僕とうつ&統失 闘病記 2006.03 ギリギリの生活

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。



・実家に行く前に銀行に立ち寄り、一時不停止の罰金を妻が支払ってきた。
その後、車の中で「7千円分、何かやってもらわないと」と言われ、気分が落ち込む。
まだ、何かをやってほしいと言われると体が重くなり、死にたくなってしまう。
この状態でバイトができるかは、自分でもわからないし、自信も無い。
(妻からは圧力しか感じない。 苦しかったよね。 もう少し話し合って自分の状態や止めて欲しい事を話した方が良かったと思う。 話し合うのもすごいエネルギーを使うんだけどね。 先の事を考えたらぶつかってでも話しをするべきだったと今は思うね。)

・落ち着いて生活することができている。
今飲んでいる薬との相性が良いのかもしれない。
午後にこたつで眠ってしまったが、なるべく日中は眠らないようにして、少しでも社会復帰できるリズムを作っていきたい。

・落ち着いている。
2時間昼寝をしてしまったが、いつもは6時間くらい眠っているので、少しは眠らないで過ごせた。

・死にたい気持ちにはほとんどならなかった。
洗濯物をたたんであげたいが、行うことができない。
入浴もしたいが、体が動かない。
(入浴はしんどいんだよね。 身体が動かないんだから。 入りたいとは思っても行動に出れないよね。 入るとスッキリして良い事をしたような気分になるのだけど、入るまでがしんどい。 無理して体調が悪化するのも心配だし、病気が重い段階だったら、入らなくても良い っと敢えてアドバイス。)

・午後から夜遅くなるまで寝て過ごしてしまった。
生活のリズムで昼眠ることが当たり前になってしまっているので、眠らないで何とか過ごせるようにしたい。
妻がこのまま朝から晩まで犬と一緒にいるのかと話をしてきた。
そういうことは言わないでくれと言ったが、それでも話を止めずに言ってきたので、相当言いたいことだったのだろう。
話をすることで僕がどれだけプレッシャーを感じるかわかっていないのだろう。
かなり死にたい気持ちになり、明日の昼間に首を吊ろうと決めた。
この家で自殺をすることで、残された人が借金を負う事になるだろうが、そんなことよりも消えたいと思う気持ちの方が強い。
(犬と過ごしていると心が落ち着くが、それをやるなと言われたら、追い込まれてしまうよね。 もう死ぬしか無いと思うのも無理はない。 何度も書いているけど妻とよく話しをするようにしたら良いよね。 妻の性格からして理解はされないだろうけど、いつか理解してくれると信じて・・・)

・今月の入院の日を勘違いをしていたらしく、お昼に病院から電話があった。
今日死のうとしていたので、そんな事はどうでもよくなっている。
午後になって病院から僕の携帯に電話があったようだが、眠っていたので電話に気付かなかった。
(かなり追い込まれてしまっているね。 死ぬのだけはいかん。 生きてさえいれば笑える日が必ず来るから。)

・久しぶりに散歩以外で外に出た。
気分が晴れ、スッキリとしたが、仕事に就かない問題を思い出しては、申し訳ない気分になる。
(申し訳ないと思う誠実さは、病んでいる人ならば全員が持っていると思う。 でも迷惑をかけてなどいないし、周りは生きていて欲しいと思っている。 堂々と静養しよう。)

・落ち着いているが、電気治療を行ったので、少しフラフラし、吐き気も少しある。

・ゲームを遊ぶが、どれも楽しいと感じることができず、最初だけやって止めてしまう。
集中力も続かないし、楽しいとも感じない、TVを見ていても同じことが言えて、生活していて楽しみという物がない。
病院で、就職活動がどうしてできないのか?という話になり、また体が動かなくなったり、働くことができなくなることで、病状がまた昔のように悪くなってしまうのではと 考えてしまうと先生に伝えると、体が軽くなるような薬を処方してくれた。
先生が言うには、派遣会社で少し体を慣らして、それから正式にSEに復帰してはどうかと言われた。
SEに未練が残っているので、この手順で社会復帰を狙ってみようと思う。
(SEの仕事は向いているかもしれないけれども、この業種は鬱になる人がとても多い。 再発の可能性が高い仕事を自分から選ぶ必要はない。 後悔はしているだろうけど、他の職種を選んだ方がいいね。 何も楽しめないという事はまだまだ体調は不完全だと思うので、じっくり静養しよう。)

・体が重く犬の散歩になかなか行くことでできない。
午後はコタツで昼寝をして過ごしてしまった。
夕方から動けるようになるので、本当に病状が良くなっているのか疑問が残る。

・落ち着いて生活することができた。
読書などの難しいことも、読むことができ集中力が比較的長く続いた。

・落ち着いている。
夕方からチーズケーキを作る事もでき、食器洗いも少しだが手伝うことが出来た。

・運動不足を解消しようと運動をするが、運動後に全身が痛くて苦労する。
(数日良い状態が続いたね。 料理をするなんてかなり久しぶりなんじゃないかな。 やれる事とやれない事は感覚で分かるはず。 無理せずできる事をコツコツやろう。)

・体が重く、何もする気にもなれない。
気分転換にゲームをやってみるが、楽しいと感じることが出来ない。
昼間はずっとコタツで眠って過ごした。
薬を変えてから、記憶力が落ちている。
今朝何を食べたかも、犬の散歩に行ったかも思い出せない。
気分は比較的落ち着いているが、死のうとする考えが消えたわけでもないので、今回の薬はあまり効果が無いかもしれない。
(記憶が無い時間帯があるのは前からだよね。 病気でなのか、副作用でなのか分からないけれども、日記を残してくれたから、こうしてブログで他の人に読んでもらう事ができる。 身体が重いのに頑張っている自分を褒めてあげて。)

・何もする気になれない。
体が重く横になって昼間は過ごした。
考えることはどうやって首を吊って死のうかということだけ、生きていくことに未練は無いし、残された人がどれだけ苦しんでも、自分には関係が無いと考えてしまう。
今すぐに死んでも構わないが、なんとなくインターネットを見たりして時間を過ごしている。
(死ぬ事は最後の最後の最後の手段くらいに考えて、先送りにしよう。 ネットを彷徨ったりでも良いから、頭をごまかして時間が過ぎる事をしよう。)

・ゲームをやっていても、TVを見ていても何も楽しいと感じることが出来ない。
そろそろ死ぬときなのではと考えてしまう。

・今日も一日死ぬことを考えていた。
方法はいつもと同じで家の中で首を吊る方法。
残された人には迷惑をかける方法だが、誰にも見つからずに確実に行える方法だと思う。

・死にたい気持ちが消えない、少し前の自分だったら他の事を考えるなどして、気分を変えることができたのだが、最近は仕事の話が具体化してきたことで、気持ちの逃げ場が無くなってきている。
気が付くと首を吊る場所をさがしていたり、手首を切るカッターを眺めている。
そういうことを考えてしまっていること自体をまずい状態だとも思わなくなっている。
(病気が死にたくさせているだけ、病気がまずい状態だと感じなくさせているだけ。 自分は生きたいはずなんだよ。 誰だって楽しい人生を歩みたい。 その真逆の感覚に取り憑かれてしまっているけど、それも消える日が来ます。 何とか耐えてくれ。 苦しい事を誰かに話せると良いんだけどね。)

・試しに手首にカッターで傷をつけたものがかさぶたになって本当に切ったようになって見える。
実際は血が1滴も出ていないし、ミミズ腫れになっただけだったのだが、見た目は本当に切ったようだ。
(リストカット未遂。 未遂で良かった。 衝動は良く分かるけど耐えて欲しい。)

・どれくらいで腕が切れるのかを試した左手にかさぶたが出来ている。
ミミズ腫れになる程度にしかこすっていないのにこれだけの物ができてしまうということは、もう少し力を加えれば、血は簡単に出ると思う。
しかし、リストカットなどでは死ぬことは不可能だと考えているので、暇つぶし程度にしか考えていない。
(自分を傷つけると落ち着くよね。 ダメな自分に罰を与えているようでもあるし、痛みを感じる事で生きているという実感もある。 死に近づく行為のようでもあり、不思議と気持ちが落ち着くのも良くわかります。 でも自傷行為で心は救われません。 何とか耐えてくれ。 泣きながらでも良いから誰かに苦しみを話そう。)

・漫画の取り込み作業をいつもの倍近く作業でき、気分的にも落ち着いて生活することが出来た。
夜に少し死にたくなったが、気持ちを落ち着かせることで乗り切ることが出来た。

・日中は体が重く、ずっとこたつで眠っていた。

・死ぬことを少し考えてしまったが、一日を通して安定していたと思う。

・病院に行ってきてた。
仕事の話をされるのが怖い事を伝え、家事などは進んでこなすことができるようになったことを話す。
死にたくなることも話したので、薬は死にたくなくなる薬と行動できる薬の中間の薬を処方してもらった。
(先生には色々と話ができるのに、妻には何も話をしなかったように記憶している。 家族と先生には全部話しをして、全員が同じ情報を持っている事が理想。 話しをするまでが苦痛だけれども、話しをしたら楽になれる事も分かっているはず。 頑張って話をしてみて。)

・ゲームを遊び、少し楽しむ事ができた。
気分は安定していて落ち着いていた。

・薬の影響か、昼間はずっと眠く、こたつで寝ていた。

・落ち着いているが、先日薬が変わって、その影響がどのように出てくるかは、まだ分からない。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و