僕とうつ&統失 闘病記 2013.03 自分と愛犬、2つの通院に無理がある

最悪の時期から、現在(2019)のだいぶ元気になるまでの昔話です。
症状を箇条書きにしてますので重い内容になります。

読める人だけ目を通してください。
()は当時の自分に今の自分がアドバイスしている文章です。
参考になればと思います。
そのうち元気な内容に変わっていきますが、この状態からここまで来たのかとプラスになる読み物にしてくれたら嬉しいです。

・愛犬の病院に行く事ができなかった。
 薬は無くなっているので、今日行かないといけなかったのだ。
 午前中しか病院がやっていないので、行けるかも分からない。
 それと、自分の病院にも行かないといけない。
 両方が行くことはかなりのプレッシャーを感じ、
 体が重くなってきてしまう。
 やらないといけない事があると、どうして体が重くなってしまうのか
 自分でも分からないが、この症状には打ち勝たないといけないだろう。
(打ち勝とうとする考えはアリなのかもしれないけど、無理ならば他の人に頼むという方法もある。 全部自分で背負い込まずに無理だったら無理なんだから別のやり方を考える事も必要かと思う。 毎月病院の事で苦しんでいるから、病気も副作用も通院も苦しくて全然休まっていないように感じます。 これでは静養など出来るわけがない。)

・愛犬の病院に行く事ができた。
 体は重かったけど無理して起き上がり、強引に出かけた。

・薬が効きだしたのか、死にたくなる事が無い。
 薬が残り8日分しかないので、
 今度は薬が切れる前に病院に行くようにしたい。
 行けるだろうか? 自信は無い。

・過食とまではいかないが、かなり食べてしまっている。
 病気の影響なのかは分からないが、
 買ってきた菓子パンやスイーツを1日で食べてしまう。
 体重は量っていないが、お腹周りがかなりやばい。
 3kgくらいはリバウンドしているような気がする。
 コンビニでおやつを買うという目的があると外出できるのだが、
 買いすぎてしまう。
 明日、体重を量ってみようと思う。
(急激に太ってしまっているよね。 コンビニ通いも困った部分がある。 このままだと糖尿になってしまいます。 毎日体重計に乗って自己管理と危機感を持たないといけないところまで来ていると思う。 食べていると気持ちが落ち着くけど、量を減らしていこう。)

・母と今後始める商売の話になり、
 僕からどこまで動けるか分からない事が不安だと言った。
 自殺する事はありえない。
 今は死にたいと考えなくなったと話したついでの展開だった。
 母も僕がフルタイムで働く事はできないと思っているようで、
 お店は昼の営業だけになっても構わないと言っていた。
 それは有り難いが家賃との兼ね合いで、
 昼だけの営業では赤字になってしまうだろう。
 商売はそんなに甘くない。
 夜も営業しないと採算は取れないだろうから、
 フルタイムで僕が動けるようにならないといけないだろう。
(今思えば、母は僕の将来の事を考えて商売の話をしてきているのだが、僕からするとまだまだ働ける段階ではない。 それに料理界には戻りたくない。 それを早めに話すべきだったね。 何でも思ったことは言ったほうがいい。 子供の頃から自分の意見を言わないで抑えてしまってきたから今こういう事になっているのだし、変わりたいならばまず思っている事を話す事です。)

・薬が残り1日分になるが、明日は病院が休みなので
 薬が切れてしまう事になる。
 今月こそは早め早めに病院に行こうと思っていたが、
 愛犬の病院に行く事で気力を使い果たしてしまった。
 体が重い。
 TSUTAYAでDVDを借りる為に外出するのは良い事だが、
 それで病院に行けないとなるのは本末転倒になってしまう。
(TSUTAYAは車で5分、病院は1時間以上かかり3時間以上待ち、1時間以上かけて帰ってくる。 待合室の椅子は背もたれが無くとても疲れる。 通院の日が近づいてきて薬が無くなってくると、気が重くなるのも分かる。 あの病院にこだわる必要は無いんじゃないかな?)

・病院に行ってきた。
 症状は落ち着いているが、体が重くて外出できないと伝える。
 薬を変えてみる?と聞かれたが、今の薬で症状は抑えられているので
 変えたくないと言い、いつもの薬のままになった。
 季節の変わり目で体調が悪くなっているだけかもしれない
 と先生は言っていたが、本当に季節が変わるだけで
 体調が悪くなるのか疑わしい。
 とりあえず薬を飲んでいれば死にたいとも思わないので安心である。

・左手の震えが止まらない。
 薬は今朝から飲んでいるが、薬を飲まない日があった事が原因だろう。
 あと数日薬を飲めば、症状は治まると思う。

・今日は体が重く、1日中コタツで横になっていた。
 愛犬の散歩はなんとか行けたが、
 何もしないで一日が終わった。
 自己嫌悪に陥る。
 左手の震えは治まった。
(愛犬の散歩に行けただけでも良しとしよう。 何も出来なくても愛犬と遊ぶだけの日にすればいい。 意味のない日なんて無い。 )

・薬があと2週間分になった。
 今月は早めに病院に行きたい。
 残り1週間になったら行こうと思うが、体は動くだろうか?
 愛犬の病院もあるし、PCでやらないといけない事もある、
 やらないといけない事が沢山ある。
 あると言っても、自分の病院、愛犬の病院、自分の作業と
 3つしかないのだから、気合いがあれば何とかなってしまうだろう。
 まずは目の前の仕事から片付けるようにしよう。
(仕事の早い人は基本的に一つ一つを確実に片付けていく。 次、次ときりかえるのが早い。 3つやる事があっても、結局は1つずつ片付けるしか無い。 だから3つやる事はあるけれども、まず1つの仕事を片付ける事。 終わったら次の事を考えるようにすればいい。 たくさんやる事があると思うと身体が動かなくなるのが自分の症状だから、追い込まれない発想に変えていこう。)

・あぜ道通信に鬱病経験者からコメントがあった。
 今回の人に限らず、鬱病や精神病の人からコメントがあると、
 とても嬉しい。
 力になってあげたいと思うし、僕自身も返信を書くと力になる。
 理想としてはコメントを見た他の読者と僕と三角関係で、
 支えあうような形になると良いのだが、まだそこまではいっていない。
 あぜ道通信は毎日150人程がアクセスしてくれているが、
 コメントを書いてくれるのは、2〜3人。
 どうすればコメントを書いてくれるのか分からないが、
 毎日ブログを更新するしかないだろう。
(闘病のブログだし、読みに来る人も病気の人が多いのでしょう。 コメントを書けない人がほとんど。 アクセス数を見れば分かる通り読者は居る。 それだけでも良いんじゃないかな。 僕の様子を観察して参考にしてくれている人も居るだろうし、頑張って闘病する事。)

今日も畦道通信に来てくれてありがとう。

投稿者:

Masa

うつ病と統合失調症の僕。 同じような境遇の人へ共感を届けたい! 「マッタリ行きまっしょい」というスタンスです。 ٩( 'ω' )و