道草小噺 巻き爪撃退メンテ

基本的に僕は健康体です。
癌でも、糖尿でもない、長寿の家系で、風邪など滅多にひかない健康な体に産んでもらえました。
お金持ちだとか、頭がいいとかいう家系じゃないですが、健康なのには本当に感謝しております。

が、完璧ではありません。
ところどころポンコツだったりします。
まずは歯が弱い。
80になる頃には総入れ歯じゃないの?ってくらいに歯がだめ。

あとは皮膚が薄い?(笑)
雑巾数回絞っただけで、手のひらの皮が剥けちゃうんだよね。
熱い丼とか持てないしね。
多分人より皮が薄いんだろう。

そして巻き爪である。
足の爪がダメで、小学生の時にすでにこりゃ一生苦労すると判断。
両親指の左右(つまり4箇所)の爪の根元まで取り除く手術をしたくらいです。
化膿する程悪化はしなくなったけど、痛いのは相変わらずでして、いつからか自分でメンテナンスをするようになりました。

巻き爪カット用のハサミを持っていて、これが素晴らしい。
ハサミというよりはニッパーかな。
Vの字に刃が合わさるようになっていて、鷲のくちばしのよう。
痛い部分は分かっていても、そこまで刃が届かないという事はありません。
別に肉を切るわけじゃなく、爪を切るだけだからカットは痛くありません。
切り取った爪は三角定規のような形をしていて、こんなにとんがっていたら痛いわけだよといつも思います。

きつい靴とかは絶対に履かないんだけどね。
靴下の圧力だけで爪が肉に当たるもんだから困っちゃうよね。
鈍い痛みを感じてきたらそろそろメンテナンスかなと判断しています。

このハサミは一生モノだと思う。
無いと困っちゃうよ。

まだまだ変なところを遺伝したりしてますが、また機会があったら(無いかw)書かせてもらいますね。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و