シネマにドラマ 映画 スターウォーズ エピソード9 THE RISE OF SKYWALKER の予告編解禁

昨日、スターウォーズ✨最新作のエピソード9の予告編が電撃⚡️公開されました。
SW会のメンバーから連絡が入っていたのですが、作業中でそのメッセージを読んだのが3時間後。
なんとまぁ時間を無駄にした事か。
メッセージを読んですぐに検索、数時間で既に20万回も再生されていてビックリ。
日本語字幕の無いアメリカ版予告編は100万回以上の再生がされていて、この映画のスケールのでかさを改めて実感しています。

予告編は、深呼吸をして音量🎶をMAX🔊にして鑑賞しました。
このエピソード9でこれまで公開されて来た8本の作品含め、完結になるらしいのですが、本当でしょうかね。
僕はこのシリーズは続けていってもらいたいのですが、噂もあります。
スカイウォーカー家とは関係ない人物たちの別のスターウォーズが作られるのではないか?と言う物です。
これはこれでアリ だと思います。
スカイウォーカー家と離れないとストーリーに限界があるのも事実だと思うし、一旦リブートするのも良いのではないかと。
っと言うかスターウォーズを劇場に観に行くのはお祭りであり、とても楽しみにしている、生き甲斐になっている(笑)ので止めないでほしいと言うだけですが・・・

さて予告編ですが、内容は見てもらうとして、最後の“声”にビビったんですけど(笑)
え?まさか?どうして?どうなるの?
怖いのとワクワクとでいっぱいになった声でしたw

あと2つくらい予告編が公開されていくだろうけど、きっと夏以降だし、それを楽しみにしておこうと思います。
あぁ、本当に終わっちゃうんだなぁ。
感慨深いです。
劇場で泣くかもしれないなぁ(笑)

公開は2019年12月20日。
日米同時公開なのでネタバレも大丈夫そう!?
まぁバレる物はバレるんですが。
たのちみ。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。


SW EP9 THE RISE OF SKYWALKER 予告編↓

僕とうつ&統失 闘病記 2011.02 悪化、強い薬で抑え込むが副作用に苦しむ

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・ 一日中寝て過ごす。
 ダメだとわかっていても、寝てしまう。
 風呂にも入れないし、愛犬を病院につれて行く事もできない。
 自分が嫌になる。
(風呂に入らないといけないと思っていても、体が動かないのだからどうしようもないよね。 人と会う時は入るようにして、なるべく無理をしないで静養に努めてほしい。 無理をして動くのはまだ時期が早いと思う。)

・身体が重い。
 愛犬の散歩に行ってきたが、それもしんどい。
 大好きなPC作業の際も長時間起きてられなくて、すぐ横になってしまう。
 体力が無いのか、病気のせいなのか分からないが、
 夕方下に降りていくのも億劫。
 毎日顔を見るたびに「具合は?」と聞いてくる父だが、
 それも苦痛になってきている。
 表情や会話してくるかどうかとかで判断してほしい。
(父の配慮のなさ、相手の気持ちを汲む力のなさは昔からだけど、流石にこれはしんどい。 でも「空気読んで分かれよ」とも言えない自分がいるよね。 こちらだけがダメージを受けるようだし、毎日聞かないでほしいと言うべきかもしれない。)

・身体がとても重い。
 伯父が花を持って来てくれたようだが、
 1階には降りずに自室で横になっていた。
 感謝を忘れてはいけない立場なのに、ひどい兄だと思う。
(体調が悪いのだし、あまり自分を責める必要は無いと思う。 申し訳ないと思っているわけだし、その考えがあるのだから良いのだと思う。)

・身体が重く、なかなか動こうとしない。
 午前中に風呂に入るつもりが、
 昼になったら、3時になったら、とずれ込み、結局入ったのは4時半。
 愛犬の散歩も短距離だけで済ませてしまって可哀想。
 友人たちとの食事会でもあまり話しはせずに聞き手に回る。
 これではいけないと思いつつ、どうする事もできない。
(体調が悪いのによく友達に会う事ができたね。 反動が来るだろうけど、月イチの集まりなので、参加できると良いね。)

・愛犬の病院に無理して行ったからか、帰ると身体がすごく重い。
 起き上がる事もできずに時間だけが過ぎていく。

・今日も特に身体が重い。
 例によって一日中横になって過ごす。
 弟が亡くなる前よりもひどくなっているような気がする。
(これまで気が張っていた物が、遅れて自分の体調に跳ね返って来ているようにも感じるよね。 そうなって当然だし、考えてしまう事が増えたよね。 自分も死にたいと思い、同時に生きなくてはいけない と言う振れ幅が何倍にも大きくなったような感じがする、それだけに苦痛が増したはず。 薬に助けてもらうしかないのかな。)

・甥や伯父が来たので無理をして1階に降りるが、
 あまり長続きせずに夕食を食べたら、2階に戻ってしまった。
 伯父とも話しができなかったし、ダメダメである。

・身体が重くて、1日中2階にいた。
 18時からの大河ドラマも見なかったし、夕食の時以外はずっと2階。
 日に日に身体が重くなってきているような気がするが、
 何か用事があると動く事ができる。
 気持ちの持ちようなのか?
 だとしたら社会復帰もできるのだろうか?
(気持ちの持ちようではないと思う。 社会復帰は出来るとは思うけど、ずっと続けていく事は難しいと思う。 再発しない事、復帰したら一生頑張れるのか? そこが問題だと思う。)

・弟の彼女(亡くなるまで付き合っていた人)とその友達が家に来てくれた。
 弟の携帯に貼られたプリクラのイメージが幼くて
 可愛い感じの子かと思っていたら、とてもしっかりした人で驚いた。
 弟の最後の様子や、死に方、死に場所などの質問はせずに、
 こちらから聞いた事だけに答えるような形になり、とても救われた。
 駅に向う途中の車中で、
 こう聞かれたらこう答えよう、その言い方は間違ってるから
 変えるようになどとやりとりしていたのは、無駄だった。
 前向きで、プラス思考で、弟を上手にサポートしてくれていたらしく、
 弟もこの子にだけは、
 死にたい気持ちや、バイト生活のコンプレックスを話して、
 喧嘩も沢山したようだ。
 何でも話してくれるようになり、彼女も何でも聞いたそうだ。
 誰にも心の闇の部分を言わずに逝ってしまったと思っていたから、
 本当に嬉しかった。
 喧嘩できる相手が一番側にいてくれて、本当に良かった。
 「生まれてきて良かった」と彼女には言ったらしく、
 彼女も「生きてると良い事もあるでしょ?」と言ったそうだ。
 そうか、そう思えたか と力が抜けた。
 彼女達は3時間くらいの滞在で帰る事になった。
 改札口で母が食事代を渡そうとしたが、絶対に受け取らなかった。
 改札口を過ぎた彼女は、友達に背中を叩かれていた。
 振り返る事は無かったが、今まで我慢していた涙を堪えきれなくなった様子。
 僕達家族に迷惑をかけないようにと、泣かないようにしていたなんて・・・・
 弟と同じで気遣いができる子である。
(彼女と話をして弟が最後に色々と救われたことが分かり、自分たち遺族はどれだけ救われたか。 何でも話す事の大切さ、そう言う人たちが周りに僕などよりも沢山いたのに、弟は死を選んでしまったのはどう言う事なのか? 何故そうしてしまったのか?と言う気持ちは一生消えないのかもしれない。)

・今日病院に行くつもりだったが、身体が重くて行かなかった。
 無理して行こうと思えば行けただろうけど、
 コタツで横になっているのが居心地が良くて、明日行く事にした。
 明日行けるかも分からないが、コタツに入っている時は幸せである。
(横になって安静にしているのが一番楽で救われる時間だよね。 誰かと会うことは家族だとして気を遣う。 本当の状態を話さないで元気に振る舞ってしまうから、歪みが出てしまうのだけど、全てを話せば心配をかけることになるし、難しい問題だと思う。 言うべきなんだろうけど。)

・薬が切れたので病院に行ってきた。
 切れてから行ってはいけませんね。
 分かっている。
 分かっているけど、身体が動かないんだからしょうがない。
 今日は何を話そうかと思ったけど、
 ありのままの事を話すしかないなという事になり、
 そのままダラダラと近況を報告。
 死にたい事。でもその衝動は弱い事。
 弟がうらやましい事。残された自分は死ねない事。
 眠い事。
 天井を見てボーっとしているか、弟の事を考えて、後を追えたらと考える事。
 考えはするけど、やる事は無いという事。
 話がループして、頭回ってないと思われただろうけど、
 それが今の状態なのでしょうがない。
 弟がうらやましい と言った時
 「弟さんは地獄に行って、兄貴代わってくれと言ってるかもよ」と、
 笑いながら先生らしい事を言ってくれた。
 ありがたいことです。
 先生のブラックだが何処か憎めなくて、妙に納得する物の例えは、
 いつも僕を救ってくれます。
 薬を弱くすると、意識がハッキリしてきて、
 死にたくなって苦しい気持ちもハッキリしてくるから、
 ボーっとしてる方がいいんじゃなか?と言われる。
 「楽な方がいいです」と答えた。
 あとは、工場などで流れ作業をやると余計な事を考える暇がなくて、
 良いのでは?と言われた。
 短文のブログを毎日更新する事すらできないのに、
 決まった日に外に出て、何時間も仕事をするのは、まだ無理だと思う。
 先生には「考えてみます」とだけ言って、答えを濁した。
 薬は変わりなく
 朝:セルシン2mg、PZC4mg、セレネース3mg、アキネトン1mg
 夜:セルシン2mg、PZC4mg、セレネース3mg、アキネトン1mg
 と同じ物を2回。
 薬の副作用だと思うが、
 ろれつが回らなかったり、口の周りがヒクヒクと痙攣して麻痺したり、
 涎が垂れている事に気付かなかったりする。
 基本、家で寝ているだけなので、特に問題なしかな?

・弟の元彼女から8月の日曜に墓参りに行きたいという話が来た。
 8月が近づいてきたら話を進めようと返事を返す。
 先日は辛くて仕事を早退したとも書いてあった。
 毎日泣いているそうだ。
 お母さんにも全て話しをしているようで、その点では安心した。
 もう百か日になったが、
 自分ですら弟を許したり、怒ったり、喪失感だったり揺れているのだから、
 彼女にもしばらくは辛いだろうと思うと返した。
 辛いだろうけど自分を責めるのはやめるようにとだけ
 アドバイスさせてもらった。
 それから一人で考え込まないで、お母さんの力を借りるようにと送った。
(遺族も辛いが、一番側に最後までいた彼女の辛さは相当なものだろう。 恋人に自殺された人が再び交際しようと思える日が来るのか? 結婚はできるのか? 心配だが彼女には幸せになってもらいたい。 弟は馬鹿野郎だ。)

・今日はコタツで横になるがあまり眠れない。
 弟の事をずっと考えていた。
 考える事はいつもと同じ事。
 自分も楽になりたい事や、なぜ弟は死んでしまったのか?など、
 考えてもしょうがない事ばかり頭に浮かんでくる。

・下あごが痙攣していて、歯がガチガチいうような状態。
 震えは少しだが、気になる。
 また唇の感覚も鈍っていて、涎が垂れている事に気付けない。
 これでも相性の良い薬を処方されているんだし、
 死ぬよりはボーっとさせて頭を回らなくさせる方がマシという考えだから、
 この薬を飲み続けるしかない。
 今悪い波に飲まれるわけにはいかないので、仕方なく薬を飲んでいる。
(今の状態でも十分に悪いと思う。 悪い波が早く去ってくれる事を待つしかないのだろうか? いつそれはやってくるのか? ずっとこのままなのではないか?と考えてしまったよね。 必ず体調は良くなるから心を穏やかに保って、ゆっくり休んで。)

・朝起きるのが辛かったが、それは毎日の事。
 今朝は7時起きで8時までコタツで粘ったが、しょうがないので、風呂に入る。
 薬を今日は飲み忘れてしまったが、今のところ何ともない。
 副作用はきっちりと出ていて、顎の痙攣が治まらない。
 隣にいる友人に歯がカタカタ言う音が聞こえてしまうのでは?と思い、
 ヒヤヒヤした。
 喉仏と顎の先端の間の皮もヒクヒクと麻痺して、
 手で押さえて誤魔化したし、ろれつが回らない。
 母と父、姉にはその話をしたが、薬を変えるつもりは無い。
 先生も同じ事を考えるだろうが、
 今相性の良い薬を変えるデメリットの方が大きいように思う。
 眠くなって寝てしまうのは、死ぬよりは寝ていたほうが良いという
 先生の考え方に賛同し、それでいいと思う。

・身体が重く、日記も翌日書いているような状態。
 とにかく起きていて、座っているだけでもしんどい。
 今日は薬を飲むのを忘れたので、
 明日からまたちゃんと飲むようにしたいと思う。
(全てが後手後手に回る毎日。 でも続けていられるだけでも結構すごいことなんじゃないかな。 辛くても薬は飲むべき、今薬をやめたら自分も弟の後を追う最悪の行動に出かねない。 辛いけど耐えてくれ。)

・今日は身体が軽く、愛犬の散歩で遠くの消防署近くを回ったり、
 1階に少し長くいる事ができた。
 ろれつが回らないや、涎が垂れる事も無くなってきていて、
 副作用が弱まっているように感じる。
(副作用が弱まって来ていると言うより、この日は体調が良かったと言うだけかもしれないから、楽観視はしないほうが良いかと思う。 期待をすると裏切られる病気。 客観的に冷静に、辛抱強く回復していこう。)


今日も畦道通信に来てくれてありがとう。


道草小噺 Mはレベルが1つ上がった

先日お気に入りのYouTuberの話で、毎日更新があるかチェックしていると書きました。
その後知ったのですが、お気にりのチャンネルは更新された時に通知が来るように設定できるそうです。
毎日チェックしていた自分って一体・・・

YouTubeに自分のアカウントでログインして、お気に入りのチャンネルに行ったら、ベル🔔のマークをクリックするだけ。

どうやって通知が来るのか分からないけど、だいぶ便利になりそうです。
何にも知らないのな自分。

今日もあぜ道通信に来てくれてありがとう。