僕とうつ病&統失闘病記 2019.04.04 自分の病名は何なのか?どういう状態なのか?

日曜に蕎麦屋に行ってリフレッシュしてきたというのに、翌日からの月火水と何もしない日が続きました。
バイトもまた10日くらい行ってないと思う。
思うって書くからお分かりのように自分で日にちや時間を把握できていません。
1日しか経っていないように感じるし、ひと月経ったようにも感じる。
頭の中がおかしい。

昨日も身体が重く、布団で横になっていたのだけど、4〜5時間何を考えていたか思い出せない。
眠ってはいない。
目も開けていた。
寝返りを何回打ったか分からないほどモゾモゾしていたが、何も考えられない。
5時間かけて何かの考えに至ったかというと、、、何も。
一つの事を考え続ける事が出来ない事が影響しているのは間違いない。
思考がすり替わってしまうし、考えている事を覚えていられないし、前向きな考えは浮かんでこない。

昨日は珍しく統合失調症について調べてみました。
うつ病の事は散々調べたけれども、統合失調症を調べるのは初めてかもしれない。
本格的に調べるのは、ね。
読んでいて落ち込んできてしまったよ。
100人に1人の割合で発症するポピュラーな病気なのに、原因も治療法も分かってなく、再発率が恐ろしく高い病気。
予防も兼ねて薬は一生必要と考えるべきらしい。
まだ僕は予防のためにという段階になっていないけどね、闘病真っ只中だから。

自分は回復期というところに入るらしいが、回復という言葉と内容は違う。
一番ひどい症状が落ち着いて、元気そうに周りからは見えるけど、本人の中ではまだ戦いがあって、苦しんでいる時期。
回復にいつまでかかるかも分からないし、周りは根気よく見守る必要がある。そうな。

色々と見て回ったけれども、
うつ病のように心の風邪なんていう例えも無い。
治る病気ですという表記も無い。
代わりに薬を飲み続ける事で再発の確立を下げる事が出来ますと、下げる事という表記。
防げるじゃないんだね。

そして死にたい気持ちにもなってくる。
その死のうと考えることすらチャンネルが切り替わってしまって、考える事が出来ない。
それは良いことのように思えるかもしれないけれども、やるやらないは別にして死ぬ事は最後の手段として取って置いてある状況は心を落ち着かせるんですよね。
最悪死んじゃえばいいって考えることで、それまでは頑張ってみようという歪んだ動機で生きる。
理解されないかもしれないけど、何かあったら死ねば良いから、それまでは生きようと思えるんです。
死ぬ気で頑張るとは違うけど、死ぬという事は逃げるわけではなく、苦しみから解放される希望になっています。

来週病院の日なのですが、自分の状態を詳しく聞いてこようと思っています。
うつ病と統合失調症の比率とか聞いてみたい。
死にたいし、その思考がグチャグチャになって考えることも出来ない。
両方なんだろうけど、統合失調症の症状が少しずつ出てきているような気がするんだよね。
幻聴が少しあるのです。
それと無気力。
統合失調症の幻覚などの症状が落ち着いてくると出てくるという意欲がなくなって何もしない日が続くという状態。
まさに今の状態なんだけど、これを何とかして欲しい。
注射の薬を強くしてもらうなど出来るのならば、そうして欲しいです。

自分の頭の中がコントロールできない状態で意欲がないから、横になりながら頭をかき回される事に耐えるだけで1日が終わっていく。
これで良いとは思うわけがない。
とりあえず来週の病院で色々と自分の状態を聞き出してこようと思います。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。