僕とうつ&統失 闘病記 2011.08 怖い薬

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・一日中寝て過ごしてしまった。
 とにかくずっと横になっていて、眠れないのだが、ゴロゴロし続けた。
 何かやる事を見つけようと思う。

・病院に行ってきた。
 死にたくはほとんどならないが、日中ずっと寝ていると言うと、
 とりあえず良かったと言われた。
 下顎が痙攣し涎が垂れたりするのはセレネースが原因だと言い切り、
 量を減らしてもらった。
 ラミクタールという薬を寝る前に飲むように言われる。
 この薬が恐ろしくて、この薬専用の注意書きが書かれた冊子を2冊もらった。
 重篤な皮膚障害が起こる可能性がありますと、書かれている。
 朝:セレネース1mg、アキネトン3mg、セルシン2mg
 夕:セレネース1mg、アキネトン3mg、セルシン2mg
 就寝前:リーマス200mg3錠、ラミクタール25mg

・今日で先月の薬が全部無くなった。
 明日から問題の薬を飲む事になる。
 顎の痙攣が治るのか?湿疹が出て、飲むのを中止にするか? どちらだろう。

・重篤な皮膚症状が出るかもと書かれていたラミクタールを
 昨日から飲み始めたが湿疹が出ることは無かった。
 飲み続けると出てくるのか?出る人は一発で出るのか?は分からないが、
 とりあえず一安心だ。
 ラムネのように甘い臭い味がして、恐怖心をごまかしているような気がする。

・ラミクタールを飲み始めて3日、
 湿疹は出ることなく、普通に生活できている。
 いらぬ心配だったか?

(この月は弟の初盆という事で色々とあったのですが、僕の闘病とは話がやや逸れるので、書きませんでした。 2010年11月から弟の死の事を書いたのは、自殺すると遺族がどうなるかを書いて、自殺を踏みとどまってほしいからです。 なので今後はあまり弟の話は出ないかもしれません。 遺族の傷は癒えない事、簡単に乗り越えられる物ではない事を分かってもらい、皆さんには生きていてもらいたいと思います。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و