デジモノ快談 整理しているのか?ただの手間なのか?

スマホの画面を見てふと思った。
アプリ少なっ!
そして、フォルダばかり。

皆スマホは数画面分、アプリのアイコンで埋め尽くされているけど、僕は違う。
1ページ目の半分しか画面にアイコンがない。
アイコンがいっぱいだと部屋が散らかっていて落ち着かないのと同じ感覚になってくるんだよね。
待ち受け画像も見えなくなるし。
iPhoneはアイコンを長押しすると移動できるけど、他のアイコンに重ねるとフォルダが作れる。
フォルダはジャンル分けされていて、フォルダ名もジャンルを書く。

今あるフォルダは
 ・音楽(iTunes、ラジコ)
 ・ネットワーク(メール、FB)
 ・写真(写真加工、QRコード)
 ・ニュース(ニュース、天気予報)
 ・ストア(アプリサイト、メルカリ)
 ・便利ツール(その他)
これだけ

タイマー、目覚ましなどの時計アプリ、
LINE、
カメラ、
ネットブラウザ
は頻繁に使うのでフォルダに入れずに置いてあります。

とにかく画面一杯にアプリが置いていあるのは、僕にはありえない放置状態なのです。
2画面目、3画面目に移動してアプリを起動してる人って大変だと思います。

iMacのデスクトップも全く同じ発想で、置かれている物は一つも無い。
ショートカットアイコンが画面の半分も埋まっているというのはあり得ない。
仕事で使うわけじゃないし、プロのデザイナーじゃないしね。
ついでに画面下一列全部アイコンで埋まっているのも嫌で、よく使う物だけ10個くらいだけ表示させている。
サイズは最小にしてある。
もちろんiPhoneと同じで、アプリは全てフォルダにジャンル分けして整理してある。

こう書いていると僕は几帳面で神経質なように思えるけど、リアルの部屋はやや散らかっていたりする。

よく書くことだけど、僕は物を探している時間は無駄でしかないと思っているのです。
そして僕は物を探す事が大の苦手。
探せない見つけられないんです。
引き出しを開けると道具がきっちり揃っている。
iPhone、iMacのアプリをフォルダにジャンル分けで整理するのも引き出しを開けるとそこに有る、安心感が欲しいからだと思う。

用は散らかっていると何も出来ない人、もたつく人なんだろうな。
部屋とか生活感無いし、できるだけシンプルにしておきたいのです。
整理好きとか、コンピューターを使いこなしているのではないよ。
散らかっている、探す、平常心でいられなくなるって事。
むしろ使いこなしてない方だと思う。

デスクトップの画像とか冗談みたいで笑っちゃうよね。
この状態が基本です(笑)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

僕とうつ&統失 闘病記 2011.04 心配される自分

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・ブログ読者さんからメールがあり、
 身辺整理が済んでないから死ねないというブログを読んで、
 元気をもらったとあった。
 この人も同じ気持ちで読んでいたそうだ。
(少しでも同じような境遇の人の役に立てるのならば、こんなに嬉しいことはない。 皆考えることは同じなのだろう。)

・今日一日をほとんど2階の部屋ですごす。
 父が昼過ぎに帰ってきても、ちょっと下に降りただけ。
 伯父が来ても姉達が来ても下に降りる事は無かった。
 これではまずいとは思うが、なんとなく気分が乗らなかったのだ。
 それではダメなのだと思う。
 身体が重い時にだって仕事に行かないといけない日が必ずある。
 少し無理をする事もリハビリになると思う。
 そういう意味もあってか、明日は墓参りに行く事にした。
 長時間の移動で疲れるだろうが、
 弟の事も考えると行かないといけないだろう。
(家族は理解してくれているはず。 だから辛い時は顔を見せに行く必要も、話をして元気そうにする必要も無い。 自分の体調を最優先にしてあげて。)

・身体が動くが重い。
 若干無理して動いた感があり、その反動が後で来ると思う。

・身体が重くて起きていることができず、朝ドラを見るのが辛い。
 内容も子供が産まれ、赤ちゃんのアップが増えているのだが、
 自分と違い順調に家庭を築いていく人達を見ていて辛いものがある。
 もう少し我慢して見てみようと思う。
(周りも家を建てた、何人目の子供が生まれたなどと情報は入ってくる。 田舎だから自分の状況も逆に伝わっていると思う。 でも他人と自分を比べることは全くの無意味な価値観なので、自分の人生を楽しむことを最優先にしたい。)

・食後に両親と一緒にTVを見るが、疲れてしまって2時間が限度。
 21時には愛犬のトイレに行き、2階に戻るような形になる。
 申し訳ないが、それが限度だ。
 一日中横になって時間が過ぎるのを待つだけの毎日。
 どうしたら良いのか自分では分からない。
(2時間も無理して一緒にいる必要はないよ。 辛いんだからやめた方が良い。 家族だし分かってくれるよ。)

・今日も夕食後に2時間1階にいたが、疲れがひどい。
 起きてるから疲れるのか?
 家族と一緒にいるのが嫌なのか?
 2時間だとちょうど21時頃になっていて、
 愛犬の餌をあげないといけないと言い訳して2階に上がるのが常だ。
 夕食だけを食べて、すぐに2階に上がってしまう日もあり、
 申し訳ない気持ちになる。

・昨日の夜母が部屋にやってきて、弟の話をした。
 僕は薄情なのか、弟が亡くなった事があまり悲しくない。
 また東京に戻ったような気がするし、楽になれた弟を責める気も無い。
 先に逝かれてしまって、残された自分が死ねなくなってしまった事は
 想定外だったが、これもまた人生なのだろう。
(9年も経っているのに、未だ身内から自殺者が出たことが信じられない部分はあります。 東京にいるような気がする。 薄情なのかな。 何も変わらず人生が過ぎていくなんてことは無いのだが、そういう錯覚に陥っている。)

・最近、朝8時ごろに起きて、愛犬の散歩に行くようになった。
 12時頃起き出す一日と違い、日が長い。
 一日中コタツで横になっているのも、もったいない気がしてきた。
 夏に一人旅を決行するならば、もう準備をしておかないといけないが、
 まったく何もやっていない。
 このまままた今年も行かないようになって、
 時間だけが過ぎてしまう一年になってしまうのだろうか?
 旅行に行かないならば、仕事を探すべきだし、
 何かしら動きださないといけないような気がしてくる。
(何もしていないならば仕事ができるだろう。という考えは違うと思う。 元気そうに見えても健常者と比べたら全然戦力にならないはず。 社会復帰はしたいと思うけど、難しい問題で、焦らずじっくり確実に進めていく必要があると思う。 そして復帰は無理と判断する事もあるかもしれない。 負け組と思われるだろう。 でもそれは他人の価値観。 自分が幸せならばそれで良いはず。 幸せとは自分の心が感じる事。 幸せになる という言葉は間違っている。 幸せを感じる が正しい。)

・今日病院に行くつもりだったが、行けなかった。
 早めに目が覚めたのだが、風呂に入る事ができず、身体も若干重い。
 薬はあと1週間分あるので、今度の週末にでも行ってこようと思う。
 相変わらず追い込まれないと動かない性格なので嫌になる。

・今日病院に行くって方法もあったが、やめにした。
 それよりもやらないといけない事が多すぎる。
 洗濯、狂犬病予防注射、ドコモショップ、愛犬の病院、餌買い、
 自分の病院、ホワイトデーのお返し、友人との食事会の企画。
 やらないといけない事が多くなると身体が重くなる症状は、
 病気になった時から変わってないな。
 仕事でやらないといけない事が増えると身体が重くなって、
 頭が回らなくなる。
 この症状が出ないようにしないと社会復帰は無理なんじゃないかと思う。

・入浴、狂犬病予防注射、ドコモショップでプラン変更など忙しく活動し、
 疲れてしまった。
 これしきの事で疲れてしまうとは情けないが、
 今の自分の現状なのだから受け入れるしかない。
 愛犬を病院に連れて行かないといけないし、
 自分の病院にも行かないといけない。
 犬のお手入れぐっずも買ってこないといけないし、
 やる事が山のようにあって、考えるだけでも疲れてしまう。

・母が帰宅して僕の顔を見るなり泣きそうな顔をするので、
 何事かと思ったら、僕にメールを出したが返信が無いので
 心配でしょうがなかったと言っていた。
 今日は携帯を見ていなかったので、メールに気付けなかったのだ。
 何故今日、急に心配になったのかは分からないが、
 なんとなく僕が死にたがっている事が分かるのかもしれない。
 夕食時も、「死んだらダメだからね」と言われる。
 弟の死を一番悲しんでないのは僕だが、
 その影響で死にたいと思ってしまうのも、僕が一番だと思う。
 婆ちゃんをこれ以上悲しませたくないし、姪甥への影響もあるし、
 母や姉の事を考えたら、とてもじゃないが死ねない。
 だけどどこかで、首を吊りたい、首を切りたいって考えてしまう自分もいる。
 病気がそう思わせているだけだという考え方ができる日もあれば、
 本心から考えている日もある。
 身辺整理だけはやらないようにしようと思う。
 ホームセンターに犬関連の物を買いに行ったついでに、
 ケーキ屋に寄って、タルトを2台買った。
 ホワイトデーのお返しができてない事がずっと気がかりだったのだ。
 震災でしょうがなかったとも言えるが、
 ある程度状況が落ち着いてきてからも外に出てなかったので、
 自分にも責任がある。
 姉の所はチェリーのタルト。
 母には苺のタルトをプレゼントした。
 姉の家には誰もいなくて、玄関のドアノブにケーキをぶら下げて帰ってきた。
 予想はしていたけど、お別れ前に良い所を見せようと思って、
 ケーキを買ってきたのでは?と心配のメールが届く。
 そんな事ではなく、お返しが遅くなってずっと嫌だった事をメールして、
 安心してもらった。
(母も姉も、僕が死ぬのではないかと思っているわけで、その心配を考えると申し訳なくなる。 本当だったら弟の事で悲しい時期なのに、僕がいるから気が気じゃない。 自分の存在など無ければと思ってしまうかもしれないが、自分が生きている事で出来る事もあるはず。 母と姉には感謝をしないといけないよ。)

・母が部屋にやってきて、病気の話をした。
 死にたくなると言った事で心配をかけてしまったようだ。
 死にたくなるというのは不思議なものだと話す。
 思考を乗っ取られるようだからだ。
 セロトニンやらの伝達がスムーズに行かない病気なのは分かる。
 分かるが、それがイコールなぜ死にたくなるのかが分からない。
 また、死にたくなっても、もう8年も死にたいのに死んでないんだから、
 今後も大丈夫だと言って安心させた。
 結局、姉にしても両親の3人が一番心配しているのは僕なのだ。
 申し訳ないと思う反面、図星のような気持ちもあり、複雑である。
 身辺整理をしていないから、死ねないと言っても、
 衝動的にやってしまうんじゃないか?と言われた。
 たしかにその可能性はある。
 あるけれど、ピストルでもない限り、一瞬で死ねる方法は無い。
 死ぬまでに冷静になって、やめると思う。
 とにかく、僕は死ぬわけにはいかないのだ。
(死なないと強く思っているようで心強いです。 苦しいだろうけど何とか生きていこう。)

・今日は死にたくはならなかった。
 毎日こういう日が続く事を願う。
 そうすれば、社会復帰に近づけるような気がする。
 病院には今日も行けず、薬は全部飲んでしまった。
 明日の午前の部には病院に行きたいが、起きられるかが問題だ。

・病院に行ってきた。
 今日は2時間の待ち時間のうち、1時間半を車の中で過ごす。
 シートを倒して、横になり、丸くなって過ごす。
 先生には、昼間も寝てしまうのは良くないと言われるが、
 弟の事の影響を心配する話がほとんどだった。
 髪は夏までに切ると言うと、もっとお洒落に気をつけないとと言われ
 ショックだった(笑)
 薬はいつもと変わらずの、
 朝、セルシン2mg、セレネース3mg、アキネトン1mg、ピーゼットシー4mg
 夕、セルシン2mg、セレネース3mg、アキネトン1mg、ピーゼットシー4mg
(弟の影響は確実にあるんだろうな。 でも家族が団結して乗り越えようとしているし、色々と変化はあった。 悪いことばかりじゃない。 自殺の危険も増えたが強くもなったように感じる。 振れ幅が大きくなって苦しみが増えただけかな。)

・身体が重いが、今日は食事会の日なので、風呂に入る。
 不調で話をするのも辛かったが、皆楽しそうなので
 早めに切り上げるわけにもいかず困る。

・早起きしてシャワーを浴びてから、旅行に行くつもりだったが、
 入る事ができず、寝てしまった。
 身体が臭いのでは?と思ったが、入る気力が無かった。
 実際はどうだったか分からないが・・・

・昨日も役者さんが自殺をしたというニュースがあった。
 弟の事を思い出して悲しくなったりはしない。
 それよりも第一発見者の人のショックは計り知れないだろうと思ってしまう。
 一生頭から離れない強烈な映像となって、その人を一生苦しめるだろう。
 うちの場合、家族で見つけてやろうと必死に探したけど、
 見つけることはできず、他の人の力を借りて翌日の昼には
 遺体と会うことが出来たけど、それで良かったと思っている。
 弟が亡くなった場所も知ってるし、どういう状態だったかも話は聞いた。
 目をつぶれば、どんな感じで弟が亡くなっていたかは想像がつくけれど、
 それを実際に目にしてしまうのと、想像するのとでは、大きく違うと思う。
 弟の部屋で遺書を発見した時の母の悲鳴が頭から離れません。
 遺書ですら相当なショックで、先日僕が外食をして家を空けた時も、
 部屋に遺書があるのではないかと思って、恐ろしかったと母が言っていた。
 遺書ですら心の傷になっているというのに、実際に亡くなっている現場を
 目撃してしまったら・・・・
 その人は、もう立ち直れないのではないか?と思う。
 弟の場合、自宅では死んではいない。
 未遂に終わってしまうような場所ではないが、
 ある程度探せば遺体を見つけてくれるといういい場所だと思う。
 弟は家族に見つけて欲しかったのだろうが、
 胸ポケットに父の電話番号が書かれたメモが入っていた事を考えると、
 家族以外の人に見つかる事も見越して逝ったのだと思う。
 弟には申し訳ないが家族の誰かが第一発見者にならなくて良かったと思う。
 特に母が見つけることが無くて良かった。
 母は寝る前に弟が暗く寒い中、亡くなっている様子を想像してしまう
 と言っていたので、もし実物を見てしまったら、心が壊れてしまうだろう。
 自殺のニュースはこれからも無くなる事は無いだろうが、
 僕の場合は亡くなった本人の苦しみよりも、
 残された遺族のこれから続く苦しみの方を考えてしまうのだ。
 毎日、自分が死んだら? と考えている状態だが、
 今回書いたように、残された人、見つけた人の事を考えたら、
 死ぬわけにはいかない。
 僕の場合、死ぬなら、自分の部屋か、弟と同じ場所だと思うので、
 家族が見つけてしまうと思う。
 だからこそ頑張って、死なないようしないといけない。
 頑張ろう。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。


道草小噺 痩せたらイイ男

ダイエット本格的にまたやろうと思います。
旧あぜ道ではダイエット奮闘記として長期連載をしましたが、
長期連載になると言うことは、行ったり来たりしたと言うことであります。

体が動かない日が多いので、運動で燃やしていく方法は出来ません。
運動しないで痩せる方法はただ一つ。
摂取カロリーを抑えるしかない。

どちらかだよね。
運動するか、食べるのを減らすか。
どちらもやるとテキメンだけど、食べ物を減らします。

ブランチを食べて、夜減らす。
プランはこれだけ。
この方法で昔は70kgまで落としたんだよな。

2週に1回くらいのペースで、体重報告していこうと思っとりやす。
僕の身長は178cm。
今の体重は86kgです。
これを70kgまで持っていくので、16kg痩せたいと言うことになります。

1年くらいかかるかもね。
応援してくれよな!!

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。