デジモノ快談 どんだけ

愛機のMacちゃんのバックアップを自動で行なっているのですが、外付けHDDの空きがゼロに。
自動で月ごとのバックアップ
毎日のバックアップ
が取られるようになっていて、HDDの空きが無くなれば、古いデータから消していくという仕様なのです。
でも裏を返せば空きがある限りHDDを食い尽くすという事。

Macちゃんに入っているデータのバックアップとは別に、容量が大きくてMacに常に入れておかないけれども、貴重なデータなどは別途残しておきたい。
だから自動でバックアップをどんどんやられても困ってしまう面もあります。

で、一旦自動で取ってくれたバックアップを全て削除したら・・・
1.3テラも空き容量が出来た。
1300ギガですよ!
どれだけ自動でとり溜めしてんねん!
3テラのHDDの半分近くを占めていたとはビックリ。

すぐに新しい1発目のバックアップを取りましたが、またHDDがいっぱいになるまでバックアップを取り続け始めるわけです。
500ギガくらいでやりくりして、いっぱいになったら古いものを消してくれると助かるんだけどなぁ。

HDDの容量が無くなってきていて、さらに大容量のHDDの購入を検討していただけに、しばらくは大きな出費は必要ないかな。
助かるっすよ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2006.02 何も楽しめない

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・落ち着いていて、病院にも行くことができた。
過食を止めたいことを伝えると、薬を変更してくれた。
しかし、過食を止める薬を飲むと、病状が悪化する可能性があるとも言われた。
調子が悪くなったら、すぐに病院に来るようにと言われた。
(すぐに病院に行くのも難しかったりするんだよね。 過食は辛いので止める事重視の処方にしてくれたのは有難いけれども、病状が悪化するかもって、心配になっちゃうよね。 薬が倍の量に増える事が無かっただけでも良しとしよう。)

・ブログの立ち上げで忙しく作業をしたが、病状は悪化することも無く、何時間も集中することができた。
昨日から薬が変わったが、過食の衝動が減ったようには感じない。
また、病状の方も悪化しているようには感じられない。
(薬の効果が出るまでは時間がかかります。 焦らずにその時を待ちましょう。 穏やかに生活してください。)

・落ち着いて生活することができた。

・落ち着いてはいるが、昨日今日と体が重く、日中は眠っていることが多い。
ブログも書く気になれず、どうしてなのか考えると、薬が変わったことに行き着いた。
過食を抑える薬にしたので、病状が悪化するかもしれないと言われてきたが、今の状態は悪化に入るのかもしれない。

・落ち着いているが、一日中体が重く、ほとんど眠っている。
こう毎日眠気が続くのは、やはり薬が変わったからだと思う。
すぐに病院に行って、薬を元にもどしてもらいたいが、お金が無いので、このまま2週間我慢するつもりだ。
(薬の影響が出てしまったのかな? 眠いだけなのだから深刻に考えなくても良いんじゃ無いかな。)

・今回の電気治療は、治療中に僕が吐いてしまったらしく、帰ってきてからも個室に移動して、そこで点滴と酸素の吸引を行った。
頭痛も残っていて、下を向いたり、咳をしたりすると頭が痛む。
(あんまり電気治療の効果は出なかったよね。 麻酔で眠っている最中は何をされているのか分からないけれども、酸素吸引は医療ドラマみたいで面白かったよね。 体調管理はバッチリしてくれているのだし、体調が悪化したわけじゃないのだから安心して治療しよう。)

・気分が落ち込んでいるわけでもないのだが、何をするにも気力が無く、すぐに疲れてしまう。
少し作業をしては、こたつで横になり休みを取るが、横になるのもだるく、気分が落ち込む。
(今日は休みの日に早々にしちゃいましょう。 ゆっくりして、美味しいものでも食べてください。)

・昼寝している時間と、活動をしている時間のメリハリがはっきりとしていて
昨日のように何をしていても疲れるということが無く、比較的充実している。

・落ち着いて生活することができた。
病状が悪くなることもなく、実家でPCの作業や、母に手順を教える事などをこなすことができた。

・灯油を買いに行くことはできたが、帰ってきてから少し体がだるくなり、夕方からコタツで横になって過ごした。
死にたい気持ちも少しあらわれたが、なるべく考えないようにして乗り切る。

・病院に行き、先生と話をしていると、仕事復帰はどうするか?という話になった。
他の人はどのようにして社会復帰しているのかを尋ねると、人それぞれで一概に言えないということだった。
バイトなどから少しずつ自信を取り戻す方法はどうか?と尋ねると、その方法が一番確実で望ましい方法と言われた。
仕事ができるか自信は全く無いが、出来そうな仕事を少しずつ探してみようと思う。
(社会復帰に絶対成功する方法はありません。 十人十色。 先生ですらそれは分からない事なので、自分の心とよく向き合って、恐怖や不安を観察してくだっさい。 そろそろ行けそうかは自分で分かる時が来ます。)

・体が少しだるい。
犬が散らかしたゴミを集めて捨てることができない。
何もする気力が無く、午後はこたつで寝て過ごした。

・何も興味が湧かないし、何をやっても長続きしないように感じる。
ネットで面白そうな情報を探すが、どれを見てもつまらなく感じる。

・TVを見ても楽しいと感じない。
お笑い番組を見ても笑えないし、イライラしてきてしまう。
妻の話を聞いていてもイライラしてきてしまい、きちんと聞いてやれない。
(楽しい事が楽しくないと、あぁ自分は病気なんだなと実感してしまって落ち込むよね。 脳が疲れているのだと身体を労ってあげて。)

・落ち着いて生活ができたが、午後はまたこたつで寝て過ごした。
日中は起きているようにしたいが、なかなかそうできない。

・落ち着いて生活することができた。
時間が経つのが早く、昼寝をしないで過ごすことができた。

・死ぬことを少し考えてしまった。
仕事については考えることができず、午後はこたつで眠って過ごした。
(やや体調が悪いが数日続いたね。 絶好調の日はそうそう来ないから、ややの日は少しだけ活動するようにして、早めに休もう。 現状維持だけでもすごい事。 少し自信を持っても良いと思う。)


今日も畦道通信に来てくれてありがとう。