好きな事をやっている時は決まって調子が良いよね。 好きな事だけやろう!)

・死ねという言葉で頭の中がいっぱいになり、「黙れ、うるさい」と叫びたくなる。
昼寝をしてからは声がすることは無くなったが、死んでみようかという考えが少し残っている。
昼寝中に見た夢も人を殺したり、自分が殺されそうになったりする気持ちの悪くなるような内容を見た。
(夢もそんなんじゃ逃げ場がなくなっちゃうよね。 毎回同じような夢を見るわけじゃないし、次はいい夢が見られるかも。 落ち込まないで。)

・午前中にTVを見ていると、いつものように死ねという言葉が頭に浮かぶ。
 ニュースで公園のトイレで首を吊って自殺した人がいるのを見て、うらやましく思った。
(亡くなった方なりの地獄があったはず、羨ましくなんかない。 死んだらいけない。)

・あれをやらないとといった強迫観念がなく、PCの作業もはかどった。
なるべく嫌な作業を先に済ませるように習慣づけにするようにしようと思った。晩御飯のカルボナーラを自分で作ったが、ストレスを少し感じただけで、最後まで作ることができた。
(性格的に何でも背負い込んでしまって追い込まれてしまうタイプだよね。 嫌な事から片付けていってしまおう。 料理は体も頭も使うからリハビリにもなるけど、しんどい時は本当にしんどい。 様子を見ながら参加してね。)

・昨日の晩御飯の洗い物が残ったままになっていて、妻に洗い物までが料理だと言われた。
それを聞いてから体が重くなり、こたつから出られなくなってしまった。
犬の散歩も家の裏で済ませ、うんちをさせずに強制的に散歩を終わらせてしまった。
(何でやってくれない系の話はしないでくれと、いくら話しても理解を示してくれない妻。 自宅に居ることすらダメなのかと追い込まれてしまうよね。 根気よく話し合う必要があったのだろうな。)

・起きてから、歯磨き、雨戸明け、薬を飲むなどの細かい事を先に済ませてからPCの電源を入れた。
やはり、先にやることを済ませてしまうと気分が楽になる。
仕事をしていた頃にこれを実践していたら、病状は悪化しなかったのかもしれない。
また、目覚ましの時間を1時間早めて、6時15分に設定をした。
なるべく一回で起きるようにしたい。
(一つ上の記述から何日後にこの記述をしたかは分からないけど、ケロっと良くなる日があるんだよね。 こっちが本来の自分なんだけど、病気がひどい時は悪い状態がベースの生活になってしまうので本来の自分など忘れてしまって苦痛が当たり前になってしまうよね。 こういう日が来る事に感謝してやりたかった事をやろう。)

・昼から夜までこたつで眠ってしまった。
時間を無駄にしてしまった事で、また自分を責めてしまう。
(眠る事を責め出したら何をしても責める事になってしまう。 眠るのは体調を良くする為だと考えるようにした方がいいね。)

・午後からずっとブログの設定、書き込み、アカウントの設定したりと、忙しく過ごした。
いつの間にか22時を過ぎていたいので、慌てて犬の散歩に行った。
気持ちが充実していたように思う。

・電気治療を行ったこともあり、落ち着いていた。

・一日中ブログの招待方法について調べていて、ストレスを感じていたが、病状が悪化することも無く、最後まで続けることができた。
まだまだ十分とは言えないが、昔とくらべるとずいぶん長い時間作業することができてきたと思う。

・ブログにうつ病の事を書こうか迷っている。
公表することで、偏見にさらされたり、不利になったり、周りに迷惑がかかるのではと思って躊躇しています。
この事について何か考えがあるか、父、母、姉、弟にメールをした。
妻には直接話をした。
母以外は全員同じ意見で、今急いで公表する必要はないという返信が返ってきた。
自分もそのとおりだと思った。
(結局こうしてブログに闘病記を書く事になるのだけど、当時は怖かったよね。 こんな僕でも人の役に立てると実感がある。 でも公表は怖かったよね。)

・薬が見当たらなくなってしまった。
 数日分はあったはずだが、どこに置いたかが分からなくなってしまった。
 このようなことが起きないように気をつけたい。

・薬が切れてしまっているので、今日病院に行くつもりだったが、体が重く、行くことができなかった。
出発する予定の時刻を過ぎると、窓の外で誰かが見ているような感覚が現れて、家の中でも動けなくなってしまった。
夜中にPCを使っていると、死ねという言葉で頭の中がいっぱいになり、首の頚動脈を包丁で切ることを考えていた。
このまま起きているとまずいと考えて眠るが、途中で何回も起きてしまった。
起きたときに毛布が王蟲の足のような物で覆われていて、それが速い動きでうごめいていた。
ふすまの前あたりには人影が見えたりもした。
今回は寝ぼけていないか、自分で意識して見たが、寝惚けてはいなく、間違いなく見えていた。
(幻視だよね。 見えても何も害は無いと割り切るまで苦しかったよね。 いい気持ちはしないし。 自己嫌悪に陥っていたり自殺衝動に駆られて耐えている時に比べたら楽な事だと思うようにしたいね。)

・甘いものをたくさん食べてしまう。
我慢しようとしても、家の中に甘い物があると、結局食べてしまう。
妻は自分が食べるために買ってきたと言って怒っていた。
また、いびきがうるさいとコタツの中の足を蹴ってきた。
これらが影響して、死ぬ方法を具体的に考えるようになってきている。
病院で電気治療は効いているかと質問され、よくわからないと答えた。
集中力などは戻ってきているが、死にたくもなるのでどちらとも言えないからだ。
それを聞いた先生からまた薬を変える提案があり、薬を変えることになった。
過去に僕に使っていた薬らしいが、この薬の問題は価格が高くて家計を圧迫するのでは という事だった。
先生に公費負担を申し込んだ方が良いと言われた。
また、薬は朝夕2回になった。
(どうしても食べてしまう事や、どうしてもできない事を怒られても、じゃぁどうしたらいいのか分からないよね。 どうする事も出来ないんだし。 蹴られた事はいまでもショックだった事として残っています。 妻とはコミュニケーション不足だったのかな。)

・朝に夜の薬を飲んでしまい、日中はずっと寝ていた。
 薬が一日2回でいいのは楽だし、飲み忘れることも少なくなると思う。

・早朝に目が覚めて、ホットケーキを焼いて食べた。
食器を洗い、可燃ごみを捨てた。
日が昇ってきてからも、PCで作業を続けることができ、気分も落ち着いている。
(いい1日だったね。 健康的な日に感謝しよう。 家族にも感謝を伝えよう。)

・落ち着いてはいるが、作業を集中して行うことができる程には至っていない。
 早起きをしてしまった為か、日中は寝ていることが多かった。

・昼間、道路の雪かきをしている音が聞こえてくると、自分のことを話しているように感じてしまい、怖くなった。
できるなら、自分も外に行って、一緒にゆきかきをすることがベストなのだろうけど、こうなってくるといつものように、恐怖で体が動かなくなってしまう。
(誰も僕の事など話していないのだけど、そう思ってしまうんだよね。 大丈夫。誰も陰口なんて言ってない。そう感じるだけだよ。)

・落ち着いている。
犬の散歩の時にご近所さんに会ったが、緊張することも無く、挨拶と話をすることができた。

・少し死ねという言葉が頭の中に浮かんできたが、取り乱すことなく、冷静になっていることができた。
それ以外の時間は落ち着いていて過ごすことができた。
(冷静に自分を観察できたね。 その調子です。)

・集中力がいつもより持続して、ブログ編集をすることができた。
午後になって睡眠を取ったが、起きてから、また作業を続けることができ、充実した一日だった。

・昼間少しだけ死ぬことを考えてしまった。
腹が減っていないのに、パンやホットケーキを食べてしまった。
過食が抑えられないが、食べなくてもよくなる方法をなんとか見つけたい。
(過食は抑えられないよね。 どうしたものか。 ホットケーキ太るんだよね。)

・少し死ぬことを考えてしまった。
PCがネットに繋がらない問題が起こり、再設定をするがうまくゆかず、途中で投げ出してしまった。
夕方から作業を始めるが、集中力が続かない。
食事も食べ過ぎてしまい、良い所がなかった一日だった。
(投げ出す日があってもいいと思うよ。 無理すると数日悪化したりするから。 早い時間に今日はやらない日って判断できると後々体も楽です。)

・一日を通して落ち着いていた。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 病気への偏見を無くすため 同じような境遇の人へ元気と笑いを届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 その他食べ物話、音楽話が多いです。 映画とデジモノもちょっとだけ。 ٩( 'ω' )و