道草小噺 芋男

婆ちゃんの家に行っていました。
もう足が弱ってしまって買い物には行けないので、子供(父、叔母、叔父)、と孫(僕など)で買い物に行ったり外に連れ出して気分転換をしてもらう事を交代で行う事になったのですが、その、うちの当番の日だったわけです。
杖を使う事を何故か嫌うので、僕が手を繋いで歩いたのですが、
「Masaの手は温かいねぇ、蒸かし芋🍠みてぇだ」
の一言には爆笑。
多分、温度だけじゃなく、お肉の付き具合からホフホフした感触まで芋だったんだろうなぁ。
最高だぜ婆ちゃん。

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و